青山でレコーディング

2008/7/14 | 投稿者: KINOSHITA

 このところ頭が本気モードに入ってきて、作曲に熱中するあまりMacをネットに繋ぐ時間がほとんど持てず、ブログの更新もなかなかできません。と、言い訳をしつつこの十日間を振り返ってみると。

 5日は青山のビクタースタジオで教育芸術社の委嘱作品のレコーディング。暑かったあ。スタジオに着く前に蒸発してしまうかと思いました。演奏はNHK東京児童合唱団、指揮は金田典子先生。ディレクターは坂本勇仁さん。まだ公表前なのでここで書いてはいけないのかもしれませんが、今回はちょっと変わった曲を書いてみました。歌詞のないヴォカリーズ4曲による組曲で、4曲ともそれぞれ異なる打楽器がひとつ加わります。打楽器といってもスレイ・ベルとかタンバリンとか親しみやすい小物楽器なのですが、今回はその演奏を東京芸大打楽器科4年の大家一将さん(TV「のだめ」にも出演なさっていたそうです!)が担当してくださったおかげで、リズムがぴしっと決まっていい音楽になりました。

 録音の場合、アカペラというだけでハーモニーのバランスをとるのが難しいのに、打楽器が加わることでバランス調整がさらに大変になります。しかも4曲とも異なる打楽器だから、一曲ごとにバランス調整し直さなくてはならない上、楽器を数種類用意していただいたのでいちいち試しては「う〜ん倍音の出はどちらがいいか」などと悩んだものだから時間がかかってしまいました。最初は2時間もあれば余裕で終了するだろうと思っていたのに結果はその倍くらいかかってしまう羽目に・・。演奏者の皆さん、ディレクター、エンジニア、編集者の皆々様、本当に長時間拘束してしまってごめんなさい。次の出演のためにスタンバっておられた皆さん、めまいするほどお待たせしてごめんなさい。
 でもおかげさまで、天使のハーモニーと澄んだ打楽器の響きが混じり合ったとても素敵な音楽に仕上がったと思います。リリースの折にまたご報告しますね。



2008/7/15  2:51

投稿者:夢醒め

うーん、とっても楽しみです。

2008/7/14  18:57

投稿者:蔵王太郎

木下先生パー。ここ最近のモーレツーな暑さの中、いかがお過ごしかなぁ自由の女神と思っておりましたが…お元気そうで何よりですキラキラNo.1!。ご苦労様でございます風呂

N児録音のCDですか花火!。しかも木下先生の…新刊(?)でございましょうか…う-む、楽しみであります夜(・∀・)。早くお知らせが聞ければいいなぁ-ハロウィン波

o(・∇・o)(o・∇・)o ルンルン


今後も、作曲活動、頑張って下さいッパンチ!!!
(σ`・∀・)σ

http://ameblo.jp/office-zao/

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL