月の光に与えて

2010/2/3 | 投稿者: 木下牧子

 昨年12月に野崎由美さんのCD「月の角笛」がリリースされたことはお知らせしました。収録曲は、タイトルになっている「月の角笛」(初演形態は合唱でしたが、最近歌曲版も随分演奏されています)のほかは全部新作で、「古風な月」が'08年の野崎さん委嘱作、「動物詩集」は'09年の二期会日本歌曲研究会委嘱作です。こんなにすばやくCDになるのは歌曲では珍しいことで、作曲者にとっては大変嬉しいことです。

 中で私が気にいっている演奏があるので、野崎さんとナミレコードに無理をお願いして一曲だけYouTubeにアップさせていただきました。普通はこういうことをしてはだめなんですが、CD紹介をかねて短い一曲だけということで特別です。もちろんJASRACにも報告してあります。

 今回YouTubeにアップしたのは歌曲集「古風な月」第4曲「月の光に与えて」(詩:立原道造)です。静かな哀しみを湛えた心にしみる演奏です。いつもながら小原孝さんのピアノも素晴らしい。

「月の光に与えて」(歌曲集「古風な月」より)

■ソプラノ:野崎由美
■ピアノ:小原 孝
(CD「月の角笛」〜木下牧子歌曲集 WWCC-7628)より



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL