北京デー 食事編

2015/8/8 | 投稿者: huamiee

クリックすると元のサイズで表示します
今回は名古屋セントレアからの出国だったので、空港で味噌カツ。
初めてのアラブ機内食に期待大だったので、ビールと串セットにしました。
味噌カツうまー

クリックすると元のサイズで表示します
エディハド航空に乗り込み、「和食orアラビアン」でアラビアンを選択。
チキンと豆のトマトライスがメインディッシュでございました。
お味は想像通りな感じです。

クリックすると元のサイズで表示します
夜中の2時にホテルに着いて、次の日からは家族それぞれのお仕事で別行動。
私は息子に同行してもらって仕入市場まわり。仕入先の食堂でいつもの餃子と豚まん。

ホテルに荷物を置いてお仕事終了。息子とふたりで「いえー!日式焼肉だー!」
って勢いでホテルを出たものの、案の定「北京マジック〜広すぎてわかりません〜」に陥ってしまい、
亮馬橋近辺(日本大使館周辺)をウロウロ。
北京は何度も何度も来てるので、さすがにもう大丈夫だろうと思いきや、やっぱデカさが半端ない。
途中、大使館前の警備員や日産の前のお兄やんに道を尋ねたものの、
どうしても目的の焼肉屋「キング大志」にたどりつけない。
もっている雑誌の小さな地図といえば、棒線の通りに★マーク。
こんなんでわかるかーーーーーいっ!!
ここは日本人の多い街なので、「ちょっとー道教えてー!!」って大声だせば、
だれか振り向いてくれるだろうけど、ちょっとそれは恥はかきすてすぎるかなと。

どうして地図をスクショしておかなかったのか
どうして地図をスクショしておかなかったのか
どうして地図をスクショしておかなかったのか
どうして 以下略

頭の中が後悔の念でいっぱいの中、でかい日本大使館をすでに2周。
ホテルを出てから1時間半も徘徊していた。

歩けば歩くほど、焼肉食べたいという執念を消すことができず、ラッキーストリート(ステキストリート)の超超高級日式焼肉屋でお食事しているセレブたちをうらめしくガン見しながら(←いやらしい)一旦ホテルに戻ることを決意。
私のあいぽんはホテルでしかつながらないのだ。
「絶対うまい焼肉を食べてやる。」それだけがヘトヘトな親子が前に進める原動力であった。


部屋に戻ってとりあえずベッドにばたんきゅー。
気を取り直して、Wi-Fiで検索。うーん、確かに迷った道方向で間違いないんだけどなぁ。いろいろ調べていくうちに、なんとなんと、ホテルのすぐ近くに一軒ステキ焼肉店があることを知る。
その名は「まる福」。突然の救世主出現に沸き立つ親子。手をとって喜び合う。

その店は通り(麦子店街)にでて、本当にすぐにあった。駅とは反対の方向だったので今まで通らなかったのだ。

まる福のおかげで至福の晩御飯にありつけた親子でありました。
とりわけ、「厚切り牛タン」はめちゃくちゃおいしかったです。

クリックすると元のサイズで表示します

今回はうちの会社の別事業部のお仕事に便乗しての仕入だったので、
あとの二日はそちらのお手伝いデー。
社長と娘は夜までずっとお仕事だったので、3日目も息子とふたりで素敵ディナー。
息子が「北京ダックが食べたい」というので、またまた検索。
2駅向こうの駅前に老舗有名ダック屋さんがあるとわかりいってみることに。
昨日と違ってスムーズに到着。

大董北京烤鸭店
http://www.dianping.com/shop/509705
クリックすると元のサイズで表示します
2人ではまるごと一匹は多すぎるので、半分でのオーダー。
一応、店員さんに「食べ方教えて〜」とお願いすると、
息子が「それよく伝えられたね」って私の中国語が通じたのを褒めてくれました。
ほんの数年前まで、一家全員がこの語学力だけが唯一頼りだったではないか。と思いつつ。
いまやお荷物扱いに(笑)

クリックすると元のサイズで表示します
教えてくれた女性店員さんは息子が不器用に薄皮を巻くのを笑って見守ってくれました。
グラニュー糖をたっぷりつけた北京ダック、めちゃうま!!!
お皿の上のパンみたいなのも、パリパリの皮だけで空洞の中にダックを詰めていただきます。
やっぱり北京に来たら北京ダッグ食べるのいいですね。

クリックすると元のサイズで表示します
サービスでお出汁のようなスープがつきますが、これは別オーダーした苦瓜のスープ。うん。苦かった。

クリックすると元のサイズで表示します
サービスのデザート。柿のソルベと葡萄。おいしーっ。
葡萄の下からドライアイスのスモークがでていて、息子は「おおっ」っと感動。

クリックすると元のサイズで表示します
最終日は家族そろって、今北京で一番ハイソサエティなステキショッピングセンター、
藍色港湾にいって、韓国焼肉を食べました。
鉄板がななめになっていて、油を流す仕組み。
サムギョプサル、おいしかったでっす。


クリックすると元のサイズで表示します
帰りの機内食は日本食にしました(笑)
今回は不慣れな息子同行ということもあり、割高ステキ飯ばかりでした。

帰りのセントレアで世界の山ちゃんの手羽先を買って、無事帰宅。
そのあと店に出勤して2時間働きました。

以上食レポでした。北京風景・活動編へと続く。



1




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ