2020/9/17

ケイモウ  
今日は顕正新聞第1516号を取り上げていく。

コロナ急拡大の中、大洪水列島を襲う

一面の大見出しである。続いて写真が七枚掲載されている。すべて新聞社ないし通信社から提供を受けた写真である。甚だ不謹慎なことを言うが、当該号の目玉はこれらの写真であり、二面以降は退屈な登壇記事の羅列に過ぎない。

大師子吼

まず、二面をざっと眺めると、副総男子部長が二人登壇していて、いずれも大師子吼と書いている。続いて三面では、婦人部第四総部長(首都圏)が大師子吼と言っている。

ところが四面では、女子部幹部四人が登壇しているものの、そのうちの一人も大師子吼とは書いていない。このところ繰り返し言っているように、女子部がいちばんマトモである。

さて、五面である。

宮城の草分けの祖母が美事な臨終

男子部第百六十七隊長(首都圏)の名前を見て、この人は顕正会の会館を設計している人の子息なのだろうと思った。彼の祖母は昭和三十八年からの妙信講員らしく、このたび八十六歳で亡くなったという。この後、母親が別の号で同趣旨の登壇をしているので、またその時にでも取り上げたいと思う。

「国家破産はあり得ない」と慢心の壮年

男子部第七十八隊支隊長(首都圏)は法務部次長でもある。こうして支隊長の立場で活動報告をしている点が悩ましい。

経済オンチのわたくしには何とも言えない話であるが、素朴な疑問は株価である。コロナの問題が始まってから株価が大きく下がった。ところがしばらくして元に戻ってしまったのだ。今現在はコロナ前とほぼ同じ水準を保っている。この点の説明がほしいところである。

 私の祖母は戸田会長時代からの創価学会員で、・・・座談会、選挙活動、新聞啓蒙に人生をかけ切っておりました。

婦人部吹田支区班長(大阪)の登壇である。面倒臭くなったので、六面七面をすっ飛ばして、これが八面の最後の記事である。

座談会は一般的にも通用する言葉である。選挙活動も同様だ。ところが新聞啓蒙はどうだろうか?

顕正会ではこれを購読推進と言っている。極めてストレートだ。世間一般の言い方だと、新聞勧誘が普通と思われる。それを創価学会では新聞啓蒙と呼ぶ。完全なる創価学会用語である。

今は個人経営の飲食店が少なくなった。つまりはチェーン店ばかりである。ゆえに目にする機会も少ないわけだが、かつては個人の飲食店によく聖教新聞が置かれていたものである。店主に創価学会員なのかと問うと、いや、違うと言う。付き合いで取っているだけだと。そうした飲食店はサービスの一環として、主な新聞雑誌を一通り揃えていたりする。今とは違って携帯端末のない時代には、それが集客の必要アイテムだったのだ。聖教新聞にどれだけのゴリヤクが期待できるのか定かではないが、少なくとも創価学会員は聖教新聞を置いていない店より置いている店を選ぶだろう。

本来、新聞啓蒙の意味は、新聞を通して創価学会への理解を広げよう、というような感じだったはずである。ところが今はどうなのだろうか、啓蒙の意味を忘失してしまって、単なる新聞勧誘のノルマと化しているのではあるまいか?

これは失礼。余計なお世話だった。

2020/9/21  13:12

投稿者:大沢克日子
大聖人様が御本仏としての御悟りを御本尊に顕し、出世の御本懐となされたのはいうまでもありませんが、阿仏房に他人に御本尊を見せるな、と仰せられたのは当たり前です。

沖浦さんが言及しているとおり、大聖人様の佐渡配流が解かれるのは文永十一年。
蒙古の使者が到来し、世情は混乱し、空には二つの日・三つの日が現れ、二つの明星が並ぶ不思議な現象が起こり、民衆は不安にかられている。
北条時宗も、大聖人様の予言的中に感じるところがあって、処罰すべき根拠もなく大聖人様を流罪に処したことに気づき、二月に赦免状を発行します。

「僉議して云はく、此程の阿弥陀仏の怨敵、善導和尚・法然上人をのるほどの者が、たまたま御勘気を蒙りて此の島に放されたるを、御赦免あるとていけて帰さんは心うき事なり」
(御書1067頁)

幕府の釈放命令に納得のいかぬ念仏者たちは、大聖人様の殺害を企てます。
幕府の命令を受けても仏敵として殺害しようとする者がウヨウヨいる状況で、常識で考えて、阿仏房に
「他人に御本尊をドンドン見せなさい」
というはずはありません。

ましてや、御在世は末法のはじめ、御本仏の御化導のはじめです。
邪宗を捨てて正法を持ちはじめた人も、高僧でさえも曼荼羅御本尊正意を理解できなかったのです。

御本尊様の大事を知る人は僅か(五一相対で日興上人のみともいえる)のですから、御在世、上代は信者に対しても、御本尊授与はもちろん、他人に見せてはならない、と秘蔵を指示されるのは当然です。

戸田先生は、戦後日本にはそんな配慮は不要だから、本尊流布を前面にだして、折伏大行進を陣頭指揮したのでしょう。

2020/9/21  12:36

投稿者:大沢克日子
沖浦さん

戸田先生が「化儀の広宣流布」即ち本尊流布とはじめておっしゃった、としていますが、日蓮正宗は
「当宗は第一化儀なり」
(富要集第一巻198頁)
「日因(※総本山第三十一世日因上人)私ニ云ク(略)第一化儀トは当宗化儀即化法なるが故に(略)」
(同)
の宗旨です。
「曼荼羅書写本尊授与の事は・宗門第一尊厳の化儀なり」
(富要集第一巻112頁)ともされています。

戸田先生が本尊流布をもって「化儀の広宣流布」と指導したとすれば、日蓮正宗の「化儀即化法」に沿った言葉でしょう。

私は戸田先生の「化儀の広宣流布」のその指導を読んだことはありません。
戸田先生は、化儀の広宣流布に対して、言うなれば「化法の広宣流布」を指導していると思いますが、戸田先生は何をもって「化法の広宣流布」とされているのでしょうか。

末法のはじめ、御在世の逆縁広布と、末法万年の中の順縁広布があって、その順縁広布をなぞらえたのが「化儀の広宣流布」ではありませんか?

2020/9/21  8:14

投稿者:沖浦克治
 ズラ系さん、おはようございます。

 大聖人も当然衆生です。

2020/9/21  8:12

投稿者:沖浦克治
 大沢さん、おはようございます。

 先ずそれらの御書の何処に具体的に本尊流布を示す
言葉があるのかをご提示願います。
 こういう法門の大事は具体的な文証が必要になりま
す。

 私見を述べます。
 妙法曼陀羅供養事は文永10年です、千日尼に出さ
れたお手紙。
 ご存じのように阿仏房の奥様です。
 阿仏房御書は文永9年です。
 その阿仏房へのお手紙に、ご本尊を他人に見せるな
と仰せです。
 見せてもいけないものを流布しようがありません。
 阿仏房には見せるな、奥様には流布せよ。
 こういう事は不条理です。

 顕仏未来記も文永10ねんの御作、ここでは釈迦仏
法と御自分の法を比較されながら必ずお題目が広まる
事をお書きですが、本尊流布を示してはおられませ
ん。

 観心本尊抄は同じく文永10年、法本尊開顕の書と
されますが、具体的にどのご文を以て、本尊流布をお
示しかを引用願います。

 少し考えるとわかりますが、文永9年阿仏房にご本
尊を授与され、信心強情でない者には見せるなと言わ
れ、翌年にはご本尊を流布せよとの発言はあり得ませ
ん。
 更に、この時点では大聖人は佐渡です。
 流罪赦免により佐渡を離れられたのは11年3月で
す。
 ご本尊を図顕される時間的余裕、経済的負担、これ
らは流罪の地では大変であったと拝察されます。
 更に、身延では弟子の育成を主となされ、本尊流布
は弟子たちの仕事なります。
 ここで考えるべきは、本尊書写の事で資格等を定め
ておられない事です。
 
 ご本尊を流布させるためには書写が不可欠で。
 然るにその件で具体的な指南がありません。

 これは。本尊流布の時が来るならば、その時の衆生
が考えるべきとの暗示に思えます。

 戸田先生は本尊流布をなさいました。
 化儀の広宣流布と宣言しておられます。

 日蓮仏法に会ってご本尊は化儀だと戸田先生が定め
られました。
 故に創価学会にあってはご本尊は化儀です。
 化法ではございません。

2020/9/20  19:50

投稿者:ヅラ系。
大聖人は衆生ではないんですか?

2020/9/20  9:30

投稿者:大沢克日子
沖浦さん

おはようございます。

大聖人様は、文永十年に観心本尊抄、顕仏未来記、妙法曼荼羅供養事などの御書を立て続けに御説きになられています。

それらの御書を拝して、「本尊流布の考えはなかった」と言えるのでしょうか。
沖浦流法門に合わせるために、御書を拝するようなやり方をしていると、解釈を誤ります。

沖浦さんは確か、御書は書籍でお持ちでなかったと思います。
確かに、学会では、ネットで御書全文検索ができるようになっているようですが、欠点があるとすれば、系年や、御書同士の関係が見えにくくなることでしょうか。

2020/9/20  9:00

投稿者:ダイアリー
牧口・戸田両会長の子孫に創価学会員が一人もいない

https://okwave.jp/qa/q9591046.html

これは、事実なんですか?

2020/9/20  8:58

投稿者:ダイアリー
創価学会の初代会長・牧口常三郎の子孫、二代会長・戸田城聖の子孫は、
現在の創価学会で、どのような役をされていますか?

一般会員として、日夜、折伏活動をされているのでしょうか?
創価学会のホームページで調べても、牧口・戸田の苗字の方が、見つかりません。
調べ方が悪いと思うのですが。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11204720396?query=%E6%88%B8%E7%94%B0%E5%9F%8E%E8%81%96%20%E5%AD%90%E5%AD%AB

2020/9/20  8:54

投稿者:ダイアリー
創価の父、戸田氏及び牧口氏の御子孫は現在も、創価学会員なのですか?

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1259438632?__ysp=5oi455Sw5Z%2B
O6IGWIOWtkOWtqw%3D%3D

2020/9/20  8:38

投稿者:沖浦克治
 大沢さんおはようございます。

 日蓮正宗の本尊観は極めて不自由なものでした。
 以下日興さんです。

★ 日興の弟子分に於ては在家出家の中に或は身命を
捨て或は疵を被り若は又在所を追放せられ一分信心の
有る輩に忝くも書写し奉り之を授与する者なり。

 御形木本尊も同じです。

★ 一、御筆の本尊を以て形木に彫み不信の輩に授与
して軽賤する由・諸方に其の聞え有り所謂日向・日
頂・日春等なり。

 大聖人に本尊流布のお考えが無かったのですから、
これは当然です。
 ですが、それでは世界広布は出来ません。
 大聖人はお題目を広布なさいました。
 但し日本国内だけでした。
 当時ヨーロッパ等は存在するさえ分かりませんし、
アメリカ大陸はそのヨーロッパでさえ未発見。
 当然大聖人も衆生の機根に束縛されます。
 題目流布のみをなさいました。

 『日蓮生れし時よりいまに一日片時もこころやすき
事はなし、此の法華経の題目を弘めんと思うばかりな
り、』(上野殿御返事)

 対してご本尊流布のお考えは以下の通りです。

 『あまりにありがたく候へば宝塔をかきあらはしま
いらせ候ぞ、子にあらずんばゆづる事なかれ信心強盛
の者に非ずんば見する事なかれ、出世の本懐とはこれ
なり。』(阿仏房御書)

 ご本尊流布は戸田先生です。
 そのためにそれまでバラバラだった勤行の統一や、
御受戒の形式を時の法主と話し合って定められまし
た。

 ここから大聖人以来700年目にして世界広布へ向
けた闘いが始まったのです。
 ですから、法華講の方も今ご本尊をご安置して拝め
るのは、創価の父戸田先生のおかげです。
 恩を忘れてはいけません。

 ご質問がおありならどうぞ。 

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ