八上 白兎神社Uと全国神話伝承

 

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

最近の記事

 

カレンダー

2022年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

掲示板

掲示板の設定が行われていません

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:白兎の小使い
 小深田様
 いつもありがとうございます。 身辺たいへん忙しくしており、返事が遅れました。
 皇室神道は天=高天原と地を結び、世の安寧を維持するための大切なものですから、いずれにせよ、これを男系で継承される天皇と、そしてその意を深くご理解される皇后がしっかりと担われることを保証する体制がとられなくてはなりませんね。 
 ですから皇室神道に積極的でない場合は皇族とて問題となることでしょう。皇位継承も次第に近づいております。今上天皇・皇后の御振る舞い、祭祀への真剣なご姿勢、民草への思いやり、戦没者への深い御供養のお気持ち、どれ一つとっても理想のお姿、と思います。このご姿勢を次なる継承の予定の方が引き継げるかどうか、は本当に重要な問題となっていると思います。
投稿者:小深田宗元
大江幸久様
 過日は、私の初めての投稿に対しまして、あたたかいお言葉を頂戴し励ましてくださいましたこと誠に有難うございました。
 さて最近私のブログにおいて〈9、天の世第七代伊佐那岐・伊佐那岐〉を書きまして後、あなた様のサイトにて、皇位継承問題の危機につき力強く女系天皇反対の論を述べておられるのを拝見いたしました。遅ればせながらあなた様の勇気の程を知ることができました。私もまったく同じことをほつまの両神のことを書く段で理解し述べたところでした。
  今日我が国の抱える多くの根本問題を解決するためにはやはり「ほつま伝え」が真に必要だとの思いを増々深めています。このほつま伝えの真価を今の日本の識者、国を支える人々にに、いかに解りやすく、また早く伝えていくかが私のかねてよりの懸案事項です。
 そのために、まず28綾までを対象にして書き綴っております。今年のうちにはその歴史編部分を纏めたいと思っています。
 今後ともご指導のほどよろしくお願いいたします。
 「素直で謙虚な姿勢でまた、勇敢な心を持つことの重要性」を常に念頭にして、これからも共に歩ませてください。  ありがとうございました。    宗元


http://munamotohotuma.blog.fc2.com/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ