2022/1/24

ユクスエ  
拙ブログに集う人たちの共通項として「類友」というキーワードが取り沙汰されることがある。しかし、一見すると矛盾するようだが、それと同時に別の特徴を見出すこともできると思う。ズバリ言えば、単なる仲良しグループではない、ということである。

かつてキリスト教の人が来た。一ヶ月くらい居たかもしれない。あるいは日蓮宗の在家信徒が熱心に投稿していたことがある。半年近く議論しただろうか?

その頃は各種の掲示板も盛んだったし、個人ブログに精を出す人も多かった。くだんの日蓮宗信徒も法華講員が運営する掲示板ないしブログなどに投稿していた。ところがである。法華講員たちはその人との議論を疎ましく思ったものか、なんと早々にアク禁にしてしまったのである。

その人物が拙ブログを訪れるようになったのは、その後のことだった。

当時のわたくしは今以上に不勉強であり未熟だったので、あまり上等な議論ではなかった。それでも相手を一方的に排除することはしなかった。ゆえに相手にその気があれば議論は続いただろう。どうやら最後は議論に疲れてしまったらしく、去って行った。

ある意味、似たような境遇(?)なのが沖浦氏だろう。

わたくしの記憶が確かであれば、沖浦氏も一時期は盛んに法華講員の掲示板やブログに投稿していた。ところがほとんどすぐにアク禁になっていた。何しろ創価学会系の掲示板でもアク禁になってしまうような人であるから、本人にも問題があるのだろうとは思う。しかし、わたくしの観察ではアク禁する側にも問題があった。

拙ブログでは最初からアク禁をしない方針を貫いている。これについては何か崇高な理念があるわけではなく、面倒臭いから放置しているというのが正解に近いかもしれない。その上であえて気取ったことを言えば、不殺生戒を守っていることになるだろう。アク禁=死刑と考えれば、そう易々とは執行できまい。いや、もしかしたらアク禁は追放くらいの意味かもしれない。削除が死刑に相当するのかもしれない。

何度も書いているが、拙ブログはアク禁もしなければ削除もしないのだ。これが最強のルールだと思っている。

以前、コメント欄に個人情報が書き込まれたことがあって、その人物はわたくしのメールアドレスを知る数少ない人物だったこともあり、削除してほしいとメールを送ってきた。しかし、わたくしは削除しなかった。この場合、何がどのように問題になるのか、わたくしは知らない。世間知らずゆえに怖いもの知らずということである。結果、どうなったかであるが、幸か不幸か拙ブログのコメント欄は投稿者ないし投稿数が多くて、すぐに埋没してしまうのである。ゆえに過去の膨大なコメントの中に今もそのコメントが残っているはずであるが、何の問題も生じていない。個人情報をさらされた人物もその後は削除を要求してくることはなかった。

では、万一にも責任問題が生じたらどうするのか?

これも過去に書いたことがあると思う。望むところであると。

先ほどの個人情報の問題で考えると、それを書き込んだ人物は悪意があってそのような行為に及んだわけである。ならば第一義的にはその人物が罪に問われるはずだろう。わたくしが問われるのは放置した責任であるが、それは甘んじて受ける覚悟なのだ。つまり、どのようなケースであってもコメント欄に投稿した人物に責任があるわけで、その覚悟で投稿するのであればそれは大いに結構なことだと思う。逆にこのような方針を謳っていると、生半可なことでは投稿できなくなる。事実、拙ブログには低レベルのイタズラ投稿は存在しない。

冒頭に、仲良しグループではない、と書いた。

それはそうだろう。法華講員と創価学会員が仲良しのわけがないし、現在は無所属との自覚が強いものの今も落ちぶれ顕正会員の看板を掲げているのが拙ブログである。ここに正信会系の人物が加わったとしても仲良しにはならないだろう。

逆に仲良しグループだったとしたら長続きはしなかったと思う。法華講員の掲示板ないしブログにしても、創価学会員のそれにしても、今はほとんど動きが見られない。あるいはわたくしが知らないだけなのかもしれないが、少なくとも過去にそれなりに賑わっていたところは悉く不活発になっている。仲良しグループなんてそんなものである。

もちろんブログ主のモチベーションに影響するところが大きい。

わたくしは何だかんだ言ってもコンスタントに投稿しているほうなのだろう。掲示板の場合はどうか知らないが、ブログは主宰者がやる気をなくせば終わりなのである。大沢氏が指摘するように、拙ブログは顕正会の行く末を見守る目的がある。少なくとも決戦場と呼ばれる二十年代は最後まで観察し続けたいし、わたくしの余命からしても可能である。

今日はどうでもいいことをダラダラと書いてしまった。

2022/1/26  20:54

投稿者:名無し
>拙ブログは顕正会の行く末を見守る目的がある。少な
くとも決戦場と呼ばれる二十年代は最後まで観察し続け
たいし、わたくしの余命からしても可能である。

復讐心に駆られてるから人生をつまらなくしていること
に気づきなさいよw

2022/1/25  8:23

投稿者:大沢克日子
克兄と私は兄弟ですので、克兄は
「主義主張が異なるからと、相手の尊い行動を敬えない狭量さ。」
を世間で実際に示して、大勢の人を巻き込んでしまいました。

克兄も大沢も、
「★愚かな畜生!!」
で、仲良くシュレッダー行きですね?

2022/1/25  7:51

投稿者:.
〇攻撃的な人の特徴5. 承認欲求が高く、人に褒められたい気持ちが強い

攻撃的な人は仕事の結果にこだわります。自分の仕事を認められたい
願望が強いので、相手の仕事をけなしたり、欠点ばかり見つけて指摘
します。
会社では上司から褒められたいがために、人を押しのけてでも重要な
仕事を横取りします。
もしもその仕事がうまくいかない場合は他人のせいにして、責任逃れ
をすることも。
攻撃的な人がこのような態度に出るのは承認欲求が高いからで、人一
倍褒められて評価されたいからです。

https://smartlog.jp/146101#S53981006

(・´艸`・)・;゙.、ブッ  コーヒー吹いたw

2022/1/25  7:44

投稿者:.
>看過できないので折伏しようとしましたが、みんなで無視の作戦らしい。

「無視」する人の3つの心理

1:嫉妬していて、気に入らない
2:相手を嫌っていることを態度で示したい
3:相手を気遣う余裕がない

https://oggi.jp/6579776#heading02

2022/1/25  7:40

投稿者:.
>1998年長野五輪から日本代表をサポートするのが「株式会社 ガリウム」だ。

>「自分でワックスを作って塗って、自分で滑って検証することができる」と
いう。データをかき集めてベストな調合を模索する。その上で作られたワック
スは、全日本スキー連盟の専属スタッフ「サービスマン」により板に塗られ、
選手の手に渡る。

>今やフランスやノルウェーなど、世界中の代表チームから注目を集めるガリ
ウムのワックス。

https://news.yahoo.co.jp/articles/b6b357fd80d9770ea102e29dbdb3e20ac22fadf5

2022/1/25  7:14

投稿者:沖浦克治
 数年前、息子と名古屋にいったら、顕正会の方々が街頭
演説してチラシを配っておられました。

 暫くお聞きしてから、息子と二人、

★ご苦労様でございます。

 そう言って頭下げて感謝致しました。
 国を思い、民を思い手弁当で街頭に立って話す。
 尊い行為です。
 
 本気で尊敬致します。
 それが人の道ですよ、あれは間違った教えだからダメな
行動なんだ。

 こう決めつける人の、人間としての資質に問題があるの
です。
 そんな決めつけするなら、全ての社会改革運動は出来ま
せん。
 
 仏法者は常に世間の矛盾と闘うのが責務。
 何故大聖人が立正安国論書かれたか?
 少し考えるべきです。

★自分の宗派以外の思想も、運動も、功徳をも一切認めな
いぞ〜〜!!

 この人は法華経も仏法も知らない人です。
 人間としての振る舞いに問題があります。
 一言でいうなら、

★愚か者!!


 『一代の肝心は法華経法華経の修行の肝心は不軽品にて
候なり、不軽菩薩の人を敬いしはいかなる事ぞ教主釈尊の
出世の本懐は人の振舞にて候けるぞ、穴賢穴賢、賢きを人
と云いはかなきを畜といふ。』
 (崇峻天皇御書)

 主義主張が異なるからと、顕正会の方の尊い行動を敬え
ない狭量さ。
 それを、

★愚かな畜生だ!!

 大聖人が仰せです。
 文句は大聖人にどうぞ。

2022/1/25  6:59

投稿者:沖浦克治
 創価学会系の掲示板ですが、

 アク禁に沢山なりましたし、フェイスブックでもかなり
ブロックされています。
 理由は簡単です。

★沖浦は創価学会の公式見解を無視して自説を弘めるか
ら、大謗法だ!

 戒壇本尊本懐大嘘と、日寛習い損ないが主な原因でし
た。
 でもね、今創価学会には戒壇本尊本懐なんかありません
し、日寛などは無視されています。
 現在は、

★日興邪師論、日蓮本仏論見直し。

 この二つを弘めています。
 当然抵抗があります。
 ですが、御書読めば理解出来る事です。
 長年の日蓮正宗教義に毒されて未だ抜け出せないだけで
す。
 
 SGIには日蓮本仏思想はありません。
 当然日興唯受一人なんて存在しません。

 今、創価学会の教学が私の後を追っているのです。
 

2022/1/25  6:52

投稿者:沖浦克治
 嚴虎さん、おはようございます。

>わたくしの記憶が確かであれば、沖浦氏も一時期は盛ん
に法華講員の掲示板やブログに投稿していた。ところがほ
とんどすぐにアク禁になっていた。何しろ創価学会系の掲
示板でもアク禁になってしまうような人であるから、本人
にも問題があるのだろうとは思う。しかし、わたくしの観
察ではアク禁する側にも問題があった。

 当然一切の責任は私にあります。
 仏法の基本です。
 但しその上で祈り、作戦、行動による打開が必要とされ
ます。
 
★自分の責任だか等仕方ない・・・

 これは法華経ではありません。
 そのためのツールとして大聖人がお題目を示され弘めら
れました。
 題目は祈りの最大の武器なのです。

 『法華経の剣は信心のけなげなる人こそ用る事なれ鬼に
かなぼうたるべし、』
 (経王殿御返事)

 アク禁ですが、法華講員には、ここでも大沢さんに見ら
れる、私の書き込みが本当なら極めて都合が悪い人が多い
のです。
 だってね、

★創価学会員は魔札を拝んでいるから、拝めば拝むほど不
幸が重なる!!

 阪神大震災で、被害の多かった地区を罰だと言い切る無
慈悲宗ですからね、こういう人の道に外れた事を平気で言
います。
 所が、私はドンドン功徳を書きましたし、現在もそうで
す。 
 創価の信心を普通に怨嫉謗法を慎んでやっているなら、
功徳が出る事は大聖人が御書で保障されておられます。

 沖浦は一闡提だから罰がでない・・・

 でもね、2004年の大罰あります。

 魔の通力だ・・・・・

 そんなもの15年も続きません。

 因が無いのだから功徳と認められない・・・・

 因果の法則まで否定して、自説を主張する愚かさ。

 法華講の方々は日蓮正宗の限界である、仏法に暗い性格
を強く帯びています。
 アク禁して逃げるしかありません。

 御書語って私に勝てる人は法主能化含めていませんか
ら。

2022/1/25  6:20

投稿者:.
>1998年長野五輪から日本代表をサポートするのが「株式会社 ガリウム」だ。

>「自分でワックスを作って塗って、自分で滑って検証することができる」と
いう。データをかき集めてベストな調合を模索する。その上で作られたワック
スは、全日本スキー連盟の専属スタッフ「サービスマン」により板に塗られ、
選手の手に渡る。

>今やフランスやノルウェーなど、世界中の代表チームから注目を集めるガリ
ウムのワックス。

https://news.yahoo.co.jp/articles/b6b357fd80d9770ea102e29dbdb3e20ac22fadf5

2022/1/25  6:02

投稿者:.
製造業、情報通信業、卸売業が相対的に割合の高い業種となっている。
このうち、個人企業では、いずれの業種でも研究開発を行っているの
はごく僅かである。
法人形態を取る中小企業について従業員規模別に見ると、従業員規模の
大きな企業ほど、研究開発活動を実施している割合が高く、特に製造業
においてはその傾向が顕著である。

https://www.chusho.meti.go.jp/pamflet/hakusyo/H29/h29/html/b2_3_2_3.html

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ