原体剣舞連

2007/10/17 | 投稿者: KINOSHITA

 きょうは演奏会のお知らせを。
大阪コレギウム・ムジクム主催で「宮沢賢治の世界」という演奏会が開催されます。宮沢賢治の詩をテキストにしたいろいろな編成の伴奏による合唱作品が並び、そこに常田富士男さんの朗読や船坂義一さんの照明も入るというものです。大阪コレギウム・ムジクムの中心団体・大阪ハインリッヒ・シュッツ室内合唱団は精緻なアカペラ合唱と共に、オーケストラとの競演による宗教大作の演奏も素晴らしいのですが、今回は現代音楽シリーズということで邦人作品のみ。でも「宮沢賢治」というテーマを設定して朗読も入ったりするので、きっとドラマチックでありながら親しみも持てる演奏会になると思います。
 
 私の作品も「原体剣舞連」(はらたいけんばいれん、と読みます)が演奏されます。一昨年この団体の委嘱で書いた合唱とオーケストラの為の作品で、合唱には珍しくプリミティブなリズムが躍動する骨太の作品ですので、関西方面で興味のおありのかたはぜひお出かけください。
 
大阪コレギウム・ムジクム主催
「宮沢賢治の世界」
会場  大阪いずみホール
日時  10月27日(土)18:00時開演(開演時間が早いのご注意下さい)
指揮  当間修一
合唱  大阪ハインリッヒ・シュッツ室内合唱団
管弦楽 シンフォニア・コレギウムOSAKA
朗読  常田富士男  

曲目  木下牧子:混声合唱と管弦楽のための「原体剣舞連」
    千原英喜:混声合唱と器楽アンサンブルのための「原体剣舞連」
    林光:海だべがど、星めぐりの歌(ヴァイオリン付)他
    西村朗:同声三部合唱とピアノのための組曲「永訣の朝」より

問い合わせ 大阪コレギウム・ムジクム 06-6929-0792

クリックすると元のサイズで表示します


人気blogランキングへ



2007/10/18  22:57

投稿者:KINOSHITA

ジョヴァンニさん
おっしゃるとおり大阪ハインリッヒ・シュッツ室内合唱団て、凄く音程がいいんですよね。音程とバランスがいいので、響きの密度がとても濃い感じです。音程はぴちっと決まっているけれど、音楽の流れは自由で柔らかいんですよね。


あゆみさん
多くいただく質問に対するお答えは公式サイトの「Q&A」のページに載せてありますので、まずチェックなさってみてください。

2007/10/18  12:25

投稿者:ジョヴァンニ

木下さんこんにちは。私は以前シュッツ合唱団の演奏を聴き、その素晴らしさに感動しました。
プーランクのミサ曲だったのですが、全員が体を揺らしながら自由奔放に歌っているようで、それでいて音程はぴっちり合っている・・・そのような感じでした。基礎練習がよほどしっかりしているのでしょう。

http://giovannikki.cocolog-nifty.com/blog/

2007/10/17  23:25

投稿者:春日 あゆみ

こんにちわ。私は今中学三年生です。上の記事とは、全く関係がないんですが、お聞きしたくて、ここにコメントさせていただきました。実は、もうすぐ中学校で合唱コンクールがあって私のクラスは木下さんが作曲された「はじまり」をすることになりました。私はその指揮をします。そこで、指揮をするにあたってどんなことに注意すればもっと「はじまり」を表現できるかアドバイスをいただきたいんです。お忙しいと思いますが、何かアドバイスをしていただけないっでしょうか?

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL