古風な月

2008/9/15 | 投稿者: 木下牧子

 26日の作品個展まであと10日になってしまいましたが・・。まだ曲が仕上がりません。う〜ん、う〜ん。あと一週間でがんばりたいと思います。三楽章の変化に富んだ面白い曲だと思うのですが・・早く仕上げないと。

 そんなあせりまくった気分で、12日は野崎由美さんのソプラノリサイタルに出掛けてきました。野崎さんの委嘱による木下歌曲集「古風な月」の初演を聴きにいったのですが、これはお世辞抜きに完成度の高い素晴らしい初演でした。5篇からなる曲集なのですが、それぞれの曲の特徴と構成をとてもよく掴んだ演奏をしてくださり、声も充実していて嬉しかったです。小原孝さんのピアノもいつもながら表情豊かで立体的で野崎さんとの息もぴったり。7月末にねじり鉢巻で作曲していた曲集が、早くもこういう立派な初演により世に出るなんて作曲家冥利に尽きます。お二人に心から感謝したいです。

クリックすると元のサイズで表示します
終演後のSop.野崎由美さんとPf.小原孝さん。

 今回私は信頼する声楽家の皆さんを大勢お誘いしていたのですが、終演後、楽譜が出たら歌いたいと言って下さった方が多かったのがとても嬉しかったです。たぶん来年4月くらいには出版されると思います。
 ソプラノ佐竹由美さんも超多忙の中聴きにきてくださって、おいしいお菓子の差し入れまでいただいて感激。「栗きんとん」という名前ですが、これはもう栗そのままのホコホコしたおいしさで、一口でファンになってしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します

さて作曲、作曲。
    



2008/9/17  9:37

投稿者:木下牧子

皆様、書き込みありがとうございます。

佐竹さんに頂いた栗きんとん、
名古屋の産だったんですね。
愛知県って栗がよくとれるんでしょうか。

栗っていうとマロングラッセとか栗まんじゅうとか
こってり濃厚に甘い、という印象ですが
これは本当に自然な食感と栗そのものの甘さが
よいですね〜。

2008/9/16  23:36

投稿者:naomi

栗きんとん、喜んでいただけてよかったです!
この栗きんとんの形は昔から知っていて、「美味しいのよねぇ!」と思っていたのですが、「すや」っていうところが老舗というのはしりませんでした!・・・色々調べてみたら、沢山お店があるのですね。食べ比べのお誘いのサイトがありました。全部のお店のものを食べてみたいですよね!↓
http://kurikinton.info/index.html

2008/9/16  2:09

投稿者:y.nozaki

いろいろとお世話になり、ありがとうございました。
「古風な月」とても素敵な曲ですから、いろんな方に演奏されるといいですね♪
この「栗きんとん」私も佐竹さんからいただきました。とても美味しかったです!!

2008/9/15  20:27

投稿者:木下牧子

ありがとうございます。
栗きんとん食べ食べがんばっております。
今朝NHKのラジオ体操をやってみたら
全然前屈できませんでした。体かちかちです。

2008/9/15  12:42

投稿者:平野 隆

当間修一先生が名古屋に作った合唱団で歌っている者です。
中津川の「栗きんとん」、まさに栗って感じで
ホクホクして美味しいですよね〜。
ぼくは埼玉の出身で、名古屋に来るまでは栗きんとんと言えば
お正月に食べる黄色い餡のついた甘〜いやつ、だったのですが
こちらでは、「栗きんとん」は秋に食べるこのお菓子のことを指して言うのが普通みたいです。
ちなみに、「すや」というお店のものが一番人気みたいです。
個展、お近いですが、お体に気をつけて作曲頑張って下さい!

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL