2020/2/11 | 投稿者: huamiee

11月末に60代後半の女性が、
「仕事場の保育園の給食室で使うかわいいエプロンを2枚仕入れてほしい」
と言って、予算をお聞きました。
同時に店内のお洋服を2枚気に入っていただき、一週間後にまたエプロンの結果を聞きに来るので、
それまで取り置いててほしいと。

お名前と電話番号をお聞きして、快く承知しました。
そして定休日に問屋をまわり、気に入っていただけそうなエプロンを探して、画像を何点か用意しました。

そして一週間がたち。

いらっしゃいません。


もう数日待って、伺っていた番号に電話しました。

すると、娘さんらしき人がでて、
「あー、お母さんからその話聞いてますわ。服を取ってもらってて、エプロンをお願いしてるのも知ってます。
 せやけど、あれからすぐ入院してしまいましてん。」
と。

「そうゆうご事情でしたか。
お嬢様におっしゃっていただいてたなんて、
お母様、ご病気なのに、うちの店のことを気にかけていただいてたのですね。
取り置きの服は申し訳ないですが、店頭に出させてもらいますね。
エプロンのご入用は春だってお聞きしてたので、
また良くなられたらいらっしゃってくださいとお伝えください。」


年が明け、昨日そのお客様がやってきました。
お顔は覚えてなかったけど、
「エプロンを探してもらってる」と言われ、すぐにわかりました。
「あぁ、ご入院されてたらしいですね。娘さんから聞きました。
大丈夫でしたか?もう治られたのですか?」と尋ねると、

「あ、そうそう、入院してて」とおっしゃるのも早々に、マネキンの服を
「この服いいね、置いといて。」と。

そして、自分のバッグからエプロンを出し、
「このヒモ部分が細くて使いにくいから直したい。こっちのかっぽう着は前にスリットをいれてほしい。」
とお修理依頼。

「ごめんなさい、うちはミシンもないですし、お直ししてないです。
3Fにリフォーム専門店がありますから、そちらにいってみては?」とご案内しました。
すると、「そこ、お金とるんでしょ?」と。
「??ええまぁ。修理店なんでお代は頂戴しますよ。もちろん。」
「ま、一度みてもらうわ。じゃぁ、その服置いといて!」と。

そのあとすぐに別のお客様がいらっしゃったので、
「はーい」と返事して、接客に戻りました。
リフォーム屋からすぐ戻ってらっしゃるのだと、服をレジの中でお預かりして待ちました。この時点で昼過ぎ。

そして閉店時間となりました。

なんとなく「ははーん」と思った節があるので、以前聞いていた番号に電話しました。

するとまた娘さんがでました。

「お母さんから聞いてますわ。
あのあとリフォームの店探すの大変でうろうろ難儀して、
もう5時半までかかったんや!あんた3階か4階にあるゆーたけどなかったで!
せやからもうしんどなって帰ってきたわ。
……って、お母さんが言ってましたわ。
……ほんで、今まだバスの中やってゆーてましたわ!」



ちーん。



「あの。
そしたらこれだけお母様にお伝えください。
お日にちこえてのお取り置き、お受けできなくなりましたので、
店頭に出させていただきます。」

「はいはい、あの服ね。かましませんよ。」


プチッ。

もう電話切りました。


娘とか入院してたとか。
まんまと信じてしまいました。
自作自演できる人ってこうも平気で嘘がつけるものなのか。

この件で、金額的な損金はないけれど。
購入まで至らない接客はプライスレスなんだろうけど。

店側の真心と誠意を盗まれた気がしてならないのです。
4

2019/9/27 | 投稿者: huamiee

リンロンフワミー独自WEBSHOP【huamiee.jp】を、2019年9月で営業終了することにしました。
14年間、たくさんのお客様にご注文いただきました。
中にはお友達のようにメールのやりとりをさせていただいたり、遠方から実店舗にご来店くださった方もいらっしゃいました。
本当にありがとうございました。

ネットショップを始めた2005年から現在までに世の中はずいぶんと変わりました。
今後さらに進化していくWEBの世界で、私の変わらないスキルでは対応しがたいと判断したしだいです。


今後は、楽天市場のリンロンフワミー(https://www.rakuten.co.jp/huamiee)を継続してまいります。
FacebookもInstagramもかじってみましたが、セルフプロデュース力に欠ける私にはなかなか難しく…。

そんな宣伝無精なフワミーをWEBで探し出してくださって、実店舗まで足を運んでくださるお客様のなんとありがたいことか。
「この商品で救われたんです」「店をやめられたら困ります」と直接言葉をかけてくださるお客様が、
私にリアルな「いいね」をたくさんくださいます。
本当に幸せなことです。

huamiee.jpは幕を閉じますが、今後とも楽天リンロンフワミーと実店舗をよろしくお願いいたします。

ウィッグ&アクセサリー リンロンフワミー
大阪府吹田市朝日町2-215 さんくす名店街2F
10:30〜19:00 水曜定休(買い付けによる長期休業あり)

クリックすると元のサイズで表示します
ネットからのお客様が「ずっと見てたモデルがいる!」といって
めちゃくちゃ驚いてくださるのが最近の生きがい(笑)


新商品も好評販売中です。

3

2019/5/20 | 投稿者: huamiee

黙々と仕事オンリーの日々を送っています。


今日、私がデザインしたオリジナル新商品が中国から届きました。


クリックすると元のサイズで表示します


さて…

どうなるか。



2
タグ: ウィッグ

2019/2/16 | 投稿者: huamiee

ヘアアクセサリーとウィッグショップという職業柄、
ご来店されるお客様に「薄毛や白髪の悩み」をお聞きし、日々会話しています。

「髪は女の命」といいますが、それは黒髪だけではなく、
外見の変化に抗わない「グレイヘア」もとてもステキです。
白髪から淡い色でのカラーリングは、かなり上級なおしゃれですよね。

お客様の中には、染めるのをやめてグレイヘアに挑戦しようという方が多く、
「切り替え期間中にウィッグを使いたい」というご要望をよく伺います。

そんなお客様との「グレイヘア美人談義」で盛り上がった、
美人の共通点を店主主観で書き出してみます。


■「麗しいグレイヘア美人」の条件■(店頭調査と店主主観)

◇メンテがしっかり行き届き、艶のある髪である。
◇姿勢がよい。
◇顔回り(フェイスライン・眉・ヘアスタイル)がすっきりしている。
◇歯がきれい。
◇身だしなみとしての必要最低限の基礎メイクはきちんとしている。
◇着こなしに個性があり、品がある。
◇話し言葉が丁寧。
◇生活にゆとりを感じる立ち振る舞い。
◇聡明と知的なオーラがある。
◇考え方に筋が一本通っている(自立心がある)。
◇リスペクトしたい魅力をもっている。


グレイヘア美人になるには、
普通に染めている人よりさらに高みのある、
【セルフプロデュース力とセルフメンテナンス力】
が必要だと思います。

そこを突き抜けている方こそが、思わず振り返って見とれる、
「麗しいグレイヘア美人」だという気がします。

目指せグレイヘア美人!


私は美人条件が満たないため、まだしばらく染め続けます……。
1

2018/8/28 | 投稿者: huamiee

私は10代の頃からフライト下降時の気圧が苦手です。
顔面を金槌で殴られ、耳から電動ドリルでえぐり回されてる苦痛。

鼻抜きや耳栓も効かず、狭い座席で白目剥きながら耐えに耐え、
飛行機を降りてからもその日は耳の聞こえが悪く、フラフラなことが多々でした。



が。



前回の旅行から、強力な旅の友が!!!

それがこの2点。

クリックすると元のサイズで表示します
ブレスケア。普段からの嗜好品。

クリックすると元のサイズで表示します
点鼻薬。安いので十分。

「耳がだめなら、鼻通せ。」な発想で。

フライト中、耳がぶーんと言い出したなーと思うと、つかさずブレスケアを一個。
スーッと鼻が通っていきます。気分もリフレッシュ。

そろそろ下降体制にはいるなーって時間に点鼻薬。
連打するとよくないらしいので、とどめの一撃に。

これでもう、鼻の穴全開体制。どんどん下降してくれたまえ。

着陸まではブレスケアをおつまみおつまみしながら鼻通りを維持。

すると、まったくあの激痛がなく着陸できるのです。
個人差もあり、独自の打開策ですが、私は座席でムンク顔レベルのひどさだったので、
本当に助かりました。

着陸時にひとり極限の痛みと戦ってる人はぜひお試しください。
2




AutoPage最新お知らせ