花火大会

2007/7/28 | 投稿者: KINOSHITA

 きょうは隅田川花火大会ですね。
昔、気の合う連れ合いがいたとき、よくいろいろなイベントに出掛けたものです。春ならお花見、夏は花火大会や朝顔市や各種お祭り、秋は紅葉狩りやら遠出の旅行、冬はX'masパーティや初詣やスキー。楽しいことがたくさんあったなあ。ま、今は部屋で作曲しているほうが楽ですけど・・と言ってみる。

 隅田川花火大会も当然行きました。懐かしい〜。今でもあの雰囲気は忘れられません。駅に到着したときからすでに人だらけ。人の波の中を相棒とはぐれないように気を付けながら半歩ずつそろそろ歩く感じで、通った道の風景なんて全然覚えてません。お花見会場に近づくにつれて火薬の匂いが強くなり「ド〜ン、ド〜ン」という花火を打ち上げるときの音が大きくなっていきます。遠くから見ると風情ありますが、ハッキリ言って近くだと花火って音も匂いも大砲を撃っているのと同じです。

 所々にやぐらが立っていて、そこから警察官が将棋倒しなど起きないように人の波を見張っていて、ときどき拡声器で「そこ!立ち止まらないでどんどん歩いて!」みたいに檄を飛ばす。言われたほうはおろおろしながら火薬の匂いと「ひゅるるるるどか〜ん」という砲声の中を人混みに揉まれて汗だくで右往左往する。戦火を逃げまどう難民の群って感じですね。

 やっとのことで川岸のすみっこに場所を見つけてしばらく花火を見るのだけれど、花火って現場だと真上に上がるんですよね。上がるたびに真上を見上げているうちだんだん首が痛くなってきて、そのうち3発に一発くらいしか見上げなくなってしまうんです。とにかく火薬の匂いが強く音が大きく、首が痛くて人混みで汗だく。でもそれが却って強い思い出となって残っているのだから面白いものです。
 近くの立派なホテルに部屋をとって、窓から見える花火を肴に冷えたビールを飲む、あたりが一番スマートなんでしょうが、そんな楽をすると案外思い出に残らないのかもしれません。

 花火の写真はひとつもないので、文とは全然関係ない地元池。来年は花火撮影トライしてみようかな。

クリックすると元のサイズで表示します

人気blogランキングへ



2007/8/1  23:31

投稿者:KINOSHITA

埼玉県の三郷の花火大会に車ででかけたときは、帰りに大渋滞になって夜中まで動きませんでしたっけ。
花火大会はテレビで見るのがいいかも。

2007/7/28  23:28

投稿者:hiromi

花火大会の話、うんうんと頷きながら拝読しました。
遠巻きにして涼やかに眺めるよりも、汗まみれに
なって体験した方がよほど心に残るんですよね。

花火はなぜか遠い日を思い出させます・・・しみじみ。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL