2020/2/12

フショウ  
沖浦氏の今朝のコメントは過去にも繰り返し目にしてきた内容である。ゆえに今さら取り上げるべきところはないのだが、あるいは次のくだりが注目かもしれない。

勤行もお題目だけになる・・・

ヨソサマのことなので記憶がアイマイであることをお断わりしておく。おそらくはここ十年から二十年くらいのことだろう、勤行が大幅に短縮されたのだった。法華講員の誰かが、そんなのは勤行ではない怠行だ、と繰り返し揶揄していた。それが今後さらに短縮されるとなると、もはや勤行とは言えなくなるだろう。それとも時間は短縮せず、題目だけを長時間唱えるのだろうか?

さて、顕正新聞である。

二面には新仙台会館の報道があって、写真も豊富に使われていて逆に文章が少ない点、今の時代に合っているのかもしれない。

後世永遠に残る重大指導を留め置かれた先生・・・

それにしてもこの大仰さには恐れ入る。

会長講演は三面から五面にかけて掲載されており、これが後世永遠に残る内容なのかと聞かれれば、答えに窮する。イヤミを言うと、浅井先生の大言壮語録として数十年くらいは語り継がれるかもしれない。それ以後は忘れ去られてしまうだろう。

 「一時に」とは瞬間的にということです。

これは御書の解説であるが、先生の言い訳でもあるのだろう。続きの文章をご覧に入れたい。

遅々として進まないようであっても、時が来れば日本一同「一時に」信ずるのです。

かつての一千万だとか一億の目標が破綻したことの言い訳である。

 羅什三蔵は、法華経が説かれた霊山一会の説法の座に連なった、多くの菩薩の中の一人です。

不勉強のわたくしはこれがわからない。具体的には何菩薩なのだろうか?

金言に云く、広宣流布の時、光明を放つべしとなり。

日琫上人のいわゆる御生骨についての御指南である。顕正新聞には上人の直筆と思しきものが掲載されている。原文は漢字とカタカナで書かれている。それを引用の段階で上掲のように直したわけなのだろう。それはいいのだ。

 「御金言に云く、広宣流布の時、光明を放つべしとなり」

前掲は長文の引用だった。そして上掲は部分的な引用である。そして以下、浅井先生の結論である。

これは大聖人の御金言なのです。

何となく詐術的である。

原文は金言となっている。引用もそれに忠実だった。ところが部分引用の段階で御金言となって、最後は大聖人の御金言であると結論づけている。

これまた不勉強で恐縮だが、これは御書のどこに出てくる御指南なのだろうか?

もし浅井先生が日琫上人の御指南をそのまま信受するのであれば、日達上人の御指南も素直に受け止めるべきだったのではないかと思う。自分の都合で取捨選択しているとしたら問題である。

 「時の不祥」を天魔狙う

カギカッコが意味深である。本文を読んでも出典がわからない。そこでググってみたら如説修行抄の有名な御文が出てきた。完全一致の検索だと上位のすべてが如説修行抄だった。少し古い小説には出てくるようだが、現代人はほぼ使わない表現のようである。

わたくしにとっては浅井先生と同じ時代に生まれてしまったことが時の不祥なのかもしれない。

最後に自虐ながらも書いておくと、拙ブログが後世永遠に残るかどうかは浅井先生に委ねられている。何しろ最初のほうに書いたごとく、いずれは忘れ去られていく存在が浅井先生なのだ。それに寄生ないし依存している以上、拙ブログもいずれは消えていくことになる。当然の帰結である。

2020/2/16  9:19

投稿者:名無し
>最後に自虐ながらも書いておくと、拙ブログが後世永遠に残るかどうかは浅井先生に委ねられている。


壮大に大げさにカッコよさ気に書くのが好きなのが馬鹿キチガイの特徴である。
自分を大きく見せる事と遠い未来(願望、妄想)に夢中なっているから眼前の事に気づかない、気づいていても現実逃避。
『後世永遠に残るか』なんて言っているが、ネット世界が脆く虚しい世界か解っていないのだろうww
サイト(Auto page)自体が無くなればすべて無くなる。
サイトにBANされれば消される。
古巣の存続を心配する前にサイト存続などのネット社会の脆弱さを心配をするべきだろうww
新しいブログサイトを探し移れば問題ない話でもあるのだけれども、あまりにも壮大で大げさな書き様に思わずくだらないツッコミを入れたくなった次第であるww

2020/2/15  19:50

投稿者:沖浦克治
 懐かしいです。

 https://youtu.be/c9Oxd3wyano

2020/2/15  19:27

投稿者:沖浦克治
 嚴虎さん、今晩は。

 先程樋田さんにお電話致しました。
 以前20年ほど一緒に音楽やっていた仲間が、樋田さんに惹かれて法華講員となりました。
 先日そのお兄さんとお会いした時、その件で樋田さんへ電話してお兄さんと代わりました。
 今日ラインでその後の対面の報告が来ましたので、樋田さんへご挨拶のお電話を差し上げ、
 宜しく指導してあげてくださいと、お話致しました。
 大変恐縮なさいましたが、懐かしいお方なんです。

2020/2/14  20:08

投稿者:名無し
>最後に自虐ながらも書いておくと、拙ブログが後世永遠に残るかどうかは浅井先生に委ねられている。


壮大に大げさにカッコよさ気に書くのが好きなのが馬鹿キチガイの特徴である。
自分を大きく見せる事と遠い未来(願望、妄想)に夢中なっているから眼前の事に気づかない、気づいていても現実逃避。
『後世永遠に残るか』なんて言っているが、ネット世界が脆く虚しい世界か解っていないのだろうww
サイト(Auto page)自体が無くなればすべて無くなる。
サイトにBANされれば消される。
古巣の存続を心配する前にサイト存続などのネット社会の脆弱さを心配をするべきだろうww
新しいブログサイトを探し移れば問題ない話でもあるのだけれども、あまりにも壮大で大げさな書き様に思わずくだらないツッコミを入れたくなった次第であるww

2020/2/14  8:58

投稿者:ミカン
一時的滞留者です。外部から見える視点として。幹部達は何を書き、思っているだろうの視点です。まず、浅井さんの言説の完コピに、情緒的な言葉を添えているだけ。

それは、浅井さんに奉仕する為だけの視点と見える。信者さんの方を見ていない?

言っている事は脳内に教えの体系を完コピしなさいと言うもの。教団に奉仕するとは、浅井さんに奉仕する為。

信者さんへの配慮は感じられないと思える。一人で複数の新聞代を払わせられているらしい。教団が負担すれば良いのにね。

平伏すとは幹部達が皆言っている事。それは、無謬性を信じなさいと言う事。

洗脳とマインドコントロールの強化が幹部達のやっている事に思える。信者さんの事は考えていない?

無理な折伏で逆縁に疲弊し、教団を離れても、1割位の活動家を養成すれば、名目信者数は見た目、どんどん増やせるから、それで良いと考えている?らしい。

幹部達が何を思い、本音で何を考えているのか?の視点を持てれば、この教団の本質は見えて来ると思われる。

2020/2/12  20:49

投稿者:名無し
>最後に自虐ながらも書いておくと、拙ブログが後世永遠に残るかどうかは浅井先生に委ねられている。


壮大に大げさにカッコよさ気に書くのが好きなのが馬鹿キチガイの特徴である。
自分を大きく見せる事と遠い未来(願望、妄想)に夢中なっているから眼前の事気づかない、気づいていても現実逃避。
『後世永遠に残るか』なんて言っているが、ネット世界が脆く虚しい世界か解っていないのだろうww
サイト(Auto page)自体が無くなればすべて無くなる。
サイトにBANされれば消される。
古巣の存続を心配する前にサイト存続などのネット社会の脆弱さを心配をするべきだろうww
新しいブログサイトを探し移れば問題ない話でもあるのだけれども、あまりにも壮大で大げさな書き様に思わずくだらないツッコミを入れたくなった次第であるww

2020/2/12  20:47

投稿者:沖浦克治
 嚴虎さん、今晩は。

 御書にはお題目だけで良いとかいてありますからね。

 『今末法に入りぬりば余経も法華経もせんなし、但南無妙法蓮華経なるべし、かう申し出だして候もわたくしの計にはあらず、釈迦多宝十方の諸仏地涌千界の御計なり、此の南無妙法蓮華経に余事をまじへばゆゆしきひが事なり、日出でぬればとほしびせんなし雨のふるに露なにのせんかあるべき、嬰児に乳より外のものをやしなうべきか、良薬に又薬を加えぬる事なし。』
 (上野殿御返事)

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ