北京・武漢11最終回

2014/6/30 | 投稿者: huamiee

中国版ぐるなびの【大众点评】で調べた武漢の湖北料理の店にいってみることにした。

クリックすると元のサイズで表示します
ステキ店構えすぎて気遅れする日本人。
やばい、ドレスコードあるんではないだろうか。私デニムですけど。

クリックすると元のサイズで表示します
昨日閉店後に来てしまい、次の日気合をいれすぎて開店前に到着、あら人がいない。
内装もステキすぎ。やばいきんちょーする。

と、とりあえず高級料理店ではまずお茶を頼まなければいけません。
それがレディーのたしなみというものです。
以前老舗餃子店で「お茶いらん!ビール!!」って言って服務員に怪訝そうにみられたので
今回はちゃんと頼むぞ。しかし高いのよ、お茶って。ビール何瓶も飲めるのよ。

クリックすると元のサイズで表示します
きましたー。梨のお茶。クコの実や白きくらげ?など漢方的なのもたくさんはいってる。
お茶自体は…りぷとん…。やるな、さすが。
紅茶のようにシロップいれて飲んでねって。ほう。

で、飲んでみると「うまーーーーー(*゚▽゚*)ーーーーー」
もうお湯どんどこ足しちゃうもんね。これはハマる。
お茶の世界は知らないが、正統な高級茶葉よりこんなカジュアルでフルーティーでゴージャスなお茶のほうがとっつきやすい。
デザート的な感じ。食前ですけど(笑)

もうちょっと年とったら、お茶出して、サロン的なウィッグ屋したいなー。
頭皮に効くお茶。ほうれい線に効くお茶。更年期に効くお茶。五十肩に効くお茶〜。
うーん、夢がラグジュアリー&切実すぎるー。

クリックすると元のサイズで表示します
それにしてもステキ料理店よ。
床になんにも落ちてないわよ。枝豆の皮とか。串だとか。すいかの種だとか。
猫とかも寝てないわよ。

クリックすると元のサイズで表示します
こっちはVIP個室。富豪さんたちのお部屋ねー。
と。キョロキョロしている間にお料理がきた。さすが本日第一号のお客。

クリックすると元のサイズで表示します
【名物その1】小米蒸排骨。 竹にはいった粟のお粥チマキみたいなの。中に鶏肉やうずら玉子がはいってる。
あっさりしたお味でもったりした感じ〜。
40cmくらいの竹筒にはいってるので、正直これ一品だけで腹いっぱいになるデカさ。

クリックすると元のサイズで表示します
【名物その2】牛肉豆皮。ぐるなび評価の高かったお料理。「これ食べないでどーする」的な。
パリパリの皮の中に、チマキがびっしり敷いてある。しまった、炭水化物祭りだー!!


クリックすると元のサイズで表示します
【名物その3】茶树牛柳。小枝みたいなのは歯ごたえのあるキノコだと思われ。
これおいしかった。おすすめ。

クリックすると元のサイズで表示します
【名物その4】豆腐园子。出たー!!!さらに米料理だったー!!それもゲンコツくらいある団子!!!私は梅の花的な豆腐団子をイメージしてたが、デカイ、重い!!

クリックすると元のサイズで表示します
お魚炒めもの。味は…忘れました。

で、ここはなにがすごいってゆーとお手洗いがすごい!!!
高級ホテルは別として、中国の料理店って結構いい感じのお店でもトイレはイマイチだったりするんですが、ここは最上級ハイクオリティなお手洗いでございました!!

クリックすると元のサイズで表示します
誰もいないので写メる。女子トイレ。右が個室。

クリックすると元のサイズで表示します
ステキー!!五つ星ホテルなら当たり前なんだろうけど、なんせビジネスホテル常宿な身なので…。浮かれるぅ〜。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
ここもトイレ内。

クリックすると元のサイズで表示します
トイレからエントランスに続く廊下を望む。。。

クリックすると元のサイズで表示します

武漢の主要駅のひとつ、ハンコウチャン。
今回の旅の記録はこれにて終了。
また新しい旅の記録を連載します。



1




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ