2021/6/9

ロウガン  
今日は顕正新聞第1544号を読むが、その前に沖浦氏にお返事申し上げねばなるまい。

まず、本物か偽物かの議論については差し控えたい。例えば今は音楽もコピー音源がたくさんある。いわゆる海賊版だが、わたくしはその音楽が聴ければ何だっていいと思っている。おそらく熱心なファンであれば、応援している歌手を一位にしたいと思って、正規版を買うのだろう。わたくしはそういうタイプではない。その意味で御本尊の効能(?)がどれも同じならば、特にこだわりはないので沖浦氏の主張も相当に有力だと思う。

しかし、それとは別の問題がある。

わたくしの記憶では平成二年の秋以降に宗門と創価学会の関係が悪化して、翌年にはどうやら修復困難の様相を呈してきた。顕正会ではそれを修羅と悪竜の合戦と言っていた。
当然、創価学会員は寺院に参詣しない、あるいはできない。すると、葬儀の問題もあるし、入信者をどうするかも問題だった。それまでは創価学会員も寺院で御授戒を受けていたのである。
創価学会は大組織であるから、上述の問題をどうするのか、全国各地から一斉に問い合わせがあったとしてもおかしくない。誰々が亡くなったけど葬儀はどうしたらいいのですか、とか、入信したいと言っている人がいるけど御授戒はどうしたらいいのですか、みたいな感じである。

ゆえに決断を迫られたのだろう。平成五年には早くも創価学会独自で本尊の下付を行なうことにした。

わたくしは今、資料なしに書いているわけだが、細かい点はともかくも大筋では合っているのではないかと思う。創価学会の本尊下付はそれほどに大事件だったのだ。ゆえに宗門側もこれには過剰に反応した。ところが顕正会は静観していた。

この点、後に法華講員たちから猛烈なツッコミを受けることになる。

正確な年月は憶えていないというか、わたくし自身も当時はリアルタイムで知らなかったことなのだが、平成十年前後に下野正信氏が本を出版した。おそらく顕正会におけるニセ本尊疑惑はここを起点にするのだろう。やはり下野氏も上述のことを指摘していた。顕正会が創価学会の本尊下付について言及しないのは自分たちにもヤマシイところがあるからだ。実際、宗門と創価学会の抗争について、当時の浅井先生は何度も言及していた。しかし、本尊下付についてはほとんど言及していない。なるほど、確かにヤマシイ気持ちがあるからなのかもしれない。

前回も書いたように、顕正会員は遥拝勤行が基本である。しかし、会館には御本尊が安置されており、いわゆる自宅拠点にも御本尊が安置されている。ちなみに会館の数は誰もが容易に知ることができるが、自宅拠点はわからない。漠然とした印象で言えば、全国津々浦々に無数に存在する。

当然、これらの御本尊の由来については、公式な説明がある。

浅井先生が何度か説明しているのだが、その複数回の説明を精査すると細かい点で齟齬がある。この点は顕正会批判を得意とする法華講員が詳しい。わたくしはほとんど用意がない。

さて、そこで沖浦氏のために簡略に説明しよう。

妙信講は妙縁寺に所属する法華講の一つだった。妙縁寺はそれなりの古刹であり、常住御本尊を多数蔵していた。また、創価学会の大躍進も手伝ってのことだろう、かつては日寛上人の御形木御本尊を下付していたので、その在庫が大量に残っていたと考えられる。
妙信講は解散処分を受けた。その時、妙縁寺の住職は妙信講の味方をしたのである。結果として御自身も日蓮正宗の僧侶としての立場を失うことになる。もちろん住職も罷免となる。
しかし、その前にくだんの常住御本尊ないし御形木御本尊を妙信講に託した。この辺の法律的な問題はまったくの不案内であるが、少なくとも妙信講が勝手に持ち出したのではなく住職が住職の権限を用いて妙信講に譲渡した。

現在、顕正会の会館ないし自宅拠点に安置されている御本尊は、すべてがかつて妙縁寺に所蔵されていた御本尊である。

これが顕正会の公式見解なのだ。

ところがである。さすがに数が合わないのではないかという指摘があるのだ。日寛上人の御形木御本尊がどれだけストックされていたか不明であるが、無限に存在するわけではあるまい。つまり、顕正会の会館ないし自宅拠点に安置されているであろう御本尊を合計すると、もはや妙縁寺所蔵のそれを上回ってしまうのではないか、という指摘である。

さらに紙質であるとかサイズであるとか、細かい指摘もあるわけだが、わたくしはそこまで承知していない。

いずれにしてもである。創価学会は平成五年に本尊の独自下付を発表した。ゆえに沖浦氏の言う本物・偽物の概念とは別に、創価学会公式のホンモノの本尊なのである。

では、顕正会はどうか、である。

もし仮に顕正会が独自に本尊を増刷しているとしたら、それはニセモノの本尊となる。頭脳明晰な沖浦氏ならば、この道理が手に取るようにわかるだろう。公式発表と違っているからである。

沖浦氏の主張を踏まえて言うならば、ニセ本尊ならぬウソ本尊となるだろうか?

しょせんは内部規定である。これが沖浦氏の常の主張ではあるわけだが、顕正会の立場はあくまでその内部規定の範疇に位置するわけである。ゆえに御本尊を勝手に作るわけには行かないのだ。

以上、今回の話は沖浦氏の言う本物・偽物とは別の意味であり、平たく言えば、浅井先生がウソツキかどうかを問うているのである。現状、顕正会員の流失が止まらないのはここに問題があるからで、普通に顕正会に失望して去っていく人も相当数いるものの、それよりも深刻なのは法華講に移ってしまう人が後を絶たないことである。当然ながら人々はホンモノを求めている。しかるに顕正会の本尊には上述の疑惑がまといついて離れない。沖浦氏にもこの深刻さが少しは伝わっただろうか?

今日は顕正新聞を取り上げるつもりだったが、上述の件で紙数を費やし過ぎたのでやめておこう。ぶっつけ本番で書いていると、こうなる。

2021/6/14  7:31

投稿者:沖浦克治
 嚴虎さん、おはようございます。

 この所仕事(今後のビジネスの書類作り)が超多忙でご
無沙汰しております。
 スレッドが変わりましたら、御書を引用し日蓮正宗の邪
義をそれぞれ破折致します。
 今日は少し所感を書かせて頂きます。

 おはようございます。
 1月以上仏壇の前にすわっていません。
 ご本尊が懐かしいです。
 離れて漸くご本尊のありがたさを実感致します!

 それと、病院で沢山の方々に頼りにされるようになりま
した。
 何となく私の周りに人が集まるようです。
 少し境涯革命したと思います。
 池田先生が言われました。

 『良き模範として、皆の依怙依託(えこえたく)の存在
になっていただきたい。』

 こういう人生になっています。
 素直に嬉しいです。
 (2004年10月2日・各部代表者会議)

2021/6/10  8:43

投稿者:沖浦克治
 嚴虎さん、以前ご質問頂きました、教師の握り拳、に付
いてです。

 先程引用致しました、『経行証御書』に以下の文がござ
います。

 『教外別伝の所見は東西動転の眼目南北不弁の妄見な
り、牛羊よりも劣り蝙蝠鳥にも異ならず、』

 教外別伝を真っ向から否定しておられます。
 
★教外別伝〜釈迦の言葉による教えのほかに、心から心へ
と直接に伝えられ得るもののことを言う。

 これを釈迦は涅槃経で教師の握り拳として全否定してい
ます。
 ですから、日蓮正宗の言う、

★何でも御書に載っていて伝えられるわけではない。
 法主から法主への内証の相伝は御書に載っているわけが
ない。

 は、完全な誤りであって、教外別伝の邪義です。
 こういう事を唱える人を大聖人は、

 『牛羊よりも劣り蝙蝠鳥にも異ならず、』

 と断じておられます。
 現在の日蓮正宗は、

★蝙蝠鳥宗!!!!
 
 なのです。
 法華経に特別な相伝等は存在致しません。 
 そういうものがあるなら密教ですし大乗仏教ですらあり
ません。、

 御書に書いてあるのですから、納得出来ない人は、文句
を大聖人にお云いなさい!
 

2021/6/10  8:03

投稿者:沖浦克治
 嚴虎さん、皆様おはようございます。

 大沢さんが漸く本音を書かれましたが、日蓮正宗の方は
概ね本音を書けません。
 なぜなら、戒壇本尊本懐や、日蓮唯一久遠本仏、歴代法
主のみの血脈等、教義の根幹になる部分は、一切宗門側か
ら合理的な説明がなされないからです。
 故に、信徒は盲信し盲従するしかありません。

★六凡四聖が御文字として顕されているのですから、あの
御本尊の相貌はこう、日蓮正宗の御本尊は御戒壇様の書写
ではないという議論自体ナンセンスであり、頭の良し悪し
ではなく、信仰者として莫迦だと思います。

御本尊の相貌について、愚鈍な我等凡夫が僅かな知識を得
たからと言って、知ったかぶりをして云々することではあ
りません。
そこら辺の学者め等と違い、信仰者のはずです。
 〜引用終わり〜

 これは戒壇本尊の真偽については一切の疑いを許さない
という態度です。
 中世ヨーロッパのキリスト教が地動説を弾圧したのと全
く同じ状態です。

 カルトとも盲信集団ともいえますね。
 問題なのは、こういうマインドコントロール下にある人
は、どれ程証拠を突きつけられても一切認めない事です。
 以前大沢さんが言われました。

★我々日蓮正宗の人間は、他の宗教の教義も功徳を一切認
めない。(主意)

 これが日蓮正宗の本音です。
 一切衆生が本来仏である事を拒否しています。
 法華否定の大謗法。
 カルトの見本です。 
 普通はここまで御書を提示され、法華経を引用されるな
ら、理解出来るものですが、経文にある通りです。

 『諸経の勝劣は成仏の有無なり、慈覚智証の理同事勝の
眼善導法然の余行非機の目禅宗が教外別伝の所見は東西動
転の眼目南北不弁の妄見なり、牛羊よりも劣り蝙蝠鳥にも
異ならず、依法不依人の経文毀謗此経の文をば如何に恐れ
させ給はざるや、悪鬼入其身して無明の悪酒に酔ひ沈み給
うらん。』
 (教行証御書)

 大沢さんに代表される日蓮正宗関係者は、御書経文に明
確な事実を受け入れず、日興や日寛更に法主能化など言う
仏法の素人に惑わされている姿です。


★『悪鬼入其身して無明の悪酒に酔ひ沈み給うらん。』

 私共と同じご本尊に同じお題目を唱えながら、怨嫉謗法
故に功徳に見放される。

 勿体ないですね。


 

2021/6/9  19:48

投稿者:沖浦克治
 嚴虎さん、今晩は。

 少し大沢さんから横やりが入りましたので遅くなりまし
たが、所謂宗門の曰く、偽本尊に付いての見解を述べま
す。
 
 先ず私共創価学会員は戒壇本尊のみが正しい本尊であっ
て例え大聖人御真筆であっても、時の法主の感得を得ない
とその本尊は偽物であると教わって来ました。
 現在の宗門の主張そのままです。

 ここで考えるべきは、日寛は戒壇本尊唯一とは言ってお
りません。
 随一との表現です。 
 それを戸田先生が唯一と焼き直し、弘められました。
 ですので、私も深くそれを信じておりました。
 私に変化があったのは昭和56年でした。
 私は独自に学び、戒壇本尊唯一から抜け出したのです。
 当時も創価学会では戒壇本尊唯一の時代でしたから、迂
闊にそれを話す事は出来ません。
 
 その後破門があり、御本尊下付が不可能になりました。
 私個人としては歓迎するべき事態でしたが、周りの創価
学会員には動揺が走り、その後日寛書写の御本尊を正式採
用し、この問題は組織としては解決を見たのでした。 
 ですが、長年の戒壇本尊唯一論をただちに捨てるわけに
は行きません。
 創価学会は巨大故小回りがききません。
 それで先年の教義変更まで25年程かかりました。

 この間のかじ取りは大変だったと思います。
 お陰様で現在の創価学会では戒壇本尊自体を知っている
会員は少数派になっていて最早この問題は解決致しまし
た。

 以上です。

2021/6/9  17:01

投稿者:沖浦克治
>「何でそんな御本尊が存在するのか?」
「何でそのような御姿なのか?」
は、大聖人様の御内証に依ります。

 ですからね、貴方方の本尊観が間違っているのです。
 御本尊には色々は相妙があります。
 現存するだけで、123種類がネットで検索出来ます
し、一つとして全く同じものはありません。
 ですから、

 『爰に日蓮いかなる不思議にてや候らん竜樹天親等天台
妙楽等だにも顕し給はざる大曼荼羅を末法二百余年の比は
じめて法華弘通のはたじるしとして顕し奉るなり、是全く
日蓮が自作にあらず多宝塔中の大牟尼世尊分身の諸仏すり
かたぎ(摺形木)たる本尊なり、されば首題の五字は中央
にかかり四大天王は宝塔の四方に坐し釈迦多宝本化の四菩
薩肩を並べ普賢文殊等舎利弗目連等坐を屈し日天月天第六
天の魔王竜王阿修羅其の外不動愛染は南北の二方に陣を取
り悪逆の達多愚癡の竜女一座をはり三千世界の人の寿命を
奪ふ悪鬼たる鬼子母神十羅刹女等加之日本国の守護神たる
天照太神八幡大菩薩天神七代地神五代の神神総じて大小の
神祇等体の神つらなる其の余の用の神豈もるべきや、』
 (日女御前御返事)

 この範囲に収まっているならそれで良いのです。
 何処にも戒壇本尊のみ等と書いてありません。

 日蓮正宗ってね、極めて薄弱な教義の上に何とか成り立
って言いいる宗派です。
 
 でもね、大沢さん、貴方が日蓮正宗を信じる自由はあり
ますよ、この点明確に申しておきます。

2021/6/9  17:00

投稿者:沖浦克治
 大沢さん、

>御書の提示は不要です。
御戒壇様の存在そのものが証拠ですから。

 では御書の必要性を否定されるという事ですね。
 これは今後大切な部分ですから確認致しました。

>大聖人様の御本尊様のうち、御書に示された相貌ではな
い御本尊も存在します。
でも、私たちは「御書を示せ」とは言いません。

 貴方方は既に大聖人門下の資格を失っているのです。
 どころか、日興門流ですらありません。
 何故なれば御書の必要性を否定した時、自動的に日興門
流ではなくなります。

★当門流に於ては御書を心肝に染め極理を師伝して若し間
有らば台家を聞く可き事。

 明らかに遺誡置文に違背していますね。
 ここも貴方ご自身が言われた事を確認しておきました。

 これで、貴方が信じる宗派は日蓮門下は言うに及ばす、
日興門流ですらなくなりました。
 何故なら日蓮正宗は近年御書を否定しています。

★御書に何でも書いてあるわけではない!

 法主能化住職共の言葉です。 
 既に大乗仏法ですらありません。

2021/6/9  16:05

投稿者:大沢克日子
沖浦さん

御書の提示は不要です。
御戒壇様の存在そのものが証拠ですから。

大聖人様の御本尊様のうち、御書に示された相貌ではない御本尊も存在します。
でも、私たちは「御書を示せ」とは言いません。

「何でそんな御本尊が存在するのか?」
「何でそのような御姿なのか?」
は、大聖人様の御内証に依ります。

ただし、昨日挙げた日顯上人の仏滅讃文の御指南のように、正系門家の代々の御法主だからこそ、極めて理路整然、明解に御教示遊ばされるのでしょう。

三大秘法抄の御文から拝せるように、本門寺の戒壇を御示しになりながら、不可分の本門戒壇の大御本尊を顕さずに、御入滅遊ばされる道理はありません。

学術的探究などがなくても、信仰者ならば当然にわかる道理です。
論じるまでもありません。

2021/6/9  14:55

投稿者:沖浦克治
 大沢さん

 『伝教大師云く「仏説に依憑して口伝を信ずること莫
れ」等云云』
  (開目抄下)

 依憑(えひょう、えびょう)〜拠り所にするとの意味。

 仏の説いたもののみを頼りとして、噂や口伝を用いては
ならない。
 明確に書かれてあります。
 戒壇本尊等は噂話の域を出ません。
 風が吹けば桶屋が儲かるの類いである事は、既に証明し
ております。
 ですから、貴方がすべき事は、戒壇本尊本懐の明確な文
証の提示です。
 御書からどうぞ。

 出来ないなら貴方の負け、出来るなら貴方の勝。

 さあどうぞ。

2021/6/9  14:30

投稿者:沖浦克治
 大沢さん、

>御遺命の戒壇に安置すべき正像未弘、一閻浮提唯一の御
本尊は本門戒壇大御本尊のみである。

これ以上の証拠はありません。

 ですからこの文の根拠となる御書の提示をどうぞ。

 『天台大師云く「修多羅と合う者は録して之を用いよ文
無く義無きは信受すべからず」等云云、伝教大師云く「仏
説に依憑して口伝を信ずること莫れ」等云云、円珍智証大
師云く「文に依つて伝うべし」等云云、』
 (開目抄下)

 これ以上の証拠が無い???
 証拠など最初から無いじゃないですか!!!
 それとも日蓮大聖人の仰せに違背しますか????

 異流義の末期症状ですね。

2021/6/9  14:20

投稿者:大沢克日子
御遺命の戒壇に安置すべき正像未弘、一閻浮提唯一の御本尊は本門戒壇大御本尊のみである。

これ以上の証拠はありません。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ