悩み相談

2007/7/15 | 投稿者: KINOSHITA

 フリーランスの利点は、先輩や上司がいないから人間関係のごだごに巻き込まれずに作曲に専心できて精神衛生上いいことですけど、逆にいえば人間関係が狭まるから情報源が限られるし、悩んだときに相談する同業の先輩もいなくて孤立しやすいともいえます。
 私がホームページやブログをやっているのも、世代に関係なくいろんな方と音楽について話し合えるオープンな場を作りたいというのが大きい理由でした。こうやって公開していると思いがけない所から思いがけない作曲依頼が来たりすることもありますし。
 今まではそれで順調にいっていたのですが、今年からもう少し積極的にと一歩踏み出した途端、悩みごとも増えてきました。若いうちならともかく、大人になると親身に相談に乗ってくれる人ってなかなか見つからないんですよね。

 ところがラッキーなことに先輩作曲家Kさんとたまたま電話でお話しする機会があって、仕事上の悩みを聞いていただきました。Kさんは某音大教授、いろいろな団体の理事も務め、作曲家としても大きい賞をとったばかり、息子さんも大学をりっぱに卒業というスーパーウーマンですが、とても気さくで夜中の2時くらいまでああだこうだと相談に乗ってくださいました。やはり同業の作曲家の先輩のアドバイスはとても重みがあります。ここのところずっと悩んでいたことが、電話以来ふっきれて前向きになったような・・。

 作曲家の会には2つほど入っていますが、たまに演奏会に出品する程度で活動に深く関わったことありませんでした。作曲家だけ大勢集まっても仕方ないでしょうというクールな考えでしたが、今回ちょっと考え変わりました。同業ゆえに助け合えることって少なくないかもしれません。

写真は地元文化園に展示されている北村西望シリーズ。

クリックすると元のサイズで表示します

人気blogランキングへ



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL