2020/5/21

メンシキ  
ハラダ氏より引き続きご質問を頂戴しているが、前回も書いたようにわたくしは内部事情に詳しいわけではない。ゆえに大したことは書けないのである。

顕正寺は消滅した。わかっていることは、建て替えが行なわれたのだが、その時に発展的解消と表現すれば聞こえはいいものの、早い話がドサクサに紛れて消滅させてしまった、ということである。
松本師は早くに亡くなったのでまったく存じ上げない。八木師もいつの間にか宗門に戻っており、存じ上げない。村松師はいちおう面識がある。
ところが上述のごとく、顕正寺を取り壊して典礼院なるものを建てた。実質、僧侶不要の方向性を打ち出したわけである。村松師は居場所を失った。

 結局のところ御遺命守護完結≠ニした後、昭衛氏は顕正寺を取り壊し、平成十五年五月に住職不在の「冨士大石寺顕正会典礼院」に建て替えた。村松師は、顕正会の本部職員(儀礼室執行員)として雇用されていたが、いたたまれずして退職を余儀なくされた。

これは名著『迷走する顕正会を斬る』の記述であるが、わたくし自身はこれ以上の情報を持ち得ていない。上掲にしても、具体的にはどのタイミングで退職したのか不明であり、この点は著者もしくは村松師本人に聞かない限り、わからないことである。まさか顕正会側が好んで情報を発信することはあり得ないからだ。

いずれにしても葬儀法要は教団幹部職員が執り行なっている。

墓地墓石についてはもともとお墓のある人はそれを利用する場合もあると思う。それ以外の人たちは典礼院への納骨を希望する場合がほとんどだろう。塔婆供養はまったくやっていない。いちおう春秋の彼岸会は行なっている。

以上、わたくしの知っている範囲で書かせていただいた。本来ならば現役の活動会員の証言が待たれるところだし、もしくはわりと最近まで顕正会の中にいた人たちが証言すれば信憑性が高いだろう。

さて、沖浦氏である。

八風について御書を引用しているが、それがあまりにも唐突過ぎて何を言いたいのかわからない。むしろその一つ前のコメントを読むと、沖浦氏自身が八風に冒されているのではないかと思えてくる。

 降りてからそのスタッフが確かめたら、上村愛子さんでした。

誰が読んでも自慢話に聞こえるからである。

 あまり知られていませんが、釈迦は僧侶が葬儀を行う事を禁止していました。

ところでこれは何を根拠に言っているのだろうか?

 現在の日本でも南都六宗は葬儀を行いません。
 それらの宗派の信徒の方々は葬儀が必要な時は他宗の僧侶を呼んでいます。


これはいつだったかリンクを貼っていたところの情報である。

不勉強を承知で言わせていただくと、奈良の古くからある寺は観光寺院として存続しているだけであって葬儀をするだけの余力がない、それが答えのような気がするのだ。実際、わたくしの居住地域には律宗の寺院が存在しない。グーグルマップで調べても出てこないのだ。当然ながら日蓮正宗はたくさん出てくる。天台宗や真言宗も出てくる。

こうして見ると、上掲はかなりアヤシゲな話であり、インチキなロジックのように思える。

例えばわたくしが日蓮正宗の総本山に葬儀をお願いしたとしよう。どのような対応をするか興味深いところだが、とりあえずは最寄りの日蓮正宗寺院を紹介してくれるのではないかと思う。もしくは信者以外の葬儀はやらないと断わられるかもしれない。
信者以外はやらない云々は日蓮正宗ならではという感じがする。他宗他門であればお布施がもらえるならばと喜んで引き受けるだろう。今は葬儀が簡略化されつつある時代なので、お坊さんたちにしてみれば檀家だろうと飛び込みだろうと関係なく引き受けるはずなのだ。
話を戻して、では観光寺院はどうかである。観光で潤っていることもあって、葬儀での収入を当てにする必要がない。また、現状では末寺のネットワークが存在しない。こうなれば必然的に葬儀の依頼は受けられないだろう。

もし上述のことが事実であれば、沖浦氏の言っていることは完全なるデタラメということになるだろう。

 700年に72歳で没した際、遺命により日本で初めて火葬に付された。その記録も現存している(『続日本紀』)。

法相宗の道昭についてである。

 火葬はこの方が最初で証拠があるようです。
 葬儀の形は大聖人の時代と現在は全く別でしょう。
 ですから、今後も変化があって当然です。
 宗門の如く僧侶を呼ばないからとか、戒名がとか、塔婆にこだわる必要はありません。


今後も変化があって当然、という意見にはおおむね賛成するが、自分たちを正当化するために言うのはどうかと思う。わたくしの思うに、時代の変化には抗えないわけで、例えばゆくゆくはガラケーが全面廃止になるかもしれない。つまり、もしそうなってしまったら、いくらガラケーにコダワリを持っていようと、どうしようもないのである。今こうして書いていてさすがに適切な例とは思えないものの、ともかく変化を余儀なくされることはあり得るだろう。とは言え、わざわざ変える必要がないのであれば、そのまま続けるのが普通である。

さて、いよいよ顕正新聞第1505号の話題であるが、今日はもうやめておこう。

2020/5/21  18:51

投稿者:ダイアリー
>ネットで絶対に流さないで下さいね。
>先生のご指導は、先生のご遺言です。
 ネットで信心の無い人が聞く資格はございません。

https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read_archive.cgi/study/9645/1283287906/l50

2020/5/21  18:29

投稿者:沖浦克治
平安仏教、鎌倉仏教は民草の救済に比重が置かれていたのに対して、法相宗を含めた南都六宗は仏教の教示の追究に重きを置いていました。さらには教示の追究だけでなく、全国の各地で橋を架けたり、井戸を作ったりなど、慈善活動による布教行っていたことがわかっています。
また、キリスト教を排除する目的で江戸時代に檀家制度が設けられた結果、民衆はいずれかのお寺の檀家になることが求められました。しかし、法相宗を含め、南都六宗には檀家制度がありません。江戸より古いためと説明されることがほとんどです。しかし、実際は法相宗が学問や経典の研究を中心とする宗派であり、葬礼や法事といった儀礼や祭りなどの祭礼を一切執り行わなかったため、檀家が必要なかったというのが主な理由のようです。その証拠に、信仰と布教活動の一環で儀礼として葬礼も行っている平安仏教は、檀家制度を採用しています。
こうした歴史的背景から、法相宗の葬礼は他の宗派にお願いする形で執り行われるようになりました。

2020/5/21  18:14

投稿者:沖浦克治
釈迦は弟子に死後の遺骸の処置を問われた際に、僧侶は遺骸の供養等考えず真理の追求に専念すべきだ、供養は在家の信者がしてくれる、と答えたとされる。 ただし、アーナンダは阿羅漢果をまだ得ていなかった状況から、修行途中の弟子に対しての戒めであり、葬送儀礼そのものに出家者がかかわることを禁じたものとは言い難い。
また『浄飯王般涅槃経』では釈尊が父親である浄飯王の葬儀を行ったことや、また高弟であるシャーリプトラの遺骨を礼拝したなどの釈尊自身が葬送儀礼にかかわっていたことを示す記述がある。 『大般涅槃経』では釈尊は自身の卒塔婆を建立することや、葬儀の方法などをアーナンダに伝えており、その遺命によって在家信者によって転輪聖王の葬儀に準じた形で在家信者によって執り行われた。そして重要な荼毘の点火はマハーカッサパが行っているとあり、実際は出家者が葬儀にかかわっている。また初期仏教経典にも、釈尊が地域の風習や道徳で祖霊への供養を讃える箇所があり、先の記述は単純な葬式否定の根拠とはいえない。
そもそもバラモン教では手厚い葬儀を人生の通過儀礼と重視していたので、それに対し仏教教団は業思想を背景に火葬、土葬などで簡素に葬儀を行っていた。 インドから中国へと伝播し民衆へと教化が行われるうちに、漢民族の道教や儒教に由来する先祖供養の民間信仰と習合した、仏教の葬送儀礼が日本に伝わった。例えば位牌は、儒教の葬礼に用いられる神主(しんしゅ)が変化されたものだと考えられている。
仏教が日本に伝来したのは6世紀半ばの飛鳥時代の事である。仏教は豪族など上層階級の心を捉え、篤く信仰される様になった。
平安時代の貴族の葬儀は、仏教寺院で行い僧侶が念仏し墓に卒塔婆を立てる等、大きく仏教的な影響を受けたものになっていた。
鎌倉時代には庶民層にも仏教が広まり、庶民の間にも仏式の葬儀が行われる例が見られる様になる。

2020/5/21  18:13

投稿者:沖浦克治
 葬儀に付いてです。

 https://ja.wikipedia.org/wiki/葬式仏教

2020/5/21  18:09

投稿者:沖浦克治
 嚴虎さん、今晩は。
 
 テープの癖で自分の録音とわかる事を書きましたが、同じく何気ない動きでその人の運動能力がわかります。
 双方共に若い時のレコードコピーで獲得したのではないかと思っています。
 別に自慢ではなく、私にとっては普通の事です。
 八風とは関係ありません。
 単なる自己認識です。
 何故八風を書いたかというと、宗門の僧は殆どが犯されていると思うからです。
 葬儀は釈迦が禁じたことは検索するならいくらでも出て来ます。
 理由は、葬儀を僧侶が営むことで民衆を支配する可能性があるからだとございました。
 所謂上座部です。

 葬儀自体は時代で変化しています。
 歴史的に見ればすぐわかります。
 戒名は世界広布には邪魔です。
 塔婆は建てたい人は建てるでいいでしょう。

 

2020/5/21  13:09

投稿者:ダイアリー
https://www.mcpbb.net/2016/02/19/%E9%87%88%E8%BF%A6%E3%81%AF%E8%91%AC%E5%BC%8F%E7%A6%81%E6%AD%A2%E3%82%92%E8%A
8%80%E3%81%84%E6%B8%A1%E3%81%97%E3%81%9F-%E4%BA%95%E6%89%8B/

ゴメンなさい、リンクが切れてた。再掲。

2020/5/21  13:08

投稿者:ダイアリー
>ところでこれは何を根拠に言っているのだろうか?

https://www.mcpbb.net/2016/02/19/%E9%87%88%E8%BF%A6%E3%81%AF%E8%91%AC%E5%BC%8F%E7%A6%81%E6%AD%A2%E3%82%92%E8%A8%80%E3%81%84%E6%B8%A1%E3%81%9
7%E3%81%9F-%E4%BA%95%E6%89%8B/

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ