2012/2/13

新感覚癒し系魔法少女ベホイミちゃんと私  ○○と私
今回は『新感覚癒し系魔法少女ベホイミちゃん』。
やっぱり一番印象深い作品です。


クリックすると元のサイズで表示します
画像は大昔のもの。

アニメ『ぱにぽにだっしゅ!』の熱冷めやらぬ時期に颯爽と登場した
月刊Gファンタジー、つまりぱにぽにと同誌でのぱにぽにスピンオフ。
タイトルにある通り主役はぱにぽにで登場していたベホイミ。
そして、そのベホイミの背中を見つめる役割を持ったもう一人のベホイミ。

ぱにぽに9巻収録の魔法少女復活のエピソードを前哨として
コスプレから科学の魔法少女にクラスチェンジしたベホイミが
侵略者と戦う、というまた新しい切り口から始まる作品。
ベホイミの軍属であった?という設定はあくまでもバックボーンに留め、
魔法少女として戦うベホイミに視点を絞って描いていくのが魅力の1つでした。

そして彼女を盛りたてるのが、もう一人のベホイミ、鈴原未来の存在。
非常に綺麗なキャラクター。穢れを知らず、また自らの魔法少女という役割に疑問を抱かないという様は
まさにベホイミのカウンターとして存在するキャラクターだと思うのです。

本物の姿に憧れたベホイミ。
本物の心に憧れるベホイミ。

そんな感じで作用しあうダブルベホイミの物語……ってさすがに妄想が凄いことに。
思い入れがあったり気合を入れたりするとから回るのはいつものことですね。MGOPWしかり。


ぱにぽにでは学園群像である関係もあってあんまり深くは描写されない登場人物の私生活の描写(ベホイミぐらいだけど)や
鈴原未来が桃月第三小学校5年2組という設定になり(というか外見がぱにぽに6巻登場のモブから採用されていたりして)、
ぱにぽに小学校編をフォローする要素もあるのが美味しいところです。


1巻ではその大半をドクロ仮面の姿で過ごすなどといった破天荒な展開をしたりしていました。
いよいよか?というすごい良い所で茶々が入ったり、
ベホイミが二人いるのが気に食わないという方と意見がぶつかりそうになったり。
色々ありました。
でもそれらを爆発させるベホイミ復活のエピソードは今でも鮮烈に心に残っているのです。

今現在、氷川へきる先生の作品のシナリオの着地点に対して
盲信と言っていいレベルの信頼を抱いているのですが、
やっぱりここのカタルシスが素晴らしかったからだと思うのです。


あと1巻初回版のおまけの偽設定資料集がまた凄いこだわりで、
しかもちゃんと「ベホイミちゃんのベホイミ」とか描かれていたりして
本当に動くところ見てみたかったなーとか思うのでした。


2巻では『変身』をテーマにダークベホイミや羊の呪い、男装、
麻生先生の魔法少女衣装、マーメイドプリンセス登場やその変身、
そしてぱにぽに4巻のスーパーベホイミの再登場などなど
ツボをつく展開が続くのです。

麻生先生の魔法少女衣装に歓喜したり、
ヒステリブラ初代同人誌のMGOで洗脳ちびベホっぽいものを描いたあとでダークベホイミが出てきてぐぬぬってなったり
マーメイドプリンセス魔法少女態は正式な呼び方が特に無いので『マーメイドプリンセス・ベホイミ』と呼んでいたり。



連載は2巻を最後に立ち消えになってしまったようでそれはちょっと残念ですが、
しかしその火は消えず、後に世界観が膨らんで続いていく、氷川へきる先生の魔法少女モノ。
その始まりとして存在した2つのかがり火なのでした。


座談の話が好きなのでPHASE2、15がお気に入りのエピソード。
キャンディポップナイトメア2話でまさかのセルフオマージュが見られて嬉しかったのです。



なんだかいつも以上に支離滅裂です。いつもこんなもんかも。
未来ちゃんCPNに出てこないかな!



web拍手。簡単なメッセージはこちらへ。


ここから余談

同人の始まりも『ベホイミちゃん』にあり、
今作業中のMGOPWもぱにぽに13巻とベホイミちゃんをモチーフにした本です。

ベホイミちゃんで感じたものを、
パラレルの魔法少女であるエリタンを通して1つの形に出来ればなーとか言いつつ作業していますが
絶賛遅延中だったりします。大丈夫なんだろうかコレ……

いやいやいや頑張りたいです。うん。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ