2020/5/22

ハップウ  
沖浦氏に八風のことで言っておきたいことがある。

 別に自慢ではなく、私にとっては普通の事です。

これがダメなのだ。自分にとって普通かどうかではなく、世間一般にとって普通かどうかが問われているのである。つまり、これを言ったら世間から顰蹙を買うだろうと思って、言葉を慎むことがまさに賢人の振る舞いなのである。もちろんあえて顰蹙を覚悟で発言する場合もあるだろう。しかし、多くの場合は知らず知らずのうちに顰蹙を買っているものなのだ。それが凡夫の常である。

「大聖人の御眼を恐れよ」特集号

三月度総幹部会を報ずる四月五日号には、ご覧のような名称が付されている。近年は特集号に名称を付けるのが通例になっているわけだが、何となくマンネリ化しているような印象が拭えない。

それはさておき本題に入ろう。

第一面の様子を見ると、あれ? これが総幹部会? と思うことになる。なぜならば本部会館で行なわれているからだ。従来は大会場を借りて行なうのが常だった。しかし、おそらくは貸してもらえなかったのだろう。あるいは最初から本部会館でやるつもりだったのだろうか?

当然ながらコロナ問題で日本中が自粛ムードに覆われていた。総幹部会が行なわれた三月二十六日時点ではまだ緊急事態宣言が出されてはいなかったものの、かなり緊迫した状況になっていた。

掲載写真を見ると、かなり間隔を空けて座っている。ただし、マスクを着用している人はかなり少ない。この点、まだ認識が甘かったのかもしれない。

・・・ひたすら「国立戒壇」への糾弾を恐れて逃げた住職の醜態を報告した。

一面で気になったのはこれである。少し言い回しが不自然に思える。

コロナが去るまで
 本部会館で総幹部会


さて、会長講演である。ご覧のようにコロナ問題が解決するまで総幹部会を本部で行なうと言っているわけだが、具体的にはどのタイミングで切り替えるのか、そこが問題である。上述したように今は会場を貸してもらえない。しかし、今月中には緊急事態宣言が全面的に解除になる見通しである。すると六月末の総幹部会は再び大宮ソニックシティを借りて行えることになるのかもしれない。問題はそうした行政の指針に則るのか、あるいは顕正会独自の判断を下すのかである。

本部会館の大御本尊様の御前で・・・

法華講員からツッコミが入れられていた。大御本尊は戒壇の大御本尊にのみ用いるべき云々と。わたくしはその辺の事情に詳しくないが、ともかく顕正会は大が好きなのである。大確信だとか大感動だとか、きわめつけは大師子吼である。

だから安全なのは南極大陸のシロクマだけ(爆笑)。

ようするに新型コロナが地球上に蔓延してしまって、安全なのは南極だけだと言いたいわけである。もちろん冗談を言っているわけなのだろうが、そもそもシロクマは北極の生き物ではなかったかと思う。確か学名がホッキョクグマだったはずなのだ。

 「都市閉鎖もあり得る」

いわゆるロックダウンについてである。これも既述のごとく、すでにこの時点でかなり緊迫した状況になっていたことを示すものであり、ご存知のごとく四月に入って間もなく緊急事態宣言が発令された。これは諸外国のロックダウンとは少し性質の異なるもののようだが、広い意味ではほぼ同じと考えていいだろう。

世界大恐慌以来の株価大暴落

経済オンチのわたくしには実感が薄い話ではあるのだが、少し不思議に思っていたことがある。日経平均を見ていると、一度はガクッと下がった株価が少し持ち直して、一万九千円台で踏ん張っている状況が続いていたのだ。しかもこのところは二万円台まで回復している。

 黒田東彦・日銀総裁の国会における証言によれば、日経平均1万9千500円が損益分岐点だそうです。

なるほど、いわゆるアベノミクスの手法が今も継続的に行なわれているわけなのだ。日銀が株価の暴落を抑え込んでいる。

 まもなく財政破綻・国家破産が必ず起こる。

浅井先生の持論である。この点、近年は異なる経済理論を唱える人が増えているようだが、先生はそれに対して具体的な反論をしていない。ただひたすら持論を言い続けているだけである。かなり難解な議論になるだろうことは予想されるものの、一度は経済問題についての特集号を出すべきではないかと提案しておきたい。

四人ともに落馬して・・・

これは熱原法難についてである。かつて浅井先生は三位房の死を落馬ではないと言っていたはずであるが、見解が変わったのだろうか?

さらに「数日後に御虫払法要があるから、そのときの説法で必ず言います」
 とまで約束してくれた。


これは昨年あたりにも取り上げた事案である。わたくしの記憶が確かならば、かつての御遺命守護の著作にはまったく出てこない話なのである。ゆえに浅井先生の作り話ではないかと思うのだが、いかがだろうか?

 「責任役員会」の議決で
   国立戒壇を否定せしむ


これがまた問題である。ここに「せしむ」とある。ようするに池田大作氏がせしめたと、浅井先生は言っているわけである。その証拠はどこにあるのだろうか?

 「国立戒壇否定」を機関決定で取り消せ

これは浅井先生の立場としては至極当然の要求なのかもしれない。ようするに昭和四十五年の決定を覆すためには今現在の責任役員会のメンバーが同じ手続きを踏むべきであると。

それはそれとして周知徹底の意味では宗門機関紙であるとかホームページなどを使って内外に宣言する必要がある。

まあ、しかし、今現在の状況を考えると実現は難しいだろう。

顕正新聞には日蓮正宗責任役員会議事録の写真が載っていて、そこにはかなり長い説明が綴られている。ここでは一部分を抜粋しよう。

「第一号案」には「本宗教義の本質より鑑み」とあって、放棄したのは、単に名称だけではなく「国立戒壇」そのものであることを示している。

わたくしはここにじゃっかんのゴリ押しを感じるのだ。

宗門は国立戒壇を放棄したのであって本門戒壇は捨てていない。結局、上掲の国立戒壇そのものという表現がすでにして国立戒壇の名称に拘泥していることを示すものであって、本門戒壇そのものとは書けなかった点が浅井先生の限界を物語っているのだと思う。

正直なところ、日達上人の御指南にもブレがあって、細かく言えばツッコミどころがたくさんあるのは事実だと思う。それが今現在の宗門に影響を残しているのも、これまた事実だろう。ただし、細かいことを言ったらキリがないのだ。大枠で捉える必要がある。すると宗門が捨てたのは国立戒壇の名称だけであって、それ以外には何も捨てていないのである。

以上、浅井先生の要求が通らない理由はかくのごとしである。

繰り返しになるが書いておこう。浅井先生の要求は早い話が宗門に国立戒壇を言わせようとしているのである。国立戒壇を言わさないと気が済まない。それが浅井先生なのだ。もしそれが事実だとすると、あまりにも子供じみているのではないかと思う。

この点、顕正会の首脳部はよく考えるべきだろう。

2020/5/27  8:08

投稿者:沖浦克治
 嚴虎さん、おはようございます。

 来月からまた仕事が大きく展開致します。
 人生はどうせの一言さえ慎むならドンドン開けます。
 一時的には不遇を囲っても、真面目に唱題し希望を捨てないなら必ず開けます。
 全てを自分のせいだと決め、他人のせいにしない。
 それ故自分が変わるなら他人も変わります。
 益々頑張ります。

2020/5/27  7:59

投稿者:沖浦克治
 おはようございます。

 名無しさん、これだめですよ。

>私の軽蔑する馬鹿キチガイの元顕アホッケコーや

 『高山に登る者は必ず下り我人を軽しめば還て我身人に軽易せられん形状端厳をそしれば醜陋の報いを得人の衣服飲食をうばへば必ず餓鬼となる持戒尊貴を笑へば貧賎の家に生ず正法の家をそしれば邪見の家に生ず善戒を笑へば国土の民となり王難に遇ふ是は常の因果の定れる法なり、』
 (佐渡御書)

 御書お読みなさい。

2020/5/26  18:47

投稿者:名無し
5月は顕正新聞年間購読更新月のようだが
誰でも容易に手続き可能であるのだろうか??
私の軽蔑する馬鹿キチガイの元顕アホッケコーや
小銭稼ぎを夢見て顕正新聞ツッコミネタでブログ更新し
続けるツマラナイブログ主も手に入れているようなので
商売目的で売上さえ上がればお構いなしで販売しているのだろうか??
樋田教チラシのように顕正新聞特集号を大量に買わせ
路上大量配布させてるのだからどこも金儲けで宗教やっているようにしか思えない

2020/5/26  16:10

投稿者:沖浦克治
 少し整理致します。

 SNSでいけないのはハンネで書く時、自身の感情を抑えられなくなってしまう事です。
 憎しみ、軽蔑、嫉妬などを指先一つで簡単に書ける。
 然も自分が誰かは分からない。
 ナンバー通知制度がなかった頃のいたずら電話と同じです。
 
 SNS、特にハンネの書き込みは人々を簡単に愉快犯に貶める性質があります。
 だからハンネで各書く場合、主義主張だけを書くべきです。
 主義主張をネット上でハンネで闘わす事には全く問題はありません。
 私は日寛さんを習い損ないと書きますし、戒壇本尊本懐は否定しています。
 これが間違っていると主張される自由はハンネの方にもありますし、私は意見を闘わす事は望む所です。
 所が、私を創価がっかりと呼ぶと私に対する軽善謗法になります。
 お互いを尊重しながら自由に意見を闘わせる。
 これでないとダメなんです。
 ハンネの誘惑に負けて怨嫉謗法を犯す人が多いです。
 結論を述べると、

 愉快犯の書き込みは全て怨嫉謗法!!

 相手をバカにすることで満足をする。 
 これは怨嫉謗法です。
 嚴虎さんはそういう事はされません。
 ご主張を書かれます。
 故にハンネで全く問題ございません。

2020/5/26  8:02

投稿者:      

沖浦氏への心無いコメントも見ています

勿論中傷でなく、やり方を考え直したら如何?



2020/5/26  7:54

投稿者:      

厳虎氏は実名公表しなくてもいいんですか?

だが投稿者は実名を公表せよ?矛盾で〜すww

2020/5/26  7:18

投稿者:沖浦克治
 匿名で許される書き込みは、主義主張ですね。

 他人を感情的に攻撃する事は実名以外ダメ。
 嚴虎さんはそういう事をなさいません。
 若しそういう掲示板なら嚴虎さんはとっくに大罰でてますよ。
 普通にされているでしょう。
 ですから、ハンネで主張を書きたいなら嚴虎さんに倣えばいいのです。

2020/5/26  7:15

投稿者:沖浦克治
 おはようございます。

 何時も言われますね、ここで書かなければいい。
 この人は革命を知りません。
 大聖人は革命思想を広めておられます。
 宗教者である以前に、革命家です。
 ここが理解出来ないと大聖人は分かりません。
 何時も体制側は言います。

 気に入らないなら出て行って他所でやれ。

 これはファシズムであって、仏法の正反対側にあります。
 法華経で最も禁じられているものは怨嫉謗法。 
 法に対する誹謗でなく、人に対するものです。
 人を貶める言動は仏法では厳しく戒められています。
 世間でもそうですね。
 以前何らかの罪で刑務所に入っていた人を、あれは前科者だと公開の場で話すと名誉既存罪になります。
 日本が仏法基本の国であることが理解出来ます。

 所がSNSでハンネを使用するとこの大謗法へアッという間に陥ります。
 私は常に言いますがが、実名曝して書けない事を書くべきではありません。
 ご家族やお子さんに見られて恥ずかしくないご主張をなさい。
 ネットの愉快犯でその時はいい気分でも、怨嫉謗法の罪は絶対に逃れられません。
 因果の理法には例外はないからです。

 日本の国の制度に疑問があって主張する。
 それなら外国へ住め。
 これと同じですね。
 少し冷静に考えて、学ばねばなりません。

 『何に法華経を信じ給うとも謗法あらば必ず地獄にをつべし、うるし千ばいに蟹の足一つ入れたらんが如し、』
 (曾谷殿御返事)

 どれほど真面目に信心して唱題していても、怨嫉謗法を犯すと地獄しかありません。

 『「若し復是の経典を受持する者を見て其の過悪を出せば若しは実にもあれ若しは不実にもあれ此の人現世に白癩の病を得ん」等云云、』
 (開目抄下)

 人の悪口を言う、前科者を前科者と罵るともう罰しか出ません。
 実にもあれ若しは不実にもあれ。
 です。
 肝に銘じないとダメ!

 『一代の肝心は法華経法華経の修行の肝心は不軽品にて候なり、不軽菩薩の人を敬いしはいかなる事ぞ教主釈尊の出世の本懐は人の振舞にて候けるぞ、穴賢穴賢、賢きを人と云いはかなきを畜といふ。』
 (崇峻天皇御書)

 宗教は法の正邪で流布しません。
 行う人の人格が大事です。
 匿名で掲示板で他人の悪口書いて広まる道理がない。
 

2020/5/26  6:46

投稿者:      

>ここも全て本名の書き込みにされるべきです。

ブログ運営者の厳虎氏も含めて、ですか?

沖浦氏は自らのメディアだけでカキコすれば?

2020/5/25  10:53

投稿者:沖浦克治
嚴虎さん、おはようございます。

 以下Yahoo!からです。
 23日、恋愛リアリティー番組「テラスハウス」に出演中だった女子プロレスラーの木村花(きむら・はな)さんが22歳で亡くなった。

 テラハの制作に関わるフジテレビや配信を行うネットフリックスの関係者らは24日、今後の番組対応や情報共有などを進めた。制作スタッフは「番組内で死者が出てしまった以上、このまま番組を継続するのは難しい」との見方を示しており、関係者の間でも「打ち切りは避けられない」との見方が広がっている。
 〜引用終わり〜

 私は10年以上前からハンネによるSNSの反社会性を指摘してきました。
 一部の心ない人たちがハンネの陰にかくれ、身の丈に応じないネットで悪口を書きなぐる。
 必ず被害者が出ると警告をして来ましたが、ここにもそういう方が多数おられます。
 提案いたします。
 ここも全て本名の書き込みにされるべきです。
 

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ