2021/9/21

タメラウ  
大沢氏が厄介な事案を持ってきた。実はすでに数日前に幻の総支隊長氏のブログを読んで内容は知っていたのだが、わたくしとしてはどのように扱うべきか悩ましいところなので、このまま知らないフリをするのも有力な選択肢だった。しかし、拙ブログのコメント欄に書かれては観念するしかない。

直近のコメントに注目したい。

手続が複雑であり委任状(合計4通必要です)等の書式も少ないため、たとえ弁護士でも実務経験を有していなければ・・・

大沢氏も指摘しているように、顕正会の二人の弁護士は実務経験が乏しい。しかも今となっては顕正会専属で仕事をしているようなので、なかなかベテラン弁護士にレクチャーを受ける機会もないのだろう。ここが弱点のようである。

それにしても現金差し押さえとは何だろうか?

現金没収ならば反則金だとか罰金みたいなイメージで大きくは外れていないはずであるが、差し押さえの場合はまるでイメージが浮かんでこない。

細かいことを気にすれば他にもいろいろあるが、この件はこのくらいにしておこう。今後の動きで注目しておきたいのは、この件に関して顕正会側がどのように報道するかである。ダンマリを決め込むのだろうか?

 世界広布が成ったら・・・・・

 新潟から佐渡に橋掛けるかトンネル掘って、リニア通し
て、素晴らしい場所ばかりの島ですから、その中で特選して場所決めて、高さ500メートル程の日蓮像建立して、その元にご本尊ご安置して、世界の聖地にして欲しいです。


さて、沖浦氏である。上掲の続きには三大秘法抄の引用がある。ゆえに言わんとしていることは、佐渡に本門戒壇を建てるべきということだろう。かつてはアフリカに建てるべきと言っていたはずであるが、本人はお忘れであろうか?

どうも最近の沖浦氏はその場の思いつきの発言が多いようだ。

それでは今日も顕正新聞の続きを読みたい。

 「昭和四十七・八年ごろ、浅井さんと五・六回話したことがあるんだよ。猊下もいた」

女子部第七十一区長(首都圏)によれば、上掲の発言者は竹岡誠治氏らしい。しかし、もしそうだとすると、ずいぶん不正確な記憶である。顕正会側の書籍では氏が先生と直接的に相対したことはないはずだし、当時、猊下の臨席をたまわるような立場だったとも思えない。この辺のことを区長はどう思っているのだろうか?

新型コロナの予防・治療薬として
 注目を集める「イベルメクチン」


この記事はひじょうに興味深い。この薬はもともと北里大学特別栄誉教授の大村智氏が開発したもので、ノーベル生理学・医学賞を受賞するほどの大功績なのである。もちろんコロナ前の話だ。

抗寄生虫薬

つまり、本来は別の目的で作られた薬なのである。それが新型コロナの予防ないし治療薬として効果があるのではないかと言われ、注目を集めているのだ。

ぜんぜん関係ないことを言うと、上掲はいかにも顕正会員が好きそうな薬である。妙観講員を寄せつけないためにも服用するべきかもしれない。

冗談はともかくとして、近況はどうだろうか?

各種報道ではワクチンを云々する頻度がベラボウに高いものの、イベルメクチンについてはほとんど報道されていない。ここにさまざまな裏事情がありそうである。これについてはすでに顕正新聞の当該記事にも触れられていて、小見出しの一つを紹介すれば次のごとくである。

否定的なWHOと
   大手製薬会社


世界保健機構が否定的であれば医療関係者も使用をためらうのが普通だろう。製薬会社が消極的である理由は早い話が儲からないからだそうである。

しかし、おかしな話である。

もしこれが特効薬なのであればなぜに使用をためらうのかである。世界中で苦しんでいる人がいて、しかもすでにたくさんの人が亡くなっているのだ。ワクチンだって通常の治験期間を経ずに緊急承認されているのだから、同じことだろう。

イベルメクチンについては後の顕正新聞にも出てくるので、その時にまた取り上げたいと思う。

2021/9/28  6:19

投稿者:沖浦克治
 嚴虎さん、古城さん、皆様おはようございます。
 
 ここでで書いていると、宗門や顕正会の色々な情報を読
めます。
 昨日面白いのがありました。
 大沢さんがあげた、妙観講が創価学会見たいにならない
か?
 との不安に対する答えです。

★>しかし、その中にあって「妙観講も今は頑張っている
が、将来学会みたいになるんじゃないか」という噂も存在
した。
そこでS師が御師範に「このような噂がありますが」と申
し上げると、即座に「ないね!」と仰せられ、また続いて
「その理由は三つある」と言われた。
「一つには、妙観講には指導教師がいること。二つには妙
観講で食べている者(職業幹部)がいないこと。三つ目は
大草君の信心だ」
との仰せであり、その御返答は、本当に早かった。
(暁鐘令和元年11月 総本山第六十七世日顯上人御遷化奉
悼号69頁)
 〜引用終わり〜

 わらべのメダカの兄弟を思い出しました。
 所詮は日寛教学の宗派です。
 逆立ちしても、創価学会は愚か、顕正会にもなれませ
ん。
 ここまで自分達の立場を知らないとは驚きますね。

 だけどいつまでたっても〜〜、異流義は異流義・・・・

2021/9/27  22:16

投稿者:大沢克日子
>御先師上人は「それは有り得ない」と仰せになり、「大草さんの信心、そして、講中に宗教で生計を立てる者がいないこと」を挙げられました。

帰宅して書籍を確認したところ、正しくは下記のとおりでした。
ある御尊師の、御先師上人の追憶談に書かれています。

>しかし、その中にあって「妙観講も今は頑張っているが、将来学会みたいになるんじゃないか」という噂も存在した。
そこでS師が御師範に「このような噂がありますが」と申し上げると、即座に「ないね!」と仰せられ、また続いて「その理由は三つある」と言われた。
「一つには、妙観講には指導教師がいること。二つには妙観講で食べている者(職業幹部)がいないこと。三つ目は大草君の信心だ」
との仰せであり、その御返答は、本当に早かった。
(暁鐘令和元年11月 総本山第六十七世日顯上人御遷化奉悼号69頁)

創価学会には多数の学会専従の職業幹部がおり、一般優良企業の会社員以上の収入があると聞きます。
顕正会は、専従幹部は少数かもしれませんが、浅井会長自身が宗教で生計を立てています。

今の顕正会ではどのような話になっているかわかりませんが、昔(平成十年代)には、
「浅井先生は非常に質素な生活をしており、昼食はいつもおむすび」
等ということになっていました。

私もメタボなので、よく考えればわかりそうなものですが、おむすびで質素倹約していれば、浅井会長のような体型になるはずがありません。

それに、例の「カエリタマエ」事件と強制執行のあった盆栽町にある浅井会長邸は、私も行ったことがありますが、門構えといい何といい、非常に豪華な邸宅です。
元顕正会員で初見の人は、一様にショックを受けます。

2021/9/27  8:30

投稿者:大沢克日子
「もし本当に罪障消滅して、幸せになりたい、成仏を遂げたいのなら、真剣な唱題、順逆問わず捨邪帰正の折伏を」
というのは、大草講頭がよくおっしゃることで、自ら実践されています。

昨日の座談会での体験発表です。

従来から、海外、国内で活動してきた若手演奏家がいます。
コロナ禍の影響で、国内外の公演が中止になる中、大きな制約を受けながらも、個人事務所を運営していたそうです。
講中で指導された真剣な唱題と、班員さんとともに折伏に励む中、大きな功徳が顕現してきています。
テレ朝、テレ東系列の番組に相次いで出演が決まるとともに、YouTubeの登録者数も増大し、YouTubeに目をつけた大手事務所のサポートも決定。大手事務所の力は大きく、全国単独コンサート開催決定や、新聞取材、雑誌のカバーパーソンとして掲載決定…など、次々と功徳が顕現しています。

また、邪宗や異流義から帰伏して、真剣に唱題、折伏に励む中、苦悩のどん底であった生活が一変した方々の発表もうかがいました。

とりわけ顕正会でフェイドアウトする幹部が多数いるのは、
・言われるままに活動しても功徳がない。
・幹部に功徳がなく、精神的・経済的負担が増大するばかり(それで生計を立てている専従職員、専従幹部は除く)。
ということでしょう。

かつて、
「妙観講が第四の異流義になるのでは?」と、心配し、御先師日顯上人におうかがいした人がいたのですが、御先師上人は
「それは有り得ない」
と仰せになり、
「大草さんの信心、そして、講中に宗教で生計を立てる者がいないこと」
を挙げられました。

やはり在家は在家として、信仰と生業は両立すべきだと思います。

なので大草講頭も、真剣な唱題はもちろんのこと、自身で折伏し、布教のため講演し、登山し、御供養申し上げ、自身の信仰体験を積まれています。

そういう信心を自ら実践する先輩たちの姿を見ながらも、大沢などは平然と弛んだり怠けたりするのですから、
「宗門が」
「所属寺院が」
「所属講中が」
など、他者の責任ではなく、やらないのは大沢自身のせいだと思います。

2021/9/27  7:56

投稿者:沖浦克治
 嚴虎さん、古城さん、皆さんおはようございます。

 宗門の教義の破折です。

 先ず法主に特別な血脈がある事を、唯受一人からの嫡嫡
一人と称し、宗門の正当性のより所としています。
 これは日蓮仏法から見ると邪義になります。
 近年、この教義の御書経文での衣文を求められると、

★御書に何でも載っているわけではない・・・・

 との反論をしています。
 日蓮仏法は法華経です。
 虚空会で舌を梵天に付けて多くの仏達が正しいと証明を
した経文を、鎌倉時代の機根にあわせて説かれた法華経。
 御書には、

 『禅宗の云く「教外別伝不立文字」云云、教主釈尊は法
華経をば世尊の法は久しくして後に要当に真実を説きたも
うべし、多宝仏は妙法華経は皆是真実なり十方分身の諸仏
は舌相梵天に至るとこそ見えて候に弘法大師は法華経をば
戯論の法と書かれたり、釈尊多宝十方の諸仏は皆是真実と
説かれて候、いづれをか信じ候べき、』
 (頼基陳状)

 宗門の言う、御書以外の特別な所で、文証によらないで
伝承されている血脈は、教外別伝不立文字と言って、ここ
で大聖人は厳しく破折されています。 
 更に、

 『日蓮仏法をこころみるに道理と証文とにはすぎず、』
 (三三蔵祈雨事)

 証文とは大聖人仏法では、御書である事は論を待ちませ
ん。 
 この、宗門の唯受一人や、嫡嫡一人などは、教外別伝不
立文字の思想ですから、日蓮仏法では完全に否定されてい
ます。
 大聖人の時代は、今のようにパソコンはありませんか
ら、何かを正確に伝える時、文字によるか伝承によるかし
かありません。
 伝承では細かい事は伝えられませんし、伝わり方も極め
て不正確になります。
 対して、文字は書写する事によって、極めて正確に伝え
る事が可能です。
 故に文証にすぎずと仰せです。
 日蓮正宗は、教義の根幹がこのご文に逸脱しておりま
す。
 ですから、

★宗門には、日蓮仏法を名乗る資格がありません。

 以上ですが、ご質問がおありならどうぞ。

2021/9/26  11:00

投稿者:名無し
>では、御不満があったとしても、全て御本尊様に御祈
念申し上げるということでよろしいでしょうか?

妙観講はその都度、事あるごとに日和見な御祈念の仕方
しか教えてもらえないのですか??ww
嫌いな奴をなんとかしてくださいとかw
不満がある毎にとかw
そんなんだから都合の悪いことは聞かない、答えない、
支離滅裂で卑怯な人間になってしまうんですよ
広宣流布を願い、自利利他の生命、社会の実現のお手伝
いだけしてしっかり一生成仏と広布御祈念だけすればい
いだけなのに

こんなこともわからないから平気で世間様に誤解を与え
るような見苦しい裁判劇、汚らしい誹謗記事合戦に狂じ
られるんですよw恥を知りなさい大沢さん

2021/9/26  6:14

投稿者:沖浦克治
 嚴虎さん、古城さん、皆様おはようございます。

 ☆おはようございます。
 池田先生が言われました。

★真面目に創価学会の信心やって行けば、そのうち功徳が出て、功
徳が出て、どうしょうもない人生になります。(主意)

 戸田先生も言われました。

★現世利益てのはね、如来寿量品の功徳の残りカスなんだよ。
 だから、信心したら良くなってきて当たり前なんだよ。

 私も僅かの功徳を出しておりますが、それでも毎日毎日が功徳の
連続で、書き切る事が出来ません。
 
★創価学会を疑わないで、愚直に信心を続けたら、歳をとってから
天職と言わざるを得ない人生に勝手に入って行きます。
 なろうと思わなくとも勝手にそうなってしまうのです。
 (池田先生)

 本当でした!!

2021/9/25  21:16

投稿者:大沢克日子
レス、ありがとうございます。

では、御不満があったとしても、全て御本尊様に御祈念申し上げるということでよろしいでしょうか?
御本尊様は、大沢のことも名無しさんのことも、日々の信仰や一挙手一投足はもちろんのこと、心の奥底までご存知ですので、その裁定は全て御仏意にお任せすべきと考えますが、いかがでしょうか?

我らが拝する日蓮正宗の御本尊様は、叶うべき祈りは必ず叶い、万が一、こちらの祈りがトンデモナイ内容であっても、それを矯正してくださるのが、我らの拝する御本尊様と承知しています。

「何となれば起請は神聖なり・仏意なり・若し虚誑の意を以つて神仏を涜かす時は、顕罰立ところに至るが故に・且らく失の起るを待つなり、処決に人意を加へずして・徐ろに仏意を仰ぎ奉るとなり」
(富要第一巻128頁)

凡夫の私個人としては、断じて承服しかねる内容でしたが、本件の裁断は御仏意にお任せします。

2021/9/25  20:41

投稿者:名無し
あんた本当に信心あるの??
広宣流布を願い、自利利他の生命、社会を目指す者が人
の不幸を願うような罰祈念なんかするわけないだろw
そんなこと願わなくても因果応報の報いを受けて朽ちて
いくだけ
そんなこともわからないで罰祈念でもしたらどうだって
煽るなんて信心が無いのと同じ

2021/9/25  14:43

投稿者:大沢克日子
名無しさん

レスありがとうございます。
キッカケや動機はどうあれ、名無しさんの発言は断じて承服できません。
一方、名無しさんも大沢に御不満も極めて多くあると思います。
ただ、お互い法華講員同士ですので、御不満が残るならば、勤行の折などに、それらを全て御本尊に申し上げるというのは如何でしょうか。 
「妙観講の大沢というのはとんでもない奴ですので何とかしてください」
でも構いません。

「御仏意計り難し、失に依るべきか云云」
ですので、やがて大沢、名無しさん双方に然るべき現証が顕れてくると思いますし、互いに正法受持者である以上は、果報により滅んでしまうようなものではなく、果報は果報として、その後の信仰の糧になるような形になるのではないか、と信じています。

2021/9/25  13:50

投稿者:名無し
顕正会、創価と見苦しい裁判争を広宣流布だと思って突
き進んでいるのが妙観講だということがよくわかりま
す。
過去の話を都合よく誤魔化し捻じ曲げ言ったもん勝ちみ
たいな返答は吐き気がします。相手の信念や信条を踏み
にじってまで自分を正当化しようとする人間は誰も向き
合ってもらえませんし信じてもらえませんよ。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ