2021/4/19

ニギリコブシ  
まず、めずらしい人がお出でになった。リンクが貼ってあるので覗いてみると、ブログっぽいものがあった。ところが記事がたったの一本しか存在しない。何か計画があるのか、単なる思いつきなのか、今のところはわからない。

ところで沖浦氏に質問がある。

 釈迦は涅槃経で、仏法に教師の握り拳は存在しないと断言しております。

上掲は御書のどこに載っているのか、教えていただきたい。

さて、顕正新聞に移るが、今日は二十六本の記事からどのようにピックアップすべきかが問題で、結局は順番に読んでいって気になったところを取り上げることになる。それがいちばん楽だからである。しょせん凡夫は楽なほうへと向かってしまうものである。それではダメだとわかっていても、なかなか改まらない。

広布のテンポが一気に「入江へ」と突入した・・・

まさにウチワの新聞である。単独では意味不明であることに、顕正新聞発行人ともあろう人が気がつかない。

その意味では男子部第十二総部長(東北)のほうがまだマシである。

まさに津波が入江に入って勢いを増したごとく・・・

もちろん顕正新聞を読むほどの顕正会員は、浅井先生の指導もしっかりと読んでいるはずなので意味はわかる。しかし、なるべくならば一話完結的に、その文章を読んだだけで意味がわかるようにしなければいけないだろう。

王毅外相 茂木外務大臣

どうでもいいことだが、上掲は女子部と婦人部の幹部が書いているものを抜き出した。同じ文章の中で中国は外相、日本は外務大臣となっている。いちいち書き分ける意味があるのか、わたくしにはわからない。

そうした中、第二十三女子部長(首都圏)と男子部第八十一隊長(静岡県)は、両方を外相と表記している。わたくしにはこちらのほうがマトモに思える。

大聖人様の大慈大悲の御姿と金剛不壊の大境界、唯仏与仏が乃し能く究尽し給われる尊いお姿に・・・

婦人部大和支区部長(神奈川県)の文章は難解を極める。前半の御姿は大聖人とわかる。後半のお姿は日興上人のことかもしれない。この人は物凄く教学力のある人なのか、あるいは意味もわからずに難解な用語を羅列しているだけの人なのか、わたくしにはわからない。

テンポと段階が大きく変わった・・・

第二十七女子部長(南九州)も顕正会の中でそれなりの年数を過ごしてきたはずである。わたくしは最終段階というフレーズにウンザリしているわけだが、最終段階の中にもさらに細かい段階があるらしい。都合のよい理屈である。

退職金制度がないにも拘わらず二百万円もの退職金をもらえる大功徳・・・

女子部第五十三区総班長(首都圏)の記事に出てくる話である。これはまさに大功徳だと思う。もちろん大企業に勤めていれば数千万の退職金が当たり前かもしれないし、中小企業でも退職金制度のある会社ならば数百万は貰えるのかもしれない。しかし今は非正規雇用の人も多いし、特に顕正会員は転職を繰り返す人も多いので、ハナッから退職金など当てにできない状況に置かれている人が少なくないのである。その意味で上掲は幸せなケースと思う。

原島さんは、池田大作の側近で後に学会の悪事を暴露した教学部長・原島崇の親戚・・・

親戚だから何なの? と言いたい。さらにアゲアシ取りながら、続きもご覧に入れたい。

約三〇年前まで学会で男子部長を務めていましたが・・・

言語感覚というか、時間感覚がおかしい。この手の話はせいぜい十年が限度と思う。例えば現役三十年のスポーツ選手がいたとしよう。この人が引退して三十年も経ってしまったら、現役三十年の記録は意味があるにしても三十年前という数字にはほとんど意味がないはずである。それが三年前まで現役だったという話ならばまだしも、もはや十年以上も経過していれば、昔、とか、かつて、というくらいの表現のほうが違和感がないと思う。

 第四六隊では毎月、広告文を石川県全域に折込みしておりますが・・・

男子部第四十六隊長(石川県)は立派な人物である。当然、自分たちで資金を出し合っているはずなので、熱心な活動会員がそれなりの人数いるわけなのだろう。今回の記事には見当たらないが、正宗寺院にも積極的にアプローチしていることが以前の記事に出ていたと思う。

「私、頭悪くて何も書けなかった。0点。でも凄く楽しくて、参加してよかった」

参加することに意義がある?

 入信後「お腹すいたー」と言ったので、茶寮のおにぎりを食べると「うまい!これはうまい!」と無心に頬張り・・・

編集部は何をやっておるものかと思う。これをヘンな文章だと思わないのか、あるいは読みもせずに機械的に掲載しているのか、聞いてみたいものである。あえて修正案を示すまでもないが、部分的には次のごとく直すべきだろう。

茶寮のおにぎりを勧めると

ところで最初に立派な人物と書いたのは、隊長自らが折伏成果を上げていることがよくわかる記事だからである。しかも見知らぬ女性を何人も入信させている。女子部や婦人部が男性を入信させるケースは多いが、その逆は少ないのではないかと思う。その意味でこの隊長の人物像というか人柄がどんなものなのか、興味深いところではある。

2021/4/24  7:40

投稿者:沖浦克治

2021/4/24  6:58

投稿者:沖浦克治
おはようございます。
昨日多くの方と素晴らしい出会いがありました。
その上沢山ご馳走になりました。
本当に沖縄に来て良かった!!
功徳〜!!

2021/4/22  6:12

投稿者:沖浦克治
★大事には小瑞なし、大悪をこれば大善きたる、すでに大謗法国にあり大正法必ずひろまるべし、各各なにをかなげかせ給うべき、迦葉尊者にあらずともまいをもまいぬべし、舎利弗にあらねども立つてをどりぬべし、上行菩薩の大地よりいで給いしにはをどりてこそいで給いしか

 (大悪大善御書)

2021/4/22  6:08

投稿者:沖縄克治
 名無しさん、おはようございます。

 こう言う時だからこそ、明るくあかるくが日蓮門下です。

 御書に本当に暗いお方ですね。
 悲観論唱えて布教する、日蓮正宗のボンサン以下です。

 これからは、御書を指針の人生目指しなさい。

 頑張るんですよ。

2021/4/22  5:57

投稿者:沖浦克治
 おはようございます。

功徳書きます。

おはようございます。
雪虎の名前の由来です。

私は2004年、自らの不徳故58歳で神戸を市役所を辞めざるを得なくなりました。
全ての手続きが終り、係りが聞きました。

これからどうされるつもりですか?
私は

★虎が野に放たれたのだら3年先を見ていなさい。
と答えました。
本気でした。
ここで下向いたらもうお終いだと知ってましたから。
それまで沢山、修羅場ググってます!
あちらさんは、びっくりしてました。
その3年後に作った黄砂用ワックスに、

★雪虎

と名付けたのです。
今、最も売れています!

あの時辞めない方法もありましたが、私は自分を試したかった。
あの半年間、毎日1万編の唱題をして、泣きながら池田先生の指導を聞いて奮い立ちました。
唱題中、数珠を2回切りました。 
夢中でお題目唱えていると、無意識に力が入っていました。
今は心の底から、あの時辞めて良かったと思います。
先生が言われました。

★罰即功徳で、罰だって祈れば功徳に変わるんだから、何があっても、功徳だ、功徳だ、と口に出して行く事が大切なのです。(主意)

あの時決めたんです。

必ずこの大罰を功徳にして見せる!

今は本当にそうなりました。
人生、何が幸いするか分かりませんね。

2021/4/21  20:07

投稿者:名無し
>良い時代になりました。
>世界広布新時代の幕開けです。

コロナ禍で苦しんでいる方がお亡くなりになられた方も
たくさんいる中で不謹慎ですねKYですね。
コロナで終末思想をとなえて信徒会員に勧誘活動を煽る
法華講顕正会幹部とかわりませんね

2021/4/21  9:20

投稿者:沖浦克治
 良い時代になりました。

 世界広布新時代の幕開けです。
 この歴史的瞬間に対会えた自分の福運が嬉しいです。


 歴史の証人!!!!

2021/4/21  9:05

投稿者:沖浦克治
嚴虎さん、皆様おはようございます。

 嬉しいニースです!!
 太閤園の跡地に関西大講堂の建設が来増しました。
 以下、聖教新聞より抜粋引用。

★「常勝の空」の下にそびえ立つ師弟の錦州城 関西池
田記念大講堂を建設
2021年4月21日
世界宗教へ飛翔する学会の新殿堂
創立100周年の記念事業として
大阪城を望む交通至便の地に
 「世界の関西」の中心拠点となる「関西池田記念大講
堂」の建設が、池田大作先生の会長就任60周年から創価
学会創立100周年への記念事業として正式に決定され
た。
 大阪市内の建設予定地は、関西の大殿堂にふさわし
く、大阪城を間近に望む交通至便の地。世界宗教へ飛翔
しゆく学会の新たな師弟の錦州城である。
 近隣一帯の歴史的、文化的価値を踏まえつつ、全国・
全世界の同志が集い、新たな人間文化を発信しゆく殿堂
となるよう、今後、具体的な建設計画が進められる。
 大講堂には、第2代会長・戸田城聖先生が発願し、65
年前、「大阪の戦い」に臨んだ若き日の池田先生が深い
祈りをささげた「大法興隆所願成就」の関西本部常住御
本尊が御安置される。
 大講堂建設構想の発表は、実に1995年(平成7年)7月
3日に開かれた大阪の支部長会にさかのぼる。この日、
先生は愛する関西に和歌を贈った。
 常勝の
  その名も名高き
   関西は
  世界一なる
    凱歌の城かな

2021/4/20  7:32

投稿者:沖浦克治
名無しさん、おはようございます。

 如何なる理由を付けても、怨嫉謗法は絶対に許されま
せん。
 貴方はご自分の感情や主観と、御書と仏法の価値観の
何方が大事なのですか?

 転受軽受という思想が日蓮仏法にあります。
 更に、変毒以薬との思想もございます。
 貴方も聞いたことはおありでしょう。

 以前ナザレのマリアの話を書きました。

 キリストが女性が石を投げられて殺される所に行き合
わせました。

 何故この人を殺すのか?

 罪をおかしたからだ。

 それではこれまで一度も罪を犯していない人だけが石
を投げなさい。

 石は投げられず女性は救われました。
 貴方の態度はこのキリストの足元にも及びません。
 それが日蓮正宗の信者の姿なのです。

 少しご自分の境涯を高める努力をなさいませ。

2021/4/19  20:30

投稿者:名無し
創価ガッカリさんへ

窃盗犯に泥棒をするなと言われても
殺人犯に人を殺すなと言われても
お前が言うな、お前に言われたくない、分をわきまえて
話せと言われるのがオチです。
普通の人はもっと言葉を選び相手の気持ちになって慎重
に発言します。


仕事サボってスキーをしてる人に仕事さぼるなと言われ
も、
仕事サボるような人にゴショゴショ言われても
仕事サボって罰が当たった人に功徳〜と言われても
相手に対する配慮がなければ誰も聴く耳を持ってはくれ
ないと言っているだけですよ。
自己中でKYな発言が過ぎてるから、皆から嫌われ仕事サ
ボってスキーして罰が当たるような奴に言われたくな
い、お前が言うなと顰蹙を買っているんですよ。自覚を
持ちなさい。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ