Brand New Words

Hideki Matsushima's Web Site

 

Profile

岩手県盛岡市出身栃木県宇都宮市在住 景色や空気感を縁取るような歌。1990年代より小さくもソングライティングを始める。 「無風状態」「The Low Rank 1300cc」「North Salon Music」「Nova Zipang」など様々なユニットを経て、その蓄積された音楽性を頼りに、2006年からはカタカナ表記に命名しソロ活動を始める。 生楽器中心の音楽に系統し、歌とアコースティックギター1本もしくは小編成スタイルで活動。 県内外数々のミュージシャンとのセッションを経てそこから生み出されるプレイの旨味というものを知る。オールドタイム、アメリカンルーツミュージック、ブラジルのボサノバを好むも様々な音楽のテイストでオリジナルからカバーまで歌う。cafe饗茶庵「花蓮」にて2004〜2010年にかけて年一回「花蓮の夜」企画ライブを監修し様々なアーティストと共演。2010、2011、2012年は2tree cafeにて、bright bright our music concert企画を主催し元ハミング・キッチンのシンガーのイシイモモコと共演。2012年にはシンガーソングライターの小野一穂と共演を果たす。2014年、福島県いわき市の海岸林の復興プロジェクトアルバム「木を植える音楽」に参加。 2016年から放浪楽団と演奏を共にしている。自主レーベルPhonolite Recordより4枚のALBUM「FOLK」「36°5(サンジュウロクドゴブ)」「EverythingAndBrandnewWords」「organ」を発表。珈琲豆とギターをバックに詰め込み各所を渡り歩く。

放浪楽団

recording photo

2nd 4th

archives

RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:マツシマヒデキ
netwarpさん、お久しぶりです。
書き込みありがとうございます。
お元気でしたか?
6月の饗茶庵での「梅雨の花蓮の夜」
の企画の時はホントにお世話さまでした。
文化の日の花蓮の企画もおもしろそうですね。
また新しい演出に期待しています。
投稿者:netwarp
お疲れ様でした。
私も行きたかったですが所用で行けず残念です。
次回、期待していますね。

http://netwarp.seesaa.net/
投稿者:マツシマヒデキ
こちらこそ、ありがとうございます。
一つ一つの演奏の場で、感じることや、学ぶこと、今後、磨きをかける部分などが自然と見えてきます。ママンは、あそこにずっとあってほしいお店です。お互い末長く続けていけたらいいですね。
投稿者:a la bonne maman
昨日は、お疲れ様でした。マツシマさんの
人柄が表れ、あたたかくゆったりとした
空気の流れるライブでした。オオクボ教授、
エビハラさんにも、心よりお礼申し上げます。また是非、このような機会を持てたら
いいですね!ありがとうございました。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ