2013 中国5都市まわり その2

2013/9/24 | 投稿者: huamiee

クリックすると元のサイズで表示します
北京・月壇公園の門です。
公園内にははいったことないけど、北京にきたら必ず通る場所。
北京といえば天安門ですが、今回は地下鉄で通りすぎただけでした。
天安門を見れば「北京にきたな〜!」、東方明珠を見れば「上海にきたな〜!」って
感慨ひとしおにふけるのですが、今回の旅はどちらも見れず。

初日は朝5時半に自宅出発、午後2時ごろホテル到着して荷物を置いて速攻2時間の仕入れタイム。
市場なので5時には閉まっちゃうのです。今回の仕入れからはヘアアクセサリーのみに徹することにしたので、今までの仕入れ時間より随分短縮できます。
その後、娘たちと5時半に大学の門前で待ち合わせたのですが、30分の遅刻…ごみん。


2日目は朝ごはんからケンタッキーのバーレルを食べて(我が家では日本では食せないものひとつとして数えられている)、ベトナム旅行にいく娘たちと別れ、開店から閉店まで市場で仕入れです。
夕方から北京の秋葉原的電器屋街にもいってきました。
タブレット、スマホ市場はアップル社製品が圧倒的に多く、呼び込みはピンゴーピンゴー(林檎)の連呼でした。
今回の出張に便利なようにタブレットデビューしたのですが、HUAWEI社製で、そのケースがほしくて、電器屋街までいったのですが、見事惨敗、どこにも売ってませんでした。
中国メーカーなのに、なんで中国で売ってないんだよう。

そして疲れただけの電器屋街散策からホテル、空港へ。
北京オリンピック開催から地下鉄で空港までいけるのでとっても便利。
車窓からこの上ないほどの夕日が見れたのに、シャッターチャンスを逃してしまいました。

21時の国内線で北京を離れ、次の街へ移動。22:30着。
空港からのリムジンバスが市内の便利な場所に到着するので、そこからはカートを引いて徒歩約15分。
夜中の15分はちときつい。ホテルについたのはてっぺんまわってました。
歩いていたときに見つけていた2時まで開いてる火鍋の店で遅い晩御飯食べました。


クリックすると元のサイズで表示します
すごくまずそうに見えるがおいしいお鍋でした。麻ラーのだしが辛かった。


クリックすると元のサイズで表示します

!!!!

いつのまに鍋チェーン店を展開していたのだ、うちの娘は!!

運命を感じるお店からでたのが2時。

次の日は朝7時に市場到着、仕入れスタートです。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ