西安旅行 2日目 【広仁寺】

2016/5/8 | 投稿者: huamiee

今日は夕方までおひとり様行動。
私のこの旅の目的、「西安の千手観音様に会いに行く。」

調べると城壁西北の角「広仁寺」にいらっしゃると。
そしてそして、ここは私が以前から一度はこの目で見てみたいと思っていた、タルチョが棚引くチベット仏教のお寺なのです。
もう絶対いきたい!!!!
と西安行きが決まってから、兵馬俑より楽しみにしていました。

朝早起きしてお風呂入って、まだ皆さんお休みのドミトリー部屋をでました。
宿のある北大街から1駅の酒金橋で下車、そこからお寺まで徒歩です。
西安の城壁内はコンパクトだからうれしい。

クリックすると元のサイズで表示します
朝ごはん屋さん発見

クリックすると元のサイズで表示します
あったかいの汁ものが食べたかったので適当に鍋を差したら、でてきた食べ物。
「豆腐なんちゃら」。とろみがあって、お味は見た目より薄味でおいしくいただきました。

クリックすると元のサイズで表示します
豆腐なんちゃらより店内を見る。
うーん、大陸の朝だわー。

クリックすると元のサイズで表示します
広仁寺到着!!!!

クリックすると元のサイズで表示します
タルチョタルチョタルチョ!!!!
うれしいーーーーーーーーーーっ。本物だぁ。

クリックすると元のサイズで表示します
タルチョー(チベット語:དར་ལྕོག་ dar lcog)はチベットの五色の祈祷旗である。寺院や峠、端に見られる。
概要
五色の順番は青・白・赤・緑・黄の順に決まっており、それぞれが天・風・火・水・地すなわち五大を表現する。タルチョ、タルチョク、マニ旗、ルンタ(རླུང་རཏ་ rlung rta)すなわち風馬旗とも言う。風の馬が描かれている場合にルンタと特に呼ばれ、仏法が風に乗って拡がるよう願いが込められている。
(wikiさんより抜粋)

クリックすると元のサイズで表示します
ここにも!
クリックすると元のサイズで表示します
あそこにも!
寺院のいたるところにタルチョ。感動です。

クリックすると元のサイズで表示します
このロウソク、春節のときには寺院いっぱいに灯りがともされ、幻想的な雰囲気になります。

クリックすると元のサイズで表示します
ついにお目にかかれた千手観音様。峡西地方で一番大きな千手観音様なんですって。
ありがたや〜。オンバサラキリクソワカ。←御真言。

クリックすると元のサイズで表示します
建具の装飾もとても美しい。

クリックすると元のサイズで表示します
チベットの仏様もみれて、感激です。
有意義で素敵な朝の散策でした。
1
タグ: 西安 広仁寺




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ