2020/8/16

カクシタ  
逃げているのはどちらか? おそらく常識的な答えは次のようになるだろう。

日達上人と日顕上人は浅井先生から逃げている。浅井先生は大草氏から逃げている。大草氏は顕正会の教学部から逃げている。

ごく単純に、格下の相手とは戦いたくない、負けたら恥になるから、というのが普通の感覚ではないかと思う。また、大将同士の戦いも回避される傾向がある。古い話だが、馬場と猪木の関係がそれだろう。さらに直近の都知事選も似たような意味がある。何しろ地上波では一度も討論会が行なわれなかったのだ。これが小池氏に有利に働いた。もし地上波の討論会が実現していれば、結果が違っていたかもしれない。小池氏の化けの皮が剥がされていたかもしれないからだ。

以前も一度ご案内しましたが、youtubeに
「顕正会・浅井昭衛 遁走の歴史その全経過!心ある顕正会員は目を醒ませ」
(約20分)がアップされていますので、興味のある方はご覧ください。


改めて視聴させていただいた。

そこで再認識したことは、大草氏と浅井先生の電話でのやり取りが、この上なく貴重だということである。

この電話の中でも先生自らがいわゆる浅井武勇伝を語っている。細井管長と池田大作を訂正せしめた云々と。

しかし、そこには大きな問題がある。

浅井先生の言っていることはおおむね事実なのだろう。けれどもそれらはすべて文書の記録なのである。そこが現代的には物凄く弱いのだ。

逆に大草氏と浅井先生のやり取りは音声という現代的には相当の説得力を有する記録であり、これを顕正会員が聴けば動揺しないはずがないのである。やや大袈裟に言えば、日達上人や創価学会の首脳部を悉く論破してきた浅井先生が、なんと大草氏とのやり取りではタジタジになっているのだ。あれ? おかしいなあ? もしかしたら浅井先生の御遺命守護って、過剰に美化されているだけなのではなかろうか?

もっともタジタジは少し言い過ぎかもしれない。第三者が聴けばどっちもどっちと感じるのではないかと思う。

いずれにしてもである。浅井先生の肉声がこのような形で残っていることが貴重なのである。音源は相手が握っているのだから、どうしようもない。まさか捏造とは言えないだろう。

さて、顕正新聞の続きである。

・・・驚くほど素直な入信が叶いました。
 勤行が終わると、壮年は私たちに対し、「是非この広告文を部屋に貼ってほしい!」と言ってきたので・・・


男子部第百七隊支隊長(東北・北関東)がヤバそうなことを発表している。通常、入信勤行は会館で行なわれる。近くに会館がない場合、自宅拠点で行なう。また特例的に入院患者で外出が困難な場合、病室で行なうこともある。上掲はいずれにも該当しないと思われる。普通に読めば、入信者のお宅で入信勤行が行なわれたと読めるのだ。すると、この支隊長は普段から御本尊を持ち歩いていて、相手が会館ないし自宅拠点へ行くことを渋った時には、その場で入信勤行を執り行なっていることになりそうである。

「全日本人に大聖人様の立正安国の大師子吼を聞かしめん」

男子部第十二総部長(東北)の記事である。どうやらカギカッコの意味は自分なりの要約ということらしい。悪くないと思う。いつも言っているように、浅井先生の大師子吼などと言うからダメなのである。大聖人の大師子吼ならば何の問題もない。

横浜医大

婦人部富士見支区組長(首都圏)の記事に出てくる表記だが、今現在、この名称は存在しない。ただし、かつては横浜医科大学の名称が存在したらしいので、もしかしたら年配の人たちには通用する言い方なのかもしれない。すると横浜在住のわたくしであるが、案外に若輩の部類に入るのかもしれない。まったく馴染みがないからだ。ちなみにこの登壇者は男子部第六総部長の母親なのだそうである。

近所の学会員が一人で多数の聖教新聞を取ることへの違和感・・・

婦人部今治支区(愛媛)の平会員である。この人は六十三年間も創価学会にいたらしい。

学会の会館に行けば入り口に阿部日顕の「踏み絵」が置いてある・・・

ようは不信感を募らせていたわけなのだろう。そのタイミングで顕正会の折伏を受けたと。

踏み絵が事実ならばとんでもない話である。しかも逆効果だと思う。創価学会員の多くはわりと常識人であるからして、おそらく踏み絵には抵抗を感じるはずなのだ。

ところで前掲の多数購読だが、顕正新聞の多数購読問題はどうなったのだろうか? いわゆるブーメラン的な記事にも思えるところである。

 「じいちゃんが葬儀場から家に戻って来たんだけど、すんなり口が閉じて、寝ているみたいだよ!」

女子部第四十七区総班長(福島)の記事で疑問に感じた部分である。登壇者の祖父が亡くなったのは病院である。ゆえに病院から葬儀場へ運ばれたのだと考えられる。それがなぜに自宅に戻って来たのかがわからない。

勝手な推測をすれば、エンバーミングのためだろう。

記事には葬儀の詳細が書かれていない。ゆえにまったくの推測であるが、もともと自宅での葬儀を希望していたのだと思われる。しかし、遺体の状態が芳しくなかったので、どうしても処置をする必要があった。それで一旦は葬儀社に預けて処置をしてもらった。

これは死者を冒涜するつもりで書いたのではない。文章を普通に読めば、上述のように読み取れてしまう。ただそれだけの話である。

2020/8/20  9:57

投稿者:晃
いや、他宗の方が百千万億倍は邪悪
謗法は、浅ければ責めない場合もある
と日蓮大聖人は残してる

阿仏房尼御前御返事に云く

軽罪の者をば せむる時もあるべし 
又せめずしてをくも候べし、自然になをる辺あるべし
せめて自他の罪を脱れて さてゆるすべし

https://hokkevxage.com

2020/8/18  8:50

投稿者:大沢克日子
投稿者: さんのコメントは、論のすり替えというか、「僧侶の妻帯」云々とは、後付けの何の意味もないものだと思います。
そもそも「在家僧」の意味もわかりませんし、(今は頻繁に登山できない状態ですが)普段登山している人は、御僧侶方の修行の姿を目にしているはずです。

「顕正会・浅井昭衛 遁走の歴史その全経過!」の11分30秒あたりから、大草講頭・浅井会長の通話音声がはじまりますが、
「オマエはバカ」・「キサマのようなな…」などと、罵ることしかできない浅井会長に対し、大草講頭はあなたの名前で堂々と反論してみなさい、と指摘しています。
浅井会長が最初から極めて消極的だったことがうかがえます。

大草講頭:「摧破異流義考」に答えなさいよ。
浅井会長:キサマ、一度出てこい。
大草講頭:こちらの言ったことに反論しなさいよ。あなたがちゃんと答えればいいんだ、自分の名前で。

浅井会長は、他人からあのように言われたことがないのでしょうから、妙観講(大草講頭)を憎むようになったのでしょうね。

晃さんのおっしゃるのは、日達上人が仰せになった内容に通じるものがあって、日蓮正宗内部で戒壇論をめぐって、宗内で法論などと争うのはやめろ、と厳命されたのは、まさに「同信は摂受 他宗派は折伏」ということでしょう。

では、顕正会が「同信」といえるのかと言えば、「御戒壇様と血脈」に背く時点で、もはや同信とはいえません。
「日布上人大幅御形木御本尊」などの、日蓮正宗に無かった本尊を作り出したこと、そして血脈断絶を口にした時点で、もはや同信ではありません。

晃さんのお立場はわかりませんが、日蓮正宗から見れば、顕正会等の異流義は、他宗より極悪です。

2020/8/18  2:33

投稿者:晃
疑問に思うのが、なぜ同じ宗旨同士でばかり
法論をして、他宗派 念仏 真言 禅 律を
責めないのか?ということ。同信は摂受
他宗派は折伏 この臨機応変さが欲しいところ

https://hokkevxage.com

2020/8/18  1:18

投稿者: 
>教学部とかそういう話ではなく、在家なら在家同士、
>大草講頭と浅井会長がサシで公開法論すべきでしょ
う。

娘の婚姻・縁戚関係となる阿部日顕も早瀬日如も、
出家していない妻帯・女犯・在家僧に過ぎない 草

日蓮正宗の「悪の根源」の一つである「門閥制度」
を支えているのは、在家僧の「妻帯」だ。 草

「出家」していない坊主は、「盲腸」よりも、
出世間・世間において、価値が無い存在だ。 草

2020/8/16  13:23

投稿者:大沢克日子
連続のコメントで申し訳ありませんが、妙観講と顕正会の関係について。

「顕正会・浅井昭衛 遁走の歴史その全経過!心ある顕正会員は目を醒ませ」
は、昭和63年の浅井克衛氏の映像からはじまっていますが、それ以前にも、妙観講と顕正会の接点はあります。

昭和六十年代の顕正会は、国立戒壇論で理論武装して天下無敵と過信しており、多数の元学会員らも会員となって、教義問題で脱会するような人は稀だったとのこと。

昭和五十年代後半に、単発的に妙観講員・顕正会員が遭遇するようになり、昭和五十六年には顕正会男子部長(当時)N氏が妙観講員に法論を持ちかけました。
どうもN氏は、妙観講が逃げ出すものと思い込んでいたようですが、大草講頭が正式な誌上法論にしようと提案したところ、浅井会長により法論交渉は打ち切りになってしまった。

その後、個々の講員による顕正会員の折伏が進む中、次第に顕正会員に脱会者が出はじめ、遂に幹部クラスの脱会者も発生。
憤激した浅井克衛氏が、手の者を引き連れて小金井(当時)の妙観講本部に乗り込んできたのが、あの映像です。

平成16年頃もそうでしたが、最前線にいる顕正会幹部・会員らは顕正会の絶対の正義を信じ、無敵と過信して法論も辞さない姿勢を見せていました。
(顕正会員たちは、「先生が出れば大草ごときは」と、異口同音に言ってましたからね、当時は)

最初から変わっていないのは浅井先生で、昭和五十年代から、妙観講(大草講頭)との法論に消極的だったように見えます。
教学部とかそういう話ではなく、在家なら在家同士、大草講頭と浅井会長がサシで公開法論すべきでしょう。

2020/8/16  12:42

投稿者:大沢克日子
>日達上人や創価学会の首脳部を悉く論破

日達上人は、「宗内で争うな」ということを徹底して御指南遊ばされたとうかがっています。
これは妙信講問題に限らず、後の学会問題でも同様です。
浅井会長が言いたい放題・やりたい放題のことをやって許されたのは宗内に居たからこそ。
ところが、処分を受ける人というのは、信仰がおかしくなっているのか、思考がどうにかなっているのか、御宗門の御慈悲は伝わらず、平然と一線を越えてしまいます。
浅井会長たちや、後の創価学会もそうです。
除名・講中解散処分されて以降は、御宗門としては「もう関係ない」のであって、処分後の浅井会長の「諫暁」には、日達上人、日顯上人、日如上人は一切お答えになっていません。
日達上人は、最後には「国立戒壇宗でも何でも勝手につくればいい」が、「今後日蓮正宗を名乗るのは一切やめろ」という意味のことをおっしゃっていたと思います。
(「冨士大石寺」の名称、そして日蓮正宗の御本尊を利用して良いのでしょうか?)

宗外に出た浅井会長に、正面から斬り込んできたのが大草講頭だった、ということでしょう。
浅井会長にとっては、生まれてはじめての体験だったのかもしれません。

>第三者が聴けばどっちもどっちと感じるのではないかと思う。

顕正会と裁判沙汰になったYouTuberのえらてん氏が、宗教学者の島田氏と三者の関係を語る動画も観ました。
部外者からみれば、日蓮正宗、創価学会、顕正会も同じ穴の狢のように見えるでしょうね。

大草・浅井法論の話に戻りますが、大草講頭は「公開法論」でサシで対決するということと、富士の古来からの習わしである「敗者が勝者の弟子入りする」という法論の条件を提示しています。
その他、浅井克衛氏のあの動画のように、騒ぎ立てて乱闘に持ち込んで終わらせないように、法論の議題や、法論のルールを事前に決めておく必要はあるでしょう。

日顯上人への不遜な対決要求も、それ以前に
「大草・浅井法論」の詳細を決めるため、妙観講から顕正会本部にコンタクトを取っていたさなかに、突如として出てきた話です。

宗内に居た時はあの調子で、処分後は取り巻き連中に「先生、先生」と持ち上げられている浅井会長にとって、直接あれだけ斬り込んできたのは、大草講頭だけなのかも。

それだけに、虫扱いするほど、大草講頭(妙観講)への憎しみは強いのでしょう。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ