ゆかり

2007/12/18 | 投稿者: KINOSHITA

 日曜に忘年会で遊んでしまったので、月曜は一日缶詰めで作曲・・しなくてはいけないのですが、前々から会食が決定していたので日本橋にいそいそと出掛けました。もちろん朝早く起きて一仕事してから出掛け、会食が終わったらすぐ帰る予定で。

 今年、私は夏と秋と二回、お世話になった方を食事にお誘いしたのですが、どちらも店選びに失敗!雰囲気はいいけれど肝心のお味が今ひとつの店にお連れしてしまい深く反省。「食通」と評判の友人に弟子入りしておいしい店開拓の修行を始めることにしました。

 その第一弾がきのうの会食会、もちろんランチです、予算の都合もありますからね。さすがに食通の友人だけあって、場所もよく店の雰囲気もよく、そして何よりお味がおいしい素敵なお店に連れていってくれました。日本橋の日本料理店「ゆかり」。きちんとした和食のお店は夜行くとかなりの散財を覚悟することになりますが、ランチはとってもお得。きのうは一日10食限定という「松花堂弁当」をいただきました。最初に出てきたあなご入り茶碗蒸しの繊細で上品な味からお弁当への期待が膨らみましたが、予想どおり、少しずつ盛りつけられた一品一品が凝っていて繊細な味付け、肴にぴったりの薫製なども入っていて日本酒が飲みたくなるのをぐっと我慢。お刺身も数種類きれいに盛られていてとても美味、やはり素材がいいんでしょう。揚げ物も湯葉で巻いたりしんじょにしたり一手間かかっていてカリッと香ばしく揚がっていました。ごはんは鯛飯で、これまた上品でいくらでも入ってしまいますが、前日と二日続きのご馳走なので、泣く泣く残しました。

 地下にはほどよい個室もあるようなので、どなたかをお連れするのにもぴったり。修行一回目から収穫ありでした。二回目はどんなお店に連れていってもらえるのか楽しみです。

 おいしい食事のあとすぐ帰るのも趣がないので、近くのしゃれたカフェでコーヒーを飲んでおしゃべり。「食通」の師匠ともうひとりの友人と3人でいったのですが、二人とも小さくて素敵なクリスマス・プレゼントを用意していてびっくり。私だけ手ぶらだ!可愛い包みを二ついただいてすごすご帰ってきました。いざというときにおいしいお店を開拓するのも大切だけれど、こういうクリスマス近い時期には小さいプレゼントを用意する、といった心遣いも学ばねば。まだまだ修行が足りません。

クリックすると元のサイズで表示します

「ゆかり」のパンフレット。東京駅八重洲口から徒歩三分です。



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL