2005/6/27

白兵戦  
先生の著作に出てくる言葉である。

正確な意味はわからないが、先生の言わんとするところは、始めは先生ひとりの戦いだったけど、もはや妙信講員にも出動を要請せざるを得ないと判断し、正宗寺院などに講員を派遣し、いわゆる文書配布の活動をせしめた、その様子がまさに敵地(?)に乗り込んでの戦いであり、学会員・法華講員と妙信講員とが混沌と入り混じった様相を白兵戦と表現したものであろう。

おそらくあの当時の妙信講から見れば、今日の顕正会は遥かに兵力が充実していると思われる。
ただ、ここでいう兵力は単なる頭数であり、内容を伴わない。
つまり、数は増えたけど、兵員ひとりひとりの能力が格段に落ちてしまっているのだろう。

今回の法論実現不能を見るとき、もはや道理の通る段階は過ぎたのであり、いよいよ白兵戦の時を迎えたというべきなのである。
ところが現場の顕正会員は甚だ及び腰である。

この逆転現象をどのように考えるべきであろうか?

2006/1/18  17:07

投稿者:下野正信
「信じる者は常に勝つ 進め若人奮い立て」
 かつて顕正会の愛唱歌であった「学会歌」の東洋広布の歌の一節である。
 しかし、今の顕正会と本宗信徒との関係から言えば「生け捕られし者はわが弟子となる」(如説修行抄)のごとくである。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ