2020/8/25

ウリフタツ  
大沢氏より貴重なコメントを頂戴した。世間一般の常識からすれば穏便に振る舞うべき場面であるが、今回はかなり激烈な内容になるだろう。

わたくしは数年来、宗門の戒壇論はデタラメである、と言ってきた。

この意味からすると前回の拙稿はかなり妥協的に思えたかもしれない。しかし、それは表面的な読み方であって、基本的には何も変わっていない。戒壇論については顕正会のほうが遥かにマシである。問題は最近の対宗門における破折の切り口であり、それがいかにもヤクザっぽい感じがしてよろしくないのである。具体的には、もし〇〇だったらどうするんだ、どう責任を取るんだ、みたいな手法がいけないのである。

(「元妙信講問題について」73頁・「第一回正本堂建設委員会 猊下御言葉の要旨拝考」昭和四十七年三月二十六日 宗務院教学部)

さて、そこで今日は大沢氏が提示してくれた上掲について、わたくしなりの切り口で破折させていただくことにする。

現時における事の戒壇とは本門戒壇本尊所住の処即ち事の戒壇の意である。

まず、これに驚いた。現時における云々は正本堂訓諭に出てくる文言であり、昭和四十七年四月二十八日付となっている。ところがひと月前に同じ文言が宗務院教学部から出されているのである。すると気になるのはそれ以前にも存在するのかどうかであるが、差し当たっては調べる術がないので話を進めよう。

わたくしの思うに上掲の後半は、・・・即ち義の戒壇の意である、とするのが正しいだろう。

その事壇と一期弘法抄、三大秘法抄の事壇とは意義において当然相通じている。

理由はここにある。こんなデタラメな文章はない。単純化すれば、AとAはイコールである、と言っているに等しいからである。そんなの当たり前であり、なぜにそんな当たり前のことを言う必要があるのか、その必然性がまったく見い出せない。ゆえに最初の文章を修正すべきなのである。最初の一文が、義の戒壇の意である、となっていれば続きの文章は次のごとくなるだろう。

その義壇と、一期弘法抄・三大秘法抄の事壇とは、意義において当然相通じている。

これならば、AとBはイコールである、という文章になる。これならば、なぜにAとBがイコールなのか、という具合に話が続くのである。

三大秘法抄に「今日蓮が所行乃至事の三大事」と仰せたまう大聖人の御魂魄たる本門戒壇の大御本尊がおわしますところ法体の事の戒壇であり、一期弘法抄、三大秘法抄等は事相の事の戒壇である。

まさに、AとAはイコールである、というデタラメを前提に論じているから、このような結論になるのだ。

上掲、冒頭に三大秘法抄の引用があって、後半にも三大秘法抄が出てくる。ところが後半には具体的な引用がない。ようするに事相戒壇は説明しなくてもわかるからだろう。逆に前半は説明しないと誰もわからない。ではその説明の妥当性はどうなのか?

本門戒壇の大御本尊ましますところ法体の事の戒壇?

まったく説明になっていない。ただ単に、日蓮が所行・・・事の三大事、という引用から何となくを連想させるだけのことであり、それ以上の何物でもない。そもそもここでの法体とは戒壇の大御本尊のことを意味するわけなのだろう。ならば、大御本尊がおわしますところ法体の事の戒壇とは、AがおわしますところAの事の戒壇、と言っていることになる。デタラメもいいところだ。

法体の事なくして広布の暁の事相の事壇はありえない。

当たり前のことである。念のために書いておくと、ここでの「法体の事なくして」は、戒壇の大御本尊なくして、の意味であり、戒壇の大御本尊ましますところが事の戒壇という話ではない。

また事相の事壇がいかに高広厳飾を極めつゝもその根本は法体の事に由来する外の何物でもない。

ここでの法体の事も同様だろう。ちなみにこのくだりは正本堂という建物にこだわる池田大作氏を暗に批判している意味が読み取れるわけだが、当時の状況からするとそこまでの意図はなかったのかもしれない。

いま戒壇の本尊の御威光益々光顕して数百万の民衆の正法帰依と不惜身命の信行あってまさに事相の戒壇の実現を望むの感ある時、正本堂の建立寄進となる。

ご覧のごとく、数百万の民衆云々とある。ゆえに前掲が池田批判を含意していることは考え難い。

従って正本堂はまさに一期弘法抄の戒壇の意義を含んで未来の広布にのぞむ現時の本門事の戒壇というべきである。

ここがまさに一ヶ月後の訓諭と瓜二つである。

わたくしの結論は、現時における事の戒壇とは義の戒壇の意味に他ならない、というものである。すでに書いたように、事の三大事というフレーズから何となくを連想させるだけの話であり、もっと言えば、事の三大事というフレーズを悪用して錯覚させている、ということになるだろう。御書のどこを探しても、戒壇の大御本尊ましますところを事の戒壇とするような御指南は存在しない。

ここまで言うと、オマエは御書の表面しか読めていないのだ、御書を深く読んでいくと文はなくとも義があることがわかる、などと反論するかもしれない。

文はなくとも義がある。これが答えである。

戒壇の大御本尊ましますところは義理において事の戒壇に相当する。これを義の戒壇と称してきたのである。それがいつの間にか事の戒壇にすり替わってしまった。

宗門はこれを修正することなく、このままズルズルと行くつもりなのだろうか?

2020/8/28  4:49

投稿者:大沢克日子
巌虎さん

>すると気になるのはそれ以前にも存在するのかどうかであるが、差し当たっては調べる術がないので話を進めよう。

法華講員になって何年経っても、日達上人が、ハッキリとした見解を示さず、池田名誉会長・浅井会長双方に媚びて云々という類の浅井史観がいつまでも頭の片隅に残ってしまっています。
怖いことだと思います。

浅井会長が訓諭以前に、(法体)・(事相)の事の戒壇を認識していたということは、それ以前に、御指南や学会当局、浅井会長とのお目通りの際などに、御宗門(猊下)としての御見解を示していたことになるでしょう。
(御見解を理解できたかどうかは別として、少なくとも認識していたことになります)

六巻抄は、御存知のとおり対他の破折として、富士山戒壇論や曼荼羅御本尊正意等、当宗の正義を示されています。

他方、日寛上人ほか御歴代上人のうち、(法体)に約し大御本尊様の御在所は事の戒壇と示される御指南もあります。

浅井会長は、日相上人が後年の猊下であることをもって偽作扱いしているようです。
しかし、伝承されてきた内容を、御感あって文書に書き留められたことは、むしろありがたいことです。

対他の破折として、「本門寺の戒壇を建立すべきは富士山」という、事相の事の戒壇が表に出るのは当たり前で、曼荼羅御本尊正意・御戒壇様が根源というのは当宗僧俗としては常識・前提の類なのかもしれません。
だから著名な文書には多数残っている訳ではないが、御歴代上人の御説法の中に折に触れて言及されていて、そのうち日寛上人の御指南が聞書として、日霑上人、日開上人の御指南が書籍として記録に残された、と言えないでしょうか?

根源をたずねる、根本に立ち還るのが大石寺ですから、事の戒壇に両義があったとしても、それは全て一大秘法たる大御本尊様に帰するはずです。

2020/8/26  8:24

投稿者:大沢克日子
当該書籍は、昭和46年11月に浅井会長から学会当局(池田会長)に送付されたものです。

巌虎さんは「それがいつの間にか事の戒壇にすり替わってしまった」とおっしゃっていますが、おそらくそれは、後の情報操作といいますか、顕正会当局による歴史の塗り替えの影響ではないでしょうか?

浅井会長は昭和47年4月の正本堂の意義に関する訓諭や、昭和47年3月の宗務院教学部の「要旨拝考」(既述)以前に、「所住の法体に約し給う」・「広布の時の事相に約し給う」の相違を認識していた訳です。

そして浅井会長は、いずれの先師上人も事相の国立戒壇を事の戒壇とされる(取意)と言っています。
後年(昭和50年)、総本山第四十三世日相上人が残された日寛上人の御指南に関する古文書や、総本山第五十二世日霑上人、第六十世日開上人の「所住の法体の事に約し給う」御指南が明らかになるにつれて、「法体に約す事の戒壇」が、日達上人がにわかに仰せになったものではないことが明らかになります。

元々両義が存していたといえます。

浅井会長は当時、それらの御指南を知らなかったのでしょう。

仮にその存在を知らなかったとしても、普段から登山・寺院参詣し、御法主上人の御指南や日々の御僧侶方の講義に接していれば、(日達上人の御指南は)素直に了解できたのかもしれません。

2020/8/26  8:22

投稿者:大沢克日子
巌虎さん

従来宗門に於いては、一天広布の暁に事相に立てられる国立戒壇を「事の戒壇」とし、その実現こそ宗門のいのちをかけた悲願であった。だが、諸々の法相は所対によって異なると、さればいま猊下の仰せ給う「事の戒壇」とは、この広布の時の「事相」に約し給うものではなく、所住の法体の「事」に約し給うたものである。即ち、戒壇の大御本尊おわします所は何処・何方にても直ちに「事の戒壇」と定義せられたのである。
(略)
だが、学会で従来用いて来た「事の戒壇」の意味は宗門古来よりの定義に準じている。その定義を以て「正本堂を事の戒壇」と断定するから仏法の違背というのである。
此の義を明確にする為、まず先師の御指南によって宗門古来の定義を示す。いずれの先師上人も、三大秘法抄の御遺命たる広宣流布の暁の事相の国立戒壇を「事の戒壇」とせられ、それ以前の大御本尊在す処を「義として本門戒壇に当る」即ち「義の戒壇」とし、また末寺・在家の持仏堂も遠くはその義に当る旨を定義し給うておられる。
(「正本堂」に就き池田会長に糺し訴う)

2020/8/25  22:54

投稿者:大沢克日子
然れば経文の「一大事因縁」の一大事とは、一は謂く本門の本尊、大は謂く本門の戒旦、事は謂く本門事行の題目であります。このように此れを広げれば三大秘法であるが実には一大秘法の本尊である。故に一大事の本尊と申し上げるのであります。即ち御本尊は体であって此の御本尊のおわします所を戒旦といい、此の御本尊の御名を南無妙法蓮華経と申す題目であるから自づと戒旦と題目との二は本尊の一に納まる。これに依って此の御本尊をば三箇総在の独一の本尊と名づけ奉るのであります。
(「冨士」昭和41年3月号P1〜P4 日布上人「宗旨御建立の御説法」)

三大秘法抄に於いては、此の三大秘法は二千余年の当初地涌千界の上首として日蓮慥かに口決相承せり今日蓮の所行は霊鷲山の稟承に介爾計りの相違なき色も替はらぬ寿量品の事の三大事なりと仰せになつてをられるのであります。
斯様に大聖人様は寿量品の文底である妙法蓮華経を御所持なさるこの御境界を建立あそばされたのが三大秘法でございます。
大聖人様の三大秘法とは申すまでもなく、本門の本尊、本門の戒壇、本門の題目とでございますが、此れをつづめますと、本門の御本尊の一大秘法になります。その故は戒壇も題目も要は御本尊によって起こってくるからでありまして、即ち御本尊に具わってをる処でございます。
(略)
三大秘法の実体こそ誠にこの本門戒壇の御本尊であります。
(「冨士」昭和43年11月号 日淳上人御指南)

「御本尊の在すところを戒壇という」
「三大秘法は御本尊に具わる」
というのが根本にあるのですから、それを忘れて(事相)の戒壇の事義のみ論じても仕方ないと思います。

ですので、浅井会長は今こそ謙虚に自身の戒壇論を見直すべきではないかと思うのであります。

2020/8/25  22:53

投稿者:大沢克日子
巌虎さん

長文のコメントをしましたが、お目通しいただきまして、ありがとうございます。

>文はなくとも義がある。これが答えである。
戒壇の大御本尊ましますところは義理において事の戒壇に相当する。これを義の戒壇と称してきたのである。それがいつの間にか事の戒壇にすり替わってしまった。

確かに日寛上人様は戒壇に事・義を分かち、三大秘法抄の本門寺の戒壇を事とせられています。
一方で、本門戒壇の大御本尊を三大秘法総在の本尊とし、御戒壇様所住の処を事の戒壇とする御指南も残されています。

爆発的な布教の進展に伴い、御戒壇様の当体・所住の処こそ真の(根源の)事の戒壇であることを説かれたのが日達上人で、日寛上人が示された両義を拝すれば、御宗門の御指南は何もおかしくありません。

池田名誉会長も、浅井会長も、正本堂が(事相の)事の戒壇であるかどうかばかり争っていますが、日達上人は再三再四、根源の戒壇を仰せになっていたのです。

>まさに、AとAはイコールである、というデタラメを前提に論じているから、このような結論になるのだ。
上掲、冒頭に三大秘法抄の引用があって、後半にも三大秘法抄が出てくる。ところが後半には具体的な引用がない。ようするに事相戒壇は説明しなくてもわかるからだろう。逆に前半は説明しないと誰もわからない。ではその説明の妥当性はどうなのか?

御宗門(教学部)は、正本堂問題で混乱している人たちに、噛んで含めるように日達上人の御指南を敷衍されているから、あのような表現になっているのでしょう。

休憩時間にネットサーフィンしていたら、何故そこにたどり着いたのかわかりませんが、元顕正会員の方で、かつての妙信講教学誌「冨士」の記事を紹介しているブログを見つけました。

総本山第五十五世日布上人・総本山第六十五世日淳上人の御説法の記事で、貴重なものです。
(私も初めて見ました)

確かに、三大秘法抄の一節には、(事相)の事の戒壇のことを仰せになっています。

では、同じく三大秘法抄におおせの「今日蓮が所行は霊鷲山の稟承に介爾計りの相違なき、色も替はらぬ寿量品の事の三大事」云々は、「何となく連想」されるレベルなのでしょうか?

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ