2006/10/26

宗門・創価学会関係略史(略し過ぎ?)  
私は変わってんです

当ブログ始まって以来の迫力あるコメントを頂戴しました。
八面六臂は、まあ、もとは仏教用語みたいなものですから、それに引っ掛けて表現させていただいたわけでして、少なくとも、わたくしのような非活動会員から見れば、大変な活躍のように見えるわけです。

聖教新聞の配達をしていらっしゃるとのことですので、いろいろお聞きしたいところですが、さしあたっては複数購読の実態を聞きたいですね。一軒当たり最高で何部ですか? あるいは一軒当たり平均すると何部くらいですか?
いや、別に創価学会のあら探しを目的としているわけではなくてですね、顕正会ではこの複数購読の問題がけっこう深刻でして、前にも当ブログで取り上げたことがあるのです。ゆえに参考の意味で創価学会ではどうだろうかと気になりまして、差し支えなければ教えていただければと思った次第です。

それから、日顕上人の御説法の件ですが、まあ、わたくしとしてはまったく急いでいませんので、ゆっくりとお調べになってください。

以上がズラ系氏あての文章である。

ええと、ウィンズ氏からもコメントをたまわっているが、どちらかというとズラ系氏に対する反論みたいな内容なので、わたくしは静観するべきなのかもしれない。
だが、どうも事実誤認というか、誤解があるようなので、わたくしの知る範囲で書いておきたいと思う。

ズラ系氏によれば、創価学会は日蓮正宗に三百五十からの寺院を寄進しているらしい。わたくしは資料を持たないのでその根拠を知らないが、まあ、それくらいの数は寄進しているのだろうと思われる。

総本山への御供養としては、おそらく奉安殿に始まり、大講堂、大客殿、その他もろもろを、創価学会が中心となって建立寄進しているのだと思う。それと同時に、昭和三十年代から四十年代にかけて、全国に多数の地方寺院を建立寄進しているはずなのである。
ところが昭和四十年代後半から五十年代にかけて、宗門と創価学会の関係が悪化した。そして池田大作氏は会長を辞任せざるを得なくなった。いちおう会長辞任をもって事態の収束がはかられたわけだが、宗門にはなおも不満分子が多数いた。この結末がいわゆる正信会事件と呼ばれるもので、この時に宗門は百五十からの寺院を失うことになる。
日顕上人が池田氏ないし創価学会をかばったとの見方もできるが、その辺の判断は立場によってマチマチなのであろう。少なくとも宗門の混乱の原因は池田氏にその一端があったことは否めない。ゆえに池田氏も責任を感じていたのだろう、いわゆる二百箇寺建立寄進計画が起こされたのは、この後のことである。
それから平成二年までは、わずか数年しかなかった。
そして、ご存知のごとく、平成二年の秋以降、宗門と創価学会の関係は再び悪化し、今現在に至るわけである。よって二百箇寺の計画は頓挫し、事実上、その約束は反故とされたのだった。

あてずっぽうに加えて、かなり端折って書いているので、細かい部分に問題があるかもしれないが、まあ、大体こんなところではなかろうか?

2006/10/28  15:07

投稿者:ウィンズ
私が手抜き云々と申したのは、学会員の供養に対してケチを付けたのではなく、御供養金を管理した学会の処置と池田の慢心に対してです。学会員のそういった真心の御供養の半分以下しか寺院建立に使われていない事実をご存じですか?これは大きくは正本堂の御供養の時もそうです。それと導師御本尊の件は下記を参照して下さい。http://the49.hp.infoseek.co.jp/emyo_t/em1612b2.htm学会員はよく地蔵十王経が偽作だと言いますが、聖教新聞社刊の『生死一代血脈抄講義』には、大聖人は『地蔵十王経』をふまえて『生死一代血脈抄』を著わされたのだとしている。しかも、現在の学会側が完全否定している『地蔵十王経』の内容自体をも肯定しています。「五道冥官」というのはどこにもないと言いますが、「戒法門」という御書の中に、ちゃんと「五道ノ冥官」との記述があります。大聖人御真筆の導師本尊が現存していないのをいいことに、導師本尊は後世の偽作だ、としているようですが、『富士一跡門徒存知事』には、「上の如く一同に此の本尊を忽諸し奉るの間、或は曼荼羅なりと云ひて死人を覆ふて葬る輩も有り、或は又沽却する輩も有り。此くの如く軽賤する間多分は失せおわんぬ」(御書一八七二ページ)とあるように、多くの大聖人御真筆の御本尊が喪失していることは紛れもない事実なんですから、大聖人の顕わされた導師御本尊が絶対になかったとすること自体、あまりにも早計というべきですね。

http://the49.hp.infoseek.co.jp/emyo_t/em1612b2.htm

2006/10/27  14:18

投稿者:ヅラ系
コメントが重複した所があり、大変失礼しました。配達に関してですが、私は週2日、後は婦人部のおばちゃんが2人で2、3日ずつ、何処の地区も2、3人が交代でやってますね、私の地区は50所帯にも満たない、都内でも極少な地区です、でかい寺と神社と学校が二つその回りと間に住宅がありますから、なので毎月配達は52、3軒、内部47、8、外部4、5軒て所です、3部取ってる家が2軒、後は全部1部ずつ、もちろん私も1部だけ、3部取ってる家は、夫婦と子供の分、子供といっても社会人ですよ、家族分以上に取ってる家はまずないですね、複数購読というより、自分で代金を払って、友人の所に配達してもらう、いわゆる贈呈はありますね、でもそれも、よっぽどの活動家のすることで、私はしたことないです、組織立って幹部が余分に取れなんて言おうものなら、猛反発喰いますね、今の学会は幹部に対しては気にくわなきゃどんどん喰ってかかりますから、低所得者層が多いし、家庭の主婦が必死でやり繰りしてる点は学会だって一緒ですから、ちなみに毎月、聖教新聞社から配達料が振り込まれます、3800円前後、1軒8円位かな一ヶ月丸々休まず配達しても1万3千円か4千円位かな、次に寺院建立の件ですが、数というより、寺なんてどうでもいいということを強調したかっただけです、学会員は大御本尊は信じてますが、坊主は信じません、しかし多くの学会員はいずれ宗門と和解し、共に広布を、と思っているのも事実です、しかし私は、そうは思えないだけです、大聖人はなぜ御手紙の最初にご供養に対するお礼を書かれるのか、管理人さんはどう思われますか、310でも少ないと笑われ手抜きといわれ(学会は建築会社か)何を言われても必死でご供養し続けた学会員がかわいそうでならない、和解したらまた、そんな糞みたいな寺にご供養することになる、私にすれば、近所の念仏寺も宗門も所詮寺は寺、同じです、宗門とは永遠に金輪際、一切手を切る、それが学会員のためです、最後に管理人さんに質問ですが、宗門の導師本尊に対する見解を御聞かせ下さい、ではまた。

2006/10/27  0:13

投稿者:富士川一郎
>>創価学会は日蓮正宗に三百五十からの寺院を寄進しているらしい。

これは正確ではありませんね。
創価学会寄進の寺院は昭和27年の白蓮院支院から始まりまして、昭和49年の保田妙本寺の本堂改築でストップしました。ここまでで学会寄進寺院は210ケ寺、その後は時間が空きまして、昭和53年の2月の仏寿寺まで飛びます。

その後、正信会寺院の離脱に合わせて、所謂「200ヶ寺建立」が始まりましたが、御存知の通り中途で終わりました。

さて、その間の宗門ですが、学会の台頭で個人寄進は遅くなりましたが、昭和60年までで総計187ヶ寺を宗門独自で建立しています。

また、上記に記しましたように学会の寺院建立は、昭和49年の保田で止まってしまったので、学会からの寄進を望めないので“遠忌委員会”が建立の主体となり寺院を建立し、その後は“報恩局”が主体となって建立しています。

以上の結果、創価学会の寄進寺院310ケ寺(離脱寺院含む)、宗門側の寄進寺院247ケ寺以上。

当時の、信徒の90%以上が創価学会なのですから、創価学会の寄進は案外少ないことが分かりますね(笑)。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ