紅葉

2007/11/17 | 投稿者: KINOSHITA

 ちょっとのんびりしたら前の更新から4日も経ってました。
 木曜日にはアルク出版企画のAさんとフリー編集者のKさんがうちに見えて、音楽本関係の打ち合わせをしました。このところ「楽譜を読めるようにするためのアイデア」を本気で考えたりしていたのですが、今回よくお話を聞いたら、そういうハウツーの記述部分は別の方がお書きになるとのことで、私は音楽に関連した小文を書けばいいことが判明。安心するやらがっかりするやら。楽典て今まで全然興味なかったのですが、今回のことで、初心者の方にわかりやすく伝える方法を考えるのはなかなか面白いことに気づきました。もう一回生まれたら音楽教育学を研究するのもいいかも。

 次の日「こどもたちへ」の打ち上げパーティーの時の写真が届きました。作曲家の小森昭宏先生はプロ級のカメラの腕をお持ちで、先生自らがお撮りになったクリアな大きいプリントを何枚も送っていただいてとても嬉しかったのですが・・。写真をまじまじ眺めたあと、即、本格的ダイエットを開始しました。これはもう食事制限だけでなく運動をしなくてはだめだということで、早速その日の夜散歩5,000歩、その翌日は本気でエアロバイク、和田式食事も再開しました。来年2月に浜松で吹奏楽作品の初演があるので、それまで痩せようと思います。

 今日も朝エアロバイクをやってから作曲。夕方川口リリア・メインホールに出掛け東京大学コーロ・ソーノ合唱団の演奏を聴きました。女声メンバーが私の作品「ファンタジア」を演奏してくださったのですが、大学生の声って若々しくて透明感のある響きなので、「ファンタジア」の幻想的な雰囲気がとても良く表現されていて嬉しく聴きました。混声、男声ステージも熱のこもった気持のいい演奏で引き込まれました。リリアのメインホールでは初めて聴いたのですが、ものすごく天井が高くてよく響きますね。そのあと新宿で仕事の打ち合わせがあったので、残念ながら前半だけ聴いてホールを後にしました。
クリックすると元のサイズで表示します
木々もようやく秋らしく色づいてきました。部屋のベランダから。



2007/11/20  21:59

投稿者:KINOSHITA

前半しか聞けませんでしたが
最初の編曲ものも男声ステージもとてもよかったですよ。

2007/11/20  1:31

投稿者:中村

木下先生、こんにちは。
東京大学コーロ・ソーノ合唱団で学生指揮者をしております中村と申します。
先日はコーロ・ソーノ合唱団の演奏会に来ていただき、本当にありがとうございました。
木下先生に定期演奏会を聴きにに来ていただけるだけでなく、ブログに紹介までしていただけたため、団員一同、大変喜んでおります。
木下先生の作曲された曲は大好きなのでこれからも是非歌っていきたいと思っております。

2007/11/20  0:11

投稿者:KINOSHITA

お忙しい中、ご夫妻でお出かけいただいて、どうもありがとうございました。
ご意見を書き込んでいただけると、とても励みになります。
実は曲目解説も別に入るはずだったのですが、スペースの関係か私のゆるい文章だけが載る羽目になってしまいました。

2007/11/19  12:17

投稿者:ジョヴァンニ

木下さんこんにちは。昨日、妻と津田ホールに行きました。
木下さんのピアノ曲はとても面白かったです。高音では密集した不協和音が鳴り、低音にいきなり落ちるときは三和音か、あるいはそれに近い和音で和らげる、などの配慮をされたと思いました。
1曲目が特によかったです。理屈抜きに美しい響きが得られたようです。
2曲目は背後に強いコンセプトがあるように感じました。具体的な曲目解説があったほうが私たち素人に解りやすかったと考えます。今後も継続して木下さんの作品を聴いてゆきたいです。

http://giovannikki.cocolog-nifty.com/blog/

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL