2022/1/20

ヒオウ  
つい先日、南太平洋で海底火山の大噴火があった。直後、日本でも津波警報が発令され、わたくしの居住地域では何かしらのバグが発生したものか、一晩中、おそらくは数十回にわたってアラームが鳴り響いた。幸い日本では、津波の到達は観測されたものの、大きな被害には至らなかった。もしこれが日本近海だったらどうだったか、あるいは富士山において同規模の噴火が起きたらどうなるか、決して荒唐無稽な話ではあるまい。

また新型コロナについては、昨年末より危惧されていたオミクロン株の拡大が止まらず、すでに感染者数においては第五波を上回ってしまった。今のところ死亡者はそれほど出ていないが、今後も感染拡大が続けば大変なことになるだろう。素人ながら思うことは、いわゆる津波は第一波が大きく、その後は徐々に小さくなっていくイメージがある。ところがコロナはそうではないらしい。もっとも致死率の上では徐々に弱毒化が進んでいて、いずれは普通のカゼと同じになると言われている。この点は現在進行形の第六波が終わった段階で何らかの結論が出るのかもしれない。

さて、十二月度総幹部会の会長講演を見てみよう。

「愛媛会館」を建立いたします。

「山口会館」を建設いたします。


以前に比べると、会館の建設計画が鈍化している。それでも頑張って今年は愛媛の松山に、来年は山口の宇部に建てるという。それにしても上掲、建立と建設の違いが気になる。

ところで松山にはすでに会館がある。その扱いがどうなるのか、説明がない。

御相伝の秘奥

何となくインフレを起こしている印象がある。現状では古文献の多くが活字化されており、さらにはデータ化も進んでいる。ゆえに日寛上人の御指南にしても勉強家であれば容易に得られる情報なのである。それをヒオウなどと大仰に言ったところで、逆にシラケてしまうのではないかと思う。

テーパリング

経済オンチのわたくしはこうした専門用語を目にしただけで拒否反応が起きてしまう。ゆえに正確には理解できていないが、ようするにインフレ抑制のための手段のようである。

かくて円は大暴落し、制御不能のハイパーインフレが一国を襲うのであります。

前掲はアメリカの話であって、上掲は日本のことである。途中の説明がややこしくて省略してしまったが、わたくしなりの理解を示せば、アメリカないし世界各国がインフレ抑制に転じているのに日本は長年のデフレ傾向が一種の平和ボケ状態を醸成し、世界のトレンドに敏感に反応できておらす、結果として気がついた時には制御不能のインフレ状態に陥ってしまうであろう、という感じになるだろうか?

日本株

浅井先生の説明でとりわけ理解不能だったのがこれである。日本株とは何かがわからない。日本国の株? 日本が株式を発行している? それとも日本の株式市場で取引されている株全般の意味なのか?

生活実感として言えることは、普通に買い物していて何だかわからないが少しずつ値上がりしているような気がすることである。消費増税の時期ならばそれが原因とわかるが、今は何がどうなっているのかまったくわからない。これがインフレということなのだろうか?

 すでに世界は、アメリカを中心とする自由主義陣営と、中国・ロシア・北朝鮮を中核とする全体主義陣営に二分され、覇権を賭した深刻な睨み合いが続いている。

わりと最近になって言い出した構図だと思う。以前から似たようなことは言っていたものの、自由主義と全体主義の二分類は新見解かもしれない。

アメリカは日本を「弾よけ」に利用しようとしている。
中国は日本を脅して自陣営に引きずり込もうとしている。


この具体的な説明がどこにもない。例えば中国が日本を脅しているとは、どのような事案を示すのだろうか?

すなわち孤立した日本に「極超音速ミサイル」が飛び交うようになる。

常識的には考え難いことである。絶対にあり得ないとは言わない。とは言え、今の状況では起き難いことである。

アメリカ基地がたくさんある。その状況でミサイルが飛び交うとすれば「弾よけ」云々が有名無実化する。あるいは現時点で在日中国人が無数に存在する。そこにミサイルを撃ち込むとは思えない。逆に言うと、米軍が完全撤退したり、在日中国人が一斉帰国するようなことが起きれば、その時には現実味を帯びてくるだろう。

御断案

難しい表現である。

話を少し戻して、日本が国家破産すると、それが世界に波及して大恐慌を起こす、大恐慌が大闘諍を招く、というのが浅井先生のシナリオである。わたくしも長らく日本発の世界恐慌をあり得ることだと考えていたが、今は少しずつ考えが変わりつつある。浅井先生も認めるように日本は衰退国家となりつつあるのだ。もしそれが事実ならばいずれはあらゆる意味で影響力をもたらさないショボい国になってしまうかもしれない。つまり、日本だけが潰れて、他にはまったく波及しない可能性も考えられるのである。日本が亡ぶ意味では先生のシナリオ通りであるが、日本だけが亡んでそれで終わるとすれば、先生のシナリオは外れたことになるだろう。

2022/1/20  22:01

投稿者:大沢克日子
https://blog.goo.ne.jp/shourinzi47320/e/cb3f3e70bc2ce4e048bb2b124227f127

>御相承について、御法主日顕上人は「金口嫡々の相承ということが、実は相承全体を包括した語であり、そのなかには、身延・池上の二箇相承が金紙として存するとともに、さらに時代の経過とともに、金口の内容を金紙の上に書き移してきた意味があるのです」(大日蓮 五六〇−一九頁)と指南され、その証拠に『家中抄』の道師伝を引かれ、「別して之れを論ずれば十二箇条の法門あり」(聖典 六九五頁)と、金紙の存在を明らかにされております。
 もちろん、これは唯授一人の秘伝ですから、私たちにその内容がわかるはずはありません。第五十六世日応上人も、「仮令、広布の日といへども別付血脈相承なるものは他に披見せしむ可きものに非ず」(研教 二七−四五六頁)と仰せられ、法体別付属相承が他に披見を許されない秘伝であると指南されています。
私たちは、御当代上人の、その時々に応じた指南を素直に受けとめ、成仏の信心修行に邁進するべきなのです。
 部外の者が唯授一人の法体相承をみだりに云云することは厳に慎むべきです。

「実は相承全体を包括した語」
「身延・池上の二箇相承が金紙として存する」
「さらに時代の経過とともに、金口の内容を金紙の上に書き移してきた意味がある」

>これは、「大聖人は末法の一切衆生を救う仏様である。したがって大聖人のおおせられたお言葉、書きのこされた文字は仏様のご金言であり、尊いお経である」という大事なことを、血脈相承のない五老達にはよくわからなかったためといえます。 
 正嫡である第2祖日興上人は、その心得違いをさとすかたわら、つとめてあちこちに散在していた御書を集めて、重要な御書の目録を作り解説を書き残されました。また、みずから筆をとって御書を書き写すなど、大聖人の尊い教えがなくなってしまうことを防がれたのです。
https://www.nichirenshoshu.or.jp/jpn/ceremonies.html

今、私たちが目にすることができるのは、公開を許されている御相承書ですが、秘伝として付嘱された教えを、正しく伝えるために文字に残されているということは、本当に畏れ多いことです。

2022/1/20  21:07

投稿者:ヅラ系。
巌虎さん 皆さん 遅くなりましてすいません

今年もよろしくお願い致します。

2022/1/20  19:27

投稿者:大沢克日子
仕事で所沢に来ています。
なんと所沢駅では、(確かに都内より体感で何度か気温が低いようですが)冬期は電車のドアが四箇所あるうち、一箇所しか開かないらしい?
(たまたまこの電車の車掌が気を利かせたのかもしれませんが)
所沢といえば、突如姿を消した顕正会の某理事も、この周辺で勤務していると聞いたことがありますが、今日は業務中なのでスルーしましょう。

法務局などの官庁に用事があり、航空公園駅に降りたところ、駅前にYS-11(航空機)が展示してあり、まっすぐに一本道が続いています。顕正会の本部会館などと比べ、相当モダンで優美な建物が建っています。市役所でしょうか?

>御相伝の秘奥

>現状では古文献の多くが活字化されており、さらにはデータ化も進んでいる。ゆえに日寛上人の御指南にしても勉強家であれば容易に得られる情報なのである。それをヒオウなどと大仰に言ったところで、逆にシラケてしまうのではないかと思う。

浅井会長は、妙光寺御住職の中島日彰御尊能化から、六巻抄などの日寛上人御指南を個人指導されたことを自慢していたようですが、かつて日達上人がそれを否定なさったように、管長代行を勤めるような高僧の方であっても、御相承の内容はご存知ないそうです。

浅井会長が箔付けのために言わせているのかもしれませんが、浅井会長が御相伝の秘奥など知らないことは明らかです。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ