2020/8/31

ギリ  
今回の議論はこれで一区切りとする。ヨコヤリが入らず、その点はひじょうに有意義だった。

大沢氏から日霑上人と日開上人の御説法をご紹介たまわった。

言わんとしていることは、日達上人の御指南は上述の二人の上人の系譜に連なるものであって決して己義ではない、という趣きなのだろう。

極論すると上述二上人も間違っている、とわたくしは言いたいところなのだが、それを言ってしまうと話がややこしくなるので、別の角度から言わせてもらうことにする。ズバリ、背景が異なるのだ。かつての上人たちは篤信の人たちに向かってのみ御説法をされていた。ところが日達上人の場合は創価学会という圧力団体を相手に説法されていた。ゆえにそこに歪みが生じてしまっているのである。

いや、もちろん、当時の創価学会は正しかったという見方もあるだろう。その点は十分に承知しているつもりだが、結果的には大謗法団体に堕してしまった。

あの時点では正しかったのだから何の問題もない。

当然、そのような意見もあるわけだが、早い話がすでに当時から創価学会には慢心があった。少なくともその萌芽があった。それを見抜いていたのが浅井先生だった。残念ながら今の宗門はこの点にはまったく触れず、創価学会を大謗法団体だとして斬り捨て、同時に顕正会をも斬り捨てているのである。

これらの経緯を踏まえると見えてくることがある。

つまり、日達上人の御指南はくだんの二上人の純粋なる御説法とは相当に趣きが異なるものであり、いわば創価学会を庇うための詭弁だったのだ。この点の反省が足りず、なし崩し的に根源の事の戒壇などという、もっともらしい教義体系にまとめ上げている点が問題なのである。

ここまでの話はいわば歴史認識の問題であるからして、実際には議論百出でキリがないのかもしれない。では純粋に教義の問題として捉えるとどうなるか、ここからはそのような角度から書きたい。

仏法の邪正は経文の明鏡に依る。

今朝、拝読していた北条時宗への御状に出てくる一節である。大沢氏のコメントは膨大を極めるものの、御書の引用がほとんどない。上掲の御文が示すごとく、最終的には御書の明鏡によるべきが筋にもかかわらず、今の宗門では歴代上人の御指南を並べてそれで満足してしまっている。さらには公開されない秘伝があると言って満足してしまっている。

ここでの問題は秘伝の真偽ではなく、すでに公開されている大聖人の種々の御指南との整合性である。もし秘伝の内容が御書と真逆のことを言っていたらどうするのだろうか?

この点を踏まえて制定されたものが日興上人の御遺誡のあの一条なのだろう。あえて引用するまでもない。

二上人すら間違っていると書いたのはこのためである。

そしてわたくしの根拠とする御書は言わずもがな三大秘法抄である。ここでは思い切って省略形でご紹介しよう。

戒壇とは・・・戒壇を建立すべき者か。・・・事の戒法と申すは是なり。・・・戒法のみならず・・・戒壇なり。

事の戒法とは何か、このことで思索を巡らせた人がどれだけいるのだろうか?

実はそんなに難しく考える必要はないのだ。戒壇も戒法も同じである。つまり、事の戒法と申すは是なり=事の戒壇と申すは是なり、なのである。その理由も単純明快である。大聖人は重複表現を好まない。同じ言葉が続く時にはあえて表現を変えるのだ。類例はいくらでもある。

此の戒法立ちて後、延暦寺の戒壇は迹門の理戒なれば益あるまじき処に・・・

この一節に迷っている人が多いのかもしれない。先ほど書いたように戒法=戒壇である。すると、戒壇が建っていないのになぜに戒法立ちて後と仰せられるのか、その意味がさっぱりわからない人がいて当然ではある。

そこで登場するのが義理の戒壇である。

大聖人の直接の御指南に義理の戒壇は存在しない。三大秘法抄・一期弘法抄はいずれも事の戒壇を御指南あそばしている。しかし、義理の戒壇という概念がないと御法門としては整合しない。日寛上人が偉大なのはこの点を踏まえて教義体系を構築したことである。

御書に戻ると、三大秘法抄の前半に注目すべき一節がある。

・・・実相証得の当初修行し給ふ処の寿量品の本尊と戒壇と題目の五字なり。

まさか久遠元初のその昔に戒壇が建っていたと考える人はいないだろう。むしろその意味からすると、当該御文は戒壇ではなく戒法としたほうが理解しやすい。これがまた先ほどの戒壇=戒法の傍証にもなるわけである。

おそらくはまだ説明が足りていないところもあるとは思うが、こんなところで終わりにしたい。

2020/9/2  19:43

投稿者:大沢克日子
山崎:四月二十六日、池田大作は私を伴って総本山に赴き、日達上人にお目通りして「総講頭辞任届」を提出しました。
日達上人は目をしばたたかされて
「私は、あなたの功績に心から感謝してきました。私が法主のうちに、これほど本山に尽くした人は、他にいません。
それが最後に、こういうことになって、残念です。本当に気の毒でなりません。
私には、恨みや個人的な感情は全くない。どうか、騒ぎが収まって、学会がきちんとなって、あなたがまた活躍できるようになるよう、私は祈っています」
と仰せられました。最後は涙ぐまれていたようでした。
池田大作は、名誉総講頭の辞令を受け取った後、
「私の不徳で、ご迷惑をおかけしました。
私はどんな立場であろうと、日蓮正宗の信徒です。三十年間、学会活動一筋に来た人間ですから、他にすることはありません。随力弘通で頑張ります」
と答えました。
その後、日達上人は、御自身が朝掘ってきたという竹の子御飯でもてなされました。
この時の池田大作は、私が見てきた池田大作の振る舞いの中で、一番男らしく見えましたよ。
こんな人が、どうして権謀術数の限りを尽くすのか……。
人間とは不思議な生き物だと、つくづく思いました。

2020/9/2  19:40

投稿者:大沢克日子
巌虎さん

度々申し訳ありませんが、あと2コメントだけ。
これから引用するコメントは、山崎正友さんの証言(懺悔滅罪のために)の引用です。
山崎さんは学会顧問弁護士として御宗門に対応していました。
種々の大問題があって、学会に度々苦言・叱責なさる一方で、御僧侶方に忍耐を指示し、御自身も率先してそうなされていた日達上人は、ついに破門を決断されます。
そして池田会長の引責辞任に至るのですが、証言によれば、日達上人は池田会長を心から労われます。
元妙信講(浅井会長)が、宗門に悶着ばかり起こす人(取意)と評されていたのとは全く違います。

池田会長はかつて、山崎正友さんに、
「俺はやりすぎて失敗するのがクセだ。今回もそうだ。しかし、もう少し俺流にやるから、失敗したら、また後始末を頼むよ」
「猊下をいじめた罰だな。
君は、しっかり猊下をお護りしろ。功徳が積めるだろう」
と、奇妙な一言を述べたことがあるそうですが、「院政は敷かない」としていた池田会長は、結局絶大な影響を残したまま、破門を経て、今に至ります。

池田会長には、二面性というか、多面性があるようです。
浅井会長に比べると、善につけ悪につけ、当時の池田会長は、それだけ大きな人間だったのかもしれません。

もちろん、私は池田名誉会長を尊敬しておらず、好きにもなれませんし、破門後の評価は全く別になりますが、当時の池田会長には、猊下に評価される何かがあったのだと思います。

法華講員の同志の皆さんにさえも、賛同を得られないかもしれませんが、何となくそんな感想を抱きました。

2020/9/1  23:03

投稿者:大沢克日子
>かつての上人たちは篤信の人たちに向かってのみ
>創価学会という圧力団体を相手に

巌虎さんほどの方が、何ということを…と感じました。

御在世、室町・江戸時代、戦前と現在では、社会的制約や、交通網の発達など格段に違いますが、いずれの時代も、御歴代上人は総本山まで登山してきた信徒を「深信の登山」として御嘉賞あそばされ、御開扉を賜わります。
(実際に、感激のうちに真剣に祈って御開扉を賜った信徒の中から、「登山して御開扉を賜わったら、こんな功徳が〜」という体験談が生まれます)
やはりこの信仰は、いついかなる時代でも、どんな環境においても「御本尊様への信」なのだと気付かされます。

いくら交通網が発達して、そして創価学会(池田会長)が圧力をかけて自論を押し通そうとしたとはいえ、総本山に登山してきた学会員は「篤信」であったといえます。

御宗門に対し、功罪ともに、顕正会(浅井会長)と比べ物にならないほど多大な影響を与えたのが創価学会(池田会長)でしょう。

不快に思ったり反対意見のある方も当然いると思いますが、私は個人的に、「御遺命守護の戦い」当時に、功績としても信徒としても、池田会長と浅井会長とどちらが信徒として評価されるかといえば、池田会長だと思います。

試練と忍従や、御遺命守護の戦いなど、浅井会長の武勇伝は何度もうかがいましたが、浅井会長は日蓮正宗法華講員として、信徒として果たすべき修行を行っていたのでしょうか?

御遺命守護のために戦っていたから、勤行・折伏、寺院参詣、登山を怠ってよい、ということにはなりません。

浅井会長の武勇伝からは、信徒としてなすべき修行の姿が見えてこないことに気付きました。

巌虎さんの方向性と一致していないと思いますが、普段思いつかないことを、種々感じることができたのは有意義でした。

2020/9/1  19:30

投稿者:大沢克日子
巌虎さんの御主張はわかりました。
では、巌虎さんのいう戒壇=戒法の「戒法」とはなんぞや、戒壇=戒法とするならば、本尊・題目との関係は?三大秘法と不可分の戒定慧の三学の上からどうなるのか?と、相当疑問は残りますし、話も広がっていくことになると思います。
(すくなくとも、戒壇論=建物論ではないことは明らかになりましたね)

御書に「戒壇」が説かれるのは僅かで、その中で戒壇の具体的な姿は三大秘法抄、そして別して御歴代上人に御遺命あそばされた一期弘法抄、そして相伝書の百六箇抄にも、戒壇の御説示があります。

巌虎さんのおっしゃるとおり、事相の事の戒壇と迹門理の戒壇の間を「義の戒壇」とされたのは日寛上人です。
同時に、その日寛上人が法体に約した事の戒壇(大御本尊の在す処は事の戒壇)とする御指南も残されていることは忘れてはなりません。
後代の上人の御指南も、相伝を承けて「事相」「法体」の両義を示すことは明らかです)
となると、今度は日寛上人の御指南と御書の整合性、更に言えば日興上人の血脈相承という話になって、少し前のコメント欄ならば大混乱になるところでした。

浅井会長が亡くなる前か、または浅井没後にそうなるのかわかりませんが、顕正会が巌虎さんのようなことを言いはじめる可能性もあるかも、と思いつつ拝見していました。

2020/9/1  14:48

投稿者:晃
戒壇とは、戒法を保つ僧侶社会のことですね
これは以前、巌虎さんと話した通りです

俳壇は俳句を読む人の社会
文壇は文豪の社会…

そしてこう読むときに、本尊 題目 戒壇で
仏 法 僧 が対応してることに気がつくと思います

https://hokkevxage.com

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ