2021/1/14

カンコドリ  
沖浦氏による一連の御書講義が終了して、拙ブログも閑古鳥が鳴くようになった。そこで講評と言ったら上から目線が過ぎるかもしれないが、氏の講義について振り返ってみようと思う。

細かい点では間違いだらけだった。特に因果倶時の一件が象徴的であり、どなたかが沖浦氏の頑迷さを指摘していたくらいである。

因果倶時・不思議の一法

当体義抄の有名な御文であり、おそらくは久遠元初について論ずる時に必ず引用されるくだりのはずである。これを沖浦氏が知らなかったことには驚いた。ある意味、教学の奥深さをあらわしているのだろう。かく言うわたくし自身にだって同様のことがあるはずで、そんなことも知らなかったのか? と言われてしまうような事案がいくつもあるに違いないのだ。だからこそ謙虚さが大切なのである。

蓮華と申す花は菓と花と同時なり。

上野尼御前御返事である。相手によって表現を変えている。当体義抄は法門書であり、当然ながら専門用語がたくさん出てくる。一方の上野尼へは平易な表現で認められているが、意味は同じである。

ここでわたくしの思考プロセスを開示しておくと、さすがにすべての御書を記憶しているわけではないので、御書検索を使って調べている。上掲の場合、そのような御書があったことは記憶しているものの、どこにどのような語句で存在するのかわからない。最初のうちは「華果」で調べていた。しかし、これでは見つからなかった。何しろ華ではなく花であり、果ではなく菓だからである。こうしたアイマイ検索も可能になれば大したものであるが、わたくし自身はプログラムを組めるわけではないので、そうした便利なソフトが出るのを待つしかない。ともかく語句をいろいろと入れ替えて検索していくうちに、どうにか上掲の御文を見つけることができた。これが拙ブログの舞台裏である。

ちなみに因果倶時も同様の方法で調べたわけだが、ここで一つのワナにハマってしまった。ワナは大袈裟かもしれない。灯台下暗しと言っておく。

此の華草、因果倶時なること妙法の蓮華に似たり。

実は当体義抄の続きの御文に出てくる一節なのである。己の不勉強を痛感する次第である。

さて、ここまでは沖浦氏のデタラメな点を指摘してきたわけだが、ここからは評価すべき点を挙げたいと思う。まず言えることは、あの創価学会ですら一度もまとまった講義書を出版したことのない御講聞書を、全編にわたって講義した事実である。クオリティはともかくとして、それをやり遂げたことに意義があるのだ。

具体的には教行証御書との矛盾点に着目したことが最大の功績かもしれない。

一 妙楽大師の釈に末法之冥利不無の釈の事

御講聞書の一段であるが、この段の結論部分は次のごとくである。

仍って本化の菩薩は顕の利益、迹化は冥の利益なるべし云云。

では教行証御書はどうなっているのか、ご覧いただこう。

今末法には初めて下種す、冥益なるべし。・・・冥益なれば人是を知らず見ざるなり。

矛盾しているように見えるが、いかがだろうか?

この場合、短絡的にはどちらかが偽書になるわけで、もし教行証御書が偽書であれば他門はいざ知らず日蓮正宗系における冥益の捉え方は間違っていたことになるのかもしれない。ただし、それはあくまで短絡的に考えた場合であって、二つの御書を整合させる解釈も十分に可能だと思われる。略して申し上げれば次のごとくである。

妙楽の釈の如くんば、冥益なれば人是を知らず見ざるなり。

先ほどの引用で省略した部分に、ご覧のごとくある。つまり、大聖人は常には妙楽の釈を肯定引用あそばしているわけだが、ここではじゃっかんの異論を匂わせており、その文脈で当該御書の結論を拝せば何の矛盾もないことになるのだ。

又已前の重、末法には教行証の三つ倶に備はれり。

大聖人の仏法は顕益なのである。つまり、この点における沖浦氏の主張は正しいのだ。

現在、御書の研究に取り組んでいる人がどれほどいるのか知らないが、上述の件について何かしらの知見があれば伺いたいものである。

2021/1/18  12:47

投稿者:沖浦克治
 晃さん、

>それに気がついた人の内証として御本尊があるのでは
ないのでしょうか?

 明らかに誤っています。
 ご本尊は何のためか?
 御書に明快です。

 『爰に日蓮いかなる不思議にてや候らん竜樹天親等天
台妙楽等だにも顕し給はざる大曼荼羅を末法二百余年の
比はじめて法華弘通のはたじるしとして顕し奉るな
り、』
 (日女御前御返事)

 法華経弘通のはたじるしです。
 これを信じられないなら貴方は異流義です。

 僧を敬うとは一切衆生を敬う事です。
 特定のボンさんの事ではありません。

2021/1/18  12:43

投稿者:沖浦克治
 晃さん、今日は。

 先ず三大秘法です。
 本門の本尊〜衆生己心の妙法である南無妙法蓮華経。
 本門の題目〜衆生己心の妙法である南無妙法蓮華経。
 本門の戒壇〜衆生己心の妙法の器である私共の身体。

 この中の本尊と戒壇が日蓮正宗にとって最も理解出来
ない所です。
 何故ならば日蓮正宗と言う宗派は伝統的に大聖人仏法
に暗いからです。
 御書より、日寛さんの文段を上位に据えていて、我見
と邪義の塊です。
 三大秘法に関しては悲しい程知識がありません。
 ご御書を引用し分かり易く説明致します。

 『今阿仏上人の一身は地水火風空の五大なり、此の五
大は題目の五字なり、然れば阿仏房さながら宝塔宝塔さ
ながら阿仏房此れより外の才覚無益なり、』
 (阿仏房御書)

 阿仏房への御書ですが、阿仏房は衆生ですから、私共
も同じです。
 私共の五体は地水火風空の五大であって、そのまま南
無妙法蓮華経だとあります。
 であるから、宝塔(本尊)はそのまま阿仏房で阿仏房
はそのままで宝塔(本尊)だと言われれいます。
 更に、それ以外の才覚は無益だとまで念を押されてい
ます。

 阿仏房が本門の本尊と題目の当体です。
 戒壇とは宝塔の所在地ですから、阿仏房のいる所がそ
のまま何処であっても本門の戒壇です。

 戒壇が日蓮正宗の日寛思想では理解出来ないのです
が、これも少し詳しく説明致します。

 『正直に方便を捨て但法華経を信じ南無妙法蓮華経と
唱うる人は煩悩業苦の三道法身般若解脱の三徳と転じて
三観三諦即一心に顕われ其の人の所住の処は常寂光土な
り、』
 (当体義抄)

 方便と言うのは一切衆生以外の何処かに仏がいてそこ
が仏国土だとする爾前の教えです。
 法華経は穢土即寂光と言って、娑婆世界がそのまま仏
国土です。
 そして仏国土に住む仏とは一切衆生だと開かれていま
す。
 
 衆生以外に仏はいないと信じて自行化他の唱題をする
人は、仏であってその人のいる場所こそ、常に寂光土
(仏の住所)だと説かれています。

 ですから、戒壇とは衆生の住所です。
 ここまでご理解下さい。

2021/1/18  10:08

投稿者:晃
妙法蓮華経こそ本仏にては御座候へ(諸法実相抄)

御書には本仏とは妙法蓮華経とあります

そもそも本迹を論じるとき 何と何を比較相対してるか
これが分からなと何も言いようがないと思います

如来とは十方三世の諸仏・二仏・三仏・本仏・迹仏の通号な
りと判じ給へり
此の釈に本仏と云うは凡夫なり迹仏と云ふは仏なり、
然れども迷悟の不同にして生仏・異なるに依つて
倶体・倶用の三身と云ふ事をば衆生しらざるなり(諸法実相抄)

一切衆生が元来、仏であるという御金言はたしかにある
しかし それを悟らせることはとても難しい 
その為に それに気がついた人の内証として
御本尊があるのではないのでしょうか?

また題目を尊ぶなら、その題目に一生身を捧げる人も
尊ぶのが道理だと思います ゆえに僧を重んじるわけですね

https://hokkevxage.com

2021/1/18  8:21

投稿者:沖浦克治
 ガンコさん、皆様おはようございます。
 
 御書にこれ程明確に本仏は一切衆生だとかいてあるのに、まだ理解出来ない人達がいます。
 情けないやら悲しいやら・・・

2021/1/18  6:26

投稿者:晃
三宝とはつまるところ
三大秘法のことでしょう

本門の本尊…仏
本門の題目…法
本門の戒壇…僧

https://hokkevxage.com

2021/1/17  20:39

投稿者:沖浦克治
 嚴虎さん、皆様今晩は。

 功徳です。
 昨日恋女房に65インチのテレビをプレゼント致しま
した。
 苦労ばっかり掛けていますので、せめての罪滅ぼしで
す。
 今日朝一、仏間で祈りました。

 テレビ代出て来い!!!

 今日ワックスベースのスキー板試したいお方がおられ
て試乗頂きましたら、この板このまま売って下さいと言
って、お金を現金で下さいました。
 テレビ代金を少し上回る額をお支払い下さいました。

 早速の功徳〜〜〜〜〜〜!!!!

2021/1/17  17:39

投稿者:沖浦克治
 晃さん、今晩は。

 三宝ですね。
 凄く簡単です。
 
 大聖人当時仏は釈迦です。
 御書には、釈尊とは私共一切衆生だと書いてありま
す。
 ですので、三宝の仏は一切衆生です。

 『過去久遠五百塵点のそのかみ唯我一人の教主釈尊と
は我等衆生の事なり、』 
 (船守弥三郎許御書)

 これは理解出来ますね?
 次に法ですがこれは南無妙法蓮華経です。

 『今末法に入りぬりば余経も法華経もせんなし、但南
無妙法蓮華経なるべし、』
 (上野殿御返事)

 これも理解出来ますね?
 最後に僧ですが、ここが貴方方日蓮正宗には理解が困
難な部分です。
 僧とは袈裟衣を着ているとかいないとかではありませ
ん。
 仏法を伝える人の事です。

 『若し経文の如くに人をもはばからず我もせめ国主に
も申さん人は仏弟子にして真の僧なりと説かれて候、』
 (聖愚問答抄)

 この通りです。
 そしてこの人を地涌の菩薩と言います。
 
 『末法にして妙法蓮華経の五字を弘めん者は男女はき
らふべからず、皆地涌の菩薩の出現に非ずんば唱へがた
き題目なり、』
 (諸法実相抄)

 目の前のお1人にお題目を勧める人は地涌の菩薩で
す。
 これが僧です。
 理解できますか?
 特定の個人を差して僧と言うのではありません。
 自行化他の唱題をされる方が僧。
 御書に書いてありますから信受すると良いですね。
 信受出来なないなら、日蓮仏法からは異流義となりま
す。

 ご質問がおありならどうぞ。

2021/1/17  7:31

投稿者:晃
三宝は必要ないのでしょうか?
仏法僧のうち 仏が本尊 法が題目 僧が僧侶
と認識してるのですが 沖浦さんの論では 法の題目のみで
他の二つが欠けてるように思います


https://hokkevxage.com

2021/1/16  18:36

投稿者:沖浦克治
 本題です。
 一切衆生が本来仏である事は人類を人間と呼ぶのと同
じです。

 人は猿の中で育つと猿で終わります。
 人類社会の中で育ってこそ人になるのです。
 何故ならば人は本来生まれつき人間だからです。
 そして、猿を人が育てても人にはなりません。
 猿は生まれつき猿だからです。

 人の事を凡夫と言います。
 衆生とも言いますが、双方かぶさって使用されますの
で、この際凡夫で統一致します。

 凡夫には2種類あります。
 覚っている凡夫と迷っている凡夫です。
 前者を仏、後者を衆生と言います。

 『衆生と云うも仏と云うも亦此くの如し迷う時は衆生
と名け悟る時をば仏と名けたり、』
 (一生成仏抄)

 この通りです。 
 ですから人間は本来が仏です。
 これが御書に明確ですから、否定する人や宗派は日蓮
仏法から見て異流義になります。
 日蓮正宗と言う宗派は異流義の見本ですね。

 本題に戻ります。
 では本来仏である人間で、現在は迷っていて衆生の立
場の人が何を行うと覚って仏となるのか?
 これも同じ御書にあります。

 『譬えば闇鏡も磨きぬれば玉と見ゆるが如し、只今も
一念無明の迷心は磨かざる鏡なり是を磨かば必ず法性真
如の明鏡と成るべし、深く信心を発して日夜朝暮に又懈
らず磨くべし何様にしてか磨くべき只南無妙法蓮華経と
唱へたてまつるを是をみがくとは云うなり。』
 

 明快に書いてあるでしょう。

 只自行化他のお題目を実践する。

 これだけです。
 他には何も要りません。

 ご法主上人猊下様が〜〜〜!!
 ご戒壇の大五本尊様に〜〜〜〜!!!

 そう言うものは不必要なのです。
 ご理解出来ましたか?

 
 

2021/1/16  18:19

投稿者:沖浦克治
 ではこの虚空に浮かんだ天文学的スケールの荘厳され
た宝塔とは何を象っていたのでしょう。
 これも御書にあります。

 『今阿仏上人の一身は地水火風空の五大なり、此の五
大は題目の五字なり、然れば阿仏房さながら宝塔宝塔さ
ながら阿仏房此れより外の才覚無益なり、』
 (阿仏房御書)

 宝塔とは阿仏房の五体だと仰せです。
 そして、

 『此れより外の才覚無益なり』
  
 と明快に書かれています。
 整理致します。

 釈迦が法華経で衆生己心の妙法の素晴らしさを虚空の
宝塔に喩えて説いた。
 その喩えた宝塔を法華経の経文のままに大聖人が曼荼
羅として書き写された。

 これが私どもの拝むご本尊です。
 ですので、本体は私共自身です。
 ここまでご理解願います。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ