2020/7/1

アマノジャク  
前回、大沢氏から質問が寄せられたわけだが、わたくしからの回答を期待しているとも思えないし、かつまた何を書いたところで納得してもらえるとも思えないので、この件は割愛させていただく。無難なことを言えば、これまでの拙稿、そしてこれからの拙稿をよくお読みいただくことで、何かしらの答えが見えてくるかもしれない、ということになるだろう。

さて、沖浦氏に引き続き申し上げたいことがある。

沖浦氏が各所の掲示板を出入り禁止になったことについて、あまりにもトンチンカンなことばかり言っているからだ、とわたくしは書いた。けれども本人はそう思っておらず、今意訳的にまとめれば、創価学会の公式見解よりも先行していた、それに他の創価学会員は付いてこれなかった、それで排除された、というようなことだった。しかし、それは創価学会系の掲示板についての話である。法華講員の運営する掲示板には当てはまらない。その辺の答えがまだ出ていないように思うのだが、どうだろうか?

ここでわたくしなりの推論を書いておこう。

沖浦氏は相手の言っていることを理解できない。だからトンチンカンな応答しかできない。もしくは相手の言っていることにストレートに応じると都合が悪くなるとわかっているので、わざとアマノジャクな応答をしている。常にそういう態度であるから、どこに行っても排除されてしまう。

いかがだろうか?

次は前述とほぼ同じことの繰り返しになるが、あえて書いておきたい。

沖浦氏は間違いを犯す。沖浦氏に限らず、人間誰しも間違いはある。問題はここからである。誰が見てもそれは間違いだろうという場面において、沖浦氏は自分の間違いにまったく気がつかない。だからトンチンカンな応答しかできない。もしくは間違いに気がついているけれども、それを認めてしまうと負けになるので気がつかないフリをしている。あるいはわざとアマノジャクな応答をして相手を煙に巻こうとしている。常にそういう態度なので、どこに行ってもアク禁を食らう。

いかがだろうか?

ここからは具体的な事案である。

 末代幼稚って、日興さんだけだ〜〜〜〜〜〜!!!

これについてわたくしは文証を求めた。その回答は実にトンチンカンなものだった。

しかし、もしかしたらわたくしの質問の仕方が悪かったのかもしれないので、ここで再質問したいと思う。

上掲は日蓮正宗の誰かの発言と思われる。ならばその出典を教えてほしい。ネット上であればリンクをご紹介願いたい。書籍であればその本の名前とページ数。

もし示せないとすれば、それは口頭での発言なのだろう。何かの折に法華講員が沖浦氏に向かって発言したのかもしれない。しかし、その場合はほぼ証拠能力ゼロである。よって拙ブログのコメント欄に書き込むこと自体が間違いである。なぜならばその人の個人的な見解に過ぎない可能性が高いからである。

この点について、沖浦氏の真摯な回答を期待したい。

 偽書説[編集]
身延相承は日付が9月13日になっているが、元祖化導記には9月8日に身延沢を出発したとあり13日にはすでに身延山に日蓮は居ないことになる。この日付のずれから二箇相承は偽書であるとの指摘がされている。


さて、次の事案であるが、上掲は沖浦氏がどこかから拾ってきた文章である。これについては大沢氏が一刀両断に処している。

>身延相承は日付が9月13日になっているが

なっていません。


この後、わずか数日の間にもかかわらず膨大なコメントの応酬が続くわけだが、この件に関する沖浦氏の返信はきわめてトンチンカンである。相手の言っていることを理解していないか、もしくは自分の間違いを認めたくないのでわざとアマノジャクな返答をしていることになるだろう。それ以外の可能性はまったく考えられない。

この点、沖浦氏に真摯な回答を求めたい。

 今摂受の時代と話しましたが、摂受は社会で尊敬される自分の姿を以て布教します。

これは新たな事案である。摂受か折伏かの議論は以前から繰り返されてきたわけだが、今回は上掲に続いて次の御書が引用されている点に注目したい。

 『一代の肝心は法華経法華経の修行の肝心は不軽品にて候なり、不軽菩薩の人を敬いしはいかなる事ぞ教主釈尊の出世の本懐は人の振舞にて候けるぞ、穴賢穴賢、賢きを人と云いはかなきを畜といふ。』
 (崇峻天皇御書)


つまり、沖浦氏はこれを摂受の文証として引用していることになる。ならば、わたくしからは反証として次の御書を引用しておく。

邪智・謗法の者の多き時は折伏を前とす、常不軽品のごとし。

開目抄の御指南を単純化すれば、安楽行品=摂受、常不軽品=折伏、となることは異論のないところである。ならば崇峻天皇御書における人の振舞を摂受の文証とするのは、大聖人の御認識とは違うことになるだろう。

以上、具体的には三項目の質問となるが、沖浦氏からの真摯な回答を待ちたい。

なお、拙ブログは誰も排除しないことを伝統としてきた。ゆえに沖浦氏がこの先もトンチンカンないしアマノジャクなコメントばかりを書くとしても排除されることはないわけだが、しかし、このことは逆に考えないといけない。ようするにデタラメを書けば、それが永遠に残ってしまうのである。拙ブログには並の顕正会員は誰もコメントを寄こさない。法華講員もしかりであり、創価学会員も同じである。ぜんぶ残ってしまうからだ。

ゆえにここ数日のコメント欄での応酬についても思うのである。

なぜにもっと熟考してから投稿しないのかと。

拙稿は言うほどに熟考しているわけではないが、それでも一定以上のクオリティを維持できるように努力しているのは事実である。この点、すべてのコメント投稿者に期待するのは無理にしても、せめて投稿頻度の高い人は少し頻度を落として逆に内容を濃いものにするよう努力すべきである。

2020/7/4  17:43

投稿者:名無し
ダイアリー@リモートワークサボリ中さんへ

人を責めたり評論家気取りで薄っぺらい発言だけじゃなくて、体験や生き様、信心に対する信念を語ってみてよって創価ガッカリさんの煽りに気づきなさいよww

2020/7/4  9:37

投稿者:ダイアリー
>功徳を出せず、論のみで自己満足する大多数の方々には私の存在は困るのです。

沖浦氏が独自に、法門を打ち立てるのは自由です。
誰も止めませんし、困る事もありません。他人なんで。
正系門家≒沖浦流法門、この違いを明確にしたいだけです。

2020/7/4  7:24

投稿者:沖浦克治
 嚴虎さん、おはようございます。

 ご指摘の件です。

>沖浦氏は自分の間違いにまったく気がつかない。だからトンチンカンな応答しかできない。もしくは間違いに気がついているけれども、それを認めてしまうと負けになるので気がつかないフリをしている。

 過ちを改めるに憚ることなかれ。

 モットーでございます。
 Ⅿ違いに気付けば素直に謝罪しています。
 ここでも何度も謝罪を書いております。

>あるいはわざとアマノジャクな応答をして相手を煙に巻こうとしている。常にそういう態度なので、どこに行ってもアク禁を食らう。

 私が道理に外れたことを書いてアク禁になったことがございません。
 常に私の主張に変化はございません。

 法論で布教は出来ない。
 功徳の実証を実名で示し続けてこそ、社会における創価学会理解が進む。
 この点に関して、SNSは最高の舞台である。
 世間で旗を振らねば広宣流布は進みません。

 『仏陀密多竜樹菩薩等は赤幡を七年十二年さしとをす』
 (報恩抄)

 現在におけるこの赤幡とは何か?

 『強盛の大信力をいだして法華宗の四条金吾四条金吾と鎌倉中の上下万人乃至日本国の一切衆生の口にうたはれ給へ、あしき名さへ流す況やよき名をや何に況や法華経ゆへの名をや、』
 (四条金吾殿御返事)

 社会で尊敬を受ける立場になって、身の振る舞いを以て仏法流布をする。
 これしかありません。

 他宗を、邪宗、邪宗と攻め立てて布教は不可能です。
 今は、四箇の格言は用いてはなりません。
 既に時代は摂受です。

 『修行に摂折あり摂受の時折伏を行ずるも非なり折伏の時摂受を行ずるも失なり、』
 (聖愚問答抄)

 既に世は治まり我が国は世界一安全な国土となっています。
 この時折伏ではなく摂受を行じねばなりません。
 既に日蓮思想が社会の隅々まで行きわたっています。
 戦後をは異なる世です。

 功徳を出せず、論のみで自己満足する大多数の方々には私の存在は困るのです。

2020/7/3  9:44

投稿者:ダイアリー
戒壇本尊はありませんし
→戒壇本尊を含めた、真筆の御本尊様全てというのが「現実」。
葬儀に僧侶も呼びません、塔婆も立てませんし戒名も要りません。
→現にその通りの状態になっている。
一大秘法は本門の題目で曼荼羅原理主義は消滅しています。
→一大秘法=本門の本尊、曼荼羅原理主義は消滅していないというのが「現実」。

2020/7/3  9:36

投稿者:ダイアリー
正系門家 ≒ 沖浦流法門。
一言でいえば、これに尽きるでしょう。

2020/7/3  8:56

投稿者:沖浦克治
 何時も思います。

 法華講の方々、正信会の皆様、顕正会の人達、創価から宗門などへ移籍された元創価学会員達。

 これ等の人の知っていた創価学会を日蓮正宗創価学会と申しました。
 この宗教は既に教義上は存在致しません。
 あるのは、破門を得て再生された新興宗教としての創価学会です。

 戒壇本尊はありませんし、葬儀に僧侶も呼びません、塔婆も立てませんし戒名も要りません。
 一大秘法は本門の題目で曼荼羅原理主義は消滅しています。
 更に、この後、日蓮本仏論はなくなるでしょう。
 SGIにはそういう思想はありませんから。

 折伏から摂受への舵切は既に終わっています。

 『創価学会は、人間の精神の自由、なかんずく信教の自由を死守する』

 池田先生による有名な宣言です。
 SGI憲章には以下に定まっています。

 SGIは仏法の寛容の精神を根本に、他の宗教を尊重して、人類の基本的問題について対話し、その解決のために協力していく。
 〜引用終わり〜

 他宗を、邪宗邪宗と破折していた日蓮正宗創価学会はもうないのです。

 この事実をキチンと弁えないと議論はかみ合いません。

 私は常に書いていますが、怨嗟のお題目は同苦の念仏に及ばない。

 当然ですね。

2020/7/3  8:38

投稿者:沖浦克治
 観心本尊抄に以下の記載がございます。

 『正像二千年の間は小乗の釈尊は迦葉阿難を脇士と為し権大乗並に涅槃法華経の迹門等の釈尊は文殊普賢等を以て脇士と為す此等の仏をば正像に造り画けども未だ寿量の仏有さず、末法に来入して始めて此の仏像出現せしむ可きか。』
 (如来滅後五五百歳始観心本尊抄)

 此の仏像出現せしむべきか。

 出現するであろう。
 
 未来系ですね、理解出来ますか?
 このご文の時点ではまだ図顕されていません。
 この御書は文永10年4月25日で、御真筆は現存していて国宝になっています。
 信頼性は十分です。
 ですので、このご文以前のご本尊は仮の姿と拝します。

 『今此の御本尊は教主釈尊五百塵点劫より心中にをさめさせ給いて世に出現せさせ給いても四十余年其の後又法華経の中にも迹門はせすぎて宝塔品より事をこりて寿量品に説き顕し神力品属累に事極りて候いしが、』
 (新尼御前御返事)

 この御書は文永12年2月 54歳御作。

 この二つの御書の間に末法流布へのご本尊の形式が確立されたと拝します。

 これ等のご文を総合的に拝しますと、一大秘法はお題目となります。
 反論がおありなら御書を引用してどうぞ。
 

2020/7/3  8:27

投稿者:沖浦克治
 大沢さん、おはようございます。

>学会内部で、教義上孤立していたのも理解できます。
更に言えば、沖浦さんの問題点は、学会員相手でも、沖浦説に賛同しない人を平然と「頭破七分」呼ばわりすることでしょうか?
いくら怨嫉謗法はいけない、人を軽んじてはならない、功徳がバンバン出ますといっても、全く信用できません。

 頭破七分は御怨嫉ではありません。
 正しい評価をしているだけで、憎しみも軽んじもありません。
 功徳はドンドン出ていますから、私が怨謗法を犯していない証拠です。
 私の功徳が信用できるか否か?
 貴方の境涯の問題で私の問題ではありません。

 『此の経の文字は皆悉く生身妙覚の御仏なり然れども我等は肉眼なれば文字と見るなり、例せば餓鬼は恒河を火と見る人は水と見る天人は甘露と見る水は一なれども果報に随つて別別なり、此の経の文字は盲眼の者は之を見ず、肉眼の者は文字と見る二乗は虚空と見る菩薩は無量の法門と見る、仏は一一の文字を金色の釈尊と御覧あるべきなり即持仏身とは是なり、されども僻見の行者は加様に目出度く渡らせ給うを破し奉るなり、』
 (曾谷入道殿御返事)

 貴方の人間革命に期待致しますよ。

>さすがに、もう沖浦流法門に騙される人はいないと思いますので、これ以上言う必要はないでしょう。

 必要なければ口を閉じている事ですね。
 これも貴方の問題です。
 先日副本部長さんと少しお話致しました。
 一大秘法も本尊の事もご納得なさいました。
 極めてスムースでしたよ。
 もう貴方が知っていた創価学会はこの世にはありません。
 破門と共に宗門が何処かに持って行きましたからね。

2020/7/3  7:49

投稿者:大沢克日子
巌虎さん
沖浦さん

沖浦さんから巌虎さん宛のコメントで、おそらく巌虎さんも言及されると思いますが、強いて一言申しあげます。

「2020/7/2  17:48
投稿者:沖浦克治

>この御書は文永8年11月です。
観心本尊抄は文永10年4月25日。
ご本尊ご図顕以前に。一大事の秘法(一大秘法)を
始めて日本で弘めたと仰せです。
ですから、曼荼羅本尊が一大秘法の当体にはなり得
ません。」

事実誤認ということだけ、申しあげておきます。
思い込みで色々言われても困りますが、御本人に自覚はないと思います。

基礎中の基礎を学んでいないことにより、数多あるネット情報の価値(正誤)も判断できず、肝心要の部分を間違えるのでは?

学会内部で、教義上孤立していたのも理解できます。
更に言えば、沖浦さんの問題点は、学会員相手でも、沖浦説に賛同しない人を平然と「頭破七分」呼ばわりすることでしょうか?
いくら怨嫉謗法はいけない、人を軽んじてはならない、功徳がバンバン出ますといっても、全く信用できません。

さすがに、もう沖浦流法門に騙される人はいないと思いますので、これ以上言う必要はないでしょう。

2020/7/3  7:46

投稿者:ダイアリー
>一大秘法は本門の本尊だ。

正系門家は、どこもそうですね。
本門の本尊=戒壇の大御本尊様(宗門)
本門の本尊=大聖人真筆の御本尊様(学会)
単なる、解釈の違いかな。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ