赤沢温泉ホテル

2008/4/14 | 投稿者: KINOSHITA

 一泊だけ温泉に行ってきました。仕事の予定がキャンセルになってポッカリ一日空いた朝に、何気なく前々からチェックしていた温泉の空室情報を見たら、ちょうど空室があったので、突発的に出掛けることにしました。ただし遊びにいったのではなく集中的に「校正」仕事をするためです。
 校正くらい自宅の部屋でやればいいんですが、すぐ別の作曲のスケッチを始めてしまったり、コーヒー飲んだりして、校正はいつも一番後回しになって全然捗らないんです。100ページを超える校正を急ぎやらなくてはいけなかったので、校正譜ずっしり抱えて行ってきました、行き先は伊豆高原の赤沢温泉ホテル。

 冬のあいだ温泉関係の本を読みふけって一番良さそうと目星をつけていたホテルですが、予想どおり大当たりでした。温泉ホテルといっても、全体にとても洗練された感じで、部屋も広々としたツインベッドルーム。部屋に露天風呂がついていてこれもゆったり大きめ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 部屋付き露天にも洗い場があるけれど、部屋内のバスルームも広めで快適でした。もちろんホテルには広々した大浴場と屋上の露天風呂もあって、おまけにホテルのとなりにはバラエティ豊かな日帰り温泉館もあるようでした。私はいやしくも仕事を抱えていったので、今回は日帰り温泉館めぐりは断念、ホテル内の温泉と部屋内露天に限定しました。このホテルは海に面していて、屋上露天などからは一面海と空が見えてとても気持ちよかったです。
クリックすると元のサイズで表示します

 あとはひたすら「校正」。一時間集中して温泉、また一時間やって温泉、校正の肩こりを温泉でほくしつつがんばりました。往復の踊り子号の車中とホテル滞在中で校正を上げると時間限定したら、びっくりするほど集中できました。伊豆までいって景色を楽しんで、温泉をたっぷり楽しんで、おいしい食事を楽しんで、校正も全部終えて帰ってきました。

 ちなみにこのホテルはDHCという化粧品会社の経営だけあって、女性の心理をとてもよくわかっているホテルでした。細かい配慮がいろいろされており、化粧品の備え付けも豊富で、帰りにローションのお土産までいただいてしまいました。年齢問わず女性だったら誰でも気に入るホテルではないでしょうか。また校正仕事がたまったら出掛けたいものです。

クリックすると元のサイズで表示します
 
帰りの踊り子号からの眺め。木々の向こうは海です。



2008/4/19  8:30

投稿者:ダヴィデヒデ

羨ましいを通り越して・・・悔しいです!

次回のHP記念パーティーを是非とも温泉でお願いします!(真剣!)

2008/4/18  22:27

投稿者:dai

やっと温泉に行けたと思ったら
仕事持参なんですね…
今度は疲れを癒しに温泉がいっぱいある
北海道へいらしてください。
(でも仕事でいらっしゃるんですよね…)

2008/4/17  0:12

投稿者:KINOSHITA

伊豆高原のあたりはDHC関係の建物がたくさん立っています。というか、DHC資本しかない感じです。
元大学翻訳センターだったなんて意外ですね。


2008/4/16  15:34

投稿者:ろんろん

すごく素敵なホテルですね、本当に行ってみたくなります。
温泉も満喫できて、仕事も捗って、言うことありませんね♪
DHCの経営なんですね。
DHCって元々は大学翻訳センター(だったと思います。うろ覚え)
っていう語学系の出版社なんですよね。
なんで健康食品に手を出したのか、謎ですが。

2008/4/15  11:00

投稿者:名前が名前の蔵王太郎温泉[笑]。

ぺんぎんさんのおっしゃる通り、素晴らしい晴れの元、温泉を満喫されて、かつ!校正のお仕事もスムースに成功した…と夜

良かったじゃないですか-パー(・∀・)、先生GOOD!

戸塚の教室を飛び出して行きたくなっちゃイましたよ-汗[笑]。

“蔵王”でお分かりのよ-に、小生は温泉好きですからぁ-ッパンチ[爆]。

http://pr7.cgiboy.com/S/9106749/

2008/4/15  7:45

投稿者:ぺんぎん

読んだ後、行きたくなってしまう旅行記はなかなか無いですが、これは誘われますね(笑)。
私は、年に一度仲良しの女友達4人で、「呑んだくれツアー」を開催?しているので、次回は是非行こうと思います。
このところ雨が多いのに、流石、木下先生、みごとなお天気でしたね!

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL