2020/7/9

ケツジョウ  
ダイアリー氏に申し上げます。沖浦氏の件は決して容認ないし放置してきたわけではなく、再三再四にわたって注意勧告をしてきたという事実があります。

https://white.ap.teacup.com/ganko/2747.html

これが一例でして、ようするに言っても聞かないのです。早い話が沖浦氏はどうしようもないクソジジイなのですね。

ただ前回の拙稿で指摘した純円と順縁の例を見ればわかるように、沖浦氏は多少なりとも己の間違いを自覚しているわけですから、まったく理解力がないわけではないのです。その意味ではこちらが粘り強く説き伏せていくしかないのだと思います。もしそれが面倒臭いと思われるのであれば、議論に加わらなければいいだけの話です。実際、拙ブログのコメント欄はほぼ特定の決まった人たちしかおりませんので、ヘンなことを言うようですが、現時点で投稿している人たちはよほどの変わり者なのですね。

かく言うわたくし自身がいちばんの変人でして、だからこそ十年以上にわたってこのようなブログを継続することができたのだと思っております。個人ブログは続かない人が多いですからね。まあ、こんなところでご納得いただければ幸いです。

さて、顕正新聞の続きである。

 今や全世界を的とする総罰により・・・

婦人部第一総部長(東北)はご覧のごとく言うわけだが、ずいぶん迷惑な話である。大聖人に背き続けた結果としての総罰ならば、まずは日本がその中心とならなければおかしいだろう。この点を顕正会員たちはわかっているのだろうか?

女子部第十一区長(首都圏)は偉い。簡単に言うと、大聖人は大師子吼、浅井先生は師子吼、と区別している。最近は女子部がいちばんマトモである。

一天四海の広宣流布

男子部第百五十四隊長(近畿)の記事に驚いた。なぜならば一天四海は日蓮系全般で昔から使われてきた用語と思われるが、わたくしの記憶が正しければ顕正会の中ではまったく聞いたことがなかったからである。意味的には一閻浮提とほぼ同義なのだろうか? いずれにしても一般人には馴染みのない言葉であり、創価学会が好む世界広布みたいな表現のほうがわかりやすいのかもしれない。

「これこそウィルスによる中国の侵略ではないか!」

婦人部第十総部長(首都圏)の発言である。詳細に調べたわけではないが、ネット上には武漢風邪だとか武漢肺炎みたいな表現があって、わたくしの漠然とした印象では右翼系の人たちが好んで使っているような気がしてならない。しかし、前にも書いたはずだが、世界的に見るとアジア圏は感染者ないし死亡者が極端に少ないのである。ゆえにもし仮に発生源が中国武漢だとしても、日本はさほど侵略されなかったことになるわけで、むしろ欧米諸国のほうがベラボウにダメージが大きいのである。この点、顕正会員たちは認識が甘いようであるが、いかがだろうか?

ゴルフ場勤務で池田大作の傲慢見た!

婦人部高崎支区組長(群馬)の記事である。実はこれ、三月十六日の拙稿に出てくる話なのだ。あの時は支区部長の登壇記事だった。今回は本人が登壇している。

 私は東京のゴルフ場でキャディをしていたときに池田大作に付いたことがありましたが、何をしている人か知りませんでした。

ようするにずっと後になって顕正会に入って、そこで池田大作氏のことを知ったわけである。あの時のあの人物だと。しかし、ゴルフ場ではそれこそたくさんのお客さんを相手にしているわけだから、そんな昔の客のことを記憶しているのはおかしな話である。いや、逆に記憶に残るくらい物凄くイヤな客だったということなのだろうか?

それはともかく、わたくしは次のくだりがわからなかった。

 また、一人でプレーするお客さんはおカネになりません。

意味不明である。この部分はむしろ消してしまったほうがよかったのではないかと思う。

それからこれは誰に求めるわけでもないが、池田氏がそのゴルフ場に通っていた頻度がどれくらいか、ご存知の人がいれば教えていただきたいと思う。なぜならば浅井先生は人嫌いなのかどうか知らないが、ほとんど外部との交流がない。ところが池田氏は世界中の有名人と交流がある。実際に世界中を旅して、世界の識者たちと会っているし、当然ながら世界中の創価学会員と会ったりもしている。国内はいわずもがなである。つまり、池田氏がそう頻繁にゴルフ場に通っていたとは思えないのである。

 すると班員から突然電話があり、対象者がすでに決定しているとのことで、すぐさま入信勤行の運びとなりました。

最後は婦人部君津支区班長(千葉)の記事である。メインは夫の臨終についてなのだが、それは省略させていただく。たぶん上掲は顕正会関係者しか意味のわからない文章だと思う。

対象者がすでに決定・・・

対象者はタイショウシャだろう。決定はケツジョウと読むのだと思う。

ようするに班員が誰かを折伏したわけである。その相手を対象者と呼ぶのだ。そして決定だが、ようは折伏を受けた対象者が入信の意思を固めることをケツジョウと表現するのである。

顕正会特有の表現をどのように考えるべきなのか、ひじょうに難しいところである。もはや内部の人たちは感覚がマヒしてしまってわからないわけだが、わたくしはわりと敏感である。つまり、これら顕正会用語は、一般の人たちには単に意味不明なだけではなく、顕正会という宗教団体が物凄く異常に思えてしまう可能性を秘めているのだ。この点の自覚も必要だろう。

2020/7/11  9:06

投稿者:大沢克日子
沖浦さん

ああ言えば上祐ならぬ、ああ言えば沖浦ですね?

沖浦さんは、立場が不利になると、いつも宗派の問題にすり替えて、子どものような言い訳をしますね。
自己正当化のために、信心利用するのですか?

今は、個人の引用のあり方について話しているんですよね?
他人の言葉をどう引用するかについて、創価学会とか、日蓮正宗とか、教義は無関係でしょう?

「他人が○○だから」
だから何なのでしょう?

それが言い訳になるのでしょうか?

巌虎さんは、沖浦さんをどう評価しているのでしょう?
巌虎さんは、大沢を含むその他大勢の投稿者よりも、沖浦さんが一人実名で主張していることにつき、巌虎さんの心情としては応援したい、と言っていたはずです。
他人の好意もわからず、その人をして、あのような言葉を言わしめる状況にしたおのれを恥じるべきでしょう。
(ちなみに大沢は、個人としては、実名であれ匿名であれ変わらないと思いますし、沖浦さんのように実名で邪義を唱える者のほうが、余計に悪質だと思っています)

2020/7/11  8:40

投稿者:ダイアリー
>一切の価値観が転換を求められています。
>その支柱となる宗教の進化が求められる時代ですね。

恐らくパラダイムシフトの事を仰ってるんでしょうけど、残念ながら
旧パラダイムから新パラダイムへ転換した宗教なんて、聞いたことが
ありません。
どの宗教団体も、伝統はしっかり受け継ぎつつ、変えるべきものはし
っかりと変えている。

2020/7/11  8:31

投稿者:ダイアリー
>貴方方の戒壇本尊本懐論とか、法主の嫡々一人は御書に明快な文証が
ない

信じるか信じないか(信仰の対象にするか否か)とは、別。
創価学会って、信者に何を教えてるんですか?

2020/7/11  8:21

投稿者:沖浦克治
 嚴虎さん、おはようございます。

 白馬村に来て15年になります。
 雪が多くて雨の少ない所でした。
 この数年雪が少なくなって雨が強くなりました。
 気象というものは変化して当然です。
 気紛れをお天気屋と言います。

 日本全体が温暖化していて、50年に一度の雨が毎
年降る国になりました。
 橋下さんが言いましたが、これからは住む地域を変
えて危険を避ける事を国を上げて本気で考えねばなら
ない時代でしょう。
 そして今回のコロナ禍。
 全てが変化を要求される時代になりました。
 住居の場所。
 仕事の形態。 
 他人との接触。
 家庭のあり方。
 スポーツ団体も時代と環境の変化の大渦の中にいま
す。
 来年のオリンピックもおそらく無理でしょう。
 でも、私共は生き残らねばなりません。

 宗教もドンドン変化して時代に対応していかねば生
き残れません。
 もう原理主義が通用する世の中ではなくなっており
ます。

 一切の価値観が転換を求められています。
 その支柱となる宗教の進化が求められる時代です
ね。

 これからは、他宗を認め敬い、対話を以て良い影響
を及ぼし合わねばなりません。
 一切衆生を救うために不可欠の要素です。

2020/7/11  7:53

投稿者:沖浦克治
 大沢さん、おはようございます。

 貴方方の戒壇本尊本懐論とか、法主の嫡々一人は御
書に明快な文証がないと貴方は認めました。
 それをね、

 主意!!!!!!!

 と世間では申します。 

 主意が教義の根幹が日蓮正宗です。
 主意の件はこれまでと致します。

 虚空不動定で、貴方が日顕さんの説法をアップされ
ました。 
 やはりこの方は仏法の理解に乏しいですね。
 無量義経の34の非ずをご存じですね。

 其身非有亦非無非因非縁非自他非方非円非短長非出
非没非生滅非造非起非為作非坐非臥非行住非動非転非
閑静非進非退非安危非是非非非得失非彼非此非去来非
青非黄非赤白非紅非紫種種色
 〜引用終わり〜

 最初に其身とあるでしょう。
 それを34の非ずで説明しています。
 この、其の身が、虚空不動定です。
 当然慧でもあります。
 それを、南無妙法蓮華経と地球では表現致します。
 そして、お題目を唱える人の唱えるという行が戒で
す。
 
 他の星では当然生命の形態も異なりますし、言語の
発達や発声法も地球とは違いますので、お題目もその
の星にあわせて発音されます。

 法華経で六万恒河沙の地涌の菩薩が出現しますね。
 地球だけではないと拝するのが創価仏法です。

 貴方方は未だに曼荼羅が法華経という邪義から抜け
出せません。
 お気の毒です。
 

 

2020/7/11  6:14

投稿者:大沢克日子
沖浦さんの「主意」(取意、趣意)を問題としている人が言っているのは、恣意的に他人の発言を切り取って利用している、しかも沖浦さんの場合、通常の許容範囲を超えているのではないか、と思えるところにあります。

少なくとも、沖浦さんは創価学会員を名乗って創価学会会長の発言を引用するのだから、見る人は創価学会会長がそういう発言をしたものと思って見ています。
ところが、沖浦さんの場合は一般と違う恣意的な「沖浦流解釈」が多いので、信ぴょう性が薄いことが多々ある、故に、沖浦さんの「主意」等を止めるべきであると指摘されています。

ところが沖浦さんは、
「大聖人様も取意を使われています」
などと、頓珍漢な回答しかしません。
そういう話ではないのですが…
大沢は沖浦さんが「受信機」として故障しているのではないか、もはや修理不能ではないか、と感じています。

大沢の境界を変えるべきとか、そういう話でもありません。
もし、大沢の境界の問題で、「怨嫉のない」巌虎さんに共感を覚えるのならば、ぜひブログ主の意見は取り入れて、他者の言葉を利用するのであれば、適切な引用を心がけるべきでしょう。

普通揉めないところまで揉めてばかりいるので、沖浦さんとやり取りするのは非常に面倒です。

周囲を巻き込んで、余計なことをしなければ、変人だけど他人に好かれるおじいさんなのかもしれません。

沖浦さんは、信仰したことで、かえって自他ともに不幸にしてしまう、不思議な御仁のようですね?

もう、この辺にしておきますが。

2020/7/11  6:04

投稿者:大沢克日子
>それを、止めてくれってブログ主は頼んでるでしょ?
言うなれば、ここは「厳虎商店」。店主は厳虎さんで、貴方はお客さん。
店主が「止めろ」って言ってんだから、客は従うのが当然。

沖浦さんは、「沖浦商店」の場合は、店主に従うのが当然とばかりに、管理者権限を行使してきましたし、最近ではパワーアップして、「提訴」を看板に掲げていますので、異論を言う人はいないと思います。

旧ソ連や北朝鮮などの社会主義国では「民主的な選挙」も行われていて、投票の自由も確保されているそうですが、党推薦の候補者に異議を唱える際には、別のブースに移って記入の上で投票しなければならないそうです。
もちろん、監視の上で投票しますので、後日僻地の収容所に収監され、思想矯正を受けるのだとか。

社会主義国の「自由」と同じく、「提訴」や「店主に従え」の圧を掛けられながら、異論を言う人も尊重しています、と言われても、実態はどうでしょう?

ダイアリーさんの指摘のとおり、他人の店に来たからには「店主」に従うのが当然でしょう。

余談になりますが、日本語も上手な、香港の民主化の闘士である若い女性が、パスポートも取り上げられて海外脱出もできず、収監も覚悟しているそうです。

我々が何かできる訳でもありませんが、香港の現状には心が痛みます。

2020/7/10  20:29

投稿者:ダイアリー
>嚴虎さん、私は御書以外は主意もドンドン使用致し
ます。
 但し、当然信頼性は薄くなりますが、私がそれで納
得しておりますのでこのままで参ります。

それを、止めてくれってブログ主は頼んでるでしょ?
言うなれば、ここは「厳虎商店」。店主は厳虎さん
で、貴方はお客さん。
店主が「止めろ」って言ってんだから、客は従うのが
当然。

2020/7/10  20:19

投稿者:沖浦克治
 戸田先生も言われました。

 『第三は、衆生を愛さなくてはならぬ戦いである。
しかるに、青年は、親をも愛さぬような者も多いの
に、どうして他人が愛せようか。その無慈悲の自分を
乗り越えて、仏の慈悲の境涯を会得する、人間革命の
戦いである。』
 (青年訓)

 阪神大震災で死者の多かった神戸市長田区を、創価
学会員が沢山偽本尊を流布した罰だ!!!

 と傲然と言い放った大謗法人の日顕さんとお比べな
さい。
 
>今のままの生き方だと、(沖浦さんがそうしてきた
ように)沖浦さんを利用しようとする人は大勢寄って
くるでしょう。
しかし、巌虎さんのように本当に親身になって考えて
くれる人はいなくなってしまいます。

 嚴虎さんは怨嫉謗法をなさいません。
 私は常に共感を持っております。
 貴方との隔絶した差異がそこです。

>大沢自身は、沖浦さんのことはもうあきらめていま
すので、これ以上言うつもりはありません。
沖浦さんのほうでも聞く必要はないと思います。
しかし、せめて親身に対応してくれる人の忠言には、
耳を傾ける努力をしてほしいものです。

 貴方のご主観は貴方の境涯です。


『たとへば餓鬼は恒河を火と見る人は水と見天人は甘
露と見る、水は一なれども果報にしたがつて見るとこ
ろ各別なり、』
 (法蓮抄)

 貴方が向上心を持ち祈り闘って革命する以外にござ
いませんし、これは貴方の問題です。

2020/7/10  20:17

投稿者:沖浦克治
>同調しない人・異論を唱える人をシャットアウトし
て、攻撃されたものと勘違いして、半沢直樹のように
「倍返しだ!!」とばかりに反発する。

 そういうことは致しません。
 私は貴方と異なって、大聖人門下の創価人です。
 怨嫉謗法の恐ろしさを熟知しております。

>沖浦さんに同調する人・利用価値のありそうな人に
は、普通の人がしないような持ち上げ方をする。

 そういう事も致しません。
 常に全ての人を持ち上げております。
 先程も仏間で敵対する方々の事を祈りました。

 日蓮正宗には鈴木さんという法主がおりました。
 牧口先生を牢獄に入れて殉教させ、戸田先生を同じ
く牢獄に入れ自らは軍部と協力し神札を創価学会員に
受けろと言った大謗法の人でした。
 
 『畜生の心は弱きをおどし強きをおそる当世の学者
等は畜生の如し智者の弱きをあなづり王法の邪をおそ
る諛臣と申すは是なり強敵を伏して始て力士をしる、
悪王の正法を破るに邪法の僧等が方人をなして智者を
失はん時は師子王の如くなる心をもてる者必ず仏にな
るべし例せば日蓮が如し、』 
 (佐渡御書)

 この方は、邪法の僧として、法華の嚴罰で焼死さ
れ、昭和23年の宗報で日蓮正宗は罰だったと認めて
おります。

 日顕さんと並んで、提婆達多の匹敵する大謗法の人
でしたが、私は朝夕追善供養をしております。
 
 『一日行房死去の事不便に候、是にて法華経の文読
み進らせて南無妙法蓮華経と唱へ進らせ願くは日行を
釈迦多宝十方の諸仏霊山へ迎へ取らせ給へと申し上げ
候いぬ、』
 (四菩薩造立抄)

 私は大聖人のこの生き様に共鳴しております。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ