2020/5/27

ヨワムシ  
まず今日はダイアリー氏に申し上げたい。口の利き方がなっていない。せっかくの主張が台無しである。

日銀が保有している、ETF(上場投資信託)の時価が簿価を下回ったら、含み損が出るって話だろ?
それを何で財政とか国家の破綻に、結び付けてんだよ。短絡的じゃねーの?って疑えないのか?
ファンダメンタルズに、極端なまでの不安要素はないだろう。日経平均は徐々にではあるものの、回復基調にあるのがその証拠。


経済オンチのわたくしにはまったく理解できない。おそらくは頑迷な顕正会員たちも同じだろう。ゆえにどのように説明すれば相手が理解するか、まずはそこから考えないといけないのだ。

ちなみに前回も述べたように、浅井先生の経済理論は少し古典的であり、近年はまったく異なる経済理論を唱える人が増えている。この点、浅井先生だって承知しているはずである。ゆえに上掲のような反論も含めて、経済問題について特集号を組む必要があるかもしれない。

沖浦氏から提案をたまわった。

 私は10年以上前からハンネによるSNSの反社会性を指摘してきました。
 一部の心ない人たちがハンネの陰にかくれ、身の丈に応じないネットで悪口を書きなぐる。
 必ず被害者が出ると警告をして来ましたが、ここにもそういう方が多数おられます。
 提案いたします。
 ここも全て本名の書き込みにされるべきです。


この後にも数回にわたって力説されている。あえて言えばダイアリー氏に足りないのはこうした丁寧さだろう。相手を説得するためにはそれなりの紙数が必要なのだ。俳句や短歌のような短さで伝えるのは至難の業である。この点、沖浦氏はよく心得ていて、煩を厭わずかつまた重複を恐れず、繰り返し主張するのである。

まあ、しかし、この提案については却下である。

何しろわたくし自身が本名を名乗っていないので、まさかコメント投稿者だけにそれを要求するのは無理筋である。また、沖浦氏にとっては迷惑なコメントが多く寄せられているのかもしれないが、実はわたくしにとっては何一つ困らないのである。正直なところ、イヤなコメントはある。もっと言えば、イヤなヤツもいる。しかし、それほど迷惑をしているわけではない。

こうした個人ブログではコメントを承認制にしている場合が多い。わたくしもそれは一つの手段だと思う。しかし、拙ブログは自由投稿であり、今後も変えるつもりはない。

また、不適切なコメントは削除するという手もある。多くのブログで行なっていることだと思う。しかし、拙ブログでは過去に一度たりともコメントを削除したことがない。

この際、挑発的なことを書いておこう。

誰もがこれはヤバイのではと思うようなコメントを書く人がいたとしよう。上述のごとく自由投稿であり削除もされないのである。ゆえにわたくしを困らせたいと思えば、そのような投稿をすればいいのである。

さて、どうなるか、である。

いちおうわたくしの想定を書いておくと、ともかくわたくし自身の手では削除するつもりはないので、そのコメントはしばらく残ることになる。しかし、いずれは強制執行的なことが行なわれるのかもしれない。最悪、拙ブログそのものが強制的に削除されるかもしれない。あるいはブログの管理責任者であるわたくし自身が何らかの罪に問われるのかもしれない。ただ同時にコメントを投稿した張本人も何らかのお咎めを被ることになるだろう。タダでは済まないはずなのだ。

沖浦氏も書いてくれているように、わたくしは正当なる主義主張を展開しているつもりなのである。ゆえにもし上述のごとくの最悪のケースに至れば、正当な言論活動がなぜに制裁を受けなければいけないのか、ということになる。つまり、その原因を作ったコメント投稿者がいちばんの悪者になるという図式なのである。

もし本気でわたくしを困らせようと思えば、まさに自爆テロ的にやるしかないことになる。しかし、はたしてそこまでやる人がいるのか、その動機はいったい何なのか、もしそんな人間がいるのならば逆に知りたいものである。

木村花さんのことはまったく存じ上げなかった。

余計なことを書くと、わたくしはテレビタレントの大半を知らない。特に若い人たちは男性女性問わずほとんど顔と名前が一致しない。そこそこ有名になってくると名前が先行してわたくしの耳に入ってくる。しかし、顔はわからない。
プロ野球選手もしかりで、わたくしはどこのチームも応援しておらず、よって選手の名前もほとんど知らない。サッカーもしかりである。当然ながらプロレスも知らない。女子プロレスも今はほとんど知らない。
木村花さんが出演していたというテラスハウスもそうした番組があることは知っていたものの、木村花さんの存在そのものを知らないくらいだから推して知るべしである。現状、テレビドラマを見たとしても出演者の八割は名前がわからない。

木村花さんを追い詰めた「匿名卑怯者」の深い罪

そういうわけで上掲はたまたま目に留まった記事であり、今回の一件についてはこの記事以外はほとんど読んでいない。つまり、今もなお深くは理解していない。

無責任にできる投稿がモラル意識を低下させた

本田雅一という人が書いた記事である。前掲が本題であり、上掲は副題に相当する。リンクも貼っておこう。

https://toyokeizai.net/articles/-/352419

わたくしが注目したのは二ページ目の記述である。

 どの例にも言えることだが、攻撃する有象無象の声の主は、自らが加害者になることなど微塵も意識していない。自分自身の言葉が社会に影響を与えることなど想像もしていないからだ。実際、多くの攻撃者は社会的強者ではないことのほうが多いだろう。

とりわけ最後のくだりが強烈である。再掲しよう。

実際、多くの攻撃者は社会的強者ではないことのほうが多いだろう。

沖浦氏が実名でネット活動をしている姿は、まさにこの真逆に位置する。ゆえに妬ましい。それがコメントにも反映されているわけだ。

この構図を言葉で説明すれば、沖浦氏は社会的強者であり、氏に攻撃的なコメントをする人たちは社会的弱者である。記事では、弱者とはせず、強者ではない、と書いている。ここは記者の用心深さなのかもしれないが、ぶっちゃけ言えば、面と向かっては言えないので陰に回って言っている、早い話が匿名投稿者は弱虫なのだ、ということになるはずである。

さらに記事の続きを見て行こう。

 言い換えれば、自己評価が低いからこそ、平気で他者に対して強い言葉で罵詈雑言を浴びせることができる。自己評価が低い人間は、自分の声を相手が真剣にとらえることなどないと思っているからだ。

記者も少し踏み込んで書いている。先ほどは社会的強者ではないという婉曲な表現だったが、ここでは自己評価が低いと書いている。特に後半は、どうせ何を書いたって影響力がない、だったら何を書いても許される、というふうにも言い換えることができるだろう。

だが、結果としては一人の女性を死に追い込んでしまった。

これらはツイッターを舞台にしての出来事らしいのだが、木村花さんに対して執拗に誹謗中傷を繰り返していた人物は、なんとツイッターのアカウントを削除してしまったそうである。ようは逃げちゃった。トンズラをこいた。

ところが逃げられないそうである。

アカウントを削除したくらいでは逃げられない。すでに足が付いている。捜査当局が本気で調べれば簡単にわかってしまう。

木村花さんの一件は決して特殊な例ではない。今後も起こり得ることであり、大事には至らないというレベルにおいては日常茶飯事で起こっていることなのだ。今回は沖浦氏のお陰で一文を草することができたわけだが、拙ブログにおけるコメント投稿者も一人ひとりが考えるキッカケになれば幸いである。

最後にもう一つだけ書いておこう。

巌虎独白は独白ブログという体裁ゆえに外部とのリンクがまったく存在しない。ゆえにわたくし個人に対する一種の疑惑というか疑念が生じていると想像されるのだ。ようは別ハンドルを使って他のところで好き勝手なことを言っているのではないかという疑いである。

残念ながらそれはまったくあり得ないことである。

なぜならば拙ブログを読めばわかるように、ここでけっこう好き勝手なことを言っているからである。浅井先生に対する批判もしかり、宗門に対してもしかりである。ゆえにヤマシイことは何もないである。

ちなみにまったく別のジャンルでネット活動をしているのは事実である。もちろんここでは詳細を言うつもりはないが・・・

2020/5/28  18:57

投稿者:沖浦克治
 法華講の方とフェイスブックで話しました。

 樒の話になって、私の仏間は造花でスト書いたら、造花はダメだと返答がありました。

 極めて偏狭な思想です。
 概ね日蓮正宗の関係者の方に見られる特質です。

 樒ですが造花がダメという思想は日蓮仏法にはありません。

 『仏には春の花秋の紅葉夏の清水冬の雪を進らせて候人人皆仏に成らせ給ふ、』 
 (治部房御返事)

 このご文は

、仏に春に花を、夏には清水を、冬には雪を供養する人は全て仏になる。

 と書かれています。
 特別なものを供養する事ではなく、心がこもっているならどういう者でも良いのです。
 御書にあるのですから信受が何故できないのでしょう?


 『仏に土の餅を供養せし徳勝童子は阿育大王と生れたり、仏に漿をまひらせし老女は辟支仏と生れたり、』
 (千日尼御前御返事)

 樒は造花ではダメという思想は日蓮仏法にはないのですよ。

2020/5/28  18:44

投稿者:沖浦克治
 嚴虎さん、今晩は。
 
 話題にして頂いてありがとうございます。
 ネットで他人を責めて悦に入っている人は沢山いますし、以前は何倍もいました。
 ハンネの落とし穴にはまってしまって精神的に身動きが出来ない状態ですね。
 お気の毒だとは思いますが、全てご本人の責任ですし、自分で抜け出す以外解決の手段はありません。

 名無しさんを例にとりますと、相変わらず他人を軽蔑し、憎み妬む一念が書き込みに如実です。

 概ねネットの法華講員の方々は大半がそういう方です。
 凄く勿体ないですね。
 この人たちも、私共創価学会員と同じご本尊に同じお題目。
 然しながら功徳は出ず罰のみ。
 見ていてため息がでます。
 一念の持ち方さえかえるなら、功徳に溢れる人生になるでしょうに、何故好き好んで罰を求めるのか?

 何度も御書を引用以していますが、理解出来ないようですね。

 『経に云く「若し復是の経典を受持する者を見て其の過悪を出さん若は実にもあれ若は不実にもあれ此の人現世に白癩の病を得ん乃至諸悪重病あるべし」』
 (四信五品抄)

 『四の巻には仏を一中劫罵るよりも末代の法華経の行者を悪む罪深しと説かれたり、』
 (松野殿御返事)

 『爰を以て之を思うに仏とは九界の衆生の事なり、』
 (御義口伝巻上)

 これ等のご文を拝するなら、他人を責めてはいけない事がすぐわかります。 
 ですが、日蓮正宗にマインドコントロールされていて受け入れる事が出来ない。

 損な人生です。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ