オペラ・チケット

2007/5/24 | 投稿者: KINOSHITA

 昨日、久しぶりにオペラ・チケットを自分で購入しました。いつも行く現代音楽系演奏会はいろいろ招待状を頂くから自分でチケットを買ったりほとんどしないのだけれど、外国招聘オペラだと当然ながら誰も招待してくれないので、久しぶりに電話予約を入れて買いました。マニアックな演目だから安くて見やすい席が残っているかと思ったら、全然甘くてD,E,F席は全部売り切れ、A席でさえ一階席の一番後ろしかなくて愕然。オペラなのに舞台上の顔の判別がつかない遠い所で見てどうする!ということで、やけになって禁断のS席へ。まあまあの席は取れたけれど・・。

 オペラのチケットって幾らなんでも高すぎませんか?S席47,000円ってべらぼうすぎませんか?他の人気演目に至っては5万円ですよ!日本人て人が良いからぼられているんじゃないのかなあ。

 とはいえ、私もモーツアルト劇場の委嘱で「不思議の国のアリス」というオペラを書き、'03年と'05年に上演した経験があるのだけれど、そのときのS席は¥15,000で「国内オペラなのに高い」と言われました。でもオペラって本当にお金のかかるものなんですよね。やってみて初めてわかったのだけれど、一回の公演が満員でも大赤字になるんです。上演日数を増やせば赤字も増えていく・・。
歌手は音楽稽古から立ち稽古、本番まで一演目に3ヶ月もかけるのに、かなりの大物でも出演料は雀の涙で。作曲家の扱いは・・もっと悲惨。でもオペラという総合芸術には言葉で表現できないほどの大きな魅力があるので、みんな採算度外視でがんばっているんですよね。

 こうして考えると外国招聘オペラが高いのも仕方ないのかなあ。でも高額チケットを買う余裕のある人は、ぜひ一度日本の新作オペラも見ていただきたいですね。出来上がった外国の文化を見るだけだと幾らお金を出しても部外者だけど、これから育つ新作オペラを見ることは、日本の文化を育てる当事者になるんですから。
写真はいつもの公園です。

クリックすると元のサイズで表示します

人気blogランキングへ



2007/5/25  7:08

投稿者:KINOSHITA

ありがとうございます。次の機会にはぜひ。

2007/5/24  23:03

投稿者:ピースうさぎ


コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL