2011年

2011/1/2 | 投稿者: 木下

 本当は喪中なのですが、年賀状を大量に投函したあと父が亡くなったので、元旦に大勢の方のお手元に「Happy New Year 2011」という私の年賀状が届いてしまっているはずです。ということで今年は元日から通常運転でいくことにします。今年もよろしくお願いいたします。

 昨年はよく作曲しました。特にオーケストラ・スコアを書くことが多かったので作曲時間が長かった。三管オーケストラのための「呼吸する大地」スコア、合唱とオーケストラのための「たいようオルガン」スコア、「光はここに」全楽章オーケストラ伴奏版スコア、「鴎」二管オケ伴奏改訂版スコア、「邪宗門秘曲」二管オケ伴奏版スコアその他もろもろ300ページ以上書いたと思います。そして11月以降相当ばてました。

 以前オペラをやった時と同じくらい大変だったと思うのに、オペラ作曲のときは激やせし、なぜか今回は逆に太ってしまいました。おかしいなと思って調べてみたら、オペラの時は一年間にヴォーカルスコアを165ページ、フルスコアを500ページも書いていました。ページ数で決まる訳ではありませんが、やっぱりオーケストラと比べてオペラはハードなんだということがわかります。昨年程度の作曲量でばててしまっては次のオペラを書く時大変ですから、今年は本気で体力をつけることに真剣に取り組まなければ。

 今年の作曲予定はテノールのための歌曲集、20分程度の音楽劇、室内楽曲(編成はまだ秘密)、パーカッション・アンサンブル作品、合唱作品集,ピアノ曲集など…。すでに予定を入れ過ぎとも言えますが、これ以上は増やさないで、散歩や運動、旅行など体を動かす予定を多く組み込んでいこうと思っています。

 世の中どんどん変化して今はツイッターやフェイス・ブックの時代。でも今のところ私にはそれらにあまり意味を見いだせないので、しばらくは公式サイトとブログ、YouTubeの三本立てで行きたいと思っています。今年は文章は短めでも何とか回数多く更新したいと思っていますので、今年もどうぞよろしくお願いいたします。



2011/1/5  16:06

投稿者:木下

rikiさん
今年もよろしくお願いします。
今年はオケはないので体力的には少し楽かな。
でも音楽を発想するのはどんな編成でも同じく
頭が疲れます。

2011/1/3  16:20

投稿者: riki

新年あけまして・・・・・、
今年も演奏会やブログ! 楽しみです。

それにしても、300とか500とか想像も出来ない世界で、ただただ尊敬してしまいます。

先生の人気を考えると(作曲の依頼が〜〜)相当、体力・抵抗力を増強しておかなければいけないですね。








コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL