奏楽堂日本歌曲コンクール本選

2009/5/27 | 投稿者: 木下牧子

 ここ数年恒例となった奏楽堂日本歌曲コンクール審査ですが、24日に本選が無事終わりました。一次予選が始まるときは、一日60人の審査を4日も続けられるか心配だったのですが、いつの間にか終わって、気づいたら6月が目の前です。

 正直いうと審査もさることながら、毎年5月の緑美しい時期に上野公園に何度も足を運べることが幸せでした。大学時代も上野公園を通っていたのに、あの頃は周りの風景のことなど全く何とも思っていませんでした。大人になると緑豊かな公園を散歩できるだけで最高〜。
 
 第一次予選では毎年200人を超える演奏を聴くので、この数年で日本歌曲にはかなり詳しくなりました。山田耕筰はじめ、中田喜直、団伊玖磨、信時潔、平井康三郎、小林秀雄、大中恩といった作曲家のスタンダード歌曲はほとんど覚えました。(石桁真礼生作品は最初から知っている。師匠なので。)コンクール時期には翌朝目覚めると、これらの名曲の歌詞やフレーズがぐるぐる頭の中を回っていたりしましたが、ようやく平常に戻ってきました。

 日本歌曲というと淡々とした雰囲気を想像しがちですが、実は重量感があって盛り上がる曲が多いようです。もっともコンクールの選曲ですから当然ともいえますが。日本語は難しいので、歌唱法が充分研究された作品に選曲が集中するのはやむを得ないのかもしれませんが、もうちょっと気楽に新曲歌っていただけると嬉しいですね。

 今秋は大阪と名古屋の日本歌曲講習会にお招きいただいているので、自作をなるべくわかりやすく分析し、上手く歌うコツなどお伝え出来たらいいなと思っています。

コンクール本選の結果はこちら。




2009/5/31  21:39

投稿者:dai

長期間の審査大変お疲れさまでした。自分も大学時代に
歌ったことがありますが、自分で歌った録音を聴くとレガートの部分がお経みたいに聴こえてしまうんですよ。レガートの中でも言葉を立て、語るようにするのには苦労しました。ちなみに大中恩の「しぐれに寄する抒情」です。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL