2019/5/20 | 投稿者: huamiee

黙々と仕事オンリーの日々を送っています。


今日、私がデザインしたオリジナル新商品が中国から届きました。


クリックすると元のサイズで表示します


さて…

どうなるか。



2
タグ: ウィッグ

2019/2/16 | 投稿者: huamiee

ヘアアクセサリーとウィッグショップという職業柄、
ご来店されるお客様に「薄毛や白髪の悩み」をお聞きし、日々会話しています。

「髪は女の命」といいますが、それは黒髪だけではなく、
外見の変化に抗わない「グレイヘア」もとてもステキです。
白髪から淡い色でのカラーリングは、かなり上級なおしゃれですよね。

お客様の中には、染めるのをやめてグレイヘアに挑戦しようという方が多く、
「切り替え期間中にウィッグを使いたい」というご要望をよく伺います。

そんなお客様との「グレイヘア美人談義」で盛り上がった、
美人の共通点を店主主観で書き出してみます。


■「麗しいグレイヘア美人」の条件■(店頭調査と店主主観)

◇メンテがしっかり行き届き、艶のある髪である。
◇姿勢がよい。
◇顔回り(フェイスライン・眉・ヘアスタイル)がすっきりしている。
◇歯がきれい。
◇身だしなみとしての必要最低限の基礎メイクはきちんとしている。
◇着こなしに個性があり、品がある。
◇話し言葉が丁寧。
◇生活にゆとりを感じる立ち振る舞い。
◇聡明と知的なオーラがある。
◇考え方に筋が一本通っている(自立心がある)。
◇リスペクトしたい魅力をもっている。


グレイヘア美人になるには、
普通に染めている人よりさらに高みのある、
【セルフプロデュース力とセルフメンテナンス力】
が必要だと思います。

そこを突き抜けている方こそが、思わず振り返って見とれる、
「麗しいグレイヘア美人」だという気がします。

目指せグレイヘア美人!


私は美人条件が満たないため、まだしばらく染め続けます……。
1

2018/8/28 | 投稿者: huamiee

私は10代の頃からフライト下降時の気圧が苦手です。
顔面を金槌で殴られ、耳から電動ドリルでえぐり回されてる苦痛。

鼻抜きや耳栓も効かず、狭い座席で白目剥きながら耐えに耐え、
飛行機を降りてからもその日は耳の聞こえが悪く、フラフラなことが多々でした。



が。



前回の旅行から、強力な旅の友が!!!

それがこの2点。

クリックすると元のサイズで表示します
ブレスケア。普段からの嗜好品。

クリックすると元のサイズで表示します
点鼻薬。安いので十分。

「耳がだめなら、鼻通せ。」な発想で。

フライト中、耳がぶーんと言い出したなーと思うと、つかさずブレスケアを一個。
スーッと鼻が通っていきます。気分もリフレッシュ。

そろそろ下降体制にはいるなーって時間に点鼻薬。
連打するとよくないらしいので、とどめの一撃に。

これでもう、鼻の穴全開体制。どんどん下降してくれたまえ。

着陸まではブレスケアをおつまみおつまみしながら鼻通りを維持。

すると、まったくあの激痛がなく着陸できるのです。
個人差もあり、独自の打開策ですが、私は座席でムンク顔レベルのひどさだったので、
本当に助かりました。

着陸時にひとり極限の痛みと戦ってる人はぜひお試しください。
2

2018/8/13 | 投稿者: huamiee

今回浦東空港から上海に入り、一日市内滞在、翌朝虹橋から7:10の済南行きというスケジュールでした。

さて、虹橋への移動方法、日中はいくらでもありますが、
早朝チェックインするのに動いている公共機関はほぼ皆無。
タクシーをアテにして、つかまらなかったら焦るし。(呼び出せる人うらやま)
一日市場を回るのにカートは周辺のホテルに預けたい。
しかし市場と空港は距離がある。

調べると、自分的ベストポジションな立地に虹橋空港行きの宵バス路線がありました。
中国のバスは停留所単位の時刻表はないので、発車時刻が確実な始発駅から乗り込むことにした。

クリックすると元のサイズで表示します
延安東路中山東一路 320路 百度地図ストビューで確認すべし。

パイナップルビル(ウェスティン)の一本外灘側の四川中路を延安東路の信号を豫園方向に渡って
左側、定刻(私は4:20発)前、バス停の数m手前にすでに320路と316路が待機しています。
2路線は別ルートですがどちらも虹橋空港終点です。私は320路を選択。
バス停の看板横で待っていると、定刻直前にエンジンがかかり、車内客席の電気がつくけど、目の前には来ない模様…あわてて停車してる位置まで数m小走り。中国あるある。
そもそも、「ほんとにこの時間のバスあんの…?来るの?」って思ってたくらいなので、元々待機してくれてただけでもハッピー安心感満載。

ちなみに私は信号向かいの創業酒店というホテルに泊まる。
外灘界隈を象徴するとても伝統あるレトロアンティークな外観。(盛ってます)
中は雑居ビルっぽいつくりで、玄関からフロント着くまで若干迷路。しかし気にしない。


で、定刻にバスは外灘をUターンして金陵東路を通って虹橋に向かいます。
この時間の乗客はほぼ空港関連勤務の人で、警備や作業着姿のガテン兄やんズや事務っぽいお姉さんが各停留所からドヤドヤ乗り込んできます。
車内は折りたたみ自転車でいっぱい。
で、勤務先で降りると、自転車を一瞬で組み立て、バスが発車するより先に、ビャーーーっと去っていくのでした。
それがめちゃかっこいい。
空港って広い敷地だがら、バス停から勤務場所が遠いんですね。自転車便利。

そして無事余裕のチェックイン。
初めての虹橋空港でしたが、最近リニューアルされてて、とてもきれいでした。


上海初渡航から13年目にして、初めてリニアに乗った。
はやい、めちゃはやい。発進時、一瞬浮遊してからの加速がすごい。
こんな乗り物が昔からあるとか。文明の流れが早い、速い。日本のおばちゃんついていけんわー。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
1

2018/7/3 | 投稿者: huamiee

検索してもあまり情報がでてこないので、乗られる方にメモ。

北京首都国際空港のターミナル2(T2)国際線へ。
亮馬橋、日本大使館付近から朝6:40頃タクシー乗り込み。
すこし混んでいた箇所もあったが、ほぼスムーズに30分程度で到着。

着くとすぐに荷物検査を通る。

そして東方航空のカウンターへ。Gだった…かな。
ちょうどトラピックスの団体さんが10人くらいいた。
ひとりでの帰国だったので、日本語(関西弁)の会話が聞こえてくるのはとてもありがたい。

カウンターに荷物を預けると同時に預ける荷物のセキュリティチェックがあり、
引っかかると、カウンターの後ろまで直接入って、かばんを開けさせられる。
ひっかかったおばあちゃんオロオロ。

で、目の前が90番専用搭乗口。
ここで時間があるなら、搭乗口に入る前に朝飯食べることをおすすめします。
30分もあれば、なんぞお腹にいれれます。
入り口から搭乗口まですぐ。スムーズです。15分かからない。
そして一旦入ると、搭乗口までおそろしいほど何もない。自販とトイレのみ。


この日のMU0277は2時間遅れだったので、余計にぼけーぼけーとする時間ありすぎ。
腹減りすぎ。

そして、搭乗。
めっちゃ空いてる〜と思ったら、しばらくして煙台までの国内線利用の客が乗り込み、
ほぼ満員で出発。

煙台到着。
手荷物すべて持って、全員が一度降りる。
大阪行きの人は、降りたらすぐの通路で
「だーばん!だーばん!」と案内がかかり、
その陸姐に手を差し出すと、えんじ色のチケットをくれて、通路を左折(Uターンぽい)。

そして、小さな税関を通り、その後何も考えずに進むと、煙台から乗り込む客が待機してると搭乗口に合流する。
えんじ色のチケットは回収される。

煙台での待機時間は、トイレにいってwi-fi繋いで、微信を一通送る、
おもむろに空港の写真を撮る。くらいの短時間。
そして何もない。

再度搭乗して元の自分の席に戻り、出発。
そんな感じです。


ここからは機内の雰囲気を。

機内食サイドメニューのメンマのキムチ?の味付けが謎。

中国系航空の行きの機内食は日本製造なので普通にいただくが、帰りはミステリー。
旅行中、大陸では何食べても美味しいのに、空メシ、もうちょっとなんとかできんものか。

そして空姐不機嫌。愛想というサービス概念がない。特に対日本人には。

「鶏肉牛肉(じーろうにゅーろう)」と聞かれて、つたなく中国語で答えると、
「はぁ?」何言ってんだ的な返しで、心を折られる。

搭乗する時点で日本人って察して、「チキンオアビーフ」扱いしてほしい。
いや、どうせ「は?」って言われるなら、今度は「んじゃ、かしわで!」って言う。

周りには氷入れて、私のコーラだけ氷なしとか。
低姿勢で「加冰〜」ってお願いしたら、
「ああん?要るんかい!」と、小さい一カケラをポロンと。
焼け石にに水。
小さな氷にぬるいコーラ。

朝から何も食べてないのに(15時半時点)こんなやりとり。

ヨーグルトのアルミの蓋が固くって、やっと開いた!と思ったら、
隣のお姉さんの黒いTシャツにピチャ!!っとかかってしまって、平謝り。
居心地悪くヨーグルトをスプーンで食べながら左サイドの少女を見ると、ミニストローを挿していた。
あぁ、中国ってヨーグルトは飲み物だと思いだす…。すでに遅し…。

さっきのツンツン空姐が押しているカートの前方の扉が開いてしまう珍事発生。
食べカスやら器やら、狭い通路にガラガラガッシャーン。
本人は拾うに拾えないので、周辺の客に助けてもらってる。
さすがに恐縮する表情が見えて、ちょっと可愛かった。

そしてそのカートの上にはなぜかボロボロのエースコックのワンタンメンが。
思わず二度見。

空姐、お湯を入れたカップ麺をそーっと持って再登場。
お渡しした客はまさかの日本人のオヤジ。
二度、二度見。

持って帰るのがイヤなのわかるけど。

列車でカップ麺食べる中国人も機内では遠慮してるのではないかしら。
カップ麺はビジネスの空メシかLCCの機内販売かでお願いしたいー。

エースコックの匂いが漂う当機は無事関空到着いたしました。
それもこれもリーズナブル最優先ゆえ。
無事に着陸すれば、オールオッケーでございます。
2




AutoPage最新お知らせ