2020/11/23

ゲンイ  
沖浦氏の今朝のコメントには少しインチキ臭いところがある。これを御書講義で発表するらしいのだが、恥をかく前に一つ進言しておきたい。

 これを因果具時と言います。
 具時ですから、因と果は同時なので、前世の宿命に左右されないのです。


上掲の直前には九識とか八識とか、わたくしにはあまり馴染みのない語彙が並んでいる。問題はこの続きである。沖浦氏は佐渡御書を引用した上で次のように書いている。

 日蓮は此の因果にはあらず!!!!!!!!!!!

雰囲気的には、大聖人の仏法は常の因果とは異なって、過去の罪障を忽ちのうちに消滅させることができる、と言いたいようである。いや、前世の宿命に左右されないと言っている意味からすると、最初から罪障なんかないに等しいと言っているようにも思える。

しかし、もしそのような意味を言っているのだとしたら、それは飛躍だろう。

平成新編の表記は以下の通りである。

・・・是は常の因果の定まれる法なり。
 日蓮は此の因果にはあらず。法華経の行者を・・・


御書全集は以下の通りである。

・・・是は常の因果の定れる法なり、日蓮は此因果にはあらず法華経の行者を・・・

全集がいかに読み難い表記になっているか一目瞭然であるが、それはまた別の話である。むしろ逆に、「あらず」で終わる文章ではないことを知る意味では、全集のほうがわかりやすい。しかるに沖浦氏はそこで引用を打ち切っている。意図的にやっているのかどうかはわからないが、ここが問題なのである。

 疑って云はく、いかにとして、汝が流罪・死罪等を、過去の宿習としらむ。

開目抄からの引用である。沖浦氏引用の佐渡御書はいわば開目抄のダイジェスト版のような意味がある。特に上掲の一段は氏の引用部分と対応するので、よく読んでみるべきだろう。

又法華経の行者の首を刎ねること其の数をしらず。

誰が? 大聖人がである。

いわゆる因果応報は誰もが知るところであって、特に仏法の世界では常識である。佐渡御書に戻って、いちばんわかりやすい例を示せば、次の一節あたりだと思う。

我人を軽しめば還って我が身人に軽易せられん。

これは常の因果の定まれる法である。では大聖人の場合はどうか、そこが問題である。状況としては、竜の口の大法難を経て、今は極寒の佐渡に住せられているのだ。

引用は省略するが、世間の失は一分もない、とまで仰せられている。

つまり、今度の流罪・死罪は常識の範疇を大きく超えている。ゆえに大聖人は、これは常の因果ではない、そんな半端なもんじゃない、もっと凄まじい因果なのだ、と仰せられているのである。

以上、かなり端折った説明ではあるものの、全体的な文脈は掴めたはずである。

沖浦氏はすでに独自の仏法観ないし大聖人観を持っている。もしくは創価学会で教えている仏法観・大聖人観があって、その影響を受けている。別のコメントでは演繹とか帰納とかを云々していたが、結局のところは自分の結論に基づいて御書を解釈してしまっているのが実情だと思う。それを演繹と呼ぶのか帰納と呼ぶのか、不勉強のわたくしにはわからないのだが、平たく言えば、結論ありき、ということだろう。

いや、もちろん、それでいいのかもしれない。

沖浦氏がしばしば言っている内部規定というヤツである。日蓮正宗はもちろんのこと、顕正会もそうであるし、しょせんは創価学会も同じである。その組織独自の内部規定を基準に御書を読んでいるに過ぎないのである。

ただし、原意と異なった解釈をするにしても、原意を知った上で応用的にやっているのと原意を知らずに勘違いしているのとでは、かなり違ってくるはずである。

いちおう、前者のほうがマシであり、後者は恥ずかしいとするのが一般である。

だが、しかし、逆もまた真なり、である。

いわゆる前者は邪智、後者は無智とされる。大聖人によれば後者のほうがマシの場合もあるのだ。

ゴチャゴチャとややこしい書き方をしてしまったようである。

話を戻して、各教団ごとの教義信条に基づいて御書が読まれている現状は、致し方のないことだと思う。ただし、原意から大きく逸脱してしまうと、後々、困る事態が発生する。教団運営者はそこに留意する必要があるだろう。わたくしに指摘されてタジタジになってしまうような事態だけは避けなければいけないからだ。

2020/11/27  7:15

投稿者:名無し
2020/10/18 8:07
>>投稿者:大沢克日子
(一部省略)

>>浅井会長が生きていたら、また騒ぎはじめるかもし
れませんがww


浅井会長は亡くなったの??

2020/11/26  8:27

投稿者:沖浦克治
 自受用報身は南無妙法蓮華経・・・

 どうして?? 
 そう言う宇宙なのです。
 南無妙法蓮華経と言う法則で大宇宙が貫かれていると
日蓮仏法は説きます。
 ですが、何故そうなのかは説明出来ません。
 それを示すために私共はそれを唱え、御書経文通りの
功徳の結果を出します。
 証明役が一切衆生です、この事を多宝如来とも言いま
す。
 法華経の虚空会の会座で、舌を梵天に付けて法華経の
正しさを証明したでしょう。
 あれが、私共が社会生活を営みながら四苦八苦して祈
り闘い、結果として功徳を出して前に進みます。
 古来のインドでは正しいと言う証明に舌を出したので
す。 
 法華経の正しさを、天まで舌を伸ばして証明したのが
多宝如来。
 そのまま今の私共です。
 戸田先生が言われました。

 『虚空会の儀式って言うが、私は確かにそこにいまし
た。
 (人間革命にあります)貴方方もいたんですよ。
 冗談じゃない、そこにいなかったら、こんな所で戸田
の講義なんか聞いていません。』(主意)

 ありがたいですね。
 私共は法華経とか御書とか聞いたり読んだりしても、
物語として捉える事が多いですね。
 それを大聖人も戸田先生も否定されたのです。

 『然れば八万四千の法蔵は我身一人の日記文書なり、
此の八万法蔵を我が心中に孕み持ち懐き持ちたり我が身
中の心を以て仏と法と浄土とを我が身より外に思い願い
求むるを迷いとは云うなり此の心が善悪の縁に値うて善
悪の法をば造り出せるなり、』
 (三世諸仏総勘文教相廃立)

 このご文は、法華経も仏も他人事だと思う人に大聖人
が言われているのです。

 『冗談じゃない、お前が法華経なんだ、仏なんだ、他
所に求めてなんとする!!』

  嬉しいですね、人類最高の哲学である法華経、それ
を進化させた大聖人、社会に開かれた創価三代の聖人
方。
 全部ひっくるめて、自分の行いなのです。

 生きてるだけで丸儲け〜〜〜!!!

 だからね、しぶとくしぶとく長生きしないと大損です
よ。

2020/11/26  8:24

投稿者:沖浦克治
 講義
 ある学者が言いましった。
 我々の宇宙は何故か命に優しい。
 確かにそうですね、地球は生命溢れていますし、近
年、他の惑星や恒星系に生命があるとの予測が主流を占
めています。
 法華経では銀河系スケールの集団を三千大千世界と呼
び、その世界が無量無辺にあると説きますし、その全て
は生命に溢れていると説きます。
 何故なのか?
 そう言う宇宙なのだ・・・・
 答えはこれしかありません。
 光が真空中を秒速30万キロで走る。
 何故なのか?
 そう言う宇宙なのです。
 公理と言って、理由は誰にも分かりません。
 ですが絶対不変の事実です。

 

2020/11/26  8:21

投稿者:沖浦克治
 嚴虎さん、皆様おはようございます。

 『一自在之業の事 仰に云く此の自在之業とは自受用
報身の智力なり、森羅三千の諸法作業をさして云うな
り、其の所作のまま法華経の意は不思議の自在之業なり
と説けり、此の自在之業の本は南無妙法蓮華経是なり云
云。』

 通解
 一自在之業の事 
 大聖人は言われました。
 自在之業とは自受用報身の智力の事です。
★自受用報身(じじゅうほうしん)の智力〜最も根源の
法を覚知し、久遠元初からその功徳を自ら受け自在に用
いている永遠の仏の智力。
 久遠元初とは、ある特定の遠い過去ではなく、永遠の
根源を示す。自受用報身とは自受用身ともいい、ほしい
ままに受け用いる身。
 覚知した法の功徳を自ら受け自在に用いる仏の身を言
う。
 生命にそなわる本源的な、慈悲と智慧にあふれる仏で
ある自受用報身如来の智力の事。
 〜引用終わり〜
 これは、森羅三千の諸法作業をさしていう経文です、
 その所作のままに法華経の意は不思議の自在之業なの
だと説いているのです。、
 この自在之業の本は南無妙法蓮華経なのです。

2020/11/25  9:14

投稿者:沖浦克治
 講義
 大般泥洹経(涅槃経の漢訳の一種)を引用されていま
す。
 過去世に行った行為が現世を決めている事を書かれて
います。
 ここは罰に付いてですが功徳も同様です。
 経文には、今苦しいのは過去世で悪い事をした報いを
現世で受けているからだ、とあります。
 法華経以前はこれを転換するには、次の人生や極楽往
生に期待するしかありませんでした。
 所が法華経ではそれを打ち破り、現世で法華経を行じ
るならこの宿命を転換出来ると説きました。
 それを大聖人はここでご自身の人生を通じで具体的に
御指南されています。
 この、
 自身の人生を以て法華経の功徳を示す!!
 最も重要です。
 ここだけに法華経広布があります。
 今不幸なのは過去世で悪事をしたからだ。
 これで原因はわかりますが、苦しむ人が知りたいのは
治療法です。
 医師が診断を下して治療しなければ無意味です。
 同じですが、ここが理解出来ない方もおられますの
で、説明しているのです。
 過去世で行った悪行の報いは今世で法華経を弘める事
で変える事が出来る。
 これが、日蓮は此の因果にはあらず。です。
 過去世で法華経を誹謗してこれらの八つの難を未来に
亘って受けて少しずつ消滅させるべきであったが、この
世で法華経の敵を責めたおかげで今競い起こして消滅さ
せる事が出来る。
 乞う御指南です。
 ここを創価仏法では、因果俱時と申します。
 原因と結果が同時に起こる事で、前世の宿命を転換す
る事が出来るとの思想です。
 この因果俱時と言う言葉は私の知る限り御書にはあり
ません。
 ですが、このご文を以て、私共は釈迦仏法の過去世の
因果の報いを打ち破る新しい因果の理法として、因果俱
時を用いています。
 詳しくは戸田先生の講義をアップしておきますので、
各々御勉強下さいませ。
 最初のをクリックすると一覧がでますので、その中の
三世の因果をお読みくださいませ。
 戸田城聖先生・講演集(上)・一覧 - myogokutj ペ
ージ!

2020/11/25  9:11

投稿者:沖浦克治
 
 嚴虎さからご異論がでましたので、ここで御書を引用
し講義致します。

 佐渡御書からです。

 『高山に登る者は必ず下り我人を軽しめば還て我身人
に軽易せられん形状端厳をそしれば醜陋の報いを得人の
衣服飲食をうばへば必ず餓鬼となる持戒尊貴を笑へば貧
賎の家に生ず正法の家をそしれば邪見の家に生ず善戒を
笑へば国土の民となり王難に遇ふ是は常の因果の定れる
法なり、日蓮は此因果にはあらず法華経の行者を過去に
軽易せし故に法華経は月と月とを並べ星と星とをつらね
華山に華山をかさね玉と玉とをつらねたるが如くなる御
経を或は上げ或は下て嘲哢せし故に此八種の大難に値る
なり、此八種は尽未来際が間一づつこそ現ずべかりしを
日蓮つよく法華経の敵を責るによて一時に聚り起せるな
り』

 

 通解

 高山に登る者は必ず下るように、人を軽しめると我身
が人に軽易され、形状端厳をそしれば醜陋の報いを得る
し、人の衣服飲食をうばへば必ず餓鬼界に生まれ、持戒
尊貴を笑へば貧賎の家に生まれます。正法の家をそしれ
ば邪見の家に生まれるし、善戒を笑へば国土の民となり
王難に遇うのです。是は常の因果の定れる法ですが、日
蓮はこの因果にはありません、法華経の行者を過去世に
軽んじた故に、法華経とは月と月とを並べ星と星とをつ
らね華山に華山をかさね玉と玉とをつらねている様に素
晴らしい御経であるのを、或は不当に上げたり或は下て
嘲哢していた故にこれ等の八種の大難に値ったのです。
この八種は尽未来際と言うすごく長い未来までかけて一
づつこそ現じて行くべきなのですが、日蓮がつよくこの
世で法華経の敵を責めたのでこの世で一時に呼び起こし
たのです。

2020/11/25  8:16

投稿者:沖浦克治
 講義
 ご本尊と私共の関係と拝します。 
 当然異なる拝し方もございますが、私はこう拝しま
す。
 観世音とは、世間の音、即ち一切衆生の振る舞いを観
じる事です。

 『経とは一切衆生の言語音声を経と云うなり、』(御
義口伝)
 この言語音声を妙音と言います。

 『第一妙音菩薩の事
 御義口伝に云く妙音菩薩とは十界の衆生なり、妙とは
不思議なり音とは一切衆生の吐く所の語言音声が妙法の
音声なり三世常住の妙音なり』(御義口伝巻下)

 一切衆生の言語音声を妙音とするなら、唱える人は全
てが妙音菩薩です。
 それを見て信じる事が観世音です。
 私共の命が南無妙法蓮華経の当体であるからこそ出て
来る思考です。
 仏法が最高の生命尊厳主義である所以です。
 ここで大事な事は、
 お題目もご本尊も、存在するだけでは不変真如の理で
す。
 決して変わらない法則ですが、それを実際に行う人が
いないなら役に立ちません。
 ご本尊に題目を唱え、生活する人がいて初めて隨縁真
如の智としての功徳の結果が出て来ます。
 いくら素晴らしい仏や法があっても、衆生が用いない
なら無益なのです。
 ここが理解出来ないと、法と御本尊原理主義となりま
す。
 宗教のための人間ではなく、人間のために宗教、別け
ても法華経は説かれた事が示されるご文です。
 これを人法一箇と説きます。
 何処まで行っても法華経は一切衆生が最も尊厳の対象
の法です。
 偉い仏や僧に衆生が従属する事は全否定しています。
 仏も僧も衆生に奉仕する立場が法華経です。
 ですから、法華経を前代未聞の法と言うのです。

 『四恩とは心地観経に云く一には一切衆生の恩、一切
衆生なくば衆生無辺誓願度の願を発し難し、又悪人無く
して菩薩に留難をなさずばいかでか功徳をば増長せしめ
候べき』(四恩抄)

 私共創価人はどう行動で顕すのか?
 目の前の一人を大切にする。
 これに尽きます。
 お手本が池田先生です。
 今日も明るく活き活きワクワクやりましょう!

2020/11/25  8:12

投稿者:沖浦克治
 嚴虎さん、皆様おはようございます。

 『一観音妙智力の事 仰に云く妙とは不思議なり、智
とは随縁真如の智力なり、森羅三千の自受用智なり、観
音は円観なり、円観とは一念三千なり、観音とは法華の
異名なり、観音と法華とは眼目の異名と釈する間法華経
の異名なり、観とは円観音は仏機なり、仍つて観音の二
字は人法一体なり、所謂一心三観一念三千是なり云
云。』

 通解
 一観音妙智力の事 
 大聖人は言われました。
 妙とは不思議との意味です。
 智とは随縁真如の智力の事です。
★隋縁真如の智力〜仏語。絶対不変である南無妙法蓮華
経が、人の行動の縁に応じて種々の現れ方をする事を智
力としている。
 不変真如の理との対語。
★不変真如の理〜私共の命と宇宙が南無妙法蓮華経の法
で貫かれている状態。
 〜引用終わり〜
 森羅三千の自受用智なのです。
★森羅三千の自受用智〜自受用身(自受用報身とも言
う)ほしいままに受け用いる身の事で、法の功徳を自ら
受け自在に用いる仏の身を示す。衆生の生命にそなわる
本源的な、慈悲と智慧にあふれる仏の智慧。
 〜引用終わり〜
 観音とは円観の事で、全てを覚る立場の名称で、その
円観とは一念三千です。
 観音とは法華経の異名です。
 観音と法華経とは眼目である南無妙法蓮華経の異名と
釈するので法華経の異名となります。
★観音〜観世音菩薩の略で、観とは信と同意、世間の音
とは一切衆生の行動と音声を示します。
 〜引用終わり〜
 観とは円(欠けた所がない)であって観音は一切衆生
が仏であると示すので、観音の二字は人法一体になりま
す。
 一切衆生の行動と音声は一念三千の法に従いますか
ら、南無妙法蓮華経の振る舞いです。

2020/11/23  18:33

投稿者:沖浦克治
 ガンコさん、今晩は。
 ご指摘の部分は戸田先生の講義でそう言われているのです。
 兵庫県に今いますのでキタクしてから書きますが、私は戸田先生の講義を重んじます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ