2021/6/15

シットウ  
沖浦氏らしからぬ頑迷さである。

 これは行けませんね、当時と現代では言葉もかなり変化しています。

だから何なのだろうか?

 更に、貴方も富士門流の常として、言葉尻を捉えて反論をしてごまかす。

まったくわかっとらんようだ。

 教師の握り拳の意味は、仏は特別な教えを特別な人に対して説かないとの意味です。

この説明は大いに結構である。しかし、わたくしが指摘しているのはそこではない。

涅槃経での検索結果は244件でした。
それぞれの御書名をクリックすると御書の本文がご覧になれます。


https://gosho-search.sokanet.jp/list.php?k=%E6%B6%85%E6%A7%83%E7%B5%8C&o=a&c=10&x=0&y=0

大聖人は御書の至るところで涅槃経を引用あそばしている。だったら教師の握り拳もそこにあるはずなのだ。沖浦氏が引用すべきはそれである。

頑迷なる沖浦氏のために、もう少し説明しておこう。撰時抄には次の一節がある。

破すべきをばはし、取るべきをば此を用ふ

ここは直接的には天台大師のことを説明するくだりなのだが、大聖人においてもまったく同じことが言えるのだ。当時は大聖人に対して、法華最勝と言いながら爾前経を引用するのは矛盾ではないか、というような批判があった。その端的な答えが上掲なのである。そして究極的には法華経ないし涅槃経であっても、大聖人が好んで引用する部分とそうでない部分がある。少なくとも教師の握り拳は後者に相当するのだろう。何しろ創価学会の御書検索で二百件以上もヒットするのだ。それだけあっても出てこないのだから、そこは推して知るべしである。

御遺命違背の糾弾から逃げ回る大草一党に止めを刺す

副教学部長の藤村雄大氏が約二ページにわたって健筆を振るっている。

失当

文中、二度だろうか、一般人には馴染みのない言葉が出てくる。おそらくは法律用語なのだろう。

寄生虫

これも二回ほど出てくる。

もはや莫迦としか言い様がない。

以前は法務部長名義で投稿していたこともあったと思うが、今回は副教学部長名義である。さすがに弁護士としては言いづらい言葉なのだろうか?

所詮は浅井先生のサルマネにすぎないから・・・

難しいところである。当然、文脈上は相手を侮蔑しているわけなのだが、何となく浅井先生をもディスっているような雰囲気がある。難しいと書いたのは、それがわたくしの勝手な印象に過ぎないものなのか、わりと多くの人の感覚に近いものなのか、俄かには判断がつかないからである。

以上、些末なところばかりを取り上げてきた。

では、なぜに大事な部分について取り上げなかったのかであるが、戒壇論に限っては基本的に顕正会の主張を支持しているからである。ここ数年来、宗門の戒壇論はデタラメであると公言してきたのもそのためである。

とは言え、藤村氏の言っていることにも無理がある。実は似たようなことをすでに何度か書いているのだが、今回も書いておきたい。

 「正本堂の完成までに広宣流布が達成すると期待していた」とのウソ

 「総世帯数の3分の1で広宣流布」とのたばかり


この辺りのロジックは、法務部長名義では書けないが副教学部長としてならば書ける、というような計算が感じられる。これを説明するために、もう一つだけ引用しておこう。

 以上から、大草一党のたばかりは失当であり、「総世帯数の三分の一」の入信では広布達成とは全くいえない。

裁判所は教義上の正邪を取り扱わない。ゆえに三分の一で広宣流布云々が正しいか間違っているかを裁判所が判断することはない。つまり、顕正会に言わせればデタラメ広宣流布になるわけだが、宗門は三分の一で正しいと認識している。ならば失当とはならない。教義的には間違っていても、それを信じているわけだから失当ではない。当然、その線で広宣流布の達成を期待していたとして不思議はないわけである。

いかがだろう。この点、わたくしに重大な錯誤がないとすれば、藤村氏も相当に未熟である。

重複を恐れず、もう一点だけ取り上げておきたい。

 此の正本堂が完成した時は、大聖人の御本意も、教化の儀式も定まり、王仏冥合して南無妙法蓮華経の広宣流布であります。

昭和四十三年の日達上人の御発言である。同記事では昭和四十二年の高僧発言についても取り上げているが、ここは現在の法華講員たちが顕正会員と対論して四苦八苦する部分である。

わたくしも偉そうなことは言えないのだが、ようするに当時をリアルタイムで経験している人が今はほとんど存在しない。ゆえに文章を上っ面だけで云々するから話がこじれるのである。やはり当時は猊下ないし高僧たちをして今や広宣流布と言わしめるほどに弘通が伸びていた。もちろん創価学会の大躍進によってである。この点は経験者しか語れない。今は顕正会員も法華講員もそれがわかっていないのだ。

そこで最後に顕正会にケチを付けておけば、すでに法華講員たちも指摘しているように、だったら六千万は何だったのか、ということになる。一時期、六千万で広宣流布だと言っていたのだ。二分の一と三分の一の違いだが、これを五十歩百歩と呼ぶのではあるまいか?

しかもである。今は三百万を盛んに云々しているわけだが、考えてみれば三百万なのである。たかが三百万と言ったら失礼だろうか?

今となっては公平中立的な比較はできないにしても、かつての創価学会の大躍進がどれほど凄いものだったのか、むしろ日達上人の御発言はそれを証明しているものなのだと捉えるべきである。顕正会は今もなお、その水準には達していない。この事実は動かないだろう。

2021/6/18  8:23

投稿者:沖浦克治
 おはようございます。

 今後は日寛宗と呼ばせて頂きます。

2021/6/18  7:59

投稿者:沖浦克治
おはようございます、嚴虎さん。

 昨日日蓮正宗ではなく、日寛正宗と書きました。
 何故ならば、開基である日興は、大聖人の弟子で六老僧
の一人でした。
 更に彼は、

★当門流に於ては御書を心肝に染め極理を師伝して若し間
有らば台家を聞く可き事。

★偽書を造つて御書と号し本迹一致の修行を致す者は師子
身中の虫と心得可き事。

 以上の遺言を門下に残しております。
 大沢氏との会話の中で、既に日寛正宗はこの二つの遺言
に違背している事が明確になりました。
 以下偽書の見本です。

★去る文永の免許の日、爾前迹門の謗法を対治し、本門の
正義を立て被れば、不日に豊歳ならむと申せしかば、聞く
人毎に舌を振い耳を塞ぐ。
其の時方人一人も無く、唯我と〈日蓮〉与我〈日興〉計り
なり。

 堀さんはこれを偽書と断定しております。
 更に日寛正宗は、
 
★何でも御書に載っているわけではない・・・・

 公言してはばかりません。
 ですので、獅子身中の虫です。
 この御書否定は何処からきているのか?
 日寛ですね。
 戒壇本尊本懐と、三大秘法当体論を御書を全く引用しな
いで唱えた張本人です。

 既に大聖人はおろか、日興にまで違背しております。

 以上が日寛正宗の名前の由来です。

2021/6/17  8:50

投稿者:沖浦克治
 おはようございます、嚴虎さん。

 日蓮正宗が本尊に迷う証拠を御書を引用し証明致しま
す。
 先ず、戒壇本尊のみ力用があって、他の本尊にはないと
の宗門の説を破折致します。

 『日蓮がたましひをすみにそめながしてかきて候ぞ信じ
させ給へ、仏の御意は法華経なり日蓮がたましひは南無妙
法蓮華経にすぎたるはなし、』
 (経王殿御返事)

 有名なご文です。
 宗門の説では、このご本尊は力用を持ちません。
 言い訳として、

★このご本尊は一閻浮提総与でなく一機、一縁である。
 
 バカ言っちゃ〜ダメです。
 このご本尊が今私の目の前にあって、私が拝むなら当然
功徳が出ます。
 私でなくとも、他の何方が拝んでも当然功徳が出ます。
 でなと言うなら、『日蓮がたましひ』って、そんなに弱
弱しいものですか〜??
 もう、宗門日蓮冠するの辞めたら??
 日寛正宗がお似合いですよ。

 少し考えましょうね。
 御書を読んで生活の指針にする方沢山おられます。
 私もそうですし、創価学会は御書根本、大沢さんが白状
された様に、御書軽視では創価学会では生きて行けませ
ん。
 ここが、異流義の宗門と、正統派の創価学会との根本的
な開きです。
 でもね、私が指針とする御書、どれ一つも私が頂いたも
のじゃありません。
 この御書だって、四条金吾と経王殿が頂いております。
 ですが全ての御書はい全人類に等しく与えられていま
す。

 『一念三千を識らざる者には仏大慈悲を起し五字の内に
此の珠を裹み末代幼稚の頚に懸けさしめ給う、』
 (如来滅後五五百歳始観心本尊抄)

 この通りです。
 ここに至っても、戒壇本尊だけが〜〜〜〜!!
 等と浮かれ騒ぐなら、

 アホですわ・・・・

2021/6/16  7:35

投稿者:沖浦克治
 嚴虎さん、皆様おはようございます。

 以下の文を、フェイスブックのタイムラインに先程書き
ました。

 今朝は少し異なる話題を書きます。
 私は17歳で創価学会員となりました。
 家庭は貧乏のどん底で、当時の創価学会員は貧乏人と病
人の集まりと揶揄され、現実もその通りでした。

★金の切れ目が縁のはじまり!

 こういう団体でした。
 以来58年、不思議に創価学会と縁が切れない出来てい
ます。
 毎朝ネットで聖教新聞を読むのが一日の開始です。
 然し、会員の皆様の功徳の体験しか読みません。
 今朝は、現役の大学生でありながら、唐揚げ専門店「喜
作」を経営する船田幸喜さん(21)の体験でした。

★攻めの悩み”で、壁を越えてきた!

 こう書いてありました。
 このお方は私より55歳年下です。
 でもやっている事は全く変わりません。
 文中にありました。

★ ちなみに唐揚げにした理由は、単純に大好きだから
(笑い)。
 最初は、やっぱり全然お客さんは来てくれなかったけ
ど、祈っていく中で“攻めの一手”が浮かんでくる。SNS
を使って宣伝して、少しずつ客足が伸びていきました。地
域の方々にも支えられて、地元誌やラジオでも紹介される
までになりました。
 信心ってすごくないですか? 訳わかんないけど、祈っ
てると不思議と活路が見えてくる。うまく説明できなく
て、すいません(笑い)。
 〜引用終わり〜

 よく最近の若い者は・・・・・
 という言葉を聞きますが、私はそう思った事は一度もあ
りません。
 この若者と私の人生はかぶって見えます。
 私も祈る事を基本にして、ここまでやって来ましたし、
死ぬまで祈ります。
 お陰様で今シーズンの売り上げは、昨シーズンの3倍に
なりました。
 何時も仏間で祈ります。 
 祈りの最後は。

★商売大繁盛!!

 信じて祈って頑張れる宗教を持った人間の強さを、社会
に示します。
 嬉しいです。
 〜引用終わり〜
 これを読んだお方がいいねを下さる。
 それが私の広宣流布の拡大運動です。
 既に何人もの方々が私の書き込みを縁として、お題目を
唱えておられます。
 SNSって素晴らしい!!

2021/6/15  20:10

投稿者:沖浦克治
 日蓮正宗は伝統的に本尊に迷う宗派です。
 日寛が元凶ですが、それ以前に戒壇本尊本懐を唱えた者
もいて、日寛がそにを屁理屈を付け、弘めました。

 本尊に優劣はありません。
 所が宗門は戒壇本尊だけが一閻浮提総与であって、他の
本尊は一機一縁だとして認めておりません。
 御書に暗い性格を曝け出しています。
 一機一縁とは一切衆生(十界全て)を対象とする法華経
に対し、爾前の限定された教えを言う言葉です。

 『をのづから四十二年の経の内には一機一縁の為にしつ
らう処の方便なれば設い有縁無縁の沙汰はありとも法華経
は爾前の経経の座にして得益しつる機どもを押ふさねて一
純に調えて説き給いし間有縁無縁の沙汰あるべからざるな
り、』
 (法華初心成仏抄)

 キチンと御書に書いてありますが、日寛は読めませんで
した。
 習い損ないなる故です。
 現在日蓮正宗は大乗経ですらありません。
 密教中野密教、小乗の中の小乗です。

 法主能化住職など言う仏法無縁の輩に騙される事は愚か
です。

2021/6/15  15:20

投稿者:沖浦克治
 原本を提示せよというなら、常に私が書いているよう
に、戒壇本尊本懐や、三大秘法当体、法主の血脈のに付い
て、明確な御書を引用せよとの書き込みに全く貴方をはじ
めとして引用がありません。
 むしろこちらの方が桁違いに問題です。
 結論を書いておきます。

★涅槃経には、教師の握り拳として、当別な相伝や相承を
釈迦が否定する教えがある。

 更に、御書には表現は異なるが全く同じ意味の文証があ
る。
  
 『教外別伝の所見は東西動転の眼目南北不弁の妄見な
り、牛羊よりも劣り蝙蝠鳥にも異ならず、』
 (経行証御書)

 教外別伝を真っ向から否定しておられます。
 
★教外別伝〜釈迦の言葉による教えのほかに、心から心へ
と直接に伝えられ得るもののことを言う。

 今年は2021年ですが、令和3年と表現しても全く同
じ意味です。
 これと同じです。

 少し嚴虎さん、道理を弁えて下さい。

 宗門や顕正会が唱える、戒壇本尊本懐や、日興唯受一人
等は日蓮仏法には存在し得ないのです。

 釈迦が教師の握り拳と説き、大聖人が教外別伝は蝙蝠鳥
宗だと仰せです。

 何故、素直に認められませんか?

 これは日本語の理解の範疇です。
 極々簡単に分かるのですよ。
 

2021/6/15  15:19

投稿者:沖浦克治
 嚴虎さん、今日は。

 貴方はわざと話を複雑にしています。

>大聖人は御書の至るところで涅槃経を引用あそばしてい
る。だったら教師の握り拳もそこにあるはずなのだ。沖浦
氏が引用すべきはそれである。

 バカバカしい、そういう事にエネルギーは使いません。
 貴方が知りたいならご自分でどうぞ。
 大体が、大聖人が法華経を良く引用されるから、全ての
法華経を覚えろ。
 こういう屁理屈です。

 教師の握り拳は涅槃経にあります。

★修行僧たちは私に何を期待するのであるか。
 私は内外の隔てなしにことごとく理法を説いた。全き人
の教えには何ものかを弟子に隠すような教師の握り拳は存
在しない
 (大パリニッバーナ経,第二章 25)

★ブッダの最期を記した経典がある。
 『マハー・パリニッバーナ・スッタンタ』。
 日本では『大パリニッバーナ経』と呼ばれたり、『大般
涅槃経』(だいはつねはんぎょう)と呼ばれたり、略して
『涅槃経』と呼ばれたりすることもある。

 この様に仏教では常識とされる言葉です。
 ですから原典にどういう表現であろうが、教師の握り拳
という教えは存在致します。
 何故これを否定しますか?

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ