白山市 視察旅行 その1

2011/2/24 | 投稿者: 木下

 2月末〆切の作品が3つも溜まっている上、原稿〆切2つをすっかり忘れていてピンチです。旅行のことをのん気に書いている場合ではありませんが…。

 2月16日に思い立って石川県白山市に行ってきました。白山市からの委嘱作品を書くための視察です。白山市役所からは予定を知らせるようにと随分前からご連絡いただいていたのですが、1〜2月は体調もやる気も今ひとつで、寒い中更に寒い所に出掛ける元気が出ずのびのびになっていました。しかし作品〆切は2月末なのでもう時間もないし、やはり実際に自分の目で市を見て肌で感じたほうがいい音楽を書けるだろうと急に出掛けることにしました。市役所や委嘱関係の皆さんが私の気まぐれな行動につきあって下さって、車で白山を案内してくださいました。関係者の皆さま、大変お世話になりました。

 白山市の中心・松任(まっとう)は穏やかな気候の豊かな街で、海にも面しています。もとは松任市として独立していたのが、6年ほど前に周辺のいくつかの市が合併して白山市になったとのこと。その結果南北に長くなり、海に面した松任や美川から有数の豪雪地帯・白峰までが同じ市ということになったようです。一時間のドライブでここまで景色が変わる市も少ないのではないでしょうか。

  滞在一日目は旅にこの日を選んで本当に良かったと思える晴天となり、車の中からもくっきりとした美しい白山を仰ぎ見ることができました。小松空港に迎えにきていただいて、まず美川へ。わき水の名所や海を見ました。この写真とは方向が違いますが、福井の東尋坊まで見渡せる澄み渡った空でした。

クリックすると元のサイズで表示します
冬の日本海とは思えぬ青い海

 次に連れていっていただいたのは獅子吼(ししく)高原。松任から30分もかからずに行ける所ですが、急勾配のゴンドラを上がると突然の銀世界が開け、スキー場と美しい白い山々が眼前にありました。

クリックすると元のサイズで表示します
スロープを滑り降りようとするスノーボーダーたちの後ろ姿

クリックすると元のサイズで表示します
手取川が長年かけて形成した扇状平野を一望。かすんで見える日本海

クリックすると元のサイズで表示します
雲1つない青空にパラグライダーが浮かんでいました。
 
 獅子吼からの素晴らしい景色を満喫できただけでも白山市に出掛けた甲斐があったというものです。よく旅行する私でも、とりわけ印象に残った青い空と美しい白い山々でした。この高原のふもとにはいろいろなレジャー施設や文化施設があり、その中のひとつ「獅子ワールド館」というのを見学しました。世界中の獅子頭、獅子面が飾ってあってなかなか見応えありました。

クリックすると元のサイズで表示します

 写真だとよくわかりませんが、日本一の大きさを誇る夫婦獅子だそうです。一日目の視察はまだ続きますが、そろそろ作曲に戻らないとまずいので、残りは次回に。



2011/2/26  17:08

投稿者:木下

そうですね。一人で回ったらこうはいかなかったと思います。

公式サイトの新しい表紙もご覧いただいてありがとうございます。
先日のコンサートの写真がとてもよく録れていたので
責任者の方の承諾をいただいてトップページに使わせてもらいました。

2011/2/26  0:12

投稿者: riki

地元の方の案内だと、一番の名所や穴場に連れていっていただけるのでしょうね。雪山や青い空、ホントにきれいですね〜〜。
お忙しいのに、記事を書いてくださって・・・・・・・
〆切前でハードな毎日を過ごされているのでしょうね・・・。体調をくずされませんように。
ホームページの新しい表紙、すごくいいです!!

2011/2/25  19:31

投稿者:木下

白山市の方でしたか。だったらきっと歌う機会があるのでは…。
そのときはよろしくお願いします。

2011/2/25  16:03

投稿者:増江 弘人

以前、文化ホールの 控え室へ押しかけたものです。実は、私も白山市の住人です。機会をみつけて、依嘱作品 歌わせてもらうよう 努力します。


コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL