2007/7/21

シロウト丸出しの強み  
まず昨日分のリンクを貼っておこう。

http://diary.jp.aol.com/ganko/809.html

拙稿に対して、如月氏と沖浦氏からコメントを頂戴した。当事者はともかくとして、これらを第三者がどのように感じるか、ひじょうに興味深いところである。

拙ブログは独白を看板にしているにもかかわらず、多方面から種々雑多のコメントが寄せられる。わたくしとしては都合の悪いコメントをやり過ごすために、独白をうたっている意味もある。しかし、そうは言ってもコメントを受ければ、こちらも直接的か間接的かはその都度ケースバイケースではあるが、それなりの対応をしているつもりである。
それらが見事なハーモニーを醸し出しているか、それとも単なる不協和音に終わっているか、それもまた第三者がどのように感じておられるか、ひじょうに興味深いところである。
自分ではけっこううまい具合に思っているのだが・・・

例えば、昨日の冒頭には次のごとく書いた。

専門性と大衆性の戦い・・・

見事に図に当たっている。

申すまでもなく、この場合はわたくしが大衆側なのである。沖浦氏のことはすでに書いてある、そして如月氏もまた、そのコメントを読めばきわめて専門的であることが容易にわかるであろう。
これは昨日に限ったことではなく、大抵がこのパターンなのである。
自分で言うのもおかしいが、わたくしは常にシロウト丸出しであり、何一つ専門ということがない。教学的なことにしても知ったかぶりで書いているようなものだ。
ゆえに、れん氏からはいろいろ専門的なことを教わっているし、あるいは法華講の諸氏、そして創価学会の諸氏からも、さまざまのことを教わっているわけである。

そういうわけで昨日の話の場合、わたくしのつもりではじゅうぶん譬喩として成り立っているつもりでいたわけだが、そうでもないということが如月氏の意見なのであろう。

最近の管理人様の独白に、キレがないように感じ残念に思うております。

あるいは、

本日の管理人様の論拠はやや突飛だと思います。最近、比較される時の論拠がやや曖昧に感じられ、エ−ルを送る意味で指摘させていただきました。

こういう忌憚のない意見はなかなか頂戴できるものではないので、ひじょうにありがたいことだと思う。

しかし、わたくしもそろそろ限界なのかもしれない・・・というか、もともと大したことのないブログなのだから、あまり過大の期待を持たれても困るのである。

管理人様には、お伺いしたい事があるのですが、日曜に時間空いたらお聞きしてもコメント欄に寄せても宜しうございますでしょうか。

う〜ん、何だろう? こうして改まられるとひじょうに怖い。まあ、内容を確かめるまでは、どのように応じてよいものか判断できないので、それはご自由にどうぞとしか言いようがない。

さて、シロウト丸出しの強みを発揮して、引き続き音楽談義(?)を講じよう。何しろわたくしの音楽知識は義務教育レベルであるから、逆に誰もが理解し易いはずなのである。この大衆受けということが、いろいろの意味で重要であることは、昨日すでに書いてある。
純正率と平均率というのがある。こんなことは生まれて初めて聞いた。なるほど音楽とは奥が深いものである。しかし、この純正率にしても何やらサイトをいろいろ調べてみると、まったく問題がないわけではないらしい。よくわからないので書きようがないけど、完璧ではないらしい。
わたくしの思うに、音というのは本来、無段階なのではないか・・・自動車の世界では無段階変速という機能が開発されている、いわゆるスムーズさの追求ということだろう、変速時のギクシャク感をなくしているわけである。同様に音楽も究極的には無段階であるべきだ。もちろんメリハリということも必要であるが、その逆の概念として無段階的なものがあると思う。
しかし、義務教育レベルで教わるのはいわゆる十二音階ということで、ようは音が段々になっている。つまり、表記上はそのようにしないとあらわせない、微妙なアワイは演奏者の、あるいは歌唱者のテクニックでメリハリをつけたり、逆にスムーズさを表現したりするわけだろう。

ちなみに十二音階というのはドレミ・・・の七音階に半音が入るからだが、だったら十四音階になりそうなものである。わたくしはこれがよくわからない。ようするにミとファの間、そしてシとドの間は半音がない。なぜなんだと思う。
なぜならこれがまた、楽器を演奏することをややこしくしているからである。全部均等になっていれば、覚えやすいし間違えにくい。シロウト丸出しだが、おそらく初心者ならば誰もが一度は思うことなのではないかと思う。

ようするに音楽は本来的には無段階である、そこに誰かが段階を設けて名前を付けた、だが、それは完璧ではなかった・・・ということなのだろう。

ここで当体義抄の御文を引用しようかと思ったが、またツッコミが入るといけないのでやめておこう。至理は名無し・・・云々である。

2007/7/21  7:52

投稿者:沖浦克治
 例えばですすね

 『此等の仏菩薩大聖等は法華経の行者として而も大難にあひ給へり、此れ等の人人を如説修行の人と云わずんばいづくにか如説修行の人を尋ねん、』
 (如説修行抄)

 この御文、法主や能化はね、デジタルですから、

 大聖人様はこの過去の行者たちより、もっと大きな大難にあわれておられます。 
 その大聖人様から嫡々一人の日蓮正宗にこそ相伝があるわけでございまして。
 その他、スッペ、コッペ、ナンタラ、カンタラ。
 ヤッコシイので以下略。

 創価学会ではね。アナログなんですね。
 
 大聖人様は最初に、仏、菩薩、大聖、とお書きになられ、後段では、

 『此れ等の人人を如説修行の人と云わずんばいづくにか』

 と、同じ人間なんだと仰せです。
 仏法はね、人間が説き、人間が実践した、人間のための教えなんです。
 どこか遠いとことにある、不可思議な教えじゃ無いんです。

 ね、どっちが説得力ありますか??

2007/7/21  6:26

投稿者:沖浦克治
 厳虎さん、おはようございます。
 鋭いですね。

 無段階ですよ。
 音だけじゃないです、世の中全てアナログです。
 自然界も細かく細かく突き詰めると、アナログです。
 クオークすらアナログなんですね。
 依正不二 ですね。

 不二はアナログです。
 ですからね、仏法はアナログの教えです。
 即。も、アナログです。
 デジタル概念では、イコールとあらわします。
 即は、イコールとは天地ほど違う概念です。
 
 アナログの仏法だから、柔軟なんですよ。
 だから大衆的、民主的なんですね。

 それをボンさんが都合よくデジタル化したんです。
 葬式は導師曼荼羅。とかですね。
 塔婆を立てろ。とかですよ。

 そんなものどっちだっていいよ。
 やりたきゃやるよ。
 これが、アナログ。

 いいや、絶対お寺に来るんだ。
 本山に行って戒壇様がどうこう。
 デジタルですね〜〜。

 デジタルはね、束ねるにはには便利です。
 でも、全てを束ねる事は無理なんです。

 使い方が違うんですね。

 今の世に中は、アナログの達人がひのき舞台出るんですよ。

 アナログって素人の判断です。
 総合力なんです

 プロはね、それぞれの分野のデジタルの最高峰です。
 それを総合的に自由自在に使いこなし、大きな仕事をするのが、アナログの達人たちです。
 この人ね、各分野素人なんです。
 
 例えば日蓮正宗の法主能化ね、プロですね、最高峰です。

 でも私より御書講義へたくそです。
 私は、徹底したアナログ人間ですから。
 

2007/7/21  6:07

投稿者:如月
二重投稿となってしまいすみません。

捕捉
>ちなみに十二音階というのはドレミ・・・の七
音階に半音が入るからだが、だったら十四音階に
なりそうなものである。わたくしはこれがよくわ
からない。

同じ黒鍵であっても、#に属するか♭に属するかで
全く違う使命を帯びてきます。

目にはみえないようであるけれど、ドレミ音階の
一つ一つ自分のテリトリ−を持っています。

図に出来ないので物凄くむつかしいのですが、

イ(ら)ロ(し)ハ(ど)ニ(れ)ホ(み)ヘ
(ふぁ)ト(そ)
カタカナ部の鍵盤がそれぞれ1オクタ−ブ持ってお
ります。

管理人様はハ長調(ド鍵盤から始まるドレミファ
ソラシド)を想定しておられるので、黒鍵がミ
ファとシドにないのは変と思われていますが、実
はこのスウィ−トスポットがなければ大変です。

純正も平均もそんな悠長な事言ってられなくなり
ます。

イ(ら)鍵盤から始まるドレミ、ロ(し)鍵盤か
ら始まるドレミ、カラオケ等で言うキ−を落と
す、上げるというのはこの事なのですが、全部ミ
ファ、シドに当るキ−が全音(黒鍵が間にないか
ら半音×2と定義します)になっている事が分か
ります。

それを表す為に、#や♭を楽譜の冒頭に表示すると
いう仕組みです。

う〜ん。これも微妙だな。

とにかく、ドレミファソラシドは真実ですが、例
えばラから始まるとラシドレミファソラとなり、
そのまま弾くと妙に聴こえるので機会があれば試
してみて下さい。

ラシ#ド#レミ#ファソラとしないとドレミファソ
ラシドになりませんから。

ミファにあたる#ド#レにシャ−プ(黒鍵)を付け
ないと不自然に聞こえます。

その上で、同じ♭3つでも、どうしてハ短調、変ホ
長調と2つの顔を持つのか、更にその上に、何で平
均律は純正律を凌いだのかという事になるのです
が、子供の夏休みの宿題になってしまいますの
で、止めましょう。

てゆ−か、余計難しくなりましたね。

これにて音楽ネタ、休止。

アウフ。

2007/7/21  6:07

投稿者:如月
二重投稿となってしまいすみません。

捕捉
>ちなみに十二音階というのはドレミ・・・の七
音階に半音が入るからだが、だったら十四音階に
なりそうなものである。わたくしはこれがよくわ
からない。

同じ黒鍵であっても、#に属するか♭に属するかで
全く違う使命を帯びてきます。

目にはみえないようであるけれど、ドレミ音階の
一つ一つ自分のテリトリ−を持っています。

図に出来ないので物凄くむつかしいのですが、

イ(ら)ロ(し)ハ(ど)ニ(れ)ホ(み)ヘ
(ふぁ)ト(そ)
カタカナ部の鍵盤がそれぞれ1オクタ−ブ持ってお
ります。

管理人様はハ長調(ド鍵盤から始まるドレミファ
ソラシド)を想定しておられるので、黒鍵がミ
ファとシドにないのは変と思われていますが、実
はこのスウィ−トスポットがなければ大変です。

純正も平均もそんな悠長な事言ってられなくなり
ます。

イ(ら)鍵盤から始まるドレミ、ロ(し)鍵盤か
ら始まるドレミ、カラオケ等で言うキ−を落と
す、上げるというのはこの事なのですが、全部ミ
ファ、シドに当るキ−が全音(黒鍵が間にないか
ら半音×2と定義します)になっている事が分か
ります。

それを表す為に、#や♭を楽譜の冒頭に表示すると
いう仕組みです。

う〜ん。これも微妙だな。

とにかく、ドレミファソラシドは真実ですが、例
えばラから始まるとラシドレミファソラとなり、
そのまま弾くと妙に聴こえるので機会があれば試
してみて下さい。

ラシ#ド#レミ#ファソラとしないとドレミファソ
ラシドになりませんから。

ミファにあたる#ド#レにシャ−プ(黒鍵)を付け
ないと不自然に聞こえます。

その上で、同じ♭3つでも、どうしてハ短調、変ホ
長調と2つの顔を持つのか、更にその上に、何で平
均律は純正律を凌いだのかという事になるのです
が、子供の夏休みの宿題になってしまいますの
で、止めましょう。

てゆ−か、余計難しくなりましたね。

これにて音楽ネタ、休止。

アウフ。

2007/7/21  5:08

投稿者:如月
管理人様

早々のお書き込み有難うございます。

う〜ん。ドジったかな。

ですのでざっくばらんに書きます。

要はですね(本尊論は除外致します)、
世の中に絶対的と言えるものなどそうざらには無
いという事です。

以上。

純正率について
様々な議論がある事認識しておりますよ。ご安心
下さい。

平均率の凄さも怖いくらい知っています。

>ようするに音楽は本来的には無段階である、そ
こに誰かが段階を設けて名前を付けた、だが、そ
れは完璧ではなかった・・・ということなのだろ
う。

先を越されました(笑)。
ですのでこれも、以上。

ただ、何らかの秩序を見出し法則化する事も大事
ではありますが、その尺度を重んじる余り、ある
事象・人物を記号化し、一定の枠にはめる行き方
はよくないと思うと言いたかったのです。

フリ−ドリッヒ・グルダ翁のリンクを貼りました
のは、ハンコック氏がメンバ−だからと言う理由
ではなく、御自身の依って立つ土台を築き上げた
上で、小さな枠を超越して自在に楽しんでいける
境涯に敬意を表す意味で貼らせて頂きました。

楽譜なんかありません。ジャンルの違うピアニス
トと、一つの曲のメロディ−について、俺はこう
弾く。お前はどう来る?ってな感じです。で、結
局調和しています。

法論もこうあるべきですね。

またちょっとずれました。コメントは結構です。

質問の件ですが、何だか悪い気がしましたので、
今回は見送ります。

最後に、教義は別として、私は管理人様を卑下し
たり、上からものを言うような失礼をば働いた事
はございませんこと、宜しくご理解頂きたくお願
い申し上げます。

上手く伝わりますか。

2007/7/21  5:08

投稿者:如月
管理人様

早々のお書き込み有難うございます。

う〜ん。ドジったかな。

ですのでざっくばらんに書きます。

要はですね(本尊論は除外致します)、
世の中に絶対的と言えるものなどそうざらには無
いという事です。

以上。

純正率について
様々な議論がある事認識しておりますよ。ご安心
下さい。

平均率の凄さも怖いくらい知っています。

>ようするに音楽は本来的には無段階である、そ
こに誰かが段階を設けて名前を付けた、だが、そ
れは完璧ではなかった・・・ということなのだろ
う。

先を越されました(笑)。
ですのでこれも、以上。

ただ、何らかの秩序を見出し法則化する事も大事
ではありますが、その尺度を重んじる余り、ある
事象・人物を記号化し、一定の枠にはめる行き方
はよくないと思うと言いたかったのです。

フリ−ドリッヒ・グルダ翁のリンクを貼りました
のは、ハンコック氏がメンバ−だからと言う理由
ではなく、御自身の依って立つ土台を築き上げた
上で、小さな枠を超越して自在に楽しんでいける
境涯に敬意を表す意味で貼らせて頂きました。

楽譜なんかありません。ジャンルの違うピアニス
トと、一つの曲のメロディ−について、俺はこう
弾く。お前はどう来る?ってな感じです。で、結
局調和しています。

法論もこうあるべきですね。

またちょっとずれました。コメントは結構です。

質問の件ですが、何だか悪い気がしましたので、
今回は見送ります。

最後に、教義は別として、私は管理人様を卑下し
たり、上からものを言うような失礼をば働いた事
はございませんこと、宜しくご理解頂きたくお願
い申し上げます。

上手く伝わりますか。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ