2020/7/11

シュイ  
類は友を呼ぶ、とはよく言ったものだと思う。まさに拙ブログに集っている面々がそれなのだ。わたくしは面倒臭い時は受け流すようにしているわけだが、今朝のコメントを拝見していると、なかなかそれでは気が済まない人もいるようである。しかもわたくしのそうした態度にも問題があるかのごとく書いているので、仕方がないから今日はこの話題をとことん書くことにする。

まず、面白いものをご覧に入れたい。

https://blog.goo.ne.jp/localfor/e/2a85101d68caeca34063548b26a824bc

たぶん拙ブログの愛読者ならばご存知だろう。問題はリンク先のコメント欄である。普通は本文に対する感想などを述べるものだと思う。ところが先方のコメント欄は本文とはまったく別の話題で盛り上がっている。事情を知らない人が読むと意味不明であるが、実は拙ブログのことを云々しているのである。

しかもである。

https://9207.teacup.com/wakataka/bbs/9307

これが驚きだった。今現在、リンク先の掲示板は閑古鳥が鳴いている。そんなところでコソコソと書いていても誰も読まないだろう。

わたくしは独白を看板にしていることもあって、他のブログや掲示板などはほとんどチェックしていない。しかし、ごく少数ながらもチェックしているところがある。ここで一つだけ紹介しておくと、旧名ユタ氏のブログである。実は失礼ながら彼の小説はほとんど読んでいない。主に読んでいるのはコメント欄である。つい先日書いたように、拙ブログのコメント欄はごく限られた少数の人しかコメントしない。実はユタ氏のブログも似たり寄ったりであり、投稿者はほとんど決まった人たちである。しかもコメントの内容は本文とは関係がない場合がほとんどで、そのうちの何割かは拙ブログの話題なのだ。変わった人たちである。

以上、拙ブログには変わった人たちが集まっているわけだが、拙ブログの周辺にも変わった人たちが集まっているようである。

さて、話を進めよう。

類は友を呼ぶの言葉通り、変わり者が集まっている。これは誰も否定できない事実だろう。では、その中心者は誰なのか、そこが問題である。当然、拙ブログに集まっているわけだから、拙者すなわちわたくしが中心なのだと考えられる。いや、そうではなく、沖浦氏が中心である。これも有力な説だと思う。

しかし、わたくしはどちらも違うと思っている。

例えば浅井先生のところには数千人ないし数万人の人たちが集まっている。しかし、類は友を呼ぶとは言わないだろう。カリスマ的な存在のところに集まってくる場合、そのカリスマは文字通り別格であり、類ではないのだ。もちろん友でもない。

話を戻して、拙ブログに集まっている人たちの中心は誰かと問われれば、わたくしは誰でもないと思っている。中心者など存在しないのだ。逆に言うと、全員が中心者なのである。

友だち関係を想像すればいい。

もちろん友だち関係であってもそこにリーダー的な存在がいる場合もある。ただ多くは全員がフィフティーフィフティーの関係にあって、あまり窮屈な思いをしない、緩い結びつきなのではないかと思う。

ここからは実生活の一端をさらけ出すことになるわけだが、わたくしにはそうしたコミュニティがない。言葉を換えれば友人がほとんどいない。これはウソイツワリのない事実なのである。そしてご存知のごとく、顕正会というコミュニティからも離脱してしまった。普通の人の場合、顕正会があまりにも特殊なコミュニティゆえに馴染めなかったというケースが多いのだろうけれども、わたくしの場合はまったく異なる。何しろ顕正会を離脱してからどこにも所属していないからである。無所属を標榜しているのもそのためである。

いわば社会不適応者なのだ。

大沢氏はこれを早くから見抜いていたわけなのだろう。氏は沖浦氏に対しても社会的不適応を指摘しているわけだが、実はわたくしの見立てでは沖浦氏は遥かにマシなのである。その比較対象はわたくしである。つまり、わたくしのほうが遥かに重症なのだ。これがわたくし自身の自己診断である。

話が脱線したかもしれない。

実生活では友だちがいない。どこにも所属するコミュニティがない。コメント投稿者の皆さんがそうだとは思わないが、少なくとも現時点でそこそこ居心地の良いウェブ上のコミュニティ、それが巌虎独白のコメント欄なのだろう。だから一日に数本、場合によっては十本以上もコメントを投稿するのだと考えられる。こういうことを書くと、だったらもう投稿しねえよ、というふうに離れていく人もいるかもしれない。わたくしはそれを承知しつつも、そうなったらそれで構わないと思っているし、事実としてそのような意味のことを何度も書いてきたわけである。つまり、今も投稿し続けている人は、すべてそれらのことを納得した上で投稿しているわけなのだ。

さて、そこで具体的な議論に入ると、沖浦氏のシュイ問題は氏の限界を示しているのだと思う。

簡単な話だ。御書はキッチリと引用するクセに、なぜに歴代会長の言葉はシュイなのか、ということを考えればいいのである。負け嫌いの沖浦氏はそれなりに御書を勉強してきたのだろう。ゆえに御書の引用頻度が高い。ただし、本人も認めているように、それはネット御書からのコピペなのだ。もちろんそれをダメだとは言わない。しかし、じゃっかんは手抜きの気味がある。
なぜならばわたくし自身はほぼすべて自分で打ち込んでいるからである。これはかなり前に下野正信氏が言っていたことを踏襲したのである。氏はなるべくコピペを使わず自分で打ち込むようにしていると語っていたのだ。ゆえに沖浦氏のそれは手抜きに思えるのである。
さて問題は歴代会長の言葉である。おそらくはデータ化されたものが存在しないのだろう。なぜ存在しないのか、一つには膨大過ぎてデータ化できないからであり、しょせん会長の言葉などは価値がないと創価学会首脳は思っているのが二つ目の理由であり、それに付随して宗門から矛盾を突かれるのがイヤだから、というようなことだと思われる。
確か池田会長全集というものがあって、通巻で百巻以上あった。今調べたら百五十巻あるらしい。もし沖浦氏が本気を出せば全巻通読することも可能なのだろうが、たぶんやらないだろう。あるいはやれないのかもしれない。

つまり、これが沖浦氏の限界なのだ。

理由は上述の中にある。御書で手抜きが身に付いてしまっているので、やりたくても無理なのだ。また、首脳部の本音と同様であって、しょせんは大して価値のあるものではないと沖浦氏も思っているのかもしれない。なおさらモチベーションが上がらないわけだ。

ともかく沖浦氏に対してはツッコミどころが満載なので、キリがないのである。ゆえにわたくしはある程度のところで終わりにして、次の話題に取り組むようにしているわけである。

以上、これで今現在のコメント投稿者たちが一斉にいなくなれば、それはそれでキレイサッパリして気持ちいいのだが、なかなか現実にはそうはならないようである。

2020/7/14  11:01

投稿者:大沢克日子
ダイアリーさん
沖浦さん

先ほどのコメントで、宛名にダイアリーさんを入れて仕舞いましたが、先のコメントはダイアリーさん宛の内容ではなく、沖浦さん宛のものですので、お詫び申し上げます。

「同じ話を繰り返すな」
は沖浦さん宛のものです。

ダイアリーさんは
「だって深く突っ込まれると、反論出来ないじゃないですか。矛盾が浮き彫りになる。むしろ、矛盾を浮き彫りにする。」
とおっしゃっていますが、沖浦さんの場合は「深く突っ込む」
どころの話ではなく、沖浦流法門は基本からしてメチャクチャです。

先ほどの「他宗の功徳」のやり取りを見ていても明らかだと思います。
他人の言葉も理解できず、結局のところ、日蓮正宗の御法主を誹謗中傷。
そしてまた暫くして、同じ話の繰り返し。

創価学会本尊の真偽問題はいったん置きます。
創価学会員として、沖浦さんが、草木成仏義も弁えず、御本尊を生身の御本仏と拝せず、衆生本仏・御本尊道具論を唱えること自体が、学会本尊を軽んじ・貶めていることに気付かないのでしょうか?

また、先の功徳の話も同様で、基礎も知らぬ癖に適当な沖浦流法門を打ち立てて智者を貶め、おのれは悟った気になっている。

「人を軽んじた事はない」
などと言っていますが、彼の信仰内外の発言をみれば、一目瞭然です。

JPA内部の問題は、本来こちらは関係ないので、沖浦さん自身の責任で好きにやれば良いと思います。
しかし、何年も何年もいったい何をやっているんだろう、信仰の世界と同じく、まさにトンデモナイ御仁であるというのが、個人的感想です。

そんな状態でビジネスが成功したところで、それが何なのでしょう?

ダイアリーさんが引用したように、功徳とは六根清浄であり、すなわち即身成仏です。

そしてそれは、正法を信仰することによってもたらされます。

沖浦さんは記憶が無いのかもしれませんが、同じ話を何度も何度も、振り出しに戻って繰り返すのはやめてほしいものです。

2020/7/14  7:42

投稿者:ダイアリー
われわれの貧乏と苦悩を救わんがために、日蓮大聖人様は
大御本尊様を建立し、遺されてある。
これは、弘安二年の十月十二日の大御本尊様のただ一幅な
のです。
そこから、分身散体の方程式によりまして、ずうっと出て
くるのです。
それから、ほかの本尊、どこのを拝んでも絶対にだめなの
です。
弘安二年の十月十二日の大御本尊様から出発したもので
なければ、法脈が切れてますから、絶対だめなのです。

(いつ) 昭和30年(1955年)8月24日
(どこで)札幌市商工会議所
(誰が)戸田城聖先生
(何を、どうした)北海道地方折伏講演会を行った。
         
その中から、抜粋して引用。

2020/7/14  7:12

投稿者:ダイアリー
>また同じ話の繰り返しですか?

これは、しょうがないと思います。だって深く突っ込まれると、
反論出来ないじゃないですか。矛盾が浮き彫りになる。むしろ、
矛盾を浮き彫りにする。そうする事で、顕正会員と非言語コミュ
ニケーションが図れる。

2020/7/14  6:58

投稿者:ダイアリー
公明党が推薦した、現職知事が落選

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200712/k10012511701000.html

2020/7/14  6:52

投稿者:沖浦克治
>沖浦さんの現在の姿を見るとき、七宝に飾られた頭
上の七穴というよりも、年々その七穴が塞がってしま
い、自他ともに不幸に導いているようにしか見えませ
ん。
必死に努力しているのは事実でしょうが、知らず知ら
ず、自らそれを打ち消してしまっている。

功徳に溢れた生活には見えません。

 それは仕方ございませんね、貴方の境涯の問題で私
には関係ございません。
 私は現在世界で初めて成功したビジネスを立ち上げ
つつあり、多くの協力者に恵まれております。

 朝30分の真剣な唱題に乗せた祈り、綿密な企画、
勇気の行動、この3っつで全てを創価の戦士として乗
り越えて来ましたし、今後もそうです。
 
 貴方は残念ながら日蓮正宗の方で、宗派の特質とし
て他宗の信徒への怨嫉謗法が慎めません。
 僻みが根底の宗派ですから。
 この点、貴方自身が克服する以外ございません。
 頑張って下さいませ。

 いよいよダメなら、ご近所の創価学会員の門を訪ね
なさい。

2020/7/14  6:45

投稿者:沖浦克治
 大沢さん、おはようございます。

 同じ話ですよ。

 南無妙法蓮華経を本気で自行化他するなら功徳に溢
れた生活が営める。
 但し、怨嫉謗法を慎む事だけが絶対条件である。

 私共創価人はこの同じ話を自ら祈り行動し、現証を
出して、手を変え品を変えて拡散しております。
 それを、

 人間革命運動の拡大!!

 と申します。
 ですので、同じ話になります。
 排他性の克服が日蓮正宗の課題である事は明らかで
す。
 この点、宗門の問題です。
 私共創価人は既に克服していますので、宗門の頑張
りを見守る立場です。

 JPA会長の件は、ここで書く事ではごさいませ
ん。
 フェイスブックで実名の方々と論じて行きますので
野次馬の貴方には残念でしょう。

 功徳に関してです。
 悪を滅するは破邪、善を生じるを顕正と拝します。
 すなわち、破邪顕正とは、自分の功徳の生活実態を
社会に提示する事です。

 この点、日蓮正宗はゼロと言って良いでしょう。

 創価学会員である私が功徳を示しても、偽本尊であ
るから因がない、因の無い果であるから功徳ではな
い。

 こういう愚かを言う法主とやら言う職種の方がおら
れましたが、因果の理法を否定した外道法主でした。

 更に、一闡提とか、魔の通力とか言って逃げる能化
や住職という習い損ないも散見致します。

 これ等の愚か者は、魔の通力は最初だけで、長続き
しない、一闡提は現世で罰を出さない。
 この基本すら弁えない者どもです。

 まあ、御書否定の日蓮正宗ですから、仕方ありませ
んがね。

2020/7/14  6:25

投稿者:大沢克日子
話が逸れましたが、信仰の目的は一生成仏にありますし、
「法華不信の者は無間に堕在し、信ずる者は成仏なり」
ですので、これをしっかり伝えるのが折伏です。

「他宗」が何故不可なのかといえば、他宗信仰は結局、堕獄につながるからです。

「法華不信の人は命終して地獄に堕在すべし。経に云はく「若人不信、毀謗此経、即断一切、世間仏種」の文是なり。法華経の行者は命終して成仏すべし。是人命終 為千仏授手の文是なり。千仏は千如の法門なり。謗法の人には獄卒迎へに来たり、法華経の行者は千仏迎へに来たるなり、今日蓮等の南無妙法蓮華経と唱へ奉る者は千仏の迎へ疑ひ無きなり。」
(御書1793頁)

沖浦さんは、爾前経や外道の得道に御執心ですが、結局は堕獄に繋がってしまう、そこから立ち還ってみるとき、仮に他宗信仰している人に良い事があったとしても、それを褒める訳にはいきません。

そして、ダイアリーさんがリンクした創価学会のサイトにも色々と書かれているようですが、正法信仰の果報は日々の生活の上にも功徳と罰の現証としてあらわれます。

沖浦さんの現在の姿を見るとき、七宝に飾られた頭上の七穴というよりも、年々その七穴が塞がってしまい、自他ともに不幸に導いているようにしか見えません。
必死に努力しているのは事実でしょうが、知らず知らず、自らそれを打ち消してしまっている。

功徳に溢れた生活には見えません。

同じ話の繰り返しはやめてほしいと思います。

2020/7/14  6:22

投稿者:大沢克日子
沖浦さん
ダイアリーさん

>大沢さんにみられる排他性は、この宗派の伝統的な性格です。

また同じ話の繰り返しですか?

「法師とは五種の法師なり、功徳とは六根清浄の果報なり。所詮今日蓮等の類南無妙法蓮華経と唱へ奉る者は六根清浄なり。されば妙法蓮華経の法の師と成りて大きなる徳有るなり。功も幸と云ふ事なり。又は悪を滅するを功と云ひ、善を生ずるを徳と云ふなり。功徳とは即身成仏なり、又六根清浄なり。法華経の説の文の如く修行するを六根清浄と意得べきなり云云。」
(御書1775頁)
「眼の功徳とは、法華不信の者は無間に堕在し、信ずる者は成仏なりと見るを以て眼の功徳とするなり。法華経を持ち奉る処に眼に八百の功徳を得るなり。眼とは法華経なり。此の大乗経典は諸仏の眼目と云へり。今日蓮等の類南無妙法蓮華経と唱へ奉る者は眼の功徳を得るなり云云。耳鼻舌身意又々此くの如きなり云云。」
(同)

沖浦さんは勘違いしそうですが、
「悪を滅するを功と云ひ、善を生ずるを徳と云ふ」
といっても、誰かを悪に仕立てて吊るし上げろということではありません。

今はJPA会長を悪党に仕立てて、聞いた話では仲間と一緒に、JPA会長を人殺し扱いをするような情報を発信しているとも聞きましたが、本当でしょうか?
(誤った情報ならば良いのですが、たとえ数人であっても、さすがにそこまでの情報を発信すれば訴えられる可能性がありますので、ご注意ください)

2020/7/14  6:10

投稿者:沖浦克治
 巖虎さん、おはようございます。

 今朝もネット聖教新聞体験欄に勇気を頂きました。

 『今こそ信心で宿命を乗り越える時だ。広宣流布に
生き抜く決意を定めることだよ。それが宿命転換の原
動力だ』
 (新人間革命)

 戸田先生は会員の功徳の話を一番喜ばれました。
 私共は世間に創価を開くためにこの世に生まれあわ
せました。
 久遠からの約束事です。
 戸田先生が言われました。
 
 『虚空会の儀式に大聖人と共に私はおりました。
 牢獄でそれを体験致しました。
 貴方方も一緒にいたんですよ。
 いなかったら、ここで戸田の講義を受けておりませ
ん。』
 (昭和30年豊島公会堂)

 嬉しいじゃありませんか!!!

2020/7/13  7:20

投稿者:ダイアリー
https://president.jp/articles/-/28800

いやいや我々日本民族にとって、大変重要な存在である事

変わりはない。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ