2007/12/21

年末雑感  
このところ耕治氏の情熱に感化されて、ずっと同一テーマを書き続けてきた。しかし、そろそろ話題を変えようと思う。昨夜のコメントを拝見して思ったことは、表現こそ違うものの、耕治氏とわたくしの考えにはそれほどの隔たりはない、ということである。細かいことを言えばキリがないので、いちおうはこれで終わりにしよう。

ところが今朝になって、今度は沖浦氏から難解なコメントが寄せられた。「即」の概念についてである。
氏に言わせれば、法華講員は即がわかっていないということらしい。実はわたくしも、よくわからないのである。しかも氏の説明を読むと、余計にわからなくなる。御書を引いておられるが、それが即とどのような関係にあるのか、まったく見えてこない。
そういうわけで、この件についてはしばらく保留にしたいと思う。何かのきっかけで理解が進むかもしれないし、永遠にわからないかもしれない。ともかくわたくしは、御書を拝しつつ思索していく中で、理解を深めていきたいと思っている。

水無月氏のコメントは、きわめて冷静であり、好感が持てる。

利用価値があるという表現は、一般的に人に対して使うのは失礼なのだと思う。しかし、わたくし自身はそんなことで気分を悪くすることはない。ある意味では、利用してもらうことを目的に、一般公開しているわけなのだ。何しろ自分自身がネット上から多大な情報を得ている。ようはネットの恩恵にあずかっているわけである。だったら自分も他者に対して情報を提供してもおかしくない。ケチケチしても始まらないのだ。もっとも、わたくしの場合は、大した情報を持っているわけではないのだが・・・

さて、顕正新聞第1087号の話題に移ろう。ここには十一月度総幹部会の記事が出ている。今回の会長講演も取り上げるべき点がいくつかある。とりわけ教学部の再構築というのは、けっこう驚きだった。

 教学部員となっている人たちは、卒業したんじゃない。これからいよいよ学ばなければいけないのです。
 来年の一月はまだ試験はやらないが、再来年の一月から、いよいよ教学部の再構築をしていきたいと思っております。


これは一念信解路線からの方向転換とも受け取ることができるわけで、イジワルな言い方をすれば、何を今さら・・・という気がしないでもないのである。

う〜ん、いったい何があったのだろう?

やはり何かしらの外的要因があったと考えるべきであるが、それが俄かには見えてこないのだ。こうした予想外の方針を打ち出してくるところが、ある意味では浅井先生らしさではあるけれども、しかし、それにしても唐突過ぎるので、きっと何か裏があるのだろう。

ご存知の人がいれば、情報をお願いしたいものである。

2007/12/22  7:04

投稿者:沖浦克治
 私も雑感を。

 創価学会は日蓮正宗からのスタートでした。
 戦後宗教法人を得たときも日蓮正宗のままにしておいたんです。
 但し、日蓮正宗の法華講ではありません。
 法華講に加盟しないで最初から独立していたんです。
 ですから、どの寺院の指導教師の指導や説法も無関係の団体でした。
 客分扱いだったんですよ。
 この点はご自分で調べればわかります。

 戸田先生は創価学会員を寺院に所属させられました。
 お寺の無い当時の新興宗教と区別化をされ、布教の武器になされたんだと思います。

 私は昭和三十七年の入会です。
 カードには、所属寺院妙本寺とありました。
 でもね、ここのボンさんと直接接触したのは、御授戒、父の葬儀、の、二度だけです。
 創価学会はね、当時から御授戒と葬儀以外は何でも自分たちでやったんです。

 今は日蓮正宗も不要になりました。
 御授戒と葬儀も自分たちでやれますからね。

 いらないものにお金を使ったり時間を割くのは愚かでしょう。
 この点おわかりですね。

 それとね、宗門はもともと動機が不純なんです。
 大聖人様の仏法を生活の手段にしすぎなんですよ。

 仏壇やさんまでなら許せますよ。
 線香ひとつ買っても、ありがとうございました。って、お礼を言ってくださいます。
 ところがね、日蓮正宗のボンさん、ありゃ一体何様ですか?

 昨年大石寺に行きました。
 寂れ切った売店の横の道をボンさんの運転するセルシオが静々と行きました。
 何と言うひどい仕打ちですか。

 出家が在家よりいい生活してどうします。
 本末転倒です。

 あれ見て思いました。
 日蓮正宗やめてよかった。

2007/12/22  6:32

投稿者:沖浦克治
 他所の教団の内部の人事なのでよくわかりませんが、会員がお喜びならそれでいいんじゃないですか。

2007/12/21  22:00

投稿者:水無月
藪から坊さんのコメントから想像するに、浅井克衛主任理事が復帰するということか。

2007/12/21  21:20

投稿者:耕治
渡辺さん、こんばんは。これちょっとやってみて。

http://www5.big.or.jp/~seraph/zero/ky.cgi

私は、軽いKYでした。

2007/12/21  19:47

投稿者:藪から坊
多くの顕正会員が待ち望んでいたアノ方が、表舞台に復帰するんですよ。健康状態はまだ優れないらしいと聞いてますけど、失速気味の顕正会の姿を見てられないんでしょうね。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ