2020/11/27

インガグジ  
沖浦氏と御書の解釈でちょっとした論争をしている。結論は前回の拙稿に示した通りであり、わたくしとしては何ら変更する必要を感じない。おそらく原意ないし原義をどう捉えるかについては、さほど齟齬はないはずである。その上で応用的にどう読むかは、よほどの逸脱がない限りは自由だと思う。

しかし、今度は別の事案が発生した。

 この因果俱時と言う言葉は私の知る限り御書にはありません。

沖浦氏らしくないと思った。因果倶時は創価学会の公式サイトで検索すると二つ出てくるのだ。

当体義抄の一節はかなり有名なので、単なるウッカリだろう。ここでは引用しないが、まさか沖浦氏が知らぬはずがない。

さて、顕正新聞である。

ついに総罰現われる広布前夜を迎えたこと・・・

婦人部第八総部長(首都圏・中部・近畿)は古くからの顕正会員である。ゆえにどういうつもりで言っているのかわからないが、上掲はあたかも今ようやく広布前夜を迎えたかのごとく読めてしまう。ところが実際にはかなり昔から広布前夜と言われており、いつまで経っても夜が明けないのだ。イヤミながらもずいぶんと長い夜である。

藤村雄大氏が男子部第十七隊幹事・総支隊長(首都圏)の肩書きで登壇している。

大聖人様が一切衆生の目を開けて見さしめんとあそばされた御本仏の重き御存在を・・・

かなり重複的で読みづらい文章である。

当時、高校生だった私は・・・

ほほう、たぶん前にも読んで知っていたはずなのだが、すっかり忘れていた。彼は平成十六年の全国高校生大会に高校生として参加していたのだ。実に感慨深い。

女子部第百十区総班長(栃木)の記事には、引用すべき箇所がいくつもあるが、ここでは一つに止めておこう。

 「所属する末寺の前住職が曽て『浅井甚兵衞講頭先生が率いられる妙信講の指導は素晴らしい。国立戒壇は正しい』と話していた」

茨城県の法高寺だそうである。前住職がどなたなのか気になる。

婦人部東予支区総班長(愛媛)の表現が目を惹いた。

勤務先の回転寿司屋

班長の実証証明

わたくしが過剰に反応しているだけなのかもしれない。上掲はさておき、次のエピソードが興味深い。登壇者が職場の男性を折伏したところ、夫婦そろっての入信が叶ったそうである。

 後でわかったことですが、この奥さんは三十年前に私と同じ職場でアルバイトをしていた高校生だった・・・

感慨深い話である。

学会の「言論出版妨害事件」に不信

男子部第百七十五隊組長(愛知)はかつて創価学会員だった。しかし、毎度のごとく指摘しているように、記事の内容には不審な点がある。見出しにあるごとく、例の問題で創価学会に不信感を懐き、後に正信会に移ったという話はその通りなのだろう。問題はそれよりも手前にある。

 私は学会員の母に言われるまま、昭和四〇年、二〇歳のときに学会に入信いたしました。

学会幹部の「選挙は国立戒壇の関所」との言葉を信じて・・・

顕正会員でも御遺命守護の歴史をしっかりと学んでいる人ならば疑問に感じるはずである。ざっくり言うと、創価学会が国立戒壇を盛んに主張していたのは昭和三十年代前半であり、その後は徐々にフェードアウトしていき、四十年代にはまったく言わなくなった。ならば上掲は真っ赤なウソとなる。

あるいは時差があって、末端の幹部たちは言っていたのだろうか?

この辺の事実関係をハッキリさせるのは困難である。登壇者はすでに七十五歳という。つまり、当時の関係者は高齢者ばかりであり、失礼ながらその人たちの証言を集めたところで信憑性は乏しいだろう。何かしら文書として残っているものがあればとは思う。例えば登壇原稿である。今と違って手書きの原稿なので、けっこう有力な証拠資料となるはずである。

次の男子部第百五十隊組長(福島)も創価学会からの入会者である。

顕正会が曽て学会内部で配布された「邪宗教一覧」に掲載されていた「妙信講」であったことを知り・・・

これがまた興味深い。その一覧をぜひとも拝見したいものである。

ご存知のごとく、妙信講の解散処分は昭和四十九年である。ゆえに少なくともそれ以前には一覧に載っていなかったはずであり、また逆に昭和五十七年には妙信講の名を捨てて現在の顕正会を名乗るようになったので、くだんの一覧はそのわずかの期間に配布された資料と考えられる。いわばレア物である。

わたくしは折伏教典を何冊か持っている。それには諸宗を破折する章があって、新興宗教についても一々に破折を加えている。この本が絶版になった時期は、先の言論出版妨害事件など世間の風当たりが強くなってきた時代に符合するわけで、いわば折伏路線から摂受路線へと転換した時期なのだ。しかし、もし創価学会が内部資料として邪宗教一覧を会員に配っていたとすれば、これはこれで大問題だろう。

もう一人、創価学会からの入会者が登壇している。七十一歳になる男性婦人部員である。

 すると本部役員がさっそく家に来たので・・・

 本部役員が反論もせず・・・


これは初出かもしれない。創価学会がどのような組織体制になっているのか知らないが、本部役員という呼び方は今まで一度も聞いたことがない。

2020/11/29  8:06

投稿者:沖浦克治
 私共は御書を学びます。
 四条金吾とか、南条時光とか、妙密上人とか、阿仏房
とか凄い人が沢山出て来ますね。
 でもね、この方々って全部自分の事なんです。
 ですから、この長者も自分、子供も自分、全部ひっく
るめて自分の命に備わっています。
 夢見てて、何かに追いかけられて逃げても直ぐ見つか
ってしまいますね。
 夢見てるのは自分ですから、逃げてるのも追いかけて
いるのも同じ自分です。
 だから逃げても直ぐ分かってしまう。
 
 一切衆生が南無妙法蓮華経如来ですから、逃げても逃
げても大宇宙の仏界の自分が追いかけて来て、嫌な思い
をするのです。
 これを罰と言います。
 罰は自分で自分を戒めているのです。
 ですからね、逃げるの止めませんか??

 『かかる者の弟子檀那とならん人人は宿縁ふかしと思
うて日蓮と同じく法華経を弘むべきなり、法華経の行者
といはれぬる事はや不祥なりまぬかれがたき身なり、彼
のはんくわいちやうりやうまさかどすみともといはれた
る者は名ををしむ故にはぢを思う故についに臆したるこ
とはなし、同じはぢなれども今生のはぢはもののかずな
らずただ後生のはぢこそ大切なれ、獄卒だつえば(奪衣
婆)懸衣翁が三途河のはたにていしやうをはがん時を思
食して法華経の道場へまいり給うべし、法華経は後生の
はぢをかくす衣なり、経に云く「裸者の衣を得たるが如
し」云云。』(寂日房御書)

 どんなにどう足掻いても、法華経の行者といはれぬる
事はや不祥なりまぬかれがたき身なり、ですよ。
 五万と宗教がある中で、よりによって創価人となって
しまった。
 今、身体が悪いとか、人間関係で厳しいとか、経済的
に苦しいとか、そういうのは普通に信心して、周りの
方々を褒めて、怨嫉謗法さえ慎むなら、あっという間に
解決します。 
 この御書はそれを書いてあるのです。
 久遠元初の南無妙法蓮華経如来と言われることは、
 
 はや不詳なれ免れがたき身なり!!!!
 
 ジタバタしないで、衆生を褒めたたえて、創価の王道
を胸張って進む以外何がありますか???

 ありません!!!!!!!

2020/11/29  8:05

投稿者:沖浦克治
 講義

 金を焼くと更に輝き、剣を研ぐと益々鋭くなるよう
に、法華経の功徳は褒め合えば褒め合うほど大きくなる
のです。
 法華経の功徳とは、一切衆生が仏であると知らしめる
事を以て最高となります。

 『此の文は始めて我心本来の仏なりと知るを即ち大歓
喜と名く所謂南無妙法蓮華経は歓喜の中の大歓喜な
り。』(御義口伝巻下)

 これが最高の功徳ですが、そこに至らすために方便と
して現世利益があると説きます。
 然し、私共は現世利益しか感じ取る事が出来ません。
 何故なら、我心本来の仏なりと知る事は、覚りによる
しかございません。
 ですから、現実社会での潤いという功徳を持って、自
身が久遠からの南無妙法蓮華経如来だと決める以外にあ
りません。
 ここを戸田先生は、
 
 『現世利益と言うのはだね、如来寿量品の功徳の残り
滓なんだよ。』(主意)
 と言われました。
 法華経信解品には長者窮子の喩えが説かれています。
★ある長者の子供が幼い時に家出した。彼は50年の間、
他国を流浪して困窮したあげく、父の邸宅とは知らず門
前にたどりついた。
 父親は偶然見たその窮子が息子だと確信し、召使いに
連れてくるよう命じたが、何も知らない息子は捕まえら
れるのが嫌で逃げてしまう。長者は一計を案じ、召使い
にみすぼらしい格好をさせて「いい仕事があるから一緒
にやらないか」と誘うよう命じ、ついに邸宅に連れ戻し
た。
 そしてその窮子を掃除夫として雇い、最初に一番汚い
仕事を任せた。
 長者自身も立派な着物を脱いで身なりを低くして窮子
と共に汗を流した。
 窮子である息子も熱心に仕事をこなした。
 やがて20年経ち臨終を前にした長者は、窮子に財産の
管理を任せ、実の子であることを明かした。
 この物語の長者とは仏で、子供が私共一切衆生。
 〜引用終わり〜

2020/11/29  8:04

投稿者:沖浦克治
 おはようございます、嚴虎さん、皆様。

 日曜日は御講聞書はお休みですが、今月の座談会の御
書が発表になりましたので講義させて頂きます。
 『金はやけば弥色まさり剣はとげば弥利くなる法華経
の功徳はほむれば弥功徳まさる、二十八品は正き事はわ
ずかなり讃むる言こそ多く候へと思食すべし。』(妙密
上人御消息)
 通解
 金はやくと不純物が無くなって更に輝きを増すし、剣
は研ぐと更に切れるようになります。
 法華経の功徳は褒め称えあうなら更に功徳が増すので
す。
 法華経二十八品には法義上の事は少ししか書いててあ
りません。
 唯々、一切衆生を久遠からの仏としてほめる事がほと
んどなのです。

2020/11/28  7:12

投稿者:沖浦克治
 講義

 煩悩則菩提に付いて書かれていると拝します。
 煩悩とは、現代語では悩みとか欲望の総称ですが、こ
の煩悩があるから人は苦しむので、煩悩を切り捨てるな
ら不幸に落ちる事が無いとの考えが爾前経です。
 一面の真理です。

 私は体重性のある競技を長年続けていますので、食欲
のコントロールが自然に身に付きました。
 減量を始めると空腹を感じなくなるのです。
 朝から何も食べてなくて、夜に横で焼き肉されていて
も何とも思わないのです。
 競技を継続するために不可欠の能力です。
 ですが、本当に食欲がなくなるなら死んでしまいま
す。
 この場合、私は食欲という煩悩をコントロールしてい
て、食欲が無くなったわけではありません。
 何故コントロールするのか?
 試合に勝つためです。 
 そして勝ったら嬉しいですね。
 終わってから、制限から解き放たれた食事が出来ま
す。
 金メダルより嬉しい!!
 ここが菩提です。

 煩悩をコントロールして成功や自身の向上の原動力と
する。
 これを、煩悩則菩提と言います。
 欲望を持たないのではなく、大きな欲望を持ってコン
トロールして行く事が人類社会の発展と個々人の幸福に
つながる。

 創価人は大きな野望を持って、それに向けて祈り闘
い、自身をコントロールして素晴らしい結果を出す。
 このご文はそれを示唆しています。

 少し話題が変わりますが、この六万八千人の人々が無
生法忍の覚りを得た事は、創価学会の公式ホームページ
ではヒットしません。
 調べると、この部分は御義口伝にありません。
 現時点で、未だ創価学会は日興さんの正当性を認めて
いる立場です。
 その影響でしょうね。
 もう30年も経っています。
 何をグズグズしているのかと思います。
 シッカリして欲しいです。

2020/11/28  7:11

投稿者:沖浦克治
 嚴虎さん、皆様おはようございます。

 『一六万八千人の事 仰に云く六とは六根なり、万と
は六根に具わる処の煩悩なり八とは八苦の煩悩なり千と
は八苦に具足する煩悩なり、是れ即ち法華経に値い奉り
て六万八千の功徳の法門と顕るるなり、所詮日蓮等の類
い南無妙法蓮華経と唱え奉る外に六万八千の功徳の法門
之れ無きなり云云。』
 通解
 一六万八千人の事 
 大聖人は言われました。
 六とは六根と読めます。
 万と言うのは六根に具わる処の煩悩の数で、八とは八
苦の煩悩を示します。
 千とは八苦に具足する煩悩なのです。
 即ち法華経に値い奉りてこの六根に具わる六万八千の
煩悩が功徳の法門と変じて顕れる事を示しているので
す。
 所詮日蓮等の類いが、南無妙法蓮華経と唱え奉る外に
は六万八千の功徳の法門と変化する事はありません。
★六万八千人〜釈尊が陀羅尼品を説いたた時、六万八千
人の人々が、無生法忍(むしょうぼうにん)と言う円教
の菩薩の悟りを得たされる事が、法華経の功徳の確認と
して用いられている。
 〜引用終わり〜

2020/11/27  21:16

投稿者:名無し
サボりのスキーの達人さんの雨乞いならぬ雪乞いが今年
も見れるのでしょうか??

2020/11/27  12:56

投稿者:沖浦克治
 嚴虎さん、

 ご指摘に感謝申し上げます。
 ですが、当体義抄は以下になっています。

 『然るに此の釈の意は法華の因果具足の道に対して方
便道を次第行と云う故に爾前の円・爾前の諸大乗経並び
に頓漸大小の諸経なり』(当体義抄)

 因果具足とありますが、因果俱時ではありません。
 意味も少し異なります。
 
  

2020/11/27  12:46

投稿者:沖浦克治
 講義

 この全く同じ陀羅尼に付いて御義口伝には以下にあり
ます。
 
 『第一陀羅尼の事
 御義口伝に云く陀羅尼とは南無妙法蓮華経なり、其の
故は陀羅尼は諸仏の密語なり題目の五字三世の諸仏の秘
密の密語なり、今日蓮等の類い南無妙法蓮華経と唱え奉
るは陀羅尼を弘通するなり捨悪持善の故なり云云。』
(御義口伝巻下)

 意味は全く同じですが、日興さんが書き留めたものに
は呪いの文字がありません。
 日向さんのものは、呪いの文字が何度も出て来て、結
論は以下です。

 『日蓮等の類い南無妙法蓮華経を受持するを以て呪と
は云うなり、若有能持即持仏身とまじないたるなり、』

 私共がお題目を唱える時、即身成仏を願う呪いなの
だ、とあります。
 極めて分かり易い喩えです。
 少しでも多くの人が理解できるようにとの配慮が見ら
れます。
 この感覚は日興さんの御義口伝にはありません。 
 御義口伝はあくまでも学問上の伝達ですから、呪いを
言う言葉を避けたのだと思います。
 対して、御講聞書は広く世間を意識したものとなって
います。
 大きな異なりです。
 やはり日蓮正宗は身延に勝てないはずだとの観を深く
致しました。
 日蓮仏法の流布には二つの宿命があります。
 玉砕と堕落です。
 前者は原理主義から、後者は現実主義からです。
 広宣流布は現実主義でないと不可能です。
 何故ならば世が乱れた時新しい思想や宗教が出現致し
ます。
 そして思想や宗教が広まって来ると結果として世が安
定します。
 安定し始めてから本当の布教が開始されます。
 創価学会で見るなら、昭和の時代はまだまだ乱れた世
の中でした。
 ですから、法と法とを闘わす原理主義も有効でした。
 平成から令和は安定した社会です。
 ここでは現実主義でなければ広布は不可能です。
 日興さん、日向さん双方、長所短所はありますが、創
価学会が世界広布へのスタートを本格開始した現在は、
原理主義は邪魔なだけです。
 日興さんから日寛さんに繋がる日蓮正宗の原理主義は
最早無用の長物となっています。
 正に素晴らしい時期に破門を勝ち得ました。
 池田先生の不惜身命のお呪いのおかげでございます。
 創価人で良かったと心底思います。

2020/11/27  12:44

投稿者:沖浦克治
 嚴虎さん、皆様今日は。

 『一妙法蓮華経陀羅尼の事 仰に云く妙法蓮華経陀羅
尼とは正直捨方便但説無上道なり、五字は体なり陀羅尼
は用なり妙法の五字は我等が色心なり、陀羅尼は色心の
作用なり、所詮陀羅尼とは呪なり、妙法蓮華経を以て煩
悩即菩提生死即涅槃と呪いたるなり、日蓮等の類い南無
妙法蓮華経を受持するを以て呪とは云うなり、若有能持
即持仏身とまじないたるなり、釈に云く陀羅尼とは諸仏
の密号と判ぜり、所詮法華折伏破権門理の義遮悪持善の
義なり云云。』
 通解
 一妙法蓮華経陀羅尼の事 
 大聖人は言われました。
 妙法蓮華経陀羅尼とは正直捨方便但説無上道の事で
す。
★陀羅尼(だらに)〜陀羅尼はダーラニーの音を漢字で
音写したもので、総持、能持、能遮等とも言う。
 ダーラニーは、記憶して忘れない、という意味で、本
来は仏教修行者が覚えるべき教えや作法などを指し、転
じて暗記されるべき呪文、と解釈される様になった。一
定の形式を満たす呪文を特に陀羅尼と呼ぶ。
 〜引用終わり〜
 妙法蓮華経の五字は体であって、陀羅尼は用なので
す。
★体と用(たいとよう)〜体は本質で本体、用はその性
質による働きでその間に性質を表す性が入る。
 〜引用終わり〜
 妙法の五字は我達衆生の体と心です。
 陀羅尼はその双方の作用の事です。
 陀羅尼とは呪(まじない)なのです。
 妙法蓮華経を以て煩悩即菩提生死即涅槃をと呪ってい
るのです。
 日蓮等の類いが南無妙法蓮華経を受持する事を呪と言
います。
 若有能持即持仏身とおまじないをしているのです。
★若有能持即持仏身(にゃくうのうじぶつそくいぶつし
ん)〜もし法華経を持つなら即仏身を持つ、との意味。
 〜引用終わり〜
 釈には、陀羅尼とは諸仏の密号と判いてあります。
 所詮法華折伏破権門理の義遮悪持善の義なのです。
★法華折伏破権門理(法華折伏破権門理)法華経による
布教は仮の教えにある理論を超越するとの意。
★義遮悪持善(ぎしゃあくじぜん)〜仮の教えを遮って
正しい善の教えを持との意味。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ