八上 白兎神社Uと全国神話伝承

 

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

最近の記事

 

カレンダー

2021年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

掲示板

掲示板の設定が行われていません

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:白兎の小使い
賀茂神社という名称でも、ずいぶんと祭神が異なることがありますね。 
 八上の賀茂神社は瓊瓊杵尊が堰やため池の工事で水利を良くするために八上にいらっしゃった、その時の行宮の場所ではないかと思います。
 出雲の範囲は、島根だけではないようですね。出雲国風土記の内容と、記紀神話の内容が合致しないことにも表れていますね。
投稿者:yamada
加志波比売が、八上姫の御子神の可能性って面白いですね。
すると徳島県美馬市穴吹町の白人神社が兎を神使にしているのもうなづけます。

ところで大江先生の著書のなかでも鳥取県八頭郡八頭町の賀茂神社が大きく位置づけされていましたが、賀茂神社の大元は奈良の高鴨神社ではなく高知県の土佐神社(明治以前は高賀茂大社で延喜式神明調では都佐坐神社)の可能性があるのをご存じですか?

そういえば明治以前の出雲大社の名称は杵築大社。
出雲の地名は今は島根県を中心とした山陰地方に限定されている感がありますが、京都府亀岡市の出雲大神宮が元出雲と言われたもしていますし、実際は近畿から瀬戸内・四国全土も全て出雲だったんでしょうね。
投稿者:白兎の小使い
 こちらのサイトには「賀志波比売とは出雲の太陽神であって阿陀加夜努志多伎吉比売命の事であることが考証される。」
http://blogs.yahoo.co.jp/tsubame7_bio_titech/14863858.html
 とあり、加志波比売戸は、八上姫の御子神のかのうせいもありますね。
 山陰地方の古代の人々がのちの世で、活躍していったことの一つの傍証となるものでしょうか。
投稿者:yamada
土師氏と言えば、埼玉にある鷲宮神社はもともとは土師氏が祭祀した土師の宮がなまって鷲宮になったらしいですね、埼玉も古墳が多い地域ですが。

台方の麻賀多神社の神紋は麻で忌部氏との関係がうかがえますが、奥宮である船形の麻賀多神社(祭神・稚日女尊)に摂社・加志波比売神社があり、ここを「阿波古事記研究会」が、‘天照大神の誕生の地’としているというのも面白いです。

関東開発における土師氏や忌部氏の功績は、私も神社がらみの歴史をおっていてはじめて知りました。
投稿者:白兎の小使い
yamadaさん、印旛の情報ありがとうございます。
 共通することが多い要因が土師氏であったとは驚きです。土師氏は全国に分散して国造りに貢献されていますね。
 鳥取の河原町には日月宮と呼ばれていた神社もありますし、関係が深いですね。
投稿者:yamada
錦の吉さんにお借りして、大江先生の著書2冊拝読させいただきました。
舞台となる地方の地理や歴史に疎いので、正直私には難しい本でしたが、読んだうえでの千葉の印旛地方関係のことでお伝えしたいことができたのでコメントさせていただきます。

先生は印旛と因幡と何かつながりがありそうだと仰っていましたが、その何かとはずばり土師氏でした。
千葉県は全国的に見ても古墳の多い地域として有名で、印旛地域には「房総風土記の丘」というのがありますが、その地域の周辺には土師氏が祭った一宮・二宮・埴生と名の付く神社群があります。
ちなみに印旛沼周辺には、麻賀多神社群とこの埴生神社群の他に、宗像神社群、鳥見神社群というのが特異な神社群も存在します。
http://www14.plala.or.jp/nikorobin/toromi2.html

蛇足ですが、宗像・鳥見神社群に隣接して九頭龍神社と名の付く神社も存在しています。
つまりホツマツタエの伝承を大切に思う一族がその地域に住んでいた証なのではないでしょうか。

ここらへんのことを考えると日月神示が、何故印旛の地で降ろされたのかという意味に繋がってくるのかもしれませんね。

投稿者:白兎の小使い
錦の吉様、
 初めまして。
 ブログも拝見しました。因幡と印旛、里見八犬伝の八剣士のモデルとされる人といわれる墓は伯耆のお寺にありますし。八上には日月の宮もあります。何か御縁がありそうですね。
 
 拙著をご用命いただき、ありがとうございます。のちほどメールをお送りいたします。
投稿者:錦の吉
大江先生

初めまして錦の吉と申します

私が毎日参る鎮守様の本殿にも(千葉)
 因幡の白兎 がいます
何故ここにいるのか不思議だったのですが。。
勝手に仮説を立ててみました^^

ロマンがあってとても楽しいです


実は書籍が他からは手に入らないので
ご連絡させていただきました
(私のPCではoutlookの立上げができません)
お手数ですがご連絡下さると嬉しいです
よろしくお願いいたします

http://hopichan.blog.fc2.com/blog-entry-492.html
投稿者:白兎の小使い
Takaさん、いつもありがとうございます。
早速記事にしました。
投稿者:Taka
お久しぶりです。今度の日曜日放映です。
http://tv.yahoo.co.jp/program/43127154/
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ