2020/7/4

ダイショウソン  
前回、わたくしは沖浦氏に対して三つの問い掛けをした。本人は完璧に答えたつもりなのかもしれないが、おそらくは誰が見ても落第点だろう。

それはさておき、今度は大沢氏から間接的な宿題のようなものを出されてしまった。

沖浦さんから巌虎さん宛のコメントで、おそらく巌虎さんも言及されると思いますが、強いて一言申しあげます。

面倒臭いので言及は控えるつもりだった。

「2020/7/2 17:48
投稿者:沖浦克治

>この御書は文永8年11月です。
観心本尊抄は文永10年4月25日。
ご本尊ご図顕以前に。一大事の秘法(一大秘法)を
始めて日本で弘めたと仰せです。
ですから、曼荼羅本尊が一大秘法の当体にはなり得
ません。」

事実誤認ということだけ、申しあげておきます。
思い込みで色々言われても困りますが、御本人に自覚はないと思います。

基礎中の基礎を学んでいないことにより、数多あるネット情報の価値(正誤)も判断できず、肝心要の部分を間違えるのでは?


不勉強のわたくしには大沢氏の想定する正解がどのようなものか、さっぱりわからない。ともかく沖浦氏の書いている内容は事実誤認であり、基礎中の基礎が学べていないから正しい判断ができず、肝心要のところで間違えてしまうということらしい。

もしかしたら楊枝御本尊のことを言っているのかもしれない。

沖浦氏は得意になって時系列を云々している。しかし、それは楊枝御本尊の存在を忘失していることで破綻をきたしていることになるのだ。何しろ当該御本尊は文永八年十月九日にあらわされたものだからである。

天台・伝教は粗釈し給へども、之を弘め残せる一大事の秘法を、此の国に初めて之を弘む。日蓮豈其の人に非ずや。前相已に顕はれぬ。去ぬる正嘉の大地震は前代未聞の大瑞なり。

単純に言って、沖浦氏は「弘めた」と読んでいるが、これがすでにして間違いなのではないかと思う。むしろ、これから弘めるのだ、と読むか、今まさに弘めようとしている、と読むのが自然である。いつも言っているように、わたくしは文法がどうこうではなく、文脈的にそのように読めるのである。

さらに言っておくと、正嘉の大地震を前相であるとされている点に注目すべきだろう。

はたして沖浦氏に理解できるかどうかそこが問題だが、いちおう質問を投げ掛けておこうと思う。いわゆる時系列からすると、立宗宣言の後に正嘉の大地震が起きている。大聖人はこれを前相であると仰せられるのだ。ならば、本門の題目は一大秘法とはなり得ない。時系列的にはそのように理解する以外にないと思うのだが、いかがだろうか?

せっかくなので質問を続けよう。

 大覚世尊、仏眼を以て末法を鑑知し、此の逆・謗の二罪を対治せしめんが為に一大秘法を留め置きたまふ。

曾谷入道殿許御書に一大秘法の語が出てくる。沖浦氏の引用はこの段の後半ないし次の一段に相当するが、まずは前回の摂受折伏の議論に関連して質問しよう。上掲には逆・謗の二罪との仰せを拝することができる。しかもそれは釈尊が仏眼で鑑知したものだとされているのだ。現在は大聖人の時代から相当に下っているものの、今もなお時代区分は末法のはずである。それにもかかわらず、なぜに折伏ではなく摂受を主張するのだろうか?

但此の一大秘法を持して本処に隠居するの後・・・

沖浦氏引用の一節であるが、この直前には次のようなくだりがある。

其の所属の法は何物ぞや・・・
所謂妙法蓮華経の五字・・・


おそらく沖浦氏はこれをもって一大秘法は本門の題目であると言いたいわけなのだろう。

実は以前にも同様の議論があった。お忘れかもしれないが、その時の沖浦氏はかなり譲歩的な発言をしているのである。すなわち、一大秘法は本門の題目であると同時に本門の本尊でもある、と。

ともかく難しい議論であるから、わたくしも安易なことは書けない。

そこで次はわたくし自身も明快な答えを持ち合わせているわけではないことをお断わりした上で、沖浦氏にお聞きしたいと思う。

慧日大聖尊、仏眼を以て兼ねて之を鑑みたまふ。故に諸の大聖を捨棄し、此の四聖を召し出だして要法を伝へ、末法の弘通と定めたまふなり。

ここは既掲の一大秘法云々をやや切り口を変えて御指南あそばしているくだりである。ようは一大秘法を誰に譲るのかという問題において、四大菩薩への付嘱を格調高く表現あそばしているのだ。問題は次である。

 問うて曰く、要法の経文如何。答へて曰く、口伝を以て之を伝へん。

わたくしはこれがわからないのである。もし妙法蓮華経の五字であれば、そのように書けば済む話である。なぜそのように書かれなかったのか、そこが問題である。この点、沖浦氏の見解を伺いたいと思う。

なお、念のために言っておくが、わたくしはこれを直ちに法主直伝の口伝相承だと言いたいわけではない。むしろ雰囲気的には煩瑣になるので省略しているだけのように思える。いずれにしても簡単には書けないのだろう。つまり、単に妙法蓮華経の五字で片付く話ではないのだ。

2020/7/6  8:56

投稿者:ダイアリー
大沢さん 基本的には一般紙(四大紙、地方紙)と機関誌(聖教新聞、赤旗等)は分け
て考えたほうが
賢明だとは思います。性格を異にしますので。
ただ書籍を含め、新聞の発行部数自体も全体的に落ちていますから、機関誌だけが
伸び続けるというのは考えにくいでしょうね。
加えて少子高齢化の影響で、どの団体も信者数(実数)は減る傾向にあるという点は、
否定出来ないように思います。
顕正新聞(機関誌)が、どれだけ発行されているのか、具体的には存じ上げません。
ま、先の顕正新聞社のサイトを見てると、凡その動向というものは把握出来る
んじゃないかと。

2020/7/6  8:09

投稿者:大沢克日子
ダイアリーさん

・公称では827万世帯もの信者を持つとされるが、選挙での獲得票数は低落傾向
・若い会員の多くは2世や3世で、熱心さは感じられない

そういう実態があるので、特に地方では、聖教新聞の配達の担い手がいなくなり、幹部自身が代配することになるんでしょう。

ただ、地区部長が誰にも相談できず悩んでいたというのは解せない話です。

一部の県で既に讀賣新聞への業務委託がはじまっているということは、学会上層部に地方の声が届いており、学会当局が対応した結果です。
地区部長が組織を通して、意見具申せず(できず)、わざわざ沖浦さんを通してネット発信するならば、それは怠慢ではないでしょうか。

日本新聞協会の統計によると、紙媒体の新聞発行部数はこの20年、約3割減少してますから、聖教新聞も、会員数の減少と相俟って、紙面での発行部数は相当減少するでしょう。

幹部の代配というのも、そう長くは続かないのかもしれませんね。

顕正新聞の発行部数は、どの位なのでしょうか?

会員が駅前で配布していたりするので、部数は相当多いと思いますが。

2020/7/6  7:28

投稿者:ダイアリー
>何故貴方は創価学会の組織に干渉しますか?

日蓮正宗を、いつも厳しく批判されているのは「貴殿」ですよね。
どのような組織に対しても、その在り方に疑問を呈したり批判する人間が一

の割合で存在するのは、当たり前です。
その批判には、どうでもいい内容のものもあれば耳を傾けるべき内容のも
の、
真摯に受け止めるべきものもある。
ただそれだけ。

2020/7/6  6:36

投稿者:ダイアリー
>もし創価学会に、数百万会員がいるのなら、現役会員に沖浦さん程度の人物は掃いて捨てるほどいる
はずです。

・公称では827万世帯もの信者を持つとされるが、選挙での獲得票数は低落傾向
・若い会員の多くは2世や3世で、熱心さは感じられない

https://news.livedoor.com/article/detail/16751109/

2020/7/6  5:54

投稿者:大沢克日子
沖浦さん

>長野県のトップが依頼されて私が引き受けた。

>馬鹿げたご意見ですね。
私は組織で出世する気なら、副会長にはなっていますよ。
でも、世間で闘う方をチョイスしました。

>創価学会を自分の思うように運営したければ、二つの道があると、15年前から書いています。
@創価学会の運営方針に関与できる幹部になる。
A世間で超一流となって、創価学会が無視できない人になる。
何方かです。
私は後者を選びました。

沖浦さんは、もしかしてだけど…役職はないけど、超VIP待遇なんですね?

お世辞や社交辞令ではなく、長野県のトップから、本当に何時なりとも会員を集めて、御書講義をして良いなんて依頼される人はなかなかいないと思います。

組織の枠を超えて活躍する沖浦さんは、学会の中でスゴい人なんですね?

今後沖浦さんの言うように創価学会が動くのなら、大変革になりますし沖浦さんの名前が歴史に残りますよ?

2020/7/6  5:31

投稿者:大沢克日子
沖浦さん

おはようございます。

沖浦さんのおっしゃっていることは俄かに信じられないことばかりですが、もし本当だとすれば、沖浦さんは結構スゴい情報を発信していることになります。

今も半信半疑ですが、私に最も興味があるのは、地区部長さんの発言の内容です。

昨日も述べましたが、地区部長さんの発言の通りなら、「よくわかる創価学会」で引用していた(デイリー新潮)の記事の信ぴょう性が高まるし、一部の県に限らぬ出来事になります。

「昨日地区部長さんが贈呈の本をお持ち下さいましたので、おあがりいただいて、30分程コーヒーをご一緒してお話いたしました。

 実は戒壇本尊本懐と、法主に血脈があるという事を信じて以前は闘って来た。
 所が破門以後それが無くなってしまった。
 何処か心の中にポッカリ穴が開いていて辛いが、現在の創価学会では誰にも相談できない。
 選挙で何百人にお願いした公明党の国会議員が、議員会館へ女性を入れて問題になった。 
 自分がお願いした友人に謝って回った。
 聖教新聞の配達を代配でしているが、それも大きな負担となっている。
 こういう疑問も誰にも言えなくて辛い。」

こういう生の情報があれば、(本当の情報ならば)これからも遠慮なく、ドンドンネット公開してください。

2020/7/5  22:03

投稿者:名無し
日蓮正宗を貶める大沢さんへ

妄想や思い込みゲスの勘繰りでの発言を止めろって言っているだけ話

>真意を計り兼ねますが
>資質やその責任を問われてもおかしくはありません。
>(誰でも、そうしますよね?)

憶測や思い込みの見苦しい言葉ならべ挙句の果てに

>世の中の仕組みは御存知のはずです。

憶測や思い込みゲスの勘繰り発言に同意を求めるとは見苦しいにもほどがあるww

事実を証明できないことを憶測や思い込みゲスの勘繰りで発言するのは卑怯な誹謗中傷ですよ

最期に

>『謝罪や撤回を求めることはありません』

と書いていますが、自分の言葉や書き込みに責任が持てないから逃げ道を作っているだけでしょww

2020/7/5  21:38

投稿者:大沢克日子
名無しさん

>日蓮正宗を貶める大沢さんへ

>下記のコメントの事実の証拠を提示して頂ければ、謝罪撤回いたしますが、どう読んでもあなたの妄想ですよね。
妄想や思い込みで事実と違う結果であるとすればあなたが恥をかき、日蓮正宗法華講に泥塗るだけですよ

「下記のコメントの事実の証拠を提示して頂ければ、謝罪撤回いたしますが、どう読んでもあなたの妄想ですよね。」
というのは、名無しさんの御言葉ですか?

私は別に、名無しさんに何かを求めているのではありません。
私は、見解の相違こそあれ、信仰の同志である法華講員に、謝罪や撤回を求めることはありません。
また、沖浦さんに謝罪や撤回を求めているのでもありません。

真意を計り兼ねますが、もし沖浦さん所属の地区部長さんが、このような形で組織(創価学会)の方針に異議を唱えるのであれば、当然ながらその地区部長さんが発言の責任を負います。
もちろん、地区部長さん自身が実名で創価学会に異議を唱えても、その発言の責任を負います。

沖浦さんのコメントが水増しや捏造であるならば話は違いますが、地区部長さんの発言のままなら、創価学会幹部として、資質やその責任を問われてもおかしくはありません。

どちらにしても、責任を問われるのなら、他人を介してではなく、御本人が創価学会に上申すべきですし、もし相談を受けた沖浦さんが、政治家や有力者と強いパイプがあるのなら、それを活かさぬ手はありません。
(誰でも、そうしますよね?)

名無しさんも社会人でいらっしゃるのですから、世の中の仕組みは御存知のはずです。

私はそれを言ってるのです。

2020/7/5  21:28

投稿者:名無し
大沢さんへ

下記の問いにまともに答えられないアホッケコーさんだから言われたい放題ww
体験が無いから生き様を見せられない、信心が無いから信念も無い、薄っぺらい知識と教学に力に勘違いしているから大事なところで答えられない哀れなり
古巣の悪癖を拭い去り、妙観講の狂った組織信仰を捨て去り、一からやり直すつもりで日蓮正宗の正しい信心を身につけなさい


>何故戒壇本尊を本懐とするのか?
大聖人が御書の何処でそれを書かれているのか?
これを明快に引用して証明すれば私は負けを認め、
その場で日蓮正宗へ入ります。

2020/7/5  21:23

投稿者:沖浦克治
>地区部長さんは幹部としての資質を問われることになるのは、理解していますか?
信仰・世事に限らず、そうなります。

 バカバカしい、それで潰れるようなら潰れれば良いのです。

 『修羅が仏は十八界我は十九界と云ひ外道が云く仏は一究竟道我は九十五究竟道と云いしが如く日蓮御房は師匠にておはせども余にこはし我等はやはらかに法華経を弘むべしと云んは螢火が日月をわらひ蟻塚が華山を下し井江が河海をあなづり烏鵲が鸞鳳をわらふなるべしわらふなるべし。』
 (佐渡御書)

 蛍火と蟻塚に鵲してらっしゃい。
 私も地区部長も誇り高い大聖人門下です。
 崋山、日月、ランホウ、河海です。
 然し大沢さん、貴方本当に御書ダメですね。

>学会幹部経験者の話を聞いたところ、学会でも御書講義は、一定の幹部以上にしか認められないとのこと。

 そんな事私に関係ありません。
 長野県のトップが依頼されて私が引き受けた。
 貴方に関係ありません。
 若し救道心があるなら勉強にいらっしゃい。
 
>もし創価学会に、数百万会員がいるのなら、現役会員に沖浦さん程度の人物は掃いて捨てるほどいるはずです。

 貴方に関係ない事です。

 『譬えば貧窮の人日夜に隣の財を計へたれども半銭の得分もなきが如し、』
 (一生成仏抄)

 情けないね〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!

>強いて沖浦さんに講師を依頼しなければな、ないならば、本当に創価学会が衰退してしまったか、沖浦さんの信仰を守るため、花を持たせたのでしょうね?

もし実話ならば、何故沖浦さんに声がかかるのか、良く理由を考えた方がいいです。

 『当世の習いそこないの学者ゆめにもしらざる法門なり、』
 (草木成仏口決)

 日蓮正宗の貴方や法主レベルには夢にも理解出来ない三大秘法です。

 お気の毒です・・・・・

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ