いわゆる出没系健康食品の店でネックレスを買った人の話

2017/12/25 | 投稿者: huamiee

うちの店はアクセサリーの修理もしています。
本日朝一はネックレスを修理してほしいとの老婦人。
もってこられたものを見せていただくと、一見普通のプラスチック玉のロングネックレスの中のワイヤーが切れていました。

ご婦人がボソッと切り出しました。

「…これ、20万以上のものに見えますか」

「え…これ20万するんですか!!(正直、ワイヤーの端処理があまりに粗末)」

「買ってまだ3カ月なのに、その店に持っていったら、『納品業者に新品交換してもらえるか、無料で修理できるかもわからない』って言われて…。」

いろいろ聞いて、そのジュエリーショップ、20万の商品に対してアフターとかどうなってんだ…?って感じたところに、


「これ、健康食品の店で買ったのよね…」


で、でたーーーーーーーーーーっ!!!!


私、「(絶句)あたたたー…、それは…・・・。」

「年寄りばっかり集まって、健康の話聞いて、ついつい釣られて…。」

「…ティッシュもらって速攻帰る図太さがなければ、そうゆう店には一切関わらないほうがいいですよ。」

「私、お金ないのに、こんな高いの買ってしまって…」

「いえいえ、20万即買いなんて余裕あるからできるんですよ。本当に毎月ギリギリならご飯しか買えないですよ。」

「息子には絶対言えなくて…。怒られるから…。」

「確かに。言えないですね…(私が家族ならブチ切れるな…)」

「でもネックレス切れてから、肩の動きが悪くなったから、やっぱり効果あるんだと思う」

「…効果の実感あるならこれからも身に着ければいいですね。20万の価値ありましたやん。」

などなど、同情しつつ、慰めつつ、最後に、

「うちで修理すると、2時間ほどのお渡しで修理代は材料と工賃込みで2000円以下でさせていただきますよ。」

とお話したところ、

「え、1000円くらいでできると思ってた。」

とすぐに帰られました…。


ちーん…。


余談ですが、
正直、ビーズをワイヤーにデザイン通り一粒一粒通す作業は手間も時間もかかるんです。
1時間かかれば工賃は大阪府最低時給の909円は頂きたいです。
物品には多額のお金をかけても、サービスへの賃金の発生を理解してもらえないというお客様、結構多いです…。


あとから思ったのは、このご時世で、2000円でも20万でも200万でも、お金が払えるということは、それだけで本当に幸せなことです。
今、財布に入っているお金は、どこから派生した自分への対価で、その対価を自分はどこに流すのか。
他者が首をかしげることでも、自分にとって生きたお金の使い方ならそれでよし。
お金はそこそこ大事にして、老後に周囲に金銭の負担をかけない。これ大事。

そんなことを巡らせる2017年年末です。メリークリスマス。
7




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ