特殊奏法

2007/7/14 | 投稿者: KINOSHITA

 きのうは代々木上原のMUSICASAという小ホールに行って来ました。初めてなので場所がわからずうろうろしましたが、ちょうどホールに向かうという学生さんたちについていって無事到着しました。こじんまりとした、でも立体的な作りなので聴くことに集中できる空間でした。100人くらいの演奏会によさそう。
 昨年、日本現代音楽協会主催の現代音楽演奏コンクールで優勝したフルーティスト・間部令子さんと、作曲家・森山智宏さんのピアノによる夕べだったのですが、とても充実した面白い演奏会でした。プログラムは湯浅譲二、近藤譲、鈴木輝昭、福井とも子、そのほかオール現代音楽作品。
 間部さんは若武者のようなりりしい演奏ぶりで、音だけでなくその表情や動作にも緊迫感があって引き込まれました。今アメリカに博士留学中でこのコンサートのための一時帰国のようですが、今後きっと大活躍なさるのではないでしょうか。森山さんのピアノは手の大きい人らしくがっしりと安定した厚みのある音ですが、音色や音量のコントロールがうまいのでフルートとのバランスもよく、変化に飛んだ知的な演奏でした。
 フルートの特殊奏法を一度にまとめてあんなに聴いたのは初めてです。でもフルートの音色って柔らかいので現代音楽に向いているかも知れません。これを音量の大きい楽器でやられると相当頭が痛くなるかも知れませんが、フルートだと思い切り奇抜なことをやっても美しくまとまります。
 CDで聴いている曲も多かったですが、実演だとまたイメージ変わるものですね。どの曲も聴き応えありましたが、かずかずの特殊奏法の嵐のなかで、ほとんど特殊なことをやらなかったのに音楽が個性的だった近藤譲さんの曲が却って印象に残りました。福井とも子作品の明るい凶暴性もかっこよかったです。
 秋に間部さんに新作を演奏していただくことになっているので楽しみ。

クリックすると元のサイズで表示します

人気blogランキングへ



2007/7/15  23:54

投稿者:Fukushima

木下先生も、フルートのための作品を作曲なさっていらっしゃるのですよね。やはり、特殊奏法を散りばめた美しい作品ですか?
僕は、フルートにたいして、日本の篠笛や、龍笛の(持っている緊張感の)イメージを重ねてしまいます。
先生のフルート作品を楽しみにしています。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL