2021/6/18

イッキイチエン  
教師の握り拳については、それほど難しく考える必要はない。大聖人がその表現を好まれなかったフシがあって、御書には出てこないという現実がある。だったら使うべきではなかろう。ただそれだけの話である。

一機一縁については今まであまり考えたことがなかった。そこに沖浦氏が法華初心成仏抄の一節を引用してきた。なるほど、氏の言っていることも、わりと筋が通っているようである。確か顕正会でも一機一縁の御本尊という表現を使っていたと記憶するが、もしかしたら間違っているのかもしれない。この点、今後の課題とさせていただきたいと思う。

さて、顕正新聞である。

「再々登板」企み蠢動する安倍前首相

世相閻魔帳の第三回である。上掲は週刊誌レベルでしばしば話題になっていて、顕正新聞の同コラムも毎回かなり週刊誌っぽい内容なので、まさにオアツラエムキの話題なのかもしれない。

わたくしの予想では再々登板はあり得ない。むしろ現状では自公政権そのものが崩壊しかねない。どう転んでも本年中には総選挙がある。オリンピックの成否だとかコロナの感染状況など、現時点では未知数のことがたくさんあって、おそらくは誰にもわからないことではあるのだが、少なくとも国民世論的には安倍待望論が盛り上がる様子は見られない。

「櫻井よしこ」と愉快な仲間達

文中からの引用であるが、実にイヤミな文章である。ともかく安倍前首相に期待するのは、こうした一部の仲間たちであって、国民世論的にはそれほど期待していない。むしろニューリーダーの登場を期待しているのだと思う。

国のリーダーに相応しい人物として、現東京都知事であったり大阪府知事の名前が出てきたりするのは、現状、自民党内においてもポスト菅の顔が見えてこないこともあるし、野党第一党の通称エダノンに対する期待もあまり大きくはないからなのだろう。とは言え、都知事ないし府知事が総選挙に出て、もちろん当選はするだろうけれども、そのまま首班指名で一気に総理の座に駆け上がるようなドラマチックなことは、さすがにあり得ないと思う。

現状では、負け幅が大きく影響するのは当然にしても、現総理がそのままダラダラと政権運営をしていく可能性が高いような気がする。

記事の内容から大きく脱線してしまったが、この件はこれくらいにしておこう。

正本堂が広宣流布の暁に建つ御遺命の戒壇とは誰も思っていなかった

男子部第百六十二隊長(三重県)が紹介しているのは、法顕寺住職とのやり取りである。つまり、当時は創価学会に阿ってそのように言っていただけで本心は違っていた、というような意味と思われる。しかし、わたくしは違う意見である。もちろん、そのような人たちもいたが、逆に信じていた人もいたはずなのだ。

時代背景が違うので簡単ではないが、今の顕正会の熱心な活動会員の本心はどうか、ということなのだ。理屈は同じである。顕正会員だって、信じている人と疑っている人と半々と考えるべきである。三百万達成で日本が動く? 本当だろうか? どうせ百万の時と同じなんじゃないのか? 活動会員の中にだって、このような疑問を懐いている人がいるはずなのだ。もちろん信じ切っている人もいる。つまり、当時も同じはずなのである。

うちの寺は年間でわずか五、六十人しか御授戒を受けていない。

これは凄いことだと思う。顕正新聞ではこれを寺の衰退ぶりだと言いたいわけであるが、一般の寺院を考えたらまったくイメージが違ってくるはずである。通常、寺院には檀家さんがいる。何十なのか何百なのか、それは知らない。しかし、今の時代は新規の檀家は考えられない。ゆえに今いる檀家だけでやり繰りしていくわけだが、家によっては跡継ぎがいないこともある。あるいは時代の流れで無宗教になる人もいる。ようは檀家をやめる人もいる。つまり、減る一方なのである。そうした中で日蓮正宗の寺院では新規の入信者がいて、それがうまくすれば檀家になるわけだから、他宗の寺院からみれば考えられないほど恵まれていることになる。

いや、もちろん、上掲には続きがあって、その内容を見るとあまり喜べる状況とは言えないわけなのだが、それでも年間で五十人も入信すれば大したものだろう。

 また三大秘法抄の「国主」について・・・

これは女子部第六十四区総班長(香川県)の記事であるが、三大秘法抄の国主とは何を言っているのだろうか?

どうやら玉林寺の住職との法論らしく、住職は次のごとく発言している。

「国主とは民衆だ。今の時代に天皇であるはずがない。天皇が仏法をたもつわけがない」

宗門では今でもこの説が有力なのかもしれない。それはともかく、この話題を振ったのは総班長のほうだろう。宗門の人が顕正会員に対して積極的に戒壇論を仕掛けてくるとは思えない。すると総班長が住職に対して、三大秘法抄の国主をどのように解釈するのか、と問うたのだと思われる。

しかし、おかしな話である。実際に御書を開いて云々していれば、こうはならない。

いつも言っているように編集部の怠慢である。本年は毎号ほぼ期日どおりに発行されており、それなりに努力している様子が見られなくもないのだが、登壇記事に対するチェックは相変わらずである。

2021/6/23  7:45

投稿者:沖浦克治
 嚴虎さん、皆様おはようございます。

 今日は沖縄慰霊の日・・・・
 世界中にお題目と創価思想を弘め、一日も早く戦争の無
い社会を!!
 
 https://youtu.be/a4OKdDzCW74?t=5
 

2021/6/22  8:07

投稿者:沖浦克治
 嚴虎さん、おはようございます。

 佐々井秀嶺(ささい しゅうれい)さん、インド仏教界
の最高指導者の言葉。

★2003年、インド政府の少数者委員会の仏教代表に任命さ
れ(任期3年)、名実ともにインド仏教最高指導者とな
る。

★「俺は最高指導者なんて言ったことない。俺はインド仏
教の奴隷。彼らは奴隷から仏教徒になった。俺はその奴隷
だ。日本では最高指導者と言うが、夢にもそんなこと言っ
たこともないし、考えたこともありません。インド仏教の
奴隷者です」
 〜引用終わり〜

 ヒンズー今日から1億人以上を仏教に改宗させ、お題目
を弘めるお方です。
 私共も負けていられませんよ!!

2021/6/21  17:22

投稿者:沖浦克治
 参考資料


 ロケッシュ・チャンドラ博士
 (インド文化国際アカデミー理事長)の講演。

 法華経は偉大な指導者の思想に

 私の父・ラブヴィラ博士は、仏教文化に造詣が深く、世
界的にも認められた言語学者でした。そんな父・ラブヴィ
ラと私が「法華経」と深く関わるようになった最大のきっ
かけはマハトマ・ガンジーの存在でした。
 マハトマ・ガンジーは、あらゆる風雪に耐えて、なお数
多くの民衆から支持されてきた法華経の真意を知りたがっ
てきたのです。
 今でこそ法華経について英語で書かれた書籍は豊富にあ
りますが、当時は、ほとんど見当たりませんでした。
 そこで、私の父は、サンスクリットの文献をマハトマ・
ガンジーに渡したのです。これは、ソビエト以前の旧ロシ
アにおいて出版されたものでした。
 また父は、イギリスの名門・オックスフォード大学が出
版した「東方聖書」という書籍に 載っていた、法華経の
英訳もマハトマ・ガンジーに渡しました。
 ガンジーは、それらを読むことによって、父にたくさん
の質問を投げかけてきました。
 かつて、父は、日本人の留学生と知り合い、彼を通し
て、法華経のことをある程度、知っていました。
 また、日蓮大聖人の伝記を読み、それを通して法華経に
接していたのです。
 そうした経緯もあり、父はマハトマ・ガンジーにこう語
ったのです。
 「(法華経の眼目である)『南無妙法蓮華経』は、森羅
万象を形成し、発展拡大しゆく根源の実体である」と。
 以来、マハトマ・ガンジーは自らの道場(アシュラム)
の祈りに「南無妙法蓮華経」の題目を取り入れるようにな
りました。
 父はよく言っていました。「ガンジーの師匠は、日蓮大
聖人である」と。このことは、あまりにも有名な事実で
す。
 ともあれ、法華経は、パンディット・ネルー(独立イン
ドの初代首相を務めたネルー首相の妹)や、マハトマ・ガ
ンジーといった、私たちにとって偉大な政治指導者の思想
の一部になりました。
 彼らは法華経の偉大さに気づいていたのです。

2021/6/21  17:19

投稿者:沖浦克治
今日は、今朝ほど数万円と書きましたが、20万円程に
なるそうです。
 帰宅してから確認致しますが、嬉しいですね。
 実生活に功徳が出ない宗教には何の価値もありません。

 『されば過去未来を知らざらん凡夫は此の経は信じがた
し又修行しても何の詮かあるべき是を以て之を思うに現在
に眼前の証拠あらんずる人此の経を説かん時は信ずる人も
ありやせん。』
 (法蓮抄)

 ガンジーがお題目を唱えていた事は周知の事実ですが、
彼は更に具体的に言っております。

★貧しい人たちの間では、神はパンの形でしか現れる事が
できない。

 更に、

 『日蓮仏法をこころみるに道理と証文とにはすぎず、又
道理証文よりも現証にはすぎず、』
 (三三蔵祈雨事)

 創価の私がドンドン功徳を書き、日寛宗の方々は書けな
い。
 全てはここで勝敗はついております。
 ですので、日寛宗は敗北しています。

 事実はこういう事です。
 文句は大聖人に云いなさい!!

2021/6/21  11:17

投稿者:沖浦克治
 先程スマホにメールが来て、銀行から私の口座に振り込
みがあったとの事です。

 数万円だと思いますが、いつの間にか経済的に恵まれて
います。
 友の苦しみに寄り添い、喜びを共に喜んで来た結果がこ
ういう人生になりました。
 御書にも法華経にも創価の指導にも嘘はありませんでし
た。

 今法華経を持つ喜びを実感しています。

 創価で良かったです。

2021/6/21  11:11

投稿者:沖浦克治
今日は皆様。

 この所日寛宗の矛盾だらけの教義を指摘しています。
 ここでお断りしておきますが、私も以前はこの宗派に所
属していたのです。
 それも、法主の血脈や戒壇本尊本懐を堅く信じていまし
た。
 小樽法門は本も買ってワクワクしながら読んだものでし
た。
 疑いを持ったのは、昭和51年から53年の間でした。
 そのころの池田先生の講演や指導に接すると、戒壇本尊
本懐や法主の血脈は否定せざるを得ませんでした。
 その後自分で学び、昭和56年には宗門は邪教だと理解
しました。
 そこからは本当に大変でした。
 何しろ僧俗和合路線の真っただ中でしたから。
 
 破門から創価学会の宗門からの独立があって、かなり楽
にはなりましたが、そのころ未だ日興唯受一人と戒壇本尊
本懐論は創価学会で広く唱えられていましたので、真正面
からそれらを否定する私は、組織から標的扱いでした。
 2002年9月、SNSに参入し、自説を書いて来まし
たが、創価学会系の書き手の反発はすさまじいものでし
た。

 現在はその言う事は無くなりました。
 近い将来、創価学会は全面的な教義の見直しをするでし
ょう。
 SGIの傘下団体ですから、教義もそれに合わせ祖語が
無いようにせねばなりません。
 SGIには日蓮本仏論はありませんし、日興等には誰も
興味すら持ちません。

 創価学会はこの方向に進む以外ありません。
 良い時代です。

 良い事もありました。
 このおかげで、男子部を卒業し、壮年部に行ってから暫
くして、一切の創価学会での役職が無くなりました。
 立場が凄く自由になって、周りを気にせず発言出来るよ
うになりました。
 立場で発言が束縛される事の不自由さは身を以て知って
いましたから、凄く嬉しいです。

2021/6/21  8:01

投稿者:沖浦克治
 巖虎さん、皆様おはようございます。

 今朝の聖教新聞の体験、鈴木徳子さん(57)から、病
の床にあった鈴木さんが拠り所とされた、池田先生の指
導。
 
 『(わが子を亡くした母親がいれば)仏は母の横に座る
でしょう。何も語らず、ただ、ともに座り続けるでしょ
う。たとえ何も語らずとも、母を案ずる仏の心音の温かさ
だけは、母にも伝わります。仏の心の脈拍が聞こえてくる
ことでしょう』

 この仏を創価学会仏と云います。

2021/6/20  20:11

投稿者:沖浦克治
 大沢さんん、

 随宜論ですがお気に召しませんか?
 漢字で右往左往するより、日寛宗の出鱈目に目を向けな
さい。

 戒壇本尊と言うものは無いの!!
 あるなら文証お出しなさい。

 堀さんが、言ってますよ。

★「殊に日精の如きは私権の利用せらるる限りの末寺に仏
像を造立して富士の旧儀を破壊」「日精に至りては江戸に
地盤を居へて末寺を増設し、教勢を拡張するに乗じて遂に
造仏読誦を始め、全く当時の要山流たらしめたり」
 〜引用終わり〜
 
 そしてね、貴方の日寛宗は社会に向けて大嘘かいていま
す。

★「日蓮正宗入門」の中で「大石寺を本寺とし要法寺を末
寺とする本末の関係が修復されました」と書いている。
 〜引用終わり〜

 更にです、

★要法寺の歴史を具に紐解いていくと、要法寺13世日辰の
開山から江戸時代中期のころまで、要法寺では釈迦如来の
仏像が造立され、法華経一部読誦の化儀が行われていたこ
とに言及しなくてはなりません。これを一般的に「造仏読
誦」と言います。
 〜引用終わり〜

 大石寺の末寺のはずの要法寺が、釈迦仏造立して法華経
唱えていたのです。
 こんな所が大聖人仏法云々する資格ありませ〜〜ん〜
〜!!

2021/6/20  19:52

投稿者:大沢克日子
沖浦さん

>文献に記載が…

記述がなくて当たり前です。

> 以下17世日精の隋宣論から。

「隋宣論」ではありません。
「隋宣論」とは、どんな意味になりますか?
(正しい書名を学び直して、その書名が何を意味しているのか考えれば、容易に答えが見つかるはずです)

>何しろ、在家、然も最下層の農民達が受けた法難です。
 日蓮仏法で最初の経験であって、この農民たちが難を乗り越えるなら、末法の令法久住に大聖人は確信がお持ちになれる。

だからこそ、大聖人様は御戒壇様を顕されたのですよ?
農民たちが、大聖人様と同じく不自惜身命の信行を実践された。

>つまり感とは、衆生の仏法に対する関心を意味し、応とは、衆生が非常に苦しい境界からなんとか救われたいと思う時に、正しく仏を念ずれば、仏が必ずそこに顕れて衆生を導く用きを起こすことであり、それを「一大事因縁」と言うのであります。
(略)
すなわち衆生が信心を持てば、そこに仏を感ずるのであります。それに対して応とは、仏様がその衆生の願いに応じて、必ずきちんとしたところの御化導・利益をなさるということです。
(御先師日顯上人「観心本尊抄講話第一巻9〜10頁)

「衆生が不自惜身命の信心により仏となる」という一大事因縁が、熱原の方々により成し遂げられた。
これに御感あらせられた大聖人様が、広宣流布成就の暁に本門寺の戒壇に安置され、末法万年にわたり一切衆生を救済する根源の大御本尊を顕されるのは、むしろ当たり前の話でしょう。

文献に記載がある、私は御書はそう読めない…
そういう次元の話ではありません。

国語のおべんきょうよりも、真面目に信仰した方が良いと思います。
弘安元年に信仰をはじめた方々が、身命を惜しまず、あのような信仰をなさったのです。
対して、何十年も信仰しているのに、ネットでこんな莫迦みたいな話をしているというのは、信仰者として恥ずかしいですね?

2021/6/20  19:01

投稿者:沖浦克治
 極めて統一性の無い教義です。

 大沢さんお好みの戒壇本尊本懐、並びに三大秘法当体論
と、法主の嫡々一人には大きな矛盾があります。

 ここでお教え致しますが、理解出来ると良いのですが、
出来る出来ないは大沢さんの日蓮仏法の理解レベルに依り
ます。
 ですが、なるべく何方でも理解出来るよう、書いてみま
しょうね。

 嫡々一人とは、法主一人だけが日蓮から代々. 法水写瓶
(ほっすいしゃびょう)と言って、瓶(から瓶へ水を一滴
もこぼさないでうつすように、師匠から弟子へ法門を少し
も漏れることなく正しく伝えることを示します。

★涅槃経巻四十に「五つには我に事(つか)ふるより来
(このか)た、我が所説の十二部経を持し、一たび耳を経
れば会て再問せず、瓶水を瀉(うつ)して之を一瓶に置く
が如し」とある。
 〜引用終わり〜

 ここで問題になるのは、法主唯一という思想であって、
そういう思想は大聖人はありません。
 本題です。

 日寛宗がいうように、本当に大聖人の内証がそのまま法
主に伝わっているなら、こんな法主は出て来得ません。
 以下17世日精の隋宣論から。

★聖人ご在世に仏像を安置せざることは、未だ居住処混ざ
る故なり。
 〜引用終わり〜

 像仏こそ大聖人の真意だと述べています。
 事実彼は釈迦像造立をしています。
 更に、戒壇本尊の記載は14世日柱までありません。

 これで、嫡々一人が嘘か、戒壇本尊本懐が嘘か?

 大沢さん、何方になさいますか?

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ